Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

CircleCI Ship Quality Code, Faster

CircleCI Ship Quality Code, Faster

B32c18d03687577950da29542d0a9180?s=128

Noboru Kurumai

May 30, 2019
Tweet

Transcript

  1. 1

  2. 2 自己紹介

  3. 3 今日お話したいこと - CircleCI の概要(さらっと) - ビルドの高速化 - CircleCIでできること -

    ビルドの高速化のその先へ
  4. 4 について

  5. CircleCI • ソフトウェア開発者をターゲットに、より良いコードをより早くデリバリす るためのサービスを提供 • 2011年に米国サンフランシスコで創業 • 世界中に200名以上の従業員 • 2018年1月にシリーズC($31M)を調達。合計で$59.5M(≒66億円)

    REPRESENTATIVE CUSTOMERS
  6. 6 グローバルで100,000社以上にご利用頂いています

  7. 7 の思想 - コンフィグはファイルに書かれるべき (コードと同じくレビューとバージョン管理を行う) - 明示的であるべき - たくさんの人の目に触れながら開発者が改善を繰り返す

  8. 8 .circleci/config.ymlでテスト環境を統一

  9. 9 .circleci/config.ymlでテスト環境を統一 https://circleci.com/docs/2.0/sample-config/ Dockerイメージを指定 コードの取得やテスト内容を ステップとして記述 個々のジョブ定義 ジョブを組み合わせたワークフロー定義 ・連続実行 ・ファンアウト・ファンイン

    ・スケジューリング ・ブランチ別 ・タグ別 ...等
  10. Running CI/CD with our hosting options cloud server Active users

    Active users VCS VCS Databases Caches & Artifacts Build Fleet (GitHub.com or GitHub Enterprise) Databases Caches & Artifacts Build Fleet
  11. 11 と https://github.com/kurumai/pelican-bookstore/issues/1

  12. 12 ビルドの高速化

  13. 13 そもそも高速化って何でやるの? - 待っている時間を減らしたい - 待っている間は他のことが手につかない - 他のことをやったとしても、コンテキストスイッチのコストは発生する - 早くバグを見つけたい

    - バグは(意図せず)作り込んだタイミングから、 可能な限り早く検出して修正したい - 作ってから時間が経てば経つほど修正にかかるコストが増える (あれ、このコードの意味って・・・) - コスト(費用)を減らしたい - ビルド実行時間による課金の場合、不要なビルドを減らしたり、時間を短くしたい - 一方、速くするための機能に課金が発生する場合も・・・ 投資対効果の見極めが必要
  14. 14 ビルドパイプラインの流れ(例) 1. コードのコミット(プッシュ) 2. ビルドキュー待ち 3. ビルド用コンテナの起動 4. ソースコードのチェックアウト

    5. 依存ライブラリのダウンロード 6. 静的解析(Lint) 7. 単体テスト 8. 結合テスト 9. 成果物の保存
  15. 15 ビルドパイプラインの流れ(例) これを数分で終わらせたい (ただし規模にもよる) 1. コードのコミット(プッシュ) 2. ビルドキュー待ち 3. ビルド用コンテナの起動

    4. ソースコードのチェックアウト 5. 依存ライブラリのダウンロード 6. 静的解析(Lint) 7. 単体テスト 8. 結合テスト 9. 成果物の保存
  16. 16 でできること

  17. 17 Dockerサポート - CircleCIはネイティブでDockerをサポートしています。 - VMによるCIと比べて非常に高速にビルド環境を構築することが可能です。 https://circleci.com/docs/2.0/circleci-images/

  18. 18 Compute Options

  19. 19 ファイルのキャッシュ・共有 同一ジョブ間のキャッシュ ワークフローが繰り返し実行される中で、同一ジョブ で利用される永続データを使い回す。 同一ワークフロー内の データ共有 同一ワークフロー内の異なるジョブ間でデータを共 有する。

  20. 20 ビルドの高速化(並列処理) 4並列でテストを実行 https://circleci.com/gh/kurumai/circleci-step-by-step/210

  21. 21 新しい料金体系:

  22. 22 ビルドパイプラインの流れ(例) Performance Planでキュー待ち無し 1. コードのコミット(プッシュ) 2. ビルドキュー待ち 3. ビルド用コンテナの起動

    4. ソースコードのチェックアウト 5. 依存ライブラリのダウンロード 6. 静的解析(Lint) 7. 単体テスト 8. 結合テスト 9. 成果物の保存 1st class Dockerサポート ファイルのキャッシュ・共有 マシンスペックの最適化 並列処理
  23. 23 ビルドの高速化の その先へ

  24. 24 そもそも高速化って何でやるの? - 待っている時間を減らしたい - 待っている間は他のことが手につかない - 他のことをやったとしても、コンテキストスイッチのコストは発生する - 早くバグを見つけたい

    - バグは(意図せず)作り込んだタイミングから、 可能な限り早く検出して修正したい - 作ってから時間が経てば経つほど修正にかかるコストが増える (あれ、このコードの意味って・・・) - コスト(費用)を減らしたい - ビルド実行時間による課金の場合、不要なビルドを減らしたり、時間を短くしたい - 一方、速くするための機能に課金が発生する場合も・・・ 投資対効果の見極めが必要
  25. 25 そもそも高速化って何でやるの? - 待っている時間を減らしたい - 待っている間は他のことが手につかない - 他のことをやったとしても、コンテキストスイッチのコストは発生する - 早くバグを見つけたい

    - バグは(意図せず)作り込んだタイミングから、 可能な限り早く検出して修正したい - 作ってから時間が経てば経つほど修正にかかるコストが増える (あれ、このコードの意味って・・・) - コスト(費用)を減らしたい - ビルド実行時間による課金の場合、不要なビルドを減らしたり、時間を短くしたい - 一方、速くするための機能に課金が発生する場合も・・・ 投資対効果の見極めが必要 アイデアをできる限り早く実現・リリースして、顧客か ら素早くフィードバックを得るため
  26. 26 そこで - Continuous Delivery (継続的デリバリー) 常にリリース可能な状態を維持する - Continuous Deployment

    (継続的デプロイメント) 自動でステージング・本番環境へデプロイする
  27. 27 ユーザー コミュニティの場 @CircleCIJapan CircleCI Japan User Group https://circleci.connpass.com/ https://twitter.com/CircleCIJapan

    https://www.facebook.com/group s/2180735222207131/ • FAQ、イベント情報、ブログ投稿連絡など • イベント、リリース、お知らせなど • イベント申込
  28. 28 今後の コミュニティ活動 • 5月28日 : 第4回ミートアップ in 東京 •

    6月?日 : 第5回 東京 at ZOZO オフィス • 6月13日 : CEO Jim: CircleCI      成長の軌跡と未来 • 7月19日 : デプロイしNight in 福岡
  29. 29 Velocity comes from culture

  30. Thank you. 30