Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

和束技術講義_2020第2回ver2.0.pdf

 和束技術講義_2020第2回ver2.0.pdf

714e50a818d8e54e26d8f2373b6f6e59?s=128

iga-vegy-murayama

October 22, 2020
Tweet

Transcript

  1. 「茶葉を生かした野菜」の栽培技術習得セミナー 第2回 発酵・分解のイメージを掴む 講師/伊賀ベジタブルファーム㈱ 村山 邦彦

  2. 前回の課題設定を受けて… 今回の講座で深めたいテーマ • いい土とは?(根圏、分解発酵と微生物、腐植、 C/N、堆肥) • ミネラルって何故必要? どう補う? 時間あれば・・・ •

    実践面で施肥(窒素)を考える ~ 肥料の種類による違い/無肥料で育つ?
  3. おさらい ①光合成と栄養(窒素)のバランス 光

  4. ▪細胞をつくる材料 4 細胞壁 (繊維=骨格) 細胞質 (なかみ) セルロース CHO たんぱく質 CHO-N

  5. ▪窒素(肥料)と光合成のバランス 5 N > CHO N < CHO 肥料不足 肥料過多

  6. ▪窒素(肥料)と光合成のバランス 6 窒素不足 骨格優先 小さい 筋っぽい 黄色い… 窒素過多 なかみ優先 伸び伸び

    軟弱(とろけやすい) 緑色が濃い N > CHO N < CHO
  7. ▪病害虫の被害はどちらに 7 N > CHO N < CHO 肥料不足 肥料過多

  8. ▪光合成(CHOをつくる) 8 CO2 + H2O ⇒ CH2O +O2 有機物合成のスタート

  9. ▪糖の貯蔵と輸送 9 からだの各部に送られる デンプンとして(仮)貯蔵 ⇒ 糖の形に戻して各部の細胞へ (転流/夜間に活発化)

  10. ▪窒素吸収 10 からだの各部に送られる からだをつくる窒素はどこから来る?? 土の中の窒素分 【肥料】 「蒸散」の流れに乗せて吸収

  11. おさらい ②体内循環のメカニズム ※肥料が吸われて身になるまで。。。 水

  12. 12 ①溶ける 電気

  13. 13 ②根から吸収 団粒の隙間の 土壌溶液 濃い?薄い? 細胞の内部の 生体液 濃い?薄い? 土壌粒子 細胞

    浸透圧
  14. 14 葉:気孔から蒸散 茎:毛管現象 根:土壌から吸入 ③蒸散流

  15. 15 からだの各部に送られる 土の中の窒素分 【肥料】 「蒸散」の流れに乗せて吸収 ④アミノ酸合成

  16. 16 アミノ酸の濃度差 ⑤転流

  17. 17 糖 セルロース、でんぷん アミノ酸 タンパク質 (ペプチド) ⑥合成

  18. 18 細胞壁 (繊維=骨格) 細胞質 (なかみ) セルロース CHO たんぱく質 CHO-N 核

    ⇒ 核酸
  19. ③土を観るポイント 土 水はけ・肥料持ち 根圏生物相 ミネラルバランス

  20. 水はけ・肥料持ち

  21. 21 ▪ 土の成り立ち ①鉱物 岩石が風化を受けて細かく砕けたもの(無機物) ②生物 植物の根や土壌動物(ダニ、ミミズ、線虫) 微生物(糸状菌、放線菌、細菌) ③腐植 生物の遺体が長い年月をかけて化学反応した

    分解されにくい暗色の物資(難分解有機物)
  22. 22 ▪鉱物ってどんな物質? ケイ酸 SiO2 が基本材料 副材料:鉄 Fe とアルミニウム Al 、カルシウム

    Ca ナトリウム Na・カリウム K・マグネシウム Mgなど ミネラルの酸化物
  23. 23 ▪地球の大半はマグマ…

  24. 24 ▪地球表面に存在する元素

  25. 25 ▪岩石の風化過程

  26. 26 ▪岩石の風化過程

  27. 27 ▪土壌粒子(鉱物)の大きさと土性

  28. 28 ▪粒径と粘着力 粒が小さくなるほど電気的性質が色濃く ⇒ 静電気が強い!!

  29. 29 ▪土の構造(三相分布)

  30. 30 ▪毛細管現象との比較 細い隙間には水がくっついて離れない(静電気)

  31. 31 ▪肥料持ちが良い土とは? 土のなかの鉱物(MSiO4)はマイナスに帯電 ⇒ 陽(プラス)イオンを抱えることができる

  32. 32 ▪鉱物とCEC

  33. 33 ▪ 土の粒子の大きさによる影響まとめ 砂 → 壌土 → 埴土 細かくなるほど・・・ ★水持ちがよい(水はけが悪い)

    ★肥料持ちがよい(CECが高い) (※電気的性質が強まる) 水はけ・肥料持ち
  34. 34 ▪ 良い土といえば・・・ ★水はけのよい (雨が降っても水溜まりにならない) ★水持ちのよい (簡単には乾きずらい) 両立は可能なのだろうか?

