アジャイル開発の時代 / Open Seminer Hiroshima 2020

アジャイル開発の時代 / Open Seminer Hiroshima 2020

A64ac825509279a770c13c6fc517f11a?s=128

Yasunobu Kawaguchi

February 08, 2020
Tweet

Transcript

  1. ΞδϟΠϧ։ൃͷ࣌୅ ઒ޱګ৳ ΞΪϨϧΰίϯαϧςΟϯάגࣜձࣾ

  2. None
  3. 8JLJQFEJBΑΓ

  4. 8JLJQFEJBΑΓ

  5. IUUQTUFDIOJLLFJCQDPKQJUBSUJDMF8BUDIFS

  6. ੢ౡΧʔϓ ੢ౡΧʔϒ

  7. ੢ౡΧʔϒ

  8. IUUQIFTBLBTBLVSBOFKQOJTIJ[JNBIUNM ੢ౡΧʔϒ

  9. IUUQIFTBLBTBLVSBOFKQOJTIJ[JNBIUNM ੢ౡΧʔϒ ׬શʹ όʔϯμ΢ϯ νϟʔτ

  10. ༨༟ͷͳ͍ ݱ৔ গͣͭ͠ ஥ؒʹ͢Δ ࣗ཯తˍ ϝτϦΫε Θ͔ΓΈ͕ਂ͍

  11. /55ॳ୅ࣾ௕ ͕ఋࢠʂʂ

  12. τϤλ͕Կ౓΋ ݟֶʹདྷͨ

  13. ΍͹͍ʂ

  14. ଐੑ͸ ࡀͰ͢

  15. ΞδϟΠϧ։ൃͷ࣌୅ ઒ޱګ৳ ΞΪϨϧΰίϯαϧςΟϯάגࣜձࣾ

  16. ઒ޱګ৳ ͔Θ͙ͪ΍͢ͷͿ ΞδϟΠϧίʔν ΞϏε୳۸Ո ΞΪϨϧΰίϯαϧςΟϯά ג

  17. None
  18. ݚम΍ͬͯ·͢ ݕࡧ ΞΪϨϧΰΞδϟΠϧݚम

  19. ಛʹืूத ݄̏೔

  20. 3FHJPOBM4DSVN(BUIFSJOH5PLZP࣮ߦҕһ  Ұൠࣾஂ๏ਓεΫϥϜΪϟβϦϯά౦ژ࣮ߦҕһձ୅දཧࣄ  %FW0QT%BZT5PLZP࣮ߦҕһ  Ұൠࣾஂ๏ਓ%FW0QT%BZT5PLZP࣮ߦҕһձ୅දཧࣄ 4DSVN'FTU0TBLB 4BQQPSP࣮ߦҕһ 果物を買ってきたり

    海外スピーカー呼んだり お弁当⻝べたり 懇親会予約したり 4DSVN'FTU4IJOBHBXB࣮ߦҕһ
  21. 3FHJPOBM4DSVN(BUIFSJOH5PLZP ιϥγςΟΧϯϑΝϨϯεηϯλʔ ౦ژɾޚ஡ϊਫ

  22. IUUQTRJJUBDPNLBJIBSB!HJUIVCJUFNTGGGCBGG

  23. ෼ͰചΓ੾ΕΔ34(ͳΜͯ ੈքதɺଞͷͲ͜ʹ΋ͳ͍Αɻ ਓʹ૿΍͔͢ɺ ΋͠ಉ͡ن໛Ͱ΍ΔͳΒɺ ౦ژݍສਓͰ  ճ΍Βͳ͍ͱ͍͚ͳ͍ɻ ͡Ό͋ɺ34(Yͨ͘͞Μ ཱͪ͋͛ͯɺਃ੥ͱ͹͔͢Β ঝೝΑΖ͘͠ʂ

  24. 4BQQPSP 5PLZP 0TBLB 'VLVPLB .JLBXB 4IJOBHBXB

  25. ւ֎ߦ͖ͬͯ·ͨ͠ w มԽ͍ͬͯͭͷؒʹ͔͖͍ͯΔ΋ͷͰ͢Ͷ w ಉ͡΋ͷͩͱࢥͬͯ௥͍͔͚͍ͯͨΒɺ ͦͷຊ࣭͕େ͖͘มΘ͍ͬͯΔɺ ͳΜͯ͜ͱ΋͋Γ·͢Ͷ w ਺ࣈΛ௥͍͔͚ͯ΋Θ͔Βͳ͍͔΋

  26. None
  27. None
  28. ʮͲ͜ͷ֗ͷΦʔΨφΠβʔʁʯ ʮεΠεͷδϡωʔϒɻখ͍͞ொ͞ɻʯ ʮͲΜͳਓ͕དྷΔͷʁʯ ʮ·͋খ͍͞ொ͔ͩΒɻ ɹେ͖ͳ*5اۀ͸ͳͯ͘ɺ ɹ࠷ۙ͸ɺۜߦͱ͔ɺපӃͱ͔ɺ ɹ͋ͱ࣌ܭϝʔΧʔɻʯ ʮපӃ͕։ൃऀ๊͑ͯΔͷ͔ʂ ɹ͍͢͝ɻ͍ͭ͘Β͍͔Βʁʯ ʮ̏೥͘Β͍લ͔Β͔ͳɻ

    ɹมΘͬͨΜͩΑɻʯ
  29. ʮ͏ͪͷձࣾେ͖͍Μ͚ͩͲɺ ɹΞδϟΠϧʹҠߦͨ͠ΜͩΑɻ ɹશମͰɻʯ ʮ΁͐͐ɺ͍ͭ͘Β͍ʹʁʯ ʮ࠷ॳ͸ݱ৔ϨϕϧͰ΍ͬͯͨΜ͚ͩͲ ɹʙ̐೥લ͔Β$&0͕શࣾͰͬͯʯ ʮ$&0͕ަ୅ʹͳͬͨͷʁʯ ʮ͍΍ɺಉ͡ਓɻ ɹཧղͯ͠αϙʔτ͢ΔΑ͏ʹͳͬͨɻʯ

