Kubernetes環境に対する性能試験

 Kubernetes環境に対する性能試験

2020/06/30 Kubernetes Novice Tokyo #2でのLT資料です。

E430c76f71d0a3027ccea81c96b60f4d?s=128

kashinoki38

June 30, 2020
Tweet

Transcript

  1. 2.

    マスター タイトルの書式設定 2 Agenda • 自己紹介 • 概要 • デモアプリと実施していること

    • 性能試験のための基盤 • 性能改善の営み@K8s の準備 • 性能評価の理解 • Prometheusで最低限監視しておきたい項目 • 監視以外に必要なモノ • 負荷がけ準備 • 試験実施 2
  2. 3.

    マスター タイトルの書式設定 3 自己紹介 3 • 某SIer勤務 • 業務:性能全般幅広く (プリセールス

    / インフラコンサル / サイジング / 性能試験 / 性能問題解決) • Kubernetes歴4ヶ月 • あんまり周りにK8sの監視ちゃんとやりながら試験してるところないなあ • ▷K8s上のアプリケーションに対する性能試験についてベストラプラクティスを 調査中 https://kashionki38.hatenablog.com/ (Hatena) @ka_sino_ki (Twitter)
  3. 4.

    マスター タイトルの書式設定 4 概要 デモアプリと実施していること 4 • Sock Shop •

    https://microservices-demo.github.io/ • Weaveworksのマイクロサービスデモアプリ • 靴下のECサイト • 公式GitHubは古いので、K8s v1.16への対応が必要 ↓ https://github.com/kashinoki38/microservices-demo • 実施していること • GKE上にSock Shopをデプロイし、性能試験っぽいこと をして実施→評価→解析を回す =性能改善の営み @ K8s
  4. 5.

    マスター タイトルの書式設定 5 概要 性能試験のための基盤 5 Test Environment Prometheus Logging

    sock-shop istio-system monitoring jmeter Metrics Tracing 負荷がけ サンプルアプリ Grafana
  5. 6.

    マスター タイトルの書式設定 6 性能改善の営み @K8s の準備 性能評価の理解 6 • サービス監視(RED)

    • Rate : =Throughput, 秒間リクエスト数, 秒間PV数 • Error Rate : エラー率, 5xxとか • Duration : =ResponseTime, %ile評価が一般的 • リソース監視(USE)http://www.brendangregg.com/usemethod.html • Utilization : 使用率 E.g. CPU使用率 • Saturation : 飽和度, どれくらいキューに詰まっているか E.g. ロードアベレージ • Errors : エラーイベントの数
  6. 7.

    マスター タイトルの書式設定 7 性能改善の営み @K8s の準備 性能評価の理解 7 • サービス監視(RED)

    • Rate : =Throughput, 秒間リクエスト数, 秒間PV数 • Error Rate : エラー率, 5xxとか • Duration : =ResponseTime, %ile評価が一般的 • リソース監視(USE)http://www.brendangregg.com/usemethod.html • Utilization : 使用率 E.g. CPU使用率 • Saturation : 飽和度, どれくらいキューに詰まっているか E.g. ロードアベレージ • Errors : エラーイベントの数 後から情報取るのは困難、、 コマンドだけだと対象が多すぎて全部見れない、、
  7. 8.

    マスター タイトルの書式設定 8 性能改善の営み @K8s の準備 性能評価の理解 8 • サービス監視(RED)

    • Rate : =Throughput, 秒間リクエスト数, 秒間PV数 • Error Rate : エラー率, 5xxとか • Duration : =ResponseTime, %ile評価が一般的 • リソース監視(USE)http://www.brendangregg.com/usemethod.html • Utilization : 使用率 E.g. CPU使用率 • Saturation : 飽和度, どれくらいキューに詰まっているか E.g. ロードアベレージ • Errors : エラーイベントの数 メトリクス監視はPrometheusでできる 後から情報取るのは困難、、 コマンドだけだと対象が多すぎて全部見れない、、
  8. 9.

    マスター タイトルの書式設定 9 性能改善の営み @K8s の準備 Prometheusで最低限監視しておきたい項目 9 種別 監視対象

    メトリクス How 観点 サービス監視 RED Jmeter クライアント側 Throughput ResponseTime Error% Jmeterのメトリクスを収集 BackendListner->InfluxDB->Grafana 試験の性能目標に対して達成して いるかどうか システム側 Throughput ResponseTime Error% Istioのテレメトリ機能で各serviceのメ トリクスを収集 現状、評価よりは解析用途 (SLOを達成しているかどうか?) リソース監視 USE Node CPU/Memory/NW/Disk 使用量 NodeExporterをDaemonSetとして配置し収 集 各Nodeのリソース上限に抵触して いないか Pod/Container CPU/Memory使用量 cAdvisorにて収集 (Kubeletバイナリに統合されているので scrapeの設定のみでOK) Limitsに抵触していないか 急に死んでいないか • これに加え主要なMWのメトリクスも見ておきたい • Nginx / MySQL / MongoDB • さらに管理リソースの監視も必要のはず • K8s, Istioのコントロールプレーン • kubelet, kube-proxy, envoy トラブル事例含 めて調査中
  9. 10.

    マスター タイトルの書式設定 11 • Observabilityの3柱 • Metrics→Done by Prometheus •

    Logging→Loki • 重要性:基本的に永続化されない。kubectl logsじゃきつい トラシューしたいときに残っているようにしたい • Tracing→ • 重要性:MSA数珠つなぎでややこしい E2Eで遅くても原因のサービスにたどり着けない 11 https://peter.bourgon.org/blog/2017/02/21/metrics- tracing-and-logging.html トラブル事例含め て調査中 トラブル事例含め て調査中 性能改善の営み @K8s の準備 監視以外に必要なモノ
  10. 11.

