$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

freeeの「成果を生み出すデザインリサーチチーム」の秘密

Rikiya Ihara
June 09, 2020
4

 freeeの「成果を生み出すデザインリサーチチーム」の秘密

Rikiya Ihara

June 09, 2020
Tweet

Transcript

  1. freee 株式会社
 freeeの「成果を生み出すデザインリサーチチーム」の秘密
 2020.06.09

  2. デザイン会社ビジネス・アーキテクツで13年勤務したのち、
 2017年10月にfreeeに参加。
 UXデザイナー、プロダクトマネジャーを経て、
 現在はデザインリサーチチームのマネジャーとして活動。
 
 HCD-Net 評議委員、および認定人間中心設計専門家。
 ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)WG1委員。
 
 著書に『デザイニングWebアクセシビリティ』、


    監訳書に『コーディングWebアクセシビリティ』、
 『インクルーシブHTML + CSS & JavaScript』がある。
 Rikiya Ihara @magi1125 伊原 力也
 デザインリサーチチームマネジャー
 UXデザイナー

  3. 3

  4. freeeはスモールビジネスのバックオフィスの
 業務効率化を支援


  5. 工数入力を簡単に
 プロジェクトの収支を素早く正確に見える化
 


  6. freee 株式会社


  7. 7 「社内文化・システム化」


  8. 8 ブログ記事はこちら


  9. 9

  10. 10

  11. 11 2018年1月時点のfreee
 • UT:実施なし
 • 調査:年に数本程度
 • リサーチチーム:なし
 ※UT=ユーザビリティテスト

  12. 12 2020年4月時点のfreee
 • UT:ほぼ必須で実施
 • 調査:重要度に応じて計画的に実施
 • リサーチチーム:専任3人+Ops1人


  13. None
  14. 14 1. 関心醸成期


  15. None
  16. None
  17. None
  18. 18 やったこと
 • Bizと協働での顧客マッチングサービス
 • 社内でのリサーチ講習会/ワークショップ
 • 社外から講師を呼び講習会/ワークショップ


  19. 19 Bizと協働での顧客マッチングサービス


  20. 20 社内でのリサーチ講習会/ワークショップ


  21. 21 社外から講師を呼び講習会/ワークショップ


  22. 22 わかったこと
 • すでに調査する前提のプロジェクトが円滑に進んだ
 • 勉強会はリサーチの重要性を理解してくれるきっかけになった
 • リサーチの実施数自体はまだ増えていない
 ◦ とっつきやすそうなUTに絞ってアプローチ


  23. 2. 個別案件期:UT編
 23

  24. None
  25. 25 やったこと
 • リサーチャーがUTを実施、様子を社内SNSで配信
 • やりかた共有doc「UTkit」の取りまとめ
 • 計画への織り込み依頼 → 伴走スタイルへ


  26. 26 リサーチャーがUTを実施、様子を社内SNSで配信


  27. 27 頂いた反応
 PMのCさん
 EngのOさん
 UXのHさん
 UTで問題点が見つかった。
 UTなしではリリース
 できない身体
 になりつつある
 考えるより、UTしたほうが


    早く強く問題に気づく。
 ユーザーに聞いてみることの
 偉大さを実感
 UTしないとわからないこと
 がたくさんある
 あそこでユーザーが躓くのは
 想像していなかった

  28. 28 やりかた共有doc「UTkit」の取りまとめ


  29. 29 計画への織り込み依頼 → 伴走スタイルへ
 PM
 UX
 UX
 (リサーチャー)
 調査・分析
 要求・要件定義


    設計
 評価

  30. 30 わかったこと
 • リサーチャーがUTの様子をみせることで効果を感じ、
 次回UT実施を試みる人が増加。ただしシンドい
 • ドキュメントがあることでブリーフィングが円滑に
 • 計画時点でのアプローチにより、リソース問題に活路あり


