Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

昔のLinuxの話 Our Memories of Linux

昔のLinuxの話 Our Memories of Linux

1991年にLinuxカーネルが公開され、日本である程度広く知られるまでの約10年間の出来事、活動、思い等の話を思い出してみます。

KOYAMA Hiroshi

March 28, 2014
Tweet

More Decks by KOYAMA Hiroshi

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 昔のLinuxの話  
    1991-­‐2000
     
    産業技術⼤大学院⼤大学
    ⼩小⼭山  裕司  =  KOYAMA  Hiroshi  
    [email protected]  

    View full-size slide

  2. 当時の環境(マシン)
    •  1989/4:  Sun-­‐4/60(SS1:  SPARCstaIon  1)  3,390千円  
    ª 
    SunOS  4.0.3c(4.3BSD+System  V  IPC),SPARC  20MHz(12.5Mips,
    1.4MFlops),8-­‐64MB  RAM,104MB  HDD×2,10Mbps  NIC,16型Color  
    •  1989/7:  NeXT  Computer(NeXTcube)  約2,000千円  
    ª 
    NEXTSTEP(Mach+4.3BSD),MC68030+68882  25MHz(5Mips,
    264KFlops),8-­‐16MB  RAM,256MB  MO,10Mbps  NIC,17型Mono  
    •  1989年年頃:  普通のPC  
    ª 
    MS-­‐DOS,8086/8088/286/386,640KB-­‐4MB  RAM,20-­‐40MB  HDD  
    •  1993年年頃:  386/486  PC  約100-­‐300千円  
    ª 
    486SX  33MHz,4MB  RAM,120MB  HDD,14型Color(SVGA)  
    •  1993/10:  Windows  NT
    2

    View full-size slide

  3. 当時の環境(インターネット)
    •  テレホーダイ  
    ª 
    定額料料⾦金金(23時から翌8時まで,指定2電話番号のみ)  
    ª 
    通常:  1,200-­‐24,000bps,TELEBIT:  9,600-­‐14,400bps  
    •  1996/12:  OCN  
    ª 
    OCNエンタープライズ  6Mbps,985千円/⽉月(1998/10頃)  
    ª 
    OCNスタンダード    1.5Mbps  
    ª 
    OCNエコノミー  128Kbps  
    •  1998/2:  ADSL  
    ª 
    NTT  xDSLフィールド実験:  下り8Mbps(実測1.6Mbps)  
    ª 
    2000/12:  フレッツ・ADSL  
    ª 
    あまりに素晴らしいので,部屋を掃除した記憶が・・・  
    3

    View full-size slide

  4. 当時のUnix
    •  1969:  Unix誕⽣生  
    ª 
    Ken  Thompson,Dennis  Ritchie(AT&T  Bell研究所)  
    •  1970s:  ゆるい利利⽤用許諾諾条件・⼿手数料料程度度  
    ª 
    1975:  V6,1979:  V7・32V  ,1976:  Lions'  Commentary  on  UNIX  6th  EdiIon  
    ª 
    1977:  1BSD(Pascalコンパイラ等),1978:  2BSD(vi,csh等),・・・  
    •  1980s:  厳しい利利⽤用許諾諾条件・⾼高価  
    ª 
    Sun,IBM,DEC,Apollo,HP等のUnixはソースコード無し  
    ª 
    UI・OSFの争い,Windows  NTの台頭等でUnixは置いて⾏行行かれる。  
    •  買ったばかりのSun等のマシン  
    ª 
    悲しい環境:  sh,pcc,ed,awk,...  
    ª 
    各種インストール作業:  GNU,X,⽇日本語環境,TeX,Perl等
    4

