Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

AGL Japan Meetup BoF

AGL Japan Meetup BoF

2023年4月27日開催 Automotive Grade Linux (AGL) Meetup Japan 資料

More Decks by Linux Foundation Japan

Other Decks in Technology

Transcript

  1. AGL Japan meetup BoF

    View full-size slide

  2. AGL Japan meetup BoF
    • BoFとは
    • Birds of a Featherの略語で、テーマを決めて討論をする会です
    • ソフトエンジニアの宿敵Buffer OverFlowではありません
    • 本日のお題
    • 今日の内容に対するQ&A
    • AGLの活動と、参加する方法について
    • みなさんがAGLに参加する場合の課題

    View full-size slide

  3. QA: 本日のキーワード
    AGLはCode first developmentの団体で、
    車向けのLinuxプラットフォームの実
    ソフトウェア開発を行っている
    ターゲットアプリケーションは、
    IVI, Cluster, SDV, V2C-ECU, HUD等
    IVIのキーテクノロジー
    UI-framework
    Application framework
    Security
    共通テクノロジの開発、応用
    VirtIO
    Cloud
    Container
    Yocto
    CIAT
    Clusterのキーテクノロジー
    Linux container for embedded.
    Safety island.
    SDV EG:
    EdgeでもCloudでも同じソフトウェアが動かせ
    る世界を目指して開発を推進
    VirtIOによるデバイスI/F共通化
    UI-framework
    Flutter
    Qt
    WebApp(HTML5)
    Application fw
    Radio service API
    Vehicle service API
    etc..
    gRPC
    IVI EG:
    IVI製品のFrameworkはFlutterと定めて、
    Flutterでアプリケーションを作ることができ
    るIVIプラットフォームの構築を推進
    Flutter on wayland
    AppFW EG:
    IVI製品のAppFWとそのデモ実装の開発
    gRPC
    CIATのキーテクノロジー
    Yocto integration
    LAVA
    ICEG:
    Cluster(メーター)にIVIなどの機能を統合したLinuxシ
    ステムを構築するベースプラットフォームの開発
    組み込み向けLinux Containerの技術開発
    CIAT EG:
    AGL開発の土台を支える継続的インテグレーショ
    ンと自動テスト技術の開発、メンテナンス
    同一バイナリを再現可能なビルド環境構築
    V2C EG:
    クラウドと連携するEdge(車)
    ECUのプラットフォーム開発
    MQTT
    すべてがオープン
    Open Source
    Open Access
    Open Contribution
    Open Discussion

    View full-size slide

  4. AGLの活動と、参加する方法について
    Advisory Board
    AGLの大方針決定
    予算承認
    Steering Committee
    年間活動方針の決定
    AGLのPlatinum, Goldメンバーになるか、
    Silverメンバーの選挙で当選すると参加できる
    運営組織なので、エンジニアが単独で参加す
    る組織体ではなく、会社の代表が集まる場
    ミーティング:
    AGLのイベント開催時+不定期
    System Architecture Team(SAT)
    各EGの活動についてを横串で議論する場
    Expert Group(EG)
    EGごとの活動方針に基づい
    て、取り組み内容の議論や
    情報・状況共有を行う
    Expert
    Group
    Expert
    Group
    エンジニアが個人参加してよい場
    Webミーティングの、リンクが公開されているので
    そこから参加
    ミーティング:
    SAT, EGは、2週間に1回Webミーティング
    DevCallのみ毎週Webミーティング
    SATは3か月に1回F2Fミーティングを開催
    アジア、ヨーロッパ、アメリカに参加者がいるため、
    Webミーティングは JST pm9:00 ~ pm11:00
    Dev
    Call
    開発状
    況共有
    の場
    AGL Japan Meetup
    日本ローカル活動
    JST meeting?
    日本ローカル活動
    エンジニアが個人参加してもよい場
    今回初開催なので、定期化などは未定
    英語
    日本語

    View full-size slide

  5. 最後にご紹介

    View full-size slide