Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

使おうWatson at 香川県 「Watsonって何ができるの? デモでみてみよう!」/ Let's use Watson at Kagawa 01

使おうWatson at 香川県 「Watsonって何ができるの? デモでみてみよう!」/ Let's use Watson at Kagawa 01

2019/11/16(土) 13:00 〜 16:30 「使おうWatson at 香川県」
「Watsonって何ができるの? デモでみてみよう!」
の資料です。

Ca7e4f1680e175e6462a039923e71fc5?s=128

Kyoko Nishito

November 16, 2019
Tweet

Transcript

  1. 使おう Watson! @Kagawa Kyoko Nishito Developer Advocate Tokyo City Team

  2. Speaker ⻄⼾ 京⼦ Kyoko Nishito IBM Developer Advocate KyokoNishito

  3. 本⽇セッションについて ⽬的 WatsonとWatson APIの概要について理解し、アプリケー ションの作成を体験する ゴール Watson を利⽤したNode-REDアプリケーションの完成︕

  4. タイムテーブル 13:00-13:50 Watsonって何ができるの︖ デモでみてみよう! 13:50-14:00 休憩 14:00-16:30 IBM Watson Visual

    Recognition で画像認識アプリを作ろう︕
  5. 本⽇の資料 本⽇の資料はこちらからPCにダウンロードお願いし ます。URLをクリックしたり、コマンドをコピペしたりでき ますので、サイトでみるのではなく、ダウンロードをお勧めし ます。 http://ibm.biz/kagawa-watson01 この資料 http://ibm.biz/kagawa-watson02 ハンズオン資料

  6. 事前準備確認 こちらのURLにアクセスして、IBM Cloudにログインお願いし ます。 アカウント未登録の⽅もこちらから登録お願いします。今から 取得する場合は携帯からWifiを使⽤ぜず携帯の通信で取得お願 いします(エラー発⽣防⽌のため) https://ibm.biz/BdzLJK 右上の「ログイン」をクリックしてログイン︕

  7. 7 Watson って 聞いたことありますか︖

  8. Watson って 使ったことありますか︖ 8

  9. IBM Cloudの アカウントがあれば、 誰でもWatsonが使えます! 9

  10. IBM Cloud ライト・アカウント クレジットカード不要で、期間無制限で Watson含めた多数のAPIとサービが 無料で使えるアカウントです。 10 ・必要なのはメールアドレス ・クレジットカード不要 ・無償で期限なし

    ・今⽇から使える IBM Cloudへ登録 https://ibm.biz/BdzLJK
  11. Watson って 何ができるの︖ デモでみてみよう︕ 11

  12. Watson APIサービス⼀覧 2019年3⽉現在 Watson Assistant アプリケーションに⾃然⾔語インターフェースを追加して エンドユーザとのやり取りを⾃動化 Text to Speech

    テキスト⽂章を⾳声に変換する Speech to Text ⾳声をテキスト⽂章に変換する Visual Recognition 画像コンテンツに含まれる意味を検出する Discovery 先進的な洞察エンジンを利⽤して、デー タの隠れた価値を解明し、回答やトレン ドを発⾒する Discovery News Discovery上に実装され、エンリッチ情報 も付加されたニュースに関する公開デー タセット Personality Insights テキストから筆者の性格を推定する Language Translator テキストを他⾔語へ翻訳を⾏う Natural Language Understanding ⾃然⾔語処理を通じてキーワード抽出、エン ティティー抽出、概念タグ付け、関係抽出な どを⾏う Natural Language Classifier テキスト⽂章の分類を⾏う(質問の意図推定など) Tone Analyzer(⽇本語未対応) テキストから筆者の感情、社交性、⽂体を解析 Knowledge Studio コーディングなしに、業務知識から⽣成した 機械学習モデルで、⾮構造テキストデータか ら洞察を取得(学習⽀援ツール) ⼼理系 ⾔語系 照会応答系 知識探索系 ⾳声系 画像系 https://www.ibm.com/watson/jp-ja/developercloud/services-catalog.html
  13. Cloud上で使えるAIサービス ・・・ Internet PC Azure AWS GCP IBM Cloud Smart

    Phone Server 各社クラウド Direct Link
  14. 14 Watson APIの特徴 • ネットワーク経由でアクセス • REST形式のインターフェイス • Java, Python,

    Node.jsなどに対応した APIライブラリ(SDK) • https://github.com/watson-developer-cloud
  15. Watson って 何ができるの︖ もっとくわしく!!! 15

  16. Watson APIサービス一覧 2019年3⽉現在 Watson Assistant アプリケーションに⾃然⾔語インターフェースを追加して エンドユーザとのやり取りを⾃動化 Text to Speech

    テキスト⽂章を⾳声に変換する Speech to Text ⾳声をテキスト⽂章に変換する Visual Recognition 画像コンテンツに含まれる意味を検出する Discovery 先進的な洞察エンジンを利⽤して、デー タの隠れた価値を解明し、回答やトレン ドを発⾒する Discovery News Discovery上に実装され、エンリッチ情報 も付加されたニュースに関する公開デー タセット Personality Insights テキストから筆者の性格を推定する Language Translator テキストを他⾔語へ翻訳を⾏う Natural Language Understanding ⾃然⾔語処理を通じてキーワード抽出、エン ティティー抽出、概念タグ付け、関係抽出な どを⾏う Natural Language Classifier テキスト⽂章の分類を⾏う(質問の意図推定など) Tone Analyzer(⽇本語未対応) テキストから筆者の感情、社交性、⽂体を解析 Knowledge Studio コーディングなしに、業務知識から⽣成した 機械学習モデルで、⾮構造テキストデータか ら洞察を取得(学習⽀援ツール) ⼼理系 ⾔語系 照会応答系 知識探索系 ⾳声系 画像系 https://www.ibm.com/watson/jp-ja/developercloud/services-catalog.html
  17. Watson Assistant 17 ü チャットボットのような対 話アプリケーションの開発 に最適 ü 会話フローをグラフィカル に開発できるツールを提供