  30. ࠓ೔ͷ໨ඪ

  31. ຊ೔ͷ໨ඪ w ΤϯδχΞϥΠϑΛϋοΫ͢Δɻ w ΞδϟΠϧͬͯͳΜͳͷ͔ɺͪΌΜͱཧղͯ͠ Α͘Θ͔Βͳ͍࿩Λආ͚Δɻ w ͸͛ͪΌͼΜʹΤϯδχΞΛ ϋοΫ͞ΕΔͷΛ๷͙ɻ w

    ͱΓ͋͑ͣݩؾͰऴΘΓ͍ͨɻ
  32. ͸͛ͪΌͼΜ໰୊ͱ৽ੈք

  33. "HJMF+BQBOԠԉϝοηʔδΛ͓ૹΓ͠·͢ IUUQLBXBHVUJIBUFCMPKQFOUSZ

  34. ύϫϋϥ্࢘ͱ͔Ͱ͸ͳ͍ɻ ͸͛ͪΌͼΜͱ͸ʁ ٕज़͕͋Μ·͠Α͘Θ͔Βͳ͍ Ϛωʔδϟʔ΍ܦӦ૚ͷ͜ͱɻ ༰࢟΍೥ྸ΍ੑผ͸ؔ܎ͳ͍ɻ

  35. ೔ຊاۀͷଟ͘͸ɺ ૊৫֊૚ͷ্ʹ͍͘ͱ Ͳ͔͜Ͱ͸͛ͪΌͼΜʹ ౰ͨΔ͜ͱ͕ଟ͍ɻ

  36. ͦͷͨΊɺ ʮΘ͔Βͳ͍ਓʹ΋ ɹઆ໌Ͱ͖Δʯ ࢿྉ࡞Γ͕ٻΊΒΕ͕ͪ

  37. None
  38. ࡞Δਓ ใࠂ͢Δਓ આ໌͢Δਓ ฉ͘ਓ

  39. ૝ఆ͍ͯ͠Δ஌ࣝྔ

  40. Θ͔ΔΑ͏ʹ આ໌ͯ͠΄͍͠ ૝ఆ͍ͯ͠Δ஌ࣝྔ

  41. Θ͔ΔΑ͏ʹ આ໌͍ͨ͠ ૝ఆ͍ͯ͠Δ஌ࣝྔ

  42. ఻ΘΔ ࢿྉ͕ ΄͍͠ ૝ఆ͍ͯ͠Δ஌ࣝྔ

  43. ૬ख΋Θ͔Μͳ͍ͷʹ ఻ΘΔࢿྉͬͯʜ ૝ఆ͍ͯ͠Δ஌ࣝྔ

  44. ఻ݴήʔϜͷ໰୊ ͋ͳͨ΋૬खʹձͬͨ ͜ͱͳ͍Μ͡ΌΜ

  45. Θ͔Γ΍͍͢ࢿྉΛ ࡞ͬͨͧʔ ૝ఆ͍ͯ͠Δ஌ࣝྔ

  46. આ໌ ૝ఆ͍ͯ͠Δ஌ࣝྔ

  47. આ໌ ૝ఆ͍ͯ͠Δ஌ࣝྔ

  48. ࣮͸૬खͷํ͕ৄ͍͠໰୊ ΄Μͱ͏ͷ஌ࣝྔ

  49. ࣮͸૬खͷํ͕ৄ͍͠໰୊ ۀ຿஌ࣝ ۀ຿஌ࣝ

  50. ࣮͸૬खͷํ͕ৄ͍͠໰୊ ͋ͳͨͷઆ໌ྗ͕ ௿͍Μ͡ΌΜ

  51. 教育⼼理学概論 新訂 (放送⼤学教材) [全集叢書] 三宅 芳雄(著)、三宅 なほみ(著) 経験から固めた「経験則」
 (素朴理論) 学校で教える原理原則


    科学的概念 Θ͔Γ΍͍͢આ໌͕ੜΉ όϒϧܕཧղ ⾃分で考えて⾔葉にすると はじめてつながる より適⽤範囲の広い、 抽象度の⾼い知識
  52. 経験から固めた「経験則」
 (素朴理論) 学校で教える原理原則
 科学的概念 Θ͔Γ΍͍͢આ໌͕ੜΉ όϒϧܕཧղ ⾃分で考えて⾔葉にすると はじめてつながる より適⽤範囲の広い、 抽象度の⾼い知識

    IUUQNBOHBMJGFXJOUBLFTIPCPDPKQSFOTBJQPQVUF $ େ઒Ϳ͘Ϳ ஛ॻ๪ ϙϓςϐϐοΫ
  53. ࡞Δਓ ใࠂ͢Δਓ આ໌͢Δਓ ฉ͘ਓ ੈͷதͦΜͳ΋ͷ͔ͩΒʜ ʜͱࢥ͍ͬͯͨɻ

  54. ࡞Δਓ ใࠂ͢Δਓ આ໌͢Δਓ ฉ͘ਓ ͍΍ɺ૝૾ͯ͠ΈΑ͏ʜ ʜ৽ੈք͕͋Δͷ͔΋

  55. ( " ' " . ͸͛ͪΌͼΜͷ͍ͳ͍৽ੈքͷ࢛ߖ

  56. https://logmi.jp/tech/articles/320413 ถ.JDSPTPGUͰಇ͘೔ຊਓΤϯδχΞ͕ޠΔɺ lָ͘͠։ൃz͢ΔͨΊʹඞཁͳ͜ͱ1BSU

