500人で1つのアプリを作っている話 - #pmconf2020 発表資料

C05267b1846ce7451b003c9cdf794515?s=47 Kei Kinoshita
October 27, 2020

500人で1つのアプリを作っている話 - #pmconf2020 発表資料

プロダクトマネージャーカンファレンス2020 ( https://2020.pmconf.jp/ ) の発表資料です。

プロダクト、組織規模が拡大する中で取ってきた開発体制の変遷と、今困っていることとその対応方針についてお話しさせていただきました。

C05267b1846ce7451b003c9cdf794515?s=128

Kei Kinoshita

October 27, 2020
Tweet

Transcript

  1. 1 Confidential - Do Not Share 500人で1つのアプリを作っている話 2022/10/27 pmconf 2020

    株式会社メルカリ Head of Product 木下 慶
  2. 2 Confidential - Do Not Share NTTデータ:SE
 ランサーズ:エンジニア → PM

    → PO
 メルカリ:PM → PO
 木下 慶

  3. 3 Confidential - Do Not Share 今日お伝えしたいこと 大きな組織でどうプロダクト開発をしているか、特に、困っていること これまでのメルカリでのプロダクト開発の変遷をお話し、これから組織規模が大きく なっていったり、同規模で同じような課題を抱えていたりするチームの参考になれば

    &情報交換ができればと思います。
  4. 4 Confidential - Do Not Share • 物の個人間マーケットプレイス メルカリと決済サービス メルペイが一つになった

    アプリ • プロダクト開発に直接関わる人員は約500人 • 規模感 プロダクト概要
  5. 5 Confidential - Do Not Share これまでのプロダクト開発の変遷 本日のお話 現在のプロダクト開発 課題と対応方針

    02 03 01
  6. 6 Confidential - Do Not Share • ローンチ期:1チーム ◦ 創業者がPO

    これまでのプロダクト開発の変遷 PO Backend iOS Android Frontend PM
  7. 7 Confidential - Do Not Share • グロース期:PJO制 ◦ 複数チームに分割

    ◦ 主にPMがプロジェクトオーナーとして各チームの Leadを担当 ◦ エンジニア、デザイナ、 QAなどもチームに所属し、レポートラインも PJO付き これまでのプロダクト開発の変遷 PJO Backend iOS Android Frontend PM PJO Backend iOS Android Frontend PM PJO Backend iOS Android Frontend PM Team Reportline
  8. 8 Confidential - Do Not Share • 2018/4 PMM/EM体制 ◦

    Engineer Managerを導入し、エンジニアのレポートラインを EM付きに ◦ PMのレポートラインはPMのManagerに これまでのプロダクト開発の変遷 PJO Backend iOS Android Frontend PM PJO Backend iOS Android Frontend PM PJO Backend iOS Android Frontend PM EM EM EM EM Team Reportline
  9. 9 Confidential - Do Not Share • 2019/1 チームを固定、Front -

    back体制 ◦ 四半期毎のプロジェクトベースに変えてきた体制を体験ベースに固定化 ◦ チームからBackendを分離 これまでのプロダクト開発の変遷 PJO iOS Android Frontend PM PJO iOS Android Frontend PM PJO iOS Android Frontend PM EM EM EM EM Team Reportline BackendBackend EM BackendBackend Selling Buying CRM
  10. 10 Confidential - Do Not Share • 2019/2 Merpay ローンチ

    • 2019/4 Scrum導入開始、Spec英語化 • 2020/1 Camp System開始 • 現在 Camp Systemの課題が蓄積、解決策を議論中 • 2021/1 Camp System v2開始予定 これまでのプロダクト開発の変遷
  11. 11 Confidential - Do Not Share • プロダクトを複数の領域に分割 • 各領域をCampとしてCross

    Functionalなチームに ◦ Camp内には複数のScrumチームが存在 ◦ UX寄りのBackendもCamp内に • 各CampにPM HeadとEngineer Headを配置 • 全社方針とアラインした方針をHeads中心に各Campで策定 • 各Camp方針内で自走し創造性とスピードの向上を目指す 現在のプロダクト開発:Camp System 全社方針 Camp A 方針 Camp B 方針 Camp C 方針 Camp D 方針 Camp E 方針
  12. 12 Confidential - Do Not Share 現在のプロダクト開発:Camp System PM Head