    ü 作成した会話フローをAPIで 呼び出し Watson: こんにち はシステムサポー トです。何かお困 りですか︖ User: 交通費精算シ ステムだよ。 エンティティー: システム Value: 交通費精算システム Watson: 何のシス テムにログインで きないのですか︖ User: ログインでき ないよ 意図: ログイン不可 Watson:交通費精 算システムにログ インできない場合 のチェック項⽬の URLを送ります http://xxx 交通費精算システムのログイ ン不可にに関する情報を検索 色々な言い回し “ログインエラーになる” “ログインが失敗するけど” 色々な言い回し “交通費のやつ” “精算システム” Webツールで インテント、 エンティ ティー、 会話フロー を作成可能 https://www.ibm.com/watson/jp- ja/developercloud/conversation.html
  18. DEMO 18 DOC ID / Month XX, 2018 / ©

    2018 IBM Corporation Watsonを使⽤したLINE chat bot 本⽇のハンズオンで作成します
  19. 参考情報 19 LINEチャットボットとWatsonを連携する https://medium.com/@taiponrock/line%E3%83 %81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88% E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E3%81 %A8watson%E3%82%92%E9%80%A3%E6%90 %BA%E3%81%99%E3%82%8B-8a7d89a49e57

  20. Natural Language Understanding (NLU) üテキストを分析し、概念、エンティ ティー、キーワード、カテゴリー、 感情、関係、意味役割などのメタ データを抽出※ ü事前学習済みであり、学習なしで解 析結果を取得

    抽出できるもの • エンティティ(Entities) • 関係(Relations) • 概念(Concepts) • キーワード(Keywords) • 評判 (Sentiment) • 感情 (Emotion) ※ • カテゴリー(Categories) • 構⽂解析(Semantic Roles) ※ 感情分析(Emotion)は⽇本語には対応していません https://www.ibm.com/watson/services/natural-language- understanding/
  21. DEMO 21 https://natural-language-understanding-demo.ng.bluemix.net/ 今⽇のニュースからメタデータを抽出してみます

  22. üWatsonを利⽤した⽂書検索 エンジン ü膨⼤なテキストデータを取 り込み、NLUで解析、検索に 利⽤ ü⾃然⾔語でも検索できる (またはDiscovery Query Language(DQL)) Discovery

    https://www.ibm.com/watson/jp-ja/developercloud/discovery.html
  23. Discovery News üDiscoveryのインスタンスを作成すると、世界各地のニュー ス記事を保持している、事前作成済み読み取り専⽤コレク ション Discovery News がすぐに使える状態になります。 ・データ登録の必要なしにすぐに使える ・IBM選定の10万のニュースソース

    ・1⽇当たり30万件以上の記事(⽇本語記事は1⽇あたり17,000件)
  24. DEMO 24 気になるニュースを検索してみましょう︕ https://discovery-news-demo.ng.bluemix.net/

  25. 25 Visual Recognition • 画像認識「⼀般種別」(General Tagging): • 事前学習済みの分類器の出⼒を返します • 画像認識「カスタム」:

    • 識別を⾏いたいクラスのイメージを事前学習させ、その 分類器の出⼒を返します。 事前学習 不要 事前学習 必要 https://www.ibm.com/watson/jp-ja/developercloud/visual-recognition.html
  26. DEMO 26 本⽇のハンズオンで実際に作成できます

  27. DOC ID / Month XX, 2018 / © 2018 IBM

    Corporation Text to Speech テキスト⽂章を⾳声に変換する https://text-to-speech-demo.ng.bluemix.net DEMO
  28. Speech to Text ⾳声をテキスト⽂章に変換する https://www.ibm.com/watson/jp-ja/developercloud/speech-to-text.html Language Translator ⾃然⾔語テキストについて他⾔語へ翻訳を⾏う Natural Language

    Classifier テキスト⽂章の分類を⾏う(質問の意図推定など) https://www.ibm.com/watson/jp-ja/developercloud/language-translator.html https://www.ibm.com/watson/jp-ja/developercloud/nl-classifier.html
  29. 29 © 2018 IBM Corporation Personality Insights テキストから筆者の性格を推定する https://www.ibm.com/watson/jp-ja/developercloud/personality-insights.html DEMO

    https://personality-insights-demo.ng.bluemix.net/
  30. 30 © 2018 IBM Corporation Tone Analyzer(⽇本語未対応) テキストから筆者の感情、社交性、⽂体を 解析する https://tone-analyzer-demo.ng.bluemix.net/

  31. デモは以上です。 次はハンズオンです︕ 31

  32. タイムテーブル 13:00-13:50 Watsonって何ができるの︖ デモでみてみよう! 13:50-14:00 休憩 14:00-16:30 IBM Watson Visual

    Recognition で画像認識アプリを作ろう︕