  31. 3. 拡大期:UT編
 31

  32. None
  33. 33 やったこと
 • デザイナーによるUT実施体制に移行
 ◦ プロジェクトごとのUT実施状況をリスト化(※デザイナーが実施)
 ◦ UTのやりかたをOJT+各所フォロー


  34. 34 プロジェクトごとのUT実施状況をリスト化


  35. 35 UTのやりかたをOJT+各所フォロー


  36. 36 わかったこと
 • 「デザイン品質の担保としてのUT」という文脈は納得感ある
 • UTは成果物の評価なので具体性が高く、身に着けやすい
 • UIを作るデザイナーにUTが定着するとカバー範囲は最大になる


  37. None
  38. 4. 仕組み期:UT編
 38

  39. None
  40. 40 次にやること:UXの測定
 1. 製品やモジュールごとのユーザーストーリーの定義
 2. ユーザーの行動を定量化するKPIの定義
 3. 測定方法の定義とトライ
 4. 継続的な測定の実施と改善


  41. 41 ユーザーエクスペリエンスの測定


  42. 5. 個別案件期:調査編
 42

  43. None
  44. 44 やったこと
 • 個別案件でのリサーチ成果の創出
 • デザインリサーチチームの設立
 • 事業計画/Pricing/年間計画等の重要案件を担当
 • デザイン+リモートなどの新しい試みの実施


  45. 45 個別案件でのリサーチ成果の創出(例)


  46. 46 動画もあります(登録すると全部見れます)


  47. 47 チーム設立


  48. 48 以前の体制 Aプロダクト 調査・分析 要求・要件定義 設計・作成 評価 開発 品質保証 Bプロダクト

    Cプロダクト • 各自得意な分野がある • 複数プロダクトを担当するのは難しい
  49. 3チーム体制へ Aプロダクト 調査・分析 要求・要件定義 設計・作成 評価 開発 品質保証 Bプロダクト Cプロダクト

    デザインシステム 49 デザインリサーチ プロダクトデザイン
  50. 50 動画もあります(50分あたりから)


  51. 51 重要案件に、新しい試みを交えたリサーチ手法で対応


  52. 52 デザインシステムの活用
 画面構成や基本原則を定義している


  53. 53 デザインシステムの活用
 UIコンポーネントがシンボル化されていて、これらを組み合わせてUIを作る


  54. 54 世界を変えるためのデザインシステム


  55. 55 動画もあります


  56. 56 わかったこと
 • チーム化するには先に一定の成果と課題感醸成が必要
 • チームがあると分野として認知され、トライする機会を逃さなくなる
 • デザインとリサーチを一体として行うと捗る
 • デザインシステムは試行錯誤のスピードを劇的に向上する


    • 実査と同時に運用を行うと時間が足りなくて成果を出しにくい
 (リクルーティング、アポ取り、部屋調整、謝礼準備など)
 

  57. 6. 拡大期:調査編
 57

  58. None
  59. 59 やったこと①:リサーチ環境と運用の整備
 • 社内会議室をリサーチ部屋として試験運用
 • リクルーティングの課題をBizと協働で解決
 • Opsメンバーが参加し運用を分担


  60. 60 社内会議室をリサーチ部屋として試験運用


  61. 61 リクルーティングの課題をBizと協働で解決
 ユーザー アンケートで 母集団形成 SQLで 母集団形成 インタビュー 結果の共有 訪問済み

    リストの更新 インタビュー アポ調整開始 実査の実施 SFAから 担当Bizを 把握し個別確認 顧客リストで コンタクトOKか 確認
  62. 62 Opsメンバーが参加し運用を分担


  63. 63 わかったこと
 • 部屋とリクルーティングと運用の課題解決は重要
 • これらを解決するとリサーチャーの稼働は半分に削減できる
 • リサーチに関わる人を増やすための基礎としても重要
 • リクルーティングコストの本質的削減にはリクルーターが必要


