入門Hasura

0a16f7b8629f2facca2a1e80a73c5423?s=47 ryo
December 05, 2019

 入門Hasura

もくテク #4 冬のLT大会

0a16f7b8629f2facca2a1e80a73c5423?s=128

ryo

December 05, 2019
Tweet

Transcript

  1. 入門 Hasura 〜 HasuraでサクッとGraphQL 体験 〜 @RyoKawamata

  2. 自己紹介

  3. @RyoKawamata 消防士歴 6年半, エンジニア歴 1年半 株式会社Misoca リモートワーク@茨城

  4. 今日話すこと

  5. GraphQLの簡単な紹介 Hasuraで出来ること・出来ないこと

  6. GraphQL とは何か?

  7. API向けの問い合わせ言語・仕様

  8. 問い合わせ言語?

  9. APIを対象にしたSQL的なもの

  10. あるユーザーの 名前、会社名、URLを取得したい example

  11. SELECT name, company, url FROM users WHERE id = '1234'

    SQL DB
  12. SQL DB name compony url ryo misoca misoca.jp

  13. query getUser { user(id: ‘1234’) { name company url }

    } GraphQL API Server
  14. “data” { ”user” { “name”: “ryo” “company”: “misoca” “url”: “misoca.jp”

    } } GraphQL API Server
  15. • 必要なものを必要な分だけ取得できる • 単一のエンドポイント • 強力な型システムを持つ feature

  16. REST API の課題とGraphQL

  17. 過剰な取得 必要のないデータまで まとめて取得してしまう

  18. example ユーザーの名前とリポジトリ数を取得したい

  19. REST Request GET https://api.github.com/users/${ username }

  20. REST Response { "login": "kawamataryo", "id": 11070996, "node_id": "MDQ6VXNlcjExMDcwOTk2", "avatar_url":

    "https://avatars1.githubusercontent.com/u/11070996?v=4", "gravatar_id": "", "public_repos": 95, "public_gists": 0, "followers": 8, "following": 7, "url": "https://api.github.com/users/kawamataryo", "html_url": "https://github.com/kawamataryo", "followers_url": "https://api.github.com/users/kawamataryo/followers", "following_url": "https://api.github.com/users/kawamataryo/following{/other_user}", "gists_url": "https://api.github.com/users/kawamataryo/gists{/gist_id}", . . 以下略
  21. REST Response { "login": "kawamataryo", "id": 11070996, "node_id": "MDQ6VXNlcjExMDcwOTk2", "avatar_url":

    "https://avatars1.githubusercontent.com/u/11070996?v=4", "gravatar_id": "", "public_repos": 95, "public_gists": 0, "followers": 8, "following": 7, "url": "https://api.github.com/users/kawamataryo", "html_url": "https://github.com/kawamataryo", "followers_url": "https://api.github.com/users/kawamataryo/followers", "following_url": "https://api.github.com/users/kawamataryo/following{/other_user}", "gists_url": "https://api.github.com/users/kawamataryo/gists{/gist_id}", . . 以下略 大量の不要なカラムも 取得してしまう
  22. { user(login: “username”) { name repositories { totalCount } }

    } GraphQL Request POST https://api.github.com/graphql
  23. { "data": { "user": { "name": "ryo", "repositories": { "totalCount":

    106 } } } } GraphQL Respose
  24. { "data": { "user": { "name": "ryo", "repositories": { "totalCount":

    106 } } } } GraphQL Respose 必要なリソースのみ 宣言的に取得出来る
  25. 過小な取得 必要な情報によっては 複数回のリクエストを組み合わ せる必要がある。 (関連まで取りたい場合など)

  26. example あるユーザーのフォロワー数と、 そのフォロワーのフォロワー数を取得したい

  27. REST GET https://api.github.com/users/${ username }/followers でフォロワーを取得 さらにフォロワーの数だけ、同じリクエストを投げ て、全ての結果をカウントする。

  28. REST GET https://api.github.com/users/${ username }/followers でフォロワーを取得 さらにフォロワーの数だけ、同じリクエストを投げ て、全ての結果をカウントする。 複数回のリクエストの 統合が必要

  29. { user(login: “username”) { followers { totalCount nodes { name

    followers { totalCount } } } } } GraphQL Request
  30. { user(login: “username”) { followers { totalCount nodes { name

    followers { totalCount } } } } } GraphQL Request 一つのリクエストで 関連のデータまでまとめて 取得出来る
  31. つまり

  32. GraphQL 最高便利..!!!

  33. でも..

  34. サーバーサイドの実装大変そう、、 自由に取れるってセキュリティ大丈夫?? そもそもAPI変えるほどの工数ない

  35. 大丈夫!!!

  36. Hasura がある!!

  37. Hasuraとは?

  38. PostgreSQLのTableスキーマから GraphQLのAPIを自動生成するもの

  39. None
  40. DEMO

  41. Hasuraの良いところ

  42. CRUD・Subscription のクエリを自動で提供してくれる Pross

  43. • ネストした関連データの取得 • 集計処理(count, sum, avg, max, min) • フィルター処理(eql,

    pattern match) • 並び替え • ページネーション • トランザクションでの更新 • カスタムSQL関数を含むクエリ ...etc
  44. テーブルのカラム単位で 操作の認可を設定できる Pross

  45. None
  46. Firebase, Auth0

  47. Event Trigger・Remote Schema で柔軟なAPIも構築可能 Pross

  48. Event Trigger 指定されたテーブルのイベントをトリガーに Webhookを呼び出してカスタムロジックを実行する機能

  49. Remote Schema 独自に実装した GraphQLサーバーを Hasuraのエンドポイ ントにマージして利用 可能にする機能

  50. Hasuraを使う上での注意

  51. クエリに対するValidationが まぁまぁきつい Cons

  52. PostgreSQLのTriggerで実行 or 別にGraphQL サーバーを立てて Remote Schema実行

  53. まとめ

  54. Hasuraは便利なものの 全てを解決すことはできない。 ただ、他サービスと上手く連携し作り上げられ れば、GraphQL APIサーバー構築の工数を大 幅に下げられる可能性はある

  55. 参考

  56. O`REILLY 初めてのGraphQL ~ WEBサービスを作って学ぶ次世代API~ 定価 2,860 円