配信チームの準備と当日進行について

 配信チームの準備と当日進行について

8/3(月)のPython Charity Talks in Japan 振り返り会↓で用いたスライド
https://pyconjp.connpass.com/event/182075/

685c9b622b253f8a53a8ef99b0453fb9?s=128

kuma127

August 03, 2020
Tweet

Transcript

  1. 配信チームの準備と 当日進行について Python Charity Talks in Japan 振り返り / 2020

    Aug 3
  2. アジェンダ • 配信チームの紹介 • ZoomWebinarの話 • 準備したこと • 当日の話 •

    得たノウハウ
  3. 配信チームの紹介

  4. おまえだれよ? • kumappp • Twitter: @kumappp27 • PyCon JP 2019

    スタッフ(コンテンツチーム) • PyCon JP 2020 スタッフ(配信チーム)
  5. 配信チームについて • 主にZoomWebinarとYouTube配信の設定・監視を担当 • メンバーはkumapppと@shimizukawa • 二人ともZoomWebinar等配信に関わるのははじめて

  6. ZoomWebinarの話

  7. ZoomWebinarとは? • トークイベントに特化したZoomのサービスの一種 • 普通のZoom(以下ミーティング)は ミーティングルームに入るようなイメージ • 対して、ZoomWebinar(以下ウェビナー)は パネリスト(発表者)はステージ、聴衆者は観客席のように部 屋がそれぞれ分けられている

  8. 部屋のしくみ • 「パネリスト」用の部屋と「参加者」用の部屋がある • 「パネリスト」の部屋は普通のZoomと同じ • 「参加者」の部屋は「聞くだけ」 • 「聞くだけ」なので、参加者はマイクやビデオをONにはできな い

  9. 利用するには? • Zoomのプロ契約+アドオン契約が必要 • 利用できる人数によって、金額が異なる • 今回私たちが使ったのは、 「500人」上限で 一月1ホストあたり¥18,800

  10. 設定について • 基本的な設定はZoomと同じだが、部屋の周知が異なる • 参加者向けの部屋URLは部屋作成時に払い出される • パネリスト向けは 「招待状」という欄にパネリストのメアドを登録して、 メール経由でURLが周知される 招待状のメール

  11. 設定について・2 • 他の設定は これだけ!

  12. YouTube配信について • YouTube配信の設定は下記のように行う 1. YouTube Live Studio で配信を新規作成 2. ストリームキー、ストリームURL、ブラウザのURL

    をコピー 3. Zoom Webiner のカスタムライブストリーム配信に上記3つを 設定
  13. 準備したこと

  14. イベントを行うにあたって • どういうことをすればいい?(タスクが不透明) • ZoomWebinarってどれだけ機能があるの?(知見不足) • 当日どんな感じで進行していけばいいのか?(当日トラブルの 不安)

  15. このように対策 • どういうことをすればいい? →スプレッドシートとSlackでタスク共有 • ZoomWebinarってどれだけ機能があるの? →スタッフ交えてお試し • 当日どんな感じで進行していけばいいのか? →スピーカーを集めてリハ

  16. スプレッドシートとSlackでタスク共有 • 不透明なタスクをSlackやZoomMTGで洗い出し • それをスプレッドシートに書き出す • 適宜タスクを修正&可視化 • タスクの整理と管理が 効率的に行える

  17. スタッフを交えてお試し • MTG内でZoomWebinarやYouTube配信をお試し • 各スタッフにパネリストや参加者の役割を担ってもらう • 「この設定をしたらこうなる」というのを実感できる

  18. スピーカーを集めてリハーサル • オンラインイベントは当日トラブルがつきもの • しかし事前にトラブルの種は摘んでおきたい • ということで、スピーカーの方を招集して、リハーサルを実施

  19. スピーカーを集めてリハーサル・2 • リハーサルにより以下のメリットを得られた 1. 進行の段取りの認識合わせができた 2. ZoomWebinarをスピーカーの方にも知ってもらい、 発表するまでの流れをつかんでもらえた 3. スタッフ側も当日必要な操作・流れを前もって経験することが

    できた →結果、当日にトラブルも発生することなくイベントが終えられ た!
  20. 当日の話

  21. 当日行ったこと • Zoomの立ち上げとYouTube配信の開始 • YouTubeコメントの監視 • ギャラリービュー⇄スピーカービューの切り替え

  22. Zoomの立ち上げとYouTube配信の開始 • メインのZoom及びYouTubeは、以下の操作を持って開始して しまえば、あとは基本的に見守るだけ 1. ウェビナーを開始する 2. ウェビナーのカスタムライブストリーム配信を開始する 3. YouTube

    Live Studio で配信開始をおす
  23. YouTubeコメントの監視 • YouTubeStudioからコメントを監視する • Code of Conductに則ってない コメントは削除できる • ※ただ、当日はそのような

    コメントはなかった
  24. ギャラリービュー⇄スピーカービューの切り替え • ウェビナーではホストの設定が参加者側にも反映される • なので、パネルセッションでは「ギャラリービュー」 トークは「スピーカービュー」と切り替える必要がある

  25. 得たノウハウ

  26. 得たノウハウ • ZoomWebinar及びYouTube配信の使い方 • オンラインイベント開催の運び

  27. ZoomWebinar及びYouTube配信の使い方 • ウェビナーやYouTube配信は、一般的に使う機会はそうそうな いので、利用する、ってだけでも大きな経験となった • 今年は様々なイベントがオンライン開催になったので、その経 験を活かす機会も多い • 早速PyCon JP

    2020のスタッフ業でこの経験を活かそうと思う
  28. オンラインイベント開催の運び • オンラインイベントのスタッフ業が初めてだった • 自宅の環境でスタッフ業が行えた、というのは新鮮な経験だっ たと思う • 顔が見えないので参加者とのやりとりは苦戦するかな、と思っ たがPyCharityの参加者はイベントの流れにスムーズに従っ てくれて大変助かった

  29. まとめ

  30. まとめ • とりあえずやってみる、ということはやはり大事 • 入念な準備がイベントの成功をもたらす • スタッフみんなイベント慣れしていて頼もしかった

  31. ご静聴、ありがとうございました!