  57. զʑιϑτ΢ΣΞΤϯδχΞ͕ɺઃܭɺ࣮ ૷ɺ͋ͱ͸Ϋϥ΢υͩͬͨΒσϓϩΠ͔Βӡ ༻·Ͱશ෦ɺ࠷ॳ͔Βߟ͑ͯίʔυΛॻ͖· ͢ɻӡ༻΋੹೚ͷҰ෦ͳͷͰɺςϨϝτϦΛ ݟͯྫ֎͕ى͖͍ͯͨΒɺ౰વࣗ෼͕௚͢ɻ Ͳ͏͍͏ςϨϝτϦΛຒΊࠐΊ͹͍͍͔ܾΊ Δͷ΋ࣗ෼ͷ੹೚Ͱ͢ɻ https://logmi.jp/tech/articles/320413 ถ.JDSPTPGUͰಇ͘೔ຊਓΤϯδχΞ͕ޠΔɺ lָ͘͠։ൃz͢ΔͨΊʹඞཁͳ͜ͱ1BSU

  58. Ϋϥ΢υͬͯɺ͍ΖΜͳαʔϏεͷେ͖ͳू߹ମͳͷ Ͱɺࣗ෼ͷͱ͜ΖΛʢμ΢ϯͤͣ͞ʹʣಈ͔͠ଓ͚Δ ͔͠ͳ͍ΜͰ͢ɻ΄͔ͷαʔϏε͕Ұ࣌తʹμ΢ϯͯ͠ ΋ɺ౰ͨΓલʹಈ͔͠·͢ɻωοτϫʔΫ͕੾Εͨ Γɺຖ೔Ͳ͔͕͜յΕΔΜͰ͢ɻͦ͏͍͏தͰ΋ຖ೔ಈ ͔͚ͭͮ͠ΔͨΊʹ͸ɺςϨϝτϦͷӡ༻ɺ͋ͱ͸ɺ ͦ͏͍͏ͷΛ͋Β͔͡Ίશ෦ߟ্͑ͨͰͷӡ༻ํ๏ͷ ཱ֬ͱ͍͏ͷ͸ɺઈରʹඞཁͰ͢ɻ https://logmi.jp/tech/articles/320413 ถ.JDSPTPGUͰಇ͘೔ຊਓΤϯδχΞ͕ޠΔɺ

    lָ͘͠։ൃz͢ΔͨΊʹඞཁͳ͜ͱ1BSU
  59. ιʔείʔυͬͯɺཁ͸͍ΖΜͳਓͨͪͷ஌ࣝͷ஝ੵͳ ΜͰ͢ɻ͜Εʹରͯ͠ಡΜͩΓɺࣗ෼͕ΞΫηεͰ͖ ͯɺͳ͓͔ͭͦΕʹରͯ͠ίϯτϦϏϡʔγϣϯɺ νΣοΫΠϯ͢Δ͜ͱ͕Ͱ͖Δɻ͜Ε͸΋ͷ͘͢͝ૉ ੖Β͍͜͠ͱͩͱࢥ͏ΜͰ͢ɻ Ξ΢τιʔε͢ΔͳΜͯ΋͍ͬͨͳ͍ɻ͜Ε͕ͦ͜զʑ ͷ஌ࣝͷू໿ɻͦΕΛಡΊΔͱ͍͏͜ͱ͕΋͏ɺ๻ʹ ͱͬͯ͸ͨ·Βͳ͍Ͱ͢ɻͦ͏͍͏ݖݶΛձ͕ࣾ༩͑ͯ ͘Ε͍ͯΔ͜ͱ͸ɺ͘͢͝େ͖ͳ৴པײʹͭͳ͕ͬͯ ͍·͢ɻ

    https://logmi.jp/tech/articles/320413 ถ.JDSPTPGUͰಇ͘೔ຊਓΤϯδχΞ͕ޠΔɺ lָ͘͠։ൃz͢ΔͨΊʹඞཁͳ͜ͱ1BSU
  60. https://www.slideshare.net/WinOpsConf/sam-guckenheimer-moving-to-one-engineering-system https://www.youtube.com/watch?v=8EN1kGFmiIo More with Sam Guckenheimer - Our DevOps Journey

    - 
 Microsoft Engineering Stories
  61. https://www.slideshare.net/WinOpsConf/sam-guckenheimer-moving-to-one-engineering-system Microsoftの組織図 (〜2011) 意図しない結果 : 
  再利⽤さえしなければ  罰せられることもない

  62. https://www.slideshare.net/WinOpsConf/sam-guckenheimer-moving-to-one-engineering-system 開発システム統合の⽬的
 エンジニアやプロダクトチームにとって ⽣産性を向上する以上に⼤事な ことはありません。 ですから、週のどの⽇においても 機能を犠牲にしてでも ⽣産性を上げたい。 ⾃社の最⾼のエンジニアたちに この開発システムで働いてほしいと

    私は考えています。 その結果、⻑い⽬で⾒れば、 私たちが望む新しいコンセプトは
 すべて実現できるでしょう。
  63. https://www.slideshare.net/WinOpsConf/sam-guckenheimer-moving-to-one-engineering-system ⽬指すべき星 • 全社のソースコードはだれにでも利⽤可能である • 開発者はだれでも会社のどこでも改善できる • 会社の知的財産は⻑年に渡って再利⽤可能なコン ポーネントである •