    View full-size slide

  5. Unix・Digital  PDP-­‐11  
    5
    Ken  Thompson,Dennis  Ritchie(1971)

    View full-size slide

  6. Unixの移植性が⾼高い理理由
    •  C⾔言語(⾼高級⾔言語)  
    ª 
     V3(1973年年)  
    ª 
    ソースコードの配布  
    •  ハードウェア依存の整理理  
    ª 
    4.3BSD-­‐Tahoe(1988年年)
    •  ベル研コードの整理理    
    ª 
    NET/1(1989/6)  TCP/IP関連コードの配布  
    ª 
    NET/2(1991/6年年)  ベル研のコード(32Vコード)の整理理  
    •  32Vのコードが残る6ファイルは削除  
    •  NET/2から派⽣生したPC  Unix(386BSD,BSD/386等)が現れる。
    •  裁判(USL  vs.  BSDi)  1992から1994/1まで  
    ª 
    4.4BSD-­‐Lite,4.4BSD-­‐Encumbered(1994年年)  
    ª 
    4.4BSD-­‐Lite2(1995年年)  
    6

    View full-size slide

  7. Linuxカーネル  1/2
    •  1991/1/5:  Linus  Torvalds⽒氏(21歳)のPC互換機  
    ª 
    386DX/33,387無し,4MB  RAM,40MB  HDD  →  $3,000  
    •  1991/9/17:  Linux  0.01誕⽣生  100ファイル,312KB  
    ª 
    ファイルシステムはMinixから流流⽤用  
    ª 
    コンソール,キーボード,IDE  HDDのみ対応,Bash及びGCCが移植済み。
    ª 
    1991/10/5:  Linux  0.02公開  
    •  1992/1/5:  Linux  0.12  828KB  
    ª 
    使⽤用許諾諾条件  →  GPL  
    ª 
    ジョブコントロール,387-­‐emu,仮想記憶,MCC  Interim  
    ª 
    1992/1/29:  ⾆舌戦勃発  
    ª 
    1992/3/7:  Linux  0.95  844KB  
    7

    View full-size slide

  8. Linuxカーネル  2/2
    •  1992/12/13:  Linux  0.99
    ª 
    1994/03/02:  0.99.15j  →  0.99カーネル:  約80バージョン(頻繁)
    ª 
    Ext2ファイルシステム,TCP/IP,Xウィンドウシステム,
    SCSI,CD-­‐ROM等
    ª 
    Bazaarスタイルの開発体制
    ª 
    当初,TCP/IP(NFS)の性能が悪かった  ←  独⾃自開発のため
    ª 
    Yggdrasil  CompuIng  LGX,SLS(Soglanding  Linux  System)
    ª 
    1993/7/5:  JE公開(真鍋⽒氏)  
    •  1994/3/13:  待望のLinux  1.0(安定版)    
    ª 
    約6MB(圧縮状態で約1MB)
    ª 
    1994/4/6:  Linux  1.1(開発版)  
    •  1995/3/7:  Linux  1.2(通称:  Linux  95)  
    8

    View full-size slide

  9. Linuxカーネルの成⻑⾧長
    2.6  
    2.2  
    2.4  
    2.3  
    2.1  
    1.0〜~1.3   2.0  
    2.5  
    9
    1991/9/17  
    0.01  →  61.9Kバイト  
    展開後,312Kバイト  
    約10KLOC

    2010/11/30  
    2.6.36.1  →  67.0Mバイト  
    展開後,約395Mバイト(1,300倍)  
    約10MLOC(約1,000倍)

    View full-size slide

  10. 約20年年前のLinuxの書籍の経緯
    •  1992年年頃:  3箇所でUnix等のソースコード公開の噂を聞く。  
    ª 
    推測  →  UCB(4.4BSD)・MIT(Linux),GNU(Hurd)  
    ª 
    当時のLinuxの⼀一次FTPサイト  
    •  tsx-­‐11.mit.edu  
    •  sunsite.unc.edu  
    •  gp.funet.fi  
    •  1993年年頃:  386SX/33のPC互換機を100千円ぐらいで買う。  
    ª 
    ⼤大学院の研究室同様のUnix環境が欲しかった。  
    ª 
    386BSDより簡単にインストールできるらしいので,Linuxを選ぶ。  
    ª 
    当時はCD-­‐ROM装置は⾼高級品  →  数⼗十枚のFDで配布,インストール  
    •  Addison-­‐WesleyからUnix書籍の執筆依頼  
    ª 
    当時のUnix書籍は古いUnixの内容が多かった(System  V,sh,roff等)。  
    10

