Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Hatena Engineer Seminar #26 エンジニアとして チーム改善してたら EMになってた話

Hatena Engineer Seminar #26 エンジニアとして チーム改善してたら EMになってた話

k-murakami0609

August 09, 2023
Tweet

More Decks by k-murakami0609

Other Decks in Programming

Transcript

  1. エンジニアとして
    チーム改善してたら
    EMになってた話
    id:k-murakami0609
    1

    View full-size slide

  2. 想定読者
    ● EMになりたくないけど、やっている人
    ● EMになりたくないけど、やらされそう人
    2

    View full-size slide

  3. 自己紹介
    ● id:k-murakami0609
    ● 2019/11 中途入社
    ● ノベルチーム EM
    3

    View full-size slide

  4. はてなの事業 | テクノロジーソリューションサービス
    株式会社KADOKAWAとの共同開発
    カクヨム
    小説投稿・収益還元プラットフォーム(Web / アプリ) エンタテインメントサイト(Web)
    リニューアル開発・運用支援
    魔法のiらんど

    View full-size slide

  5. 私の転職歴
    5
    ● 大学時代
    ○ プログラミングやったことないけど、モノづくりをしたいのでプログラマになりたいと思った
    ● 会社1
    ○ 一人プロジェクトでエンジニアリングから提案資料作りとか幅広くやっていたが、手を動かすことに集中し
    たいと思った
    ● 会社2
    ○ toCをやりたいと思った
    ● 会社3
    ○ エンジニアリングの他に、社内調整などが多く、楽しいと思いつつも、手を動かすことに集中できる環境に
    行きたかった
    ● はてな
    ○ 最初はエンジニアとして開発をしていたが、いつの間にかEMになっていた

    View full-size slide

  6. 今日話すこと
    ● そんな私がEMをやっている理由
    ○ EMに満足している話
    ○ ピープルマネージメントも手段にすぎない
    ○ エンジニアとEMを両立しても良い
    6

    View full-size slide

  7. はてなのEM
    ● ただのロールである
    ○ 特にエンジニアとの上下関係みたいなのはない
    ○ 評価基準は変わるが、職能手当みたいなものはない
    ○ 一方、多人数に影響を与えやすいポジションなので評
    価されやすくはある
    7

    View full-size slide

  8. 8
    EMに満足している話

    View full-size slide

  9. 自分の志向
    ● プロダクトを良いものを安く早く、お客さん
    に届けて喜んでほしい
    ● 無駄を無くすのが好き
    9

    View full-size slide

  10. どんなアクションをするのか
    ● 開発上の無駄を削って、ユーザーの価値向上
    につながる部分に時間を使えるようにする
    ● コスパが良く、自分の得意分野や干渉しやす
    い部分から着手していく
    10

    View full-size slide

  11. システム編
    ● CIを速くしてみたり
    ● Lintを整備してみたり
    ● ...
    11

    View full-size slide

  12. チーム編
    ● レビューが高速に回る仕組みを考えたり
    ● 定常作業の負荷軽減してみたり
    ● ドキュメンテーションを考えてみたり
    ● ...
    12

    View full-size slide

  13. ピープル編
    ● 成長を考慮してタスクを振ってみたり
    ● 1on1や日々の仕事や雑談を通じて、得意不得
    意・好き嫌いを見つけてみたり
    ● 評価を通じて、成長支援したり
    ● ...
    13

    View full-size slide

  14. 結局、改善の延長だった
    ● こうしてみるとプロダクトを成長させるため
    の改善の延長しかやってない
    14

    View full-size slide

  15. 私にとってのEMロール
    ● 裁量が大きく、ジェネラリストである自分に
    はEMはいいポジションだと思った
    15

    View full-size slide

  16. 16
    ピープルマネージメントも
    手段にすぎない

    View full-size slide

  17. 考えが変わった理由
    ● 同僚が「チームの性質は所属する個人の性質
    による」と言語化してくれた
    ● 過去の失敗を通じて、人が育たないとプロダ
    クトが育たないことを理解した
    17

    View full-size slide

  18. 過去の失敗
    ● 自分の一人で頑張りすぎて、自分がいなく
    なった後にチームの開発が滞った話をする
    18

    View full-size slide

  19. 過去の失敗から得たもの
    ● 自分が実現したいと思っているプロダクトの
    成長のためには人の成長が必要、という考え
    に繋がった
    19

    View full-size slide

  20. 自分にとってのピープルマネージメント
    ● 今は、ピープルマネージメントもただのチー
    ムを改善する手段の一つでしかないことに気
    づくことができた。
    20

    View full-size slide

  21. 21
    エンジニアとEMを
    両立しても良い

    View full-size slide

  22. EMに関する私の誤解
    ● 以前はこんなふうに思っていたり、言われた
    りした
    ○ マネージャーはコードを書いてはいけない。書かない
    ようにメンバーを教育していくことが正しい
    ○ マネージャーはピープルマネージメントをするもの
    22

    View full-size slide

  23. 「コードを書いてはいけない」への私見
    ● EMとエンジニアを両立することの確実にメ
    リットがある部分がある
    ● 例
    ○ このタスクをXXXさんに渡したいけど、この部分は
    (ちょっとむずそう | 興味がなさそう)みたいな時に、
    その部分を自分で巻き取ってしまえば良い
    23

    View full-size slide

  24. エンジニアとEMの両立
    ● 忙しくはある
    ● 規模がピザ2枚ルールに収まるならなんとか
    なっている
    ● TLとEMの両立は私には難しい
    24

    View full-size slide

  25. まとめ
    ● エンジニアかEMか迷っている人は、(はてな
    のような体制の場合には) どっちでもいいん
    じゃないかな
    ● EMとエンジニアはやっていることは違うかも
    しれないけど、チーム改善って視点から見た
    らシームレスだなと思った
    25

    View full-size slide