    だれもが他の⼈の作った再利⽤可能なコンポーネ ントを探すことができる • 開発者は⼈気のあるコンポーネントを作ることで 称賛される • 開発者が変更を加えたら、すぐさま全社の社員か ら⾒ることができる • ビルドとテストの時間は、変更を加えたらすぐ確 保される • 開発者は他のチームに移れるし、そのチームでの 働き⽅を知っている
  64. None
  65. 2       (Don’t underestimate your

    team) 
  66. eXZQ^Z0:=69... `] .C- 7@<._ !,YI(+/ SR(T[WB - YIK"D*-# %/c+F (*UH.$

    d& *-,hbJ  $  ` g,$%',7@<.a $  f7@<'(+( ,423>. LWBSR.APG(N!.O*EV, … ;?581'UH'\M'! +,#O*-,)
  67. 2       (Don’t underestimate your

    team)  େࣄͳ͜ͱͳͷͰೋճݴͬͯͨʂ
  68. ։ൃʮνʔϜʯͱ੒Ռ෺ͷڞಉॴ༗ w ΞδϟΠϧϚχϑΣετҎ߱ͷมԽ w νʔϜͰ࢓ࣄΛ͢Δ w ։ൃऀத৺ͷ૊৫ͮ͘Γ w ੒Ռ෺ͷڞ༗ w

    ڭҭػձΛ࡞Δ w ৴པʹجͮ͘
  69. Ϟϒϓϩάϥϛϯά

  70. Ϟϒϓϩάϥϛϯά )VOUFS*OEVTUSJFT ͰߦΘΕ͍ͯΔ࣮ݧ શһͰɺಉ͡৔ॴͰ ಉ͡ίϯϐϡʔλͰ ࡞ۀ͢Δɻ

  71. https://www.youtube.com/watch?v=p_pvslS4gEI )VOUFS*OEVTUSJFT ࠷ॳͷϞϒ ݟੵ΋Γ͠ͳ͍ɻ ϦϦʔελΠϛϯά͸ ։ൃଆ͕ܾΊΔɻ Ұ೥൒όά͕ग़ͳ͔ͬͨɻ

  72. https://www.youtube.com/watch?v=dVqUcNKVbYg )VOUFS*OEVTUSJFT Ϟϒͷ֦ு ໊ͷ෦ॺશମ͕ ϞϒͰ࡞ۀ͢Δɻ

  73. ৔ॴ Ϟϒ ϓϩμΫτ ʹ ʹ

  74. "͞Μ #͞Μ $͞Μ "͞Μ #͞Μ $͞Μ ϚΠΫϩίϛοτ ϨτϩεϖΫςΟϒ ٳܜ http://mobster.cc/

  75. ͍ͭग़ͯ͘Δ͔Θ͔Βͳ͍ ༧ఆཱ͕ͨͳ͍ ɾɾɾͦΜͳ͜ͱͰ࢓ࣄʹͳΔͷ͔ʁ

  76. ϓϩάϥϛϯά͸Τϥʔͱͷઓ͍ɻ ڊਓͷݞʹ৐ΔͨΊʹڊਓΛ୳͢࡞ۀɻ ϦΞϧΛ஌Βͳ͍ਓ͸ӕ ਺ࣈ Λཉ͕͠Δɻ

  77. None
  78. νʔϜϫʔΫͱ͔ɺͦͷଞ͍Ζ͍Ζͷཧ ༝͕͔ΒΉͱɺ͔͑ͬͯগਓ਺ͷ΄͏͕ উͭ৔߹͕ग़ͯ͘ΔͷͰ͸ͳ͍͔ɻ

  79. ΤϯλʔϓϥΠζΞδϟΠϧͱ ΞδϟΠϧΤϯλʔϓϥΠζ

  80. http://agilitrix.com/2015/03/enterprise-agile-agile-enterprise/

  81. http://agilitrix.com/2015/03/enterprise-agile-agile-enterprise/

  82. http://agilitrix.com/2015/03/enterprise-agile-agile-enterprise/ ラオウ

  83. http://agilitrix.com/2015/03/enterprise-agile-agile-enterprise/ ラオウ トキ

  84. Culture Bubble "! & (  * http://agilitrix.com/2013/05/how-to-build-a-culture-bubble/ " !

    %- (  $) ') # ')   ,+
  85. Ϗδωεͷجຊ͸ڧऀͷ໛฿ ύΫϦ

  86. https://brave-answer.jp/13632/#outline_2 【全13編まとめ】孫⼦の兵法とは?ビジネスに役に⽴つ戦わない戦略

  87. Toyota Production System Lean Lean Software Development Kanban Lean Startup

    Agile Scrum XP The New New Product Development Game Four steps to the epiphany Agile and Lean Startup Patterns Manufacturing Industry in Japan 2013 Yasunobu Kawaguchi
  88. Toyota Production System Lean Lean Software Development Kanban Lean Startup

    Agile Scrum XP The New New Product Development Game Four steps to the epiphany Agile and Lean Startup Patterns Manufacturing Industry in Japan 2013 Yasunobu Kawaguchi
  89. None
  90. None
  91. http://www.innovationsprint.com/

  92. ೥୅ͷ೔ຊܦࡁ w ͔ͬͨ͢͝Β͍͠ w ࣗಈंɺ੡଄ػցɺ൒ಋମͳͲ༌ग़࢈ۀ͕ݗҾ w ೥ͷϓϥβ߹ҙ͔Βԁߴ΁ ԁˠԁ  w

    ೥͔Βόϒϧ่յɺࣦΘΕͨ೥΁
  93. https://books.rakuten.co.jp/rk/a8f76bc9db863a3a880675f2eafff08f/ 釣りバカ⽇誌(5)【期間限定 無料お試し版】 
 (ビッグコミックス) [電⼦書籍版] 
 やまさき⼗三

  94. https://books.rakuten.co.jp/rk/a8f76bc9db863a3a880675f2eafff08f/ 釣りバカ⽇誌(5)【期間限定 無料お試し版】 
 (ビッグコミックス) [電⼦書籍版] 
 やまさき⼗三 1981年12⽉1⽇ 初版第1刷発⾏

  95. https://books.rakuten.co.jp/rk/a8f76bc9db863a3a880675f2eafff08f/ 釣りバカ⽇誌(5)【期間限定 無料お試し版】 
 (ビッグコミックス) [電⼦書籍版] 
 やまさき⼗三