  35. 35 ▪団粒構造 → 植物が育ちやすい環境「土壌」が形成される 小さい粒子が集まって大きい粒子を形成 「水はけのよい、水持ちのよい土」 が可能に

  36. 根圏生物相

  37. 37 ▪植物の根と土の相互作用(共生) 「根圏」 「根圏」: 植物と微生物の共生エリア 土 → 1cm3あたり数億の生物 「生態系」 植物の根

    ・土中の生態系で重要な役割 ・ pHや栄養条件などが周囲の土と著しく異なる 生物相
  38. 38 ▪植物の根と土の相互作用(共生) 「根圏」 【土(環境)が生物を育て、生物が土(環境)をつくる】

  39. 39 ▪根粒菌 空気中の窒素ガスを無機態に変えて植物に供給 (マメ科と共生)

  40. 40 ▪菌根菌 リンを遠くから植物に供給するカビのなかま

  41. 41 ▪根こぶ病~根こぶ線虫

  42. 42 ▪微生物の多様性 ⇒ 植物の生育にとって重要

  43. 43 ▪微生物のはたらき(物質の分解) → 堆肥の発酵過程

  44. 44 ▪微生物のはたらき(物質の分解) → 堆肥の発酵過程

  45. 45 ▪微生物のはたらき(物質の分解) → 食品の発酵

  46. 46 ▪食べる/消化する ⇒ 土の分解機能と同じ!?

  47. 47 ▪腐植って?? 土壌の有機物は微生物により分解 ⇒ 最終的に消滅 でも・・・一部は土壌にとどまる (暗色、構造は無定形の高分子化合物) 腐植= 「分解途中の有機物のカス」

  48. 48 ▪ 腐植の形成 腐植: 有機物とアルミニウムや鉄が 結合してできた物質 ☆鉱物の風化過程でできる ☆植生が大きく関係 ※火山灰土壌のイネ科草原で多く蓄積 (→黒ボク)

  49. 49 ▪ 腐植の形成

  50. 溶ける ~ pH ~ ミネラルって何だ?

  51. ▪イオンが水に溶ける様子 51 イオン になる(電気を持つ)と溶けやすい

  52. 52 ▪水に溶けるときの形 ⇒ 陽イオンと陰イオン 陽(プラス)イオン → おもに金属の仲間(ミネラル) 陰(マイナス)イオン → 「~酸」という名前がつく

    「塩」 ・・・水から析出 陽イオンと陰イオンがくっついてる状態
  53. 53 陽(+)イオンのなかま おもにミネラル 陽(+)イオンのなかま おもに「酸」

  54. 54 ▪水に溶けるときの形 ⇒ 陽イオンと陰イオン 「塩」の例 「炭カル」 カルシウムイオン Ca 炭酸イオン CO3

    炭酸カルシウム CaCO3 2+ 2 -
  55. 55 ▪ pHとは? 陽イオンが多い状態 pH高>7 【アルカリ性】 陰イオンが多い状態 pH低<7 【酸性】 +と-がバランスしている状態

    pH=7 【中性】
  56. 3つのミネラルとそのバランス

  57. 57 細胞壁のなかのペクチン酸カルシウム(フルーチェ) Ca 細胞壁 骨格=繊維 セメントを流し込む フルーチェ カルシウム 石灰

  58. 58 Mg 光をキャッチする緑色の 【クロロフィル】 マグネシウム 苦土

  59. ~植物にとって浸透圧は超重要~ 59 生体が体内濃度の制御に使う 濃い液 薄い液 半透膜 K カリウム 加里

  60. 60 ▪土壌分析の見方 ~ CECと塩基飽和度

  61. 61 ▪土壌分析の見方 ~ CECと塩基飽和度 塩基飽和度 = 「既に埋まっている席の割合」

  62. 62 ▪ミネラルバランスと塩基飽和度の目標値 ★最適塩基バランス<例>(meq比) 石灰 苦土 カリ 比 Ca:Mg:K = 5:2:1

    (あるいは 7:3:1 ←締める時) ★最適塩基飽和度 80%程度に調整(CEC15~20の場合) ちょい酸性 ※ただしCECが低い時は飽和度を高めにする +
  63. 63 ▪ミネラル同士の拮抗関係 石灰 ⇔ カリの関係 <石灰は締める ⇔ カリは緩める> 夏:石灰多め 葉物:石灰多め

    冬:カリ多め 果菜類・根物:カリ多め