mrubyとWebサーバ

 mrubyとWebサーバ

mrubyをWebサーバソフトウェアに組み込む

2b692bd83f4418103142a053ecf5ff59?s=128

MATSUMOTO Ryosuke

June 22, 2013
Tweet

Transcript

  1. 2.

    •  松本 亮介  (@matsumotory)   •  京都大学 岡部研 博士課程  

    – ウェブサーバの高度化に耐えうる基盤設計   – 大規模、運用、セキュリティ、性能、拡張   •  フリーランスエンジニア  
  2. 4.

    mrubyの概要 •  組み込みスクリプト言語   –  C/C++ホストアプリケーションを主   •  最適化が容易  

    –  Pluggable、組み込みAPI   •  拡張の書きやすさ   –  mrubyをC実装のフレームワークのようにも使える   •  応用範囲が広い   –  組み込み機器、アプリ組み込み   •  数年後を見据えて   –  mrubyの要求するスペックに組み込み機器が追いつく  
  3. 5.

    mod_mrubyとngx_mruby •  Apache、nginxモジュールをRubyで書ける   – Rubyの記述による生産性の向上   – Webサーバを容易に拡張   •  高速性・軽量性

      – ApacheCon  NA  2013でmod_luaと速度比較された   – mod_mrubyをかなり意識   •  Rubyアプリの延長でWebサーバ拡張   – Webサーバソフトウェアの違いをmrubyで吸収   – mrubyによるWebサーバ拡張記述の標準化  
  4. 17.

    まとめ •  mod_mrubyとngx_mruby   –  Webサーバ拡張の敷居を下げたい   –  高速性・軽量性  

    –  mod_mruby、ngx_mrubyによる拡張記述標準化   •  Register  Underflow  (hYps://registerunderflow.org/)   –  Stack  Overflowのようなコンピュータ技術共有サイト   –  日本語版   TwiYer:  @matsumotory