  96. https://books.rakuten.co.jp/rk/a8f76bc9db863a3a880675f2eafff08f/ 釣りバカ⽇誌(5)【期間限定 無料お試し版】 
 (ビッグコミックス) [電⼦書籍版] 
 やまさき⼗三 当時の職場環境を 語る貴重な資料 かもしれない

  97. https://books.rakuten.co.jp/rk/a8f76bc9db863a3a880675f2eafff08f/ 釣りバカ⽇誌(5)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス) [電⼦書籍版] 
 やまさき⼗三

  98. ௼ΓόΧ೔ࢽͷӦۀࡾ՝ w ௕ظ҆ఆͷνʔϜߏ੒ w શһಉ੮ ͨͩ͠֎ग़ɺग़ு͋Γ  w νʔϜ͸ݻఆ͕ͩϓϩδΣΫτ͕มԽ͢Δ w

    ΦϑΟεϨΠΞ΢τ͸ౡܕ w ॻྨ୨Ͱଞͷ՝ͱ࢓੾ΒΕͨΓ͢Δ w Ұ෦԰ʹ՝͔͠ೖͬͯͳ͍
  99. https://wired.jp/2018/07/19/open-offices-less-productive/ オフィスが「オープン」な設計だと、⽣産性が低下する──
 企業での実験の詳細と、そこから⾒えてきたこと

  100. ࠷ۙͷ೔ຊاۀͷΦϑΟε w ϓϩδΣΫτܕͷΞαΠϯ w ϓϩδΣΫτͰ༧ࢉ͕͋Ε͹ਓ͕ݺ΂Δ w ࣾһ͸૿ݮͰ͖ͳ͍ͷͰڠྗձࣾ͞Μଟ਺ w ΦʔϓϯΦϑΟεߏ੒Ͱॊೈʹ੮Λม͑Δ w

    ଞͷνʔϜͱͷ࢓੾Γ͕ͳ͍ w Ұ෦԰ʹਓೖΔେن໛ΦϑΟε
  101. https://wired.jp/2018/07/19/open-offices-less-productive/ オフィスが「オープン」な設計だと、⽣産性が低下する──
 企業での実験の詳細と、そこから⾒えてきたこと

  102. ʮΦʔϓϯܕΦϑΟεͷlࢮzΛએݴ͢Δ ɹ͞·͟·ͳχϡʔεهࣄͰ΋ݴΘΕ͍ͯΔΑ͏ʹɺ ɹΦϑΟεͷนΛͳͯ͘͠΋ैۀһͨͪ͸ ɹ޿େͳεϖʔεʹࢄΒ͹ͬͯ͠·͏͚ͩͰ͢ɻ ɹͦͯ͠ϔουϑΥϯΛ͢ΔͳͲࣗ෼ͷ֪ʹด͜͡΋Γɺ ɹͰ͖Δ͚ͩ๩ͦ͠͏ͳϑϦΛ͠·͢ɻ ɹ͜Ε͸ݟΒΕ͍ͯΔ͔ΒͰ͢ʯ https://wired.jp/2018/07/19/open-offices-less-productive/ オフィスが「オープン」な設計だと、⽣産性が低下する──
 企業での実験の詳細と、そこから⾒えてきたこと

  103. ೥ͷ.JDSPTPGU w ࣌Ձ૯ֹੈք࠷ߴ w Ϋϥ΢υ͕ϏδωεΛݗҾ w ೥͔ΒαςΟΞɾφσϥ$&0 w ։ൃऀத৺ͷ૊৫ͮ͘Γʹͳ͖͍ͬͯͯΔ

  104. https://www.slideshare.net/WinOpsConf/sam-guckenheimer-moving-to-one-engineering-system Microsoft のオフィス (2017)

  105. .JDSPTPGUͷ։ൃνʔϜ w ௕ظ҆ఆͷνʔϜߏ੒ w શһಉ੮ ͨͩ͠ϦϞʔτग़ۈ͋Γ  w ࢛൒ظʹҰ౓ɺҟಈͰ͖Δ w

    ΦϑΟεϨΠΞ΢τ͸ౡܕ w νʔϜ͝ͱʹ࢓੾ΒΕͨΦϑΟε w Ұ෦԰ʹ̍νʔϜ͔͠ೖͬͯͳ͍
  106. ΦϑΟε؀ڥΛൺֱ ௼ΓόΧ೔ࢽͷӦۀࡾ՝  .JDSPTPGUͷ։ൃνʔϜ 

  107. ΦϑΟε؀ڥΛൺֱ ௼ΓόΧ೔ࢽͷӦۀࡾ՝  .JDSPTPGUͷ։ൃνʔϜ  w Ҝࢠͱص͸άϨʔυΞοϓ w ύιίϯ͕͋Δ w

    Ϛωʔδϟʔ͸୺ʹ࠲ͬͯͳ͍ w น͸ϗϫΠτϘʔυ ʜ͙Β͍͔͕ࠩ͠ͳ͍
  108. Ϗδωεͷجຊ͸ڧऀͷ໛฿ w ͏·͍͍ͬͯ͘Δਓͨͪͷ΍Γ͔ͨΛֶͿ w ͪΌΜͱݟʹߦ͘ w ͪΌΜͱ࿩Λฉ͘ w ந৅౓Λ্͛͗͢ͳ͍

