Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

採用資料_2021.10.13.pdf

 採用資料_2021.10.13.pdf

F817e30c93a5a521f6d8461c8754e1e2?s=128

Karadanote Inc.

August 02, 2021
Tweet

Transcript

  1. 会社紹介資料 2021.10 1

  2. 社名  :株式会社カラダノート(東証マザーズ:4014) 代表  :佐藤 竜也 住所  :東京都港区芝浦3丁目8−10 MA芝浦ビル 資本金 :283,923千円(2021年4月末現在) 事業内容:家族サポート事業      データベースマーケティング事業      DX推進事業 ミッション

    未来の社会に貢献すると同時に、 全メンバーの金銭的・精神的幸福を追求する。 バリュー 仕事もプロ 家族もプロ 成長が生む幸せ 全てはビジョンに向けたストーリー 会社概要 2 Ω 受賞歴
  3. 3 カラダノートのビジョン

  4. 4 カラダノートのビジョン

  5. ビジネスモデル DBマーケティング事業 家族サポート事業 家族ユーザー 子育て世代 初孫世代 家族を心身ともに健康にする事業を展開 意思決定の“効率化” 家族生活環境の効率化支援 AI

    DX推進事業 企業・医療機関 金融機関 生命保険会社 インフラ企業 業務の“効率化” 5 健康管理マーケティングDX (※今後展開予定) PHR ヘルスケア ウェルネス (※2022年7月期OEM展開予定) 生活インフラ アプリ提供 アプリ提供 ウェルネス ライフイベントマーケティング 健康管理 早期発見 妊娠育児/シニア層マーケティング ウェルネス 大企業のマーケティングDX
  6. 事業紹介:家族サポート事業 様々なライフステージごとにあった生活・暮らしの効率化を支援 生活者のインフラである保険・宅配水の提供 6 妊娠・出産 結婚 入園・入学 定年 就職 老後

    子育て生活の中で記録や共有を目的とした アプリの提供 PHR(Personal Healthcare Record) 孫や家族との記録や共有を目的とした アプリの提供 個人向け保険 (P2P保険開発着手) 健康管理 早期発見
  7. 事業紹介:DBマーケティング事業 ライフイベントを起点とした データの利活用によるパーソナルエージェント型サービス 7 ※かぞくアシスタントは、ライフイベントを起点としたマーケティング支援プロダクト

  8. 事業紹介:DX推進事業 ライフイベントを起点としたマーケティング支援 ライフイベントマーケティングによる営業効率の改善 8 生命保険会社 金融機関 ライフイベントを起点とした マーケティング支援プロダクト インフラ企業 生活者

    ※「かぞくアシスタントOEM」は、導入先が自社で保有している顧客に対してライフイベントマーケティングを実施できるようになるという仕組みとなります。
  9. 数字でみるカラダノート 子育て比率 子育て比率はほぼ半々 男女比 男女比は女性が少し多め。 職種の内訳 エンジニアは半年で7名入社し急拡大 入社の決め手 ビジョンの共感が半数! カラダノートの好きなところ

    入社後は働き方と成長環境を選ぶ人が多 め。 1週間の社内MTGの回数 適宜コミュニケーションを取ることを大 切にしています。 9
  10. •キャリアアップ制度 •資格取得サポート制度 •図書購入制度(仕事に関われば、漫画もOK!) •部内1on1 •グレード別絶対評価 成長を後押し •フレックスタイム制  (コアタイムは11時〜15時) •在宅勤務制 •各種有給制度

     (有給は1時間ごとに取得可能) 柔軟な働きやすさ •コーヒー、炭酸水飲み放題! •お菓子はオフィスグリコ(PayPay対応) •インフルエンザ予防接種 •株式報酬制度 •従業員持株会 健康を支える 10 福利厚生・制度
  11. 3本部体制により責任と権限の明確化。少数精鋭の組織です。 コーポレート本部 代表取締役
 取締役会 株主総会 監査役会 アプリ
 コンテンツ
 事業部
 事業推進部


    PF開発部
 マーケティン グ部
 プロダクト本部 ビジネス本部 モバイル
 開発部
 開発推進部
 コーポレート
 ブランディング部 
 11 管理部
 組織図
  12. 個人目標 個人目標に対する達成率を6段階で 評価。 評価:SS〜D SS(150%達成)〜D(50%達成) 昇・降給の評価に影響 コンピテンシー評価 グレードごとにコンピテンシーを 設定。各項目を上長が3段階で評価。 会社の理解度/新しいことへの挑戦意欲

    /前向き、巻き込み力/生産性への意識 昇・降格の評価に影響 グレード制による給与レンジの設定 現在の平均年収は約 500万。グレードにより給与レンジの上限、下限が設定されています。 G1 (ジュニア) G2 (メンバー) G3 (リーダー) G4(部門長) G5(本部長) 貢献度に応じた四半期ごとの表彰制度 四半期ごと、部門や個人の目標達成度合いに応じて MVP・部門賞・部門(個人)賞の 3つを賞を設けています 年収レンジ:450-600万 年収レンジ:450-750万 年収レンジ:700万以上 12 評価制度
  13. 13 エントリーお待ちしています! We Are Hiring! カラダノートが求める人物像 ・仕事もプロ、家族もプロを      体現できる方、したい方 ・成長することに      幸せを感じられる方

    ・役割に集中し      自分の可能性を広げたい方 ・日本の未来に貢献したい方 2020年に東証マザーズに上場し、 これからさらに『家族の健康を支え笑顔をふやす』た めに次のステージに向けて邁進していきます。 活躍によって、権限や役割はどんどん増えていく挑 戦しがいのある環境です。 自分の力を試したい!成長したい! そんな方のご応募をお待ちしています!