    Eng. Head PM iOS iOS Android Android EM PM Backend Backend Backend Backend EM PM Backend iOS Android Frontend EM Scrum team Designer QA Camp PM Head Eng. Head PM Backend iOS Android Frontend EM
  13. 13 Confidential - Do Not Share 現在のプロダクト開発:Camp System 登録 Product

    Camps ホーム 検索 購入 出品 CRE 配送 CRM 新領域 Data Platform Camps DPE AI/ML Architect Merpay Project 1 Project 2
  14. 14 Confidential - Do Not Share 課題:体験設計の局所化 • 例えば、出品者の体験を良くする事を考える場合、登録→ホーム→出品→購入者 とのやり取り→発送のように繋がりで考える必要がある

    • 現状のCamp割だと、出品Campは自身の持つリソース内で体験設計を検討 しがち ◦ 画面 ◦ バックエンドドメイン ◦ 人員 • 仮に広い範囲で検討したとしても、他Campとの調整コストが高い • 自分たちの領域 > プロダクト全体 思考になることも 課題と対応方針
  15. 15 Confidential - Do Not Share 課題:体験設計の局所化への対応方針 • Campに色をつけない •

    ある程度の大きな体験のまとまりをテーマとしてCampにアサイン ◦ 例:出品CampではなくCamp Aとして出品体験を良くするというテーマを担う • Campの数を減らしコミュニケーションコストを下げる • 誰でもどこでも変更できるようにする ◦ xx画面をいじりたいけど他の Campに相談しないとな、、ということが無くせる ◦ 全員Software engineer構想 課題と対応方針
  16. 16 Confidential - Do Not Share 課題:Campごとの優先順位とプロダクト全体の優先順位の不整合 • 各Campで方針、優先順位を持っている •

    結果、プロダクトとして大事だけどCampの都合で優先順位が上がらない開発 案件があったりする 課題と対応方針
  17. 17 Confidential - Do Not Share 課題:Campごとの優先順位とプロダクト全体の優先順位の不整合への対応 • プロダクト全体の優先順位を明確に •

    各Campの優先順位調整を行う仕組みを導入 ◦ 必要に応じてCamp内の優先順位を変更する 課題と対応方針
  18. 18 Confidential - Do Not Share 課題:メルペイとのコラボレーション • お互いの戦略、フォーカスポイントなど相互理解不足 •

    開発プロセス、言語の違い ◦ メルカリ:Scrum、英語 ◦ メルペイ:一部Scrum開始、日本語 • サービスフェーズの違い ◦ 運用フェーズと立ち上げフェーズ • 共通の取り組みと各社の取り組みがコンフリクトする場合がある ◦ その際の意思決定の仕組みがない 課題と対応方針
  19. 19 Confidential - Do Not Share 課題:メルペイとのコラボレーションへの対応方針 • 各社全体集会でトップから共通の取り組みの意義を説明 •

    開発プロセスはまずは言語から ◦ Spec、チケットの英語化を頼もうと思っている • 短期的なKPI重視から中長期的な体験重視へシフト • Committeeの設置 ◦ コンフリクトが発生した際のエスカレーションフロー、意思決定者を明確化 ◦ Marketing, Product, Engineering の各社Headで議論 課題と対応方針
  20. 20 Confidential - Do Not Share • なぜそれを今するのかの理解が大事 • チームありきでなくやるべき事ありきでチームを作る

    • ボトムアップとトップダウンのバランス ◦ ボトムアップで機動力、自走力を保ちつつプロダクトの全体思考を失わず。 まとめ
  21. 21 Confidential - Do Not Share ありがとうございました!

  22. 22 Confidential - Do Not Share 詳細はそれぞれの募集要項へのリンクからご確認ください。 • シニアプロダクトマネージャー •

    プロダクトマネージャー (Technical) • シニアUX / プロダクトデザイナー • デザインマネージャー、UX / プロダクトデザイン 一緒にプロダクト開発する仲間を募集中です!