  109. ࣮ײۦಈͱ௚ͤΔιϑτ΢ΣΞ

  110. None
  111. None
  112. None
  113. ͩΜͨΜ͏·͘ͳΔ Ϣʔβʔ͕ຊؾʹ ͳ͔ͬͯΒͷ ରԠՄೳੑ

  114. None
  115. None
  116. IUUQTXXXDPNJXBUBIUNM

  117. ΤϯυϢʔβʔʹͱͬͯͷ࣮ײ w ैདྷܕͷϓϩδΣΫτਐߦͩͱख஗ΕʹͳΔ w ʮͲ͏ͯ͠ཁ݅ఆٛͷ࣌ʹߦͬͯ͘Εͳ͔ͬͨͷʁʯ w ࣮ࡍʹར༻ͯ͠ॳΊͯҙݟ͕ग़ͯ͘Δ w ಈ͘ιϑτ΢ΣΞͰҙݟΛ΋Β͏

  118. ΞδϟΠϧϚχϑΣετ ͱɺͦͷٯ

  119. http://agilemanifesto.org/iso/ja/manifesto.html

  120. ݸਓͱର࿩ϓϩηε΍πʔϧ ಈ͘ιϑτ΢ΣΞแׅతͳυΩϡϝϯτ ސ٬ͱͷڠௐܖ໿ަব มԽ΁ͷରԠܭըʹै͏͜ͱ Unlocked

  121. http://agilemanifesto.org/iso/ja/principles.html

  122. ސ٬ຬ଍Λ࠷༏ઌ͠ɺ Ձ஋ͷ͋Διϑτ΢ΣΞΛ ૣ͘ܧଓతʹఏڙ͠·͢ɻ ސ٬ຬ଍͸ͱ΋͔͘ɺ Ձ஋΋ͱ΋͔͘ιϑτ΢ΣΞΛ ๨Εͨࠒʹఏڙ͠·͢ɻ ʜ͕ɺͦ͏͍͏΋ͷͳΜͰ͢ɻ

  123. ཁٻͷมߋ͸ ͨͱ͑։ൃͷޙظͰ͋ͬͯ΋׻ܴ͠·͢ɻ มԽΛຯํʹ͚ͭΔ͜ͱʹΑͬͯɺ ͓٬༷ͷڝ૪ྗΛҾ্͖͛·͢ɻ ཁٻͷมߋΛ ։ൃͷޙظʹͩ͢ͷ͸ϚδϠϝςɻ มԽΛຯํʹ͚ͭͨͬͯɺ ࢲͨͪͷചΓ্͛͸͕͋Γ·ͤΜɻ

  124. ಈ͘ιϑτ΢ΣΞΛɺ ि͔ؒΒϲ݄ͱ͍͏ Ͱ͖Δ͚ͩ୹ִ͍࣌ؒؒͰ ϦϦʔε͠·͢ɻ ݟӫ͑ͷΑ͍ύϫϙ࢓༷ॻΛɺ ि͔ؒΒϲ݄ͱ͍͏ ॴఆͷ͓࣌ؒΛ͍͍ͨͩͯ ೲ඼͠·͢ɻ

  125. Ϗδωεଆͷਓͱ։ൃऀ͸ɺ ϓϩδΣΫτΛ௨ͯ͠ ೔ʑҰॹʹಇ͔ͳ͚Ε͹ͳΓ·ͤΜɻ Ϗδωεଆͷਓͱ։ൃऀ͸ɺ ͍ͭ΋͸ผͷ৔ॴʹ͍·͕͢ɺ ϓϩδΣΫτΛ௨ͯ͠ ఆྫϛʔςΟϯάΛߦ͍·͢ɻ

  126. ҙཉʹຬͪͨਓʑΛूΊͯ ϓϩδΣΫτΛߏ੒͠·͢ɻ ؀ڥͱࢧԉΛ༩͑ɺ ࢓ࣄ͕ແࣄऴΘΔ·Ͱ ൴ΒΛ৴པ͠·͢ɻ ҙཉ͸ͱ΋͔͘಄਺ΛूΊͯ ϓϩδΣΫτΛߏ੒͠·͢ɻ ࢦࣔͱͦΕͳΓͷ؀ڥΛ༩͑ɺ ׂΓ౰ͯͨ࢓ࣄ͕ऴΘΔ·Ͱ ൴ΒΛ߆ଋ͠·͢ɻ

  127. ৘ใΛ఻͑Δ΋ͬͱ΋ޮ཰తͰ ޮՌతͳํ๏͸ ϑΣΠεɾτΡɾϑΣΠεͰ ࿩Λ͢Δ͜ͱͰ͢ɻ ৘ใΛ఻͑Δ΋ͬͱ΋ޮ཰తͰ ࣮֬ͳํ๏͸ ࢿྉΛϝʔϧʹఴ෇ͯ͠ શһΛ$$ʹೖΕΔ͜ͱͰ͢ɻ ૊৫ʹΑͬͯ͸ਃ੥ॻʹঝೝҹΛ͍͖ͨͩ·͢ɻ

  128. ಈ͘ιϑτ΢ΣΞͦ͜ ਐ௙ͷ΋ͬͱ΋ॏཁͳई౓Ͱ͢ɻ ϓϩϚωͷʮΦϯεέͰ͢ʯͦ͜ ਐ௙ͷ΋ͬͱ΋ॏཁͳई౓Ͱ͢ɻ

  129. ΞδϟΠϧŋϓϩηε͸ ࣋ଓՄೳͳ։ൃΛଅਐ͠·͢ɻ ҰఆͷϖʔεΛܧଓతʹҡ࣋Ͱ͖Δ Α͏ʹ͠ͳ͚Ε͹ͳΓ·ͤΜɻ ඇΞδϟΠϧŋϓϩηε͸ Ұൃউෛͷ։ൃΛଅਐ͠·͢ɻ ΪϦΪϦͷೲظʹ޲͚ͯ ஗Εͦ͏ͳΒ૿һͰ͖ΔΑ͏ʹ ͠ͳ͚Ε͹ͳΓ·ͤΜɻ