  64. 64 やったこと②:リサーチ人口の増加施策
 • リサーチ成果や手法の社内共有
 • Design Research kit の取りまとめ
 •

    リサーチ相談サロンの定期開催
 • 新卒研修やインターンでの「前提化」

  65. 65 リサーチ成果や手法の社内共有
 • 調査分析結果のサマリを、新鮮なうちに社内SNSに載せる
 • それを元にした意思決定の流れも、社内SNSに乗せていく
 • doc読んだり雑談するなかで、調査結果が役立ちそうならすぐシェア
 • 個別案件でのリサーチプロセスの共有会を実施


  66. 66 Design Research kit の取りまとめ


  67. 67 リサーチ相談サロンの定期開催


  68. 68 新卒研修やインターンでの
 「前提化」
 日時 時間割 やること 4/22(月) 11:15-11:30 講義 :

    UX研修の目的 11:30-12:00 講義 : freeeのUXデザインプロセスを知る 12:00-13:00 講義 : ユーザー調査について知る 13:00-14:00 ランチ 14:00-16:00 実践 :「freeeの蔵書管理アプリの課題をリサーチ」【調査計画】 16:00-17:00 実践 :「freeeの蔵書管理アプリの課題をリサーチ」【実施】 17:00-18:00 実践 :「freeeの蔵書管理アプリの課題をリサーチ」【分析】 18:00-18:30 夕会 4/23(火) 10:00-11:00 講義 : 要求・要件定義 11:00-12:00 講義 : 情報設計 12:00-13:00 ランチ 13:00-16:00 実践 : 「蔵書管理アプリの要求・要件定義・情報設計」 16:00-17:00 講義 : 評価 17:00-18:00 All Hands 4/24(水) 11:00-12:00 講義 : はじめてのUIデザイン 12:00-13:00 実戦 : UIデザイン 13:00-14:00 ランチ 14:00-18:00 実戦 : UIデザイン(続き) 4/25(木) 11:00-13:00 実践 : UIデザイン 13:00-14:00 ランチ 14:00-18:00 実践 : UIデザイン 4/26(金) 11:00-13:00 実戦 : 「蔵書管理アプリのUIデザイン」 13:00-14:00 ランチ 14:00-17:00 実践 : 続き 17:00-18:00 振り返り
  69. 69 わかったこと
 • 関係者には納得がある一方、外には成果が無形なので伝わりにくい。
 「これくらいかな?」の倍は共有が必要
 • 調査のニーズは尽きないが、その課題で最も多いのは「計画」。
 これはkitや相談会で解消しやすい
 • リサーチは経験。PMやデザイナーがはじめから


    取り組む前提でいれば、手札としてスッと使えるようになる
 

  70. 7. 仕組み期:調査編
 70

  71. 71

  72. None
  73. 73 次にやること:組織としての成果を最大化(仮説)
 • 効果の定量化と改善
 ◦ 全体計画と見積もりの実施、リサーチの効果測定と改善…
 • リソースの強化・増加
 ◦ スキルアップ、リソース調整、リクルーティング改善…


    • 効果を最大化する試み
 ◦ デザインリサーチの定着、リサーチ結果のモデル化と企画導出…

  74. 74 調査パターン・効果・測定指標の定義


  75. 75 パターン毎のインパクトとリソースの見積もり(案)


  76. 76 効果測定の方法(案)
 • 効果(客観的Q):意思決定への影響度
 ◦ プレゼン等で分析結果を引用している回数、議論で参照された回数
 • 効率(客観的CD):合理的な進行だったか
 ◦ 調査テーマに対して適切な見積もりだったか、計画通り着地できたか


    • 満足度(主観的Q):関係者の納得感 
 ◦ 関係者アンケートでの6件法による把握

  77. 77 デスクリサーチのやり方を定義し共有


  78. 78 もうひとつの取り組み:インクルーシブデザイン


  79. 79 動画もあります


  80. None
  81. スモールビジネスを、
 世界の主役に。
 81