    View full-size slide

  11. FD
    11
    •  当時,インターネット接続及びCD-­‐ROM装置は贅沢だった。  
    •  SLS:  30枚  
    •  Slackware  1.0:  24枚  
    •  Slackware  2.1:  73枚

    View full-size slide

  12. 書籍の執筆等
    •  普通のUnix環境のことを書いた。  
    ª 
    Linux,Mule,GNU,X,LaTeX,Perl,Tcl/Tk,MH,正規表現,・・・  
    ª 
    Linux上のTeXで書いてPostScriptで納品した。  
    •  Linuxを収録したCD-­‐ROMを付けた。  
    ª 
    Linus,rms,Patrick等の各⽒氏から収録許可を貰う。  
    ª 
    rms⽒氏からは,書名はlignuxかGNU/Linuxがいいというアドバイスを頂く。  
    ª 
    結構まじめに編集した。  
    •  Slackware  2.1,JE  0.9.5a,FM-­‐TOWNS版  
    •  Linuxカーネルのコレクション(0.01〜~1.1.64)  
    •  Emacs  Lispマクロ,Perlスクリプト,TeXスタイル等,TeXフォント  
    •  関連ドキュメント,Windows,MS-­‐DOSエミュレータ等  
    ª 
    Linuxが収録されたCD-­‐ROM付属の書籍は,はじめての試み  
    •  ⽇日本中にバックアップをばらまくことができた。  
    12

    View full-size slide

  13. 後⽇日談
    •  書籍のPSデータはFTPで公開した。  
    •  ドネーションの結果,rms⽒氏から感謝状,パーティの招待状,
    グリーティングカード等が届く。  
    •  rmsを⾺馬⿅鹿鹿にするLinux書籍が出版される。  
    ª 
    内容はSlackwareの画⾯面を翻訳しただけ  
    ª 
    翻訳して公開する。  
    ª 
    ⼩小島⽒氏が翻訳版のインストーラを開発する(Plagiaware)  
     →  後のPlamo  Linux  
     
    •  新版のCD-­‐ROM  
    ª 
    Linus⽒氏の京都⼤大学講演動画,Plamo  Linux,  
    商⽤用ソフトウェアの評価版等を収録  
    14

    View full-size slide

  14. 昔の写真
    15

    View full-size slide

  15. 余談
    •  1998/9/25:  Linux  Seminar(2004/3/19まで計57回)  
    ª 
    最近は第三⾦金金曜にInfoTalkを開催してます(2014/3まで計63回)。  
    •  1999/3/19:  LinuxWorld  Conference  1999  Japan  
    •  1999年年頃:  LinuxJP・OpenI18N・Li18nux等  
    •  この後,  
    ª 
    Linux関係の新興企業(ノーザンライツ等)で勤務しました。  
    •  多数のLinux企業ができ,多数の企業がLinuxの取り扱いを始めました。  
    ª 
    各種の出来事がいろいろありました。  
    •  オープンソースという流流⾏行行り:  Goodbye,  "free  sogware";  hello,  "open  source"  
    •  GPLの寿命:  GPL  v3,AGPL  
    •  SCOの貢献・騒動:  Ancient  Unix,Linos  Book再販,訴訟  
    •  最新のLinux:  3.13.7(2014/3/14)  87.0MB(tar.bz2)    
    16

    View full-size slide

  16.  ご清聴ありがとうございました。  
     
     
     
     
     
     
     
    産業技術⼤大学院⼤大学  産業技術研究科  情報アーキテクチャ専攻  教授  
    ⼩小⼭山  裕司  =  KOYAMA  Hiroshi
    mailto:  [email protected]          
    skype:  koyama0612    
    Facebook:  hnp://www.facebook.com/koyama0612  
    Twiner:  pk0612  
    17

    View full-size slide