  130. ٕज़త୎ӽੑͱ ༏Εͨઃܭʹର͢Δෆஅͷ஫ҙ͕ ػහ͞ΛߴΊ·͢ɻ ٕज़తʹ༏Εͯͳͯ͘΋࡞ΕΔΑ͏ͳ ઃܭʹର͢Δอकతͳଶ౓͕ ऩӹྗΛߴΊ·͢ɻ

  131. γϯϓϧ͞ʢϜμͳ͘࡞ΕΔྔΛ ࠷େݶʹ͢Δ͜ͱʣ͕ຊ࣭Ͱ͢ɻ ࢓༷௨Γʢؒҧ͍ͬͯΑ͏͕ɺ ݴΘΕͨ௨Γ࡞Δ͜ͱʣ͕ޱบͰ͢ɻ

  132. ࠷ྑͷΞʔΩςΫνϟɾཁٻɾઃܭ͸ɺ ࣗݾ૊৫తͳνʔϜ͔Β ੜΈग़͞Ε·͢ɻ ࠷ྑͷΞʔΩςΫνϟɾཁٻɾઃܭ͸ɺ ҰѲΓͷ࣮ྗऀ͔Β ੜΈग़͞Ε·͢ɻ

  133. νʔϜ͕΋ͬͱޮ཰ΛߴΊΔ͜ͱ͕ Ͱ͖Δ͔ΛఆظతʹৼΓฦΓɺ ͦΕʹج͍ͮͯࣗ෼ͨͪͷ΍ΓํΛ ࠷దʹௐ੔͠·͢ɻ νʔϜ͕΋ͬͱՔಇ཰ΛߴΊΔ͜ͱ͕ Ͱ͖Δ͔Λৗʹ؂ࢹ͠ɺ ͦΕʹج͍ͮͯɺ ೦ͷͨΊೲظΛݫ͠Ίʹઃఆ͠·͢ɻ

  134. None
  135. None
  136. None
  137. ʮେมͰ͢ɻ ɹΤϥʔϔϧͰ͢ɻʯ

  138. $ npm ls -depth=0 | wc 37 78 1250 $

    npm ls | wc 2349 12596 105521
  139. ΞδϟΠϧϚχϑΣετͱͦͷٯ w ϚχϑΣετΛͪΌΜͱಡΜͰΈΔ w ೲಘͰ͖Δʁ΋͏ී௨ʁ w ࣌୅എܠͱϏδωεχʔζ w ෳࡶͳιϑτ΢ΣΞ w

    Ͳ͜ͰյΕΔ͔Θ͔Βͳ͍
  140. ։ൃʮνʔϜʯͱεΫϥϜ

  141. Toyota Production System Lean Lean Software Development Kanban Lean Startup

    Agile Scrum XP The New New Product Development Game Four steps to the epiphany Agile and Lean Startup Patterns Manufacturing Industry in Japan 2013 Yasunobu Kawaguchi
  142. スクラムガイド
 スクラムを作った
 ジェフ・サザーランドと
 ケン・シュエイバーによる 公式ガイド 2011年からコミュニティの 意⾒を取り⼊れてアップデート されるようになった。 最新は2017年版。 https://www.scrumguides.org/

  143. スクラムのすすめ⽅を説明する本もたくさん出ました
 10年前には⽇本語でアクセスできる書籍はあまりなかったのですが、 だいぶ増えました。

  144. 開発チーム スクラムマスター プロダクトオーナー

  145. プロダクトオーナー プロダクトのビジョンを持ち、育てる。 ビジョンを達成するためのロードマップ
  を考え、提示する。 開発チームと協⼒して、着⼿可能な仕様
  としてプロダクトバックログを作成する。 ステークホルダーやエンドユーザーと話す。 予算を確保する。 ROIが⾼くなるようプロダクトバックログの
  優先順位をつける。

  146. 開発チーム ⾃⼰組織化して仕事を進める。 全員がプロダクトに貢献する。
  必要な能⼒をチーム全体でカバーする。 プロダクトバックログを理解し、
  優先順位に従って出荷判断可能な
  プロダクトインクリメントを仕上げる。 プロダクトバックログの各項⽬に
  サイズの⾒積もりをつける。

  147. スクラムマスター スクラムのプロセスがうまく機能する
  ように、あらゆる⼿を尽くす。 チームの集中を妨げる妨害を排除する。 チームの⾏く⼿を阻む障害を取り除く。 チームに改善をそそのかす。 チームの⾃⼰組織化を尊重する。 プロダクトオーナーが機能していない
  ときは、指導する。 指示しないサーバントリーダー。

  148. プラン⼆ング ワーク レビュー ふりかえり

  149. プラン⼆ング プロダクトバックログを理解する。 バックログ項⽬はチームが⾒積もる。 チームの実⼒(ベロシティ)からみて
  どこまで⾏けそうかを測る。 ⾏けそうなところまでのバックログアイテムを
  完成させるために、チームがどう動くかを考える。 よく考えたらダメっぽいなら、
  もうちょっと減らす。

  150. ワーク 集中して仕事をする。 プロダクトバックログの順番通りに完成させる。 やり⽅はチームが考え、⾃律して進める。 なるべく多くのバックログアイテムを
  出荷判断可能にする。 どうやると終わるか(完成の定義)は
  だんだん拡張する。 毎⽇同期する。

  151. レビュー 動くソフトウェアを利害関係者にデモする。 利害関係者に意⾒をもらう。 できなかったことがあれば報告する。 技術的負債について話す。 ロードマップを俯瞰する。 マーケットの状況を共有する。 追加バックログ項⽬があれば⾜す。 この⽅向で進めることを合意する。

  152. ふりかえり なにをやったか話す。 レビューでどんな意⾒が返ってきたか話す。 技術的負債について話す。 よかったことや反省点を話す。 どうしたらもっとよくなるか話す。 困ったことがないか聞く。 アイデアがあれば出す。