    マスター タイトルの書式設定 12 性能改善の営み @K8s の準備 12 Test Environment Prometheus

    Logging sock-shop istio-system monitoring jmeter Metrics Tracing 負荷がけ サンプルアプリ Grafana
  11. 12.

    マスター タイトルの書式設定 13 性能改善の営み @K8s の準備 負荷がけ準備 13 • 負荷がけクライアントもK8sにデプロイしたい

    • とりあえずJmeterで探してみる • Jmeter Operator発見 https://github.com/kubernauts/jmeter-operator • Operatorが割とCPUを食うので一旦Operatorはやめて、Deploymentだけに PodのCPU使用率
  12. 13.

    マスター タイトルの書式設定 14 性能改善の営み @K8s の準備 14 Test Environment Prometheus

    Logging sock-shop istio-system monitoring jmeter Metrics Tracing 負荷がけ サンプルアプリ Grafana
  13. 14.

    マスター タイトルの書式設定 16 試験実施 16 • シナリオ • 登録済みのユーザによる、ソックス購入シナリオ •

    jmeterシナリオ https://github.com/kashinoki38/microservices-demo/blob/master/deploy/kubernetes/manifests- loadtest/scenario.jmx • シナリオフロー https://github.com/kashinoki38/microservices- demo/blob/master/deploy/kubernetes/loadtests/scenario-definition.xlsx
  14. 19.
  15. 20.

    マスター タイトルの書式設定 22 試験実施 – shot3 22 • 目標負荷:150tps(Transaction =

    PV) • 未達 • Topページが大幅に遅延 • 解析 • front-end podのContainerのCPU使用量がLimits付近 front-end containerのCPU使用量 TopのJmeterレスポンスタイム
  16. 21.

    マスター タイトルの書式設定 23 試験実施 – shot3 23 • 目標負荷:150tps(Transaction =

    PV) • 未達 • Topページが大幅に遅延 • 解析 • front-end podのContainerのCPU使用量がLimits付近 • front-end→catalogueのoutgoing request durationが遅い Istio Workload front-end
  17. 22.

    マスター タイトルの書式設定 24 試験実施 – shot3 24 • 目標負荷:150tps(Transaction =

    PV) • 未達 • Topページが大幅に遅延 • 解析 • front-end podのContainerのCPU使用量がLimits付近 • front-end→catalogueのoutgoing request durationが遅い • catalogueのRequest Durationが遅い Istio Workload front-end Istio Workload catalogue
  18. 23.

    マスター タイトルの書式設定 25 試験実施 – shot3 25 • 目標負荷:150tps(Transaction =

    PV) • 未達 • Topページが大幅に遅延 • 解析 • front-end podのContainerのCPU使用量がLimits付近 • front-end→catalogueのoutgoing request durationが遅い • catalogueのRequest Durationが遅い • catalogue containerがrestartしている時間でJmeterの レスポンスが遅延 not ready catalogue containerのCPU使用率 TopのJmeterレスポンスタイム catalogue container ready数 catalogue container restart
  19. 24.

    マスター タイトルの書式設定 26 試験実施 – shot3 26 • 目標負荷:150tps(Transaction =

    PV) • 未達 • Topページが大幅に遅延 • 解析 • front-end podのContainerのCPU使用量がLimits付近 • front-end→catalogueのoutgoing request durationが遅い • catalogueのRequest Durationが遅い • catalogue containerがrestartしている時間でJmeterの レスポンスが遅延 • catalogue containerがrestartしている時間でnpm ERR! 頻発 catalogue podのログ
  20. 25.

    マスター タイトルの書式設定 27 試験実施 – shot3 27 • 目標負荷:150tps(Transaction =

    PV) • 未達 • Topページが大幅に遅延 • 解析 • front-end podのContainerのCPU使用量がLimits付近 • front-end→catalogueのoutgoing request durationが遅い • catalogueのRequest Durationが遅い • catalogue containerがrestartしている時間でJmeterの レスポンスが遅延 • catalogue containerがrestartしている時間でnpm ERR! 頻発 • ボトルネック仮説 • front-endのCPU枯渇 → Podを増設、プロファイリング • catalogueの遅延+エラー頻発 → 詳細解析(How?)
  21. 26.

    マスター タイトルの書式設定 28 試験実施 – shot3 28 • 目標負荷:150tps(Transaction =

    PV) • 未達 • Topページが大幅に遅延 • 解析 • front-end podのContainerのCPU使用量がLimits付近 • front-end→catalogueのoutgoing request durationが遅い • catalogueのRequest Durationが遅い • catalogue containerがrestartしている時間でJmeterの レスポンスが遅延 • catalogue containerがrestartしている時間でnpm ERR! 頻発 • ボトルネック仮説 • front-endのCPU枯渇 → Podを増設、プロファイリング • catalogueの遅延+エラー頻発 → 詳細解析(How?) 力尽きた
  22. 27.

    マスター タイトルの書式設定 29 今後の改善事項 29 • まとめ • Sock Shopに対して最低限のリソースとサービスメトリクスを評価する基盤作った

    • 作業途中のものは随時ここに →https://github.com/kashinoki38/microservices-demo/tree/master/deploy/kubernetes • とりあえず性能改善の営みをなんとなく回せる • 改善事項 • ボトルネック情報の蓄積←ぜひ教えて下さい! • 試験実施改善 • 自動化 • シナリオのバージョン管理+試験結果との紐付け • 詳細な解析 • MWリソース、プロファイリングの差し込み方 • Jaeger, Kiali, Lokiの有効活用