  153. プラン⼆ング ワーク レビュー ふりかえり

  154. プラン⼆ング ワーク レビュー ふりかえり

  155. プロダクト
 バックログ スプリント
 バックログ 障害リスト ToDo WIP Done

  156. プロダクト
 バックログ 優先順位付けされた機能や対応項⽬のリスト。
  何を提供するか(What)。 ROIが最も⾼まるように優先順位付けされ、
  開発チームは上から順に届ける。 各項⽬の規模は開発チームが⾒積もる。 スプリントで完成した項⽬の規模の合計が
  ベロシティ。次も同じくらいいけると考える。 開発チームはスプリントごとに、


     どうやって実現するか(How)を考え、
  スプリントバックログに落とし込む。
  157. スプリントごとに、チームが作成した
  タスクリスト。 プロダクトバックログの上位の項⽬を
  優先順位に従って届けるための、
  開発チームの作業リスト。 完成の定義を守る。
  技術的負債を溜めない。解消する。 チームはタスクに群がって作業し、
  アグレッシブに終わらせていく。 スプリント


    バックログ ToDo WIP Done
  158. チームの進⾏を妨げる障害をリストにする。
  スクラムマスターにとってのバックログ。 デイリースクラム、レトロスペクティブ
  などで発⾒され、まずチームが解決する。 だれにとってもオープン・正直に。 障害は誰のせいでもない。解決できそうな
  課題だけを出すような忖度はしない。 障害を⼀歩⼀歩取り除いていく。 = 改善

    解決できないときは組織の問題として
  助けを求める必要があるかもしれない。 障害リスト
  159. 開発チーム スクラムマスター プロダクトオーナー

  160. 開発チーム中⼼の組織 階層型の組織

  161. 開発チーム中⼼の組織 階層型の組織 安定・⾼品質な
 ユニバーサル
 サービスの実現

  162. 開発チーム中⼼の組織 階層型の組織 安定・⾼品質な
 ユニバーサル
 サービスの実現 継続的な
 イノベーション
 の探索と実験

  163. None
  164. ͜ͷνϟʔτΛϔϯϦʔɾΨϯτ͕ߟҊͨ͠ͷ͸ ೥ࠒͷ͜ͱͩɻ࠷ॳʹ࢖ͬͨͷ͸ɺୈҰ࣍ੈք େઓதɺΞϝϦΧ཮܉ର৅Ͱ෢ثՊ௕ͩͬͨ΢ΟϦΞ ϜɾΫϩʔδΣͩͬͨɻ ͔ͷઓ૪Λֶ͢͜͠ΜͰ͍ΔਓͳΒɺͱ͘ʹޮՌతͳ ૊৫ೳྗ͕ɹൃش͞Εͨઓ૪ͩͬͨΘ͚Ͱ͸ͳ͍ͱ ஌͍ͬͯΔ͸ͣͩɻୈҰ࣍େઓͷҨ෺͕ͳͥɺೋҰੈ لͷࠓͰ΋ϓϩδΣΫτ؅ཧπʔϧͱͯ͠࢖ΘΕ͍ͯ Δͷ͔ɺࢲ͸ͣͬͱղͤͳ͍Ͱ͖ͨɻ

  165. ·͋ɺັྗతͳͷͩΖ͏ɻ ڊେϓϩδΣΫτͰ͢΂͖࡞ۀ͕͢΂ͯҰཡͰ͖ɺ ୭ͷ໨Ͱݟͯ΋Θ͔Δɻ ͜Ε·Ͱ๚Εͨ๲େͳ਺ͷاۀͰɺ ຖ೔ΨϯτνϟʔτΛߋ৽͢Δͷ͕ །Ұͷۀ຿ͱ͍͏ਓʑΛݟ͖ͯͨɻ

  166. ໰୊͸ɺඒ͘͠ચ࿅͞Εͨνϟʔτ΋ ݱ࣮ʹ௚໘͢Δͱ่յ͢Δ఺ͩɻ ͔͠΋ͦ͜ͰܭըΛഁغ͢Δ͔ɺ ܭըͷͱΒ͑ํΛݟ௚͢ͷͰ͸ͳ͘ɺ ؅ཧ৬͸ਓΛޏ͍ɺϓϩδΣΫτ͕ද໘্͸ ܭը௨ΓਐΜͰ͍ΔΑ͏ʹݟͤΑ͏ͱ͢Δɻ ݴͬͯΈΕ͹ɺࣗ෼ͨͪΛٗͨ͘ΊʹਓΛޏ͍ څྉΛ෷͍ͬͯΔΑ͏ͳ΋ͷͩɻ

  167. ʮࠓ·ͰͲΕ͚ͩΨϯτνϟʔτΛݟͯ ͖·͔ͨ͠ʁʯࢲ͸ฉ͍ͨɻ ʮԿඦͱݟ͖ͯͨͶʯ ʮͦͷͱ͓ΓʹਐΜͩ΋ͷ͸͋Γ·ͨ͠ ͔ʁʯ Ұॠɺ͕ؒ͋ͬͨɻʮͳ͍Ͷʯ

  168. ຊ೔ͷ໨ඪ w ΤϯδχΞϥΠϑΛϋοΫ͢Δɻ w ΞδϟΠϧͬͯͳΜͳͷ͔ɺͪΌΜͱཧղͯ͠ Α͘Θ͔Βͳ͍࿩Λආ͚Δɻ w ͸͛ͪΌͼΜʹΤϯδχΞΛ ϋοΫ͞ΕΔͷΛ๷͙ɻ w

    ͱΓ͋͑ͣݩؾͰऴΘΓ͍ͨɻ
  169. ଐੑ͸ ࡀͰ͢

  170. ݚम΍ͬͯ·͢ ݕࡧ ΞΪϨϧΰΞδϟΠϧݚम

  171. ಛʹืूத ݄̏೔