Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

メルペイエンジニアリングのこれまでとこれから / The Past and Future of Merpay Engineering

メルペイエンジニアリングのこれまでとこれから / The Past and Future of Merpay Engineering

メルペイでは当初のスマホ決済サービスに加え、あと払いサービスである「メルペイスマート払い」や、メルコイン社と共同での暗号資産事業に向けた基盤開発に取り組んできており、メルカリグループ全体を支える金融基盤へと役割が拡がっています。
本セッションではこれまでの取り組みの振り返り、またオペレーションDXやマイクロサービス環境におけるシステム全体を俯瞰した品質向上への取り組みなど今後フォーカスしていきたいチャレンジ領域についてCTO, VPoEの三人でお話したいと思います。
------
Merpay Tech Fest 2022は3日間のオンライン技術カンファレンスです。
IT企業で働くソフトウェアエンジニアおよびメルペイの技術スタックに興味がある方々を対象に2022年8月23日(火)から8月25日(木)までの3日間、開催します。 Merpay Tech Festは事業との関わりから技術への興味を深め、プロダクトやサービスを支えるエンジニアリングを知れるお祭りです。 セッションでは事業を支える組織・技術・課題などへの試行錯誤やアプローチを紹介予定です。お楽しみに!

■イベント関連情報
- 公式ウェブサイト:https://events.merpay.com/techfest-2022/
- 申し込みページ:https://mercari.connpass.com/event/249428/
- Twitterハッシュタグ: #MerpayTechFest

■リンク集
- メルカリ・メルペイイベント一覧:https://mercari.connpass.com/
- メルカリキャリアサイト:https://careers.mercari.com/
- メルカリエンジニアリングブログ:https://engineering.mercari.com/blog/
- メルカリエンジニア向けTwitterアカウント:https://twitter.com/mercaridevjp
- 株式会社メルペイ:https://jp.merpay.com/

mercari
PRO

August 25, 2022
Tweet

More Decks by mercari

Other Decks in Technology

Transcript

  1. メルペイエンジニアリングの これまでとこれから @nozaq, @1000ch, @hidek CTO & VPoEs

  2. @nozaq CTO, Merpay Engineering 慶應義塾大学大学院在学中にIPAが主催す る「未踏ソフトウェアプロジェクト」に採択された 4名のメンバーが中心となり、2006年、モバイ ルアプリ開発基盤などを手掛けるネイキッドテ クノロジーを創 業。2011年、同

    社がミクシィの 子会社になったことを受け、分析基盤作りなど に携わる。2012年より株 式会 社Origamiの 創業に参画し、技術担当ディレクターを担う。 2020年2月、同社のメルカリグループ参画に より、メルペイへ入社。2022年1月より現職。 @1000ch VPoE, Product Engineering SIerでの受託開発を経て、2012 年に株 式 会 社 サイバーエージェントに 入 社 。メ ディアやゲームといった様々な事 業 開 発 の傍ら、エンジニアの採用・育成・評価な ど開発組織のマネジメントに従事。2018 年 に 株 式 会 社 メルペイに 入 社 後 は Frontend チームの立ち上げや Web 版メルカリの刷 新プロジェクトを牽 引した 後に、メルペイのエンジニアリング部門担 当ディレクターとしてプロダクト開発のマネ ジメントを経て現職。 @hidek VPoE, Platform Engineering ISPでエンジニアとしてのキャリアをスター トさせ、独立起業や通信キャリア等での開 発 業 務 を 経 て、2009 年 DeNA 入 社 。 Mobageオープンプラットフォームの 立 ち 上げ、グローバル展開、Mobage全体の マネジメントに従事。2013年に執行役員に 就任。その後もオートモーティブ新規事業 立ち上げ、システム&デザイン本部長を経 て、2018年5月、株式会社メルペイ執行役 員 VP of Engineeringに就任。
  3. セッションの質問について みなさまからの質問を受け付けています! YouTube チャット、 Twitter ハッシュタグ #MerpayTechFest を使ってください。

  4. メルペイこれまでの歩み

  5. Mission

  6.    メルペイ 3つの注力領域 6 •「メルペイスマート払い」にて、使った分 を翌月 にまとめて清算する「一括払い」と 月々にわけ て支払う「定額払い」を提供 •少額融資サービス「メルペイスマートマ  ネー」を提供 •メルペイ残高を利用して資産運用が

     できるサービス  今後、メルコインと連携し売上金で暗号資  産を購入できるサービスを提供予定 決済 与信 ふえるお財布 翌月払い 定額払い 資産運用 「日常のお買い物」で 翌月にまとめてお支払い 「ちょっと背伸びしたお買い物」で清算 金額を決めて 月々にわけてお支払い •「iD決済」と「コード決済」に加え、「バーチャル カード」の利用も可能 iD コード 端末にかざすだけ コードを読み取るだけ バーチャルカー ド カード番号を設定するだけ (1)2021年8月3日提供開始 必要な時に借りて、柔軟に返済 「メルカリ」の利用状況に応じて金利が変動 メルペイスマートマネー (1)
  7.    メルペイサービス開始以降の機能・サービス拡充 7 2019.2-3 iD決済 QRコード決済 コンビニエンスストアやレストラン、ドラッグスト ア、ファーストフード店をはじめ、全国約236万 か所の「iD」「メルペイ」加盟店で利用が可能に ※2021年9月末現在(iD/QR重複除く)

    2020.7 メルペイスマート払い 「メルカリ」「メルペイ」における過去の利用 実績等を元に商品購入代金をチャージレス で後から支払うことができる「メルペイス マート払い」に対応 ネット決済 オフラインだけでなく、オンラインでもメル ペイでの支払いが可能に 2020.9 おくる・もらう 家族や友人にメルペイ残高・ポ イントを送ることが可能に 非接触型サービス 2019.4-5 ふえるお財布 貸付投資サービス「Funds」 でのメルペイ残高決済が可能に 2020.11 2021.3 「d払い」「メルペイ」 の共通QRコード 「d払い」と「メルペイ」が1つのQRコードで 利用可能に バーチャルカード 簡単にカード番号を発行でき、多くのECサイトで のメルペイの利用が可能に マイナンバーカード (JPKI)での本人確認 マイナンバーカードの公的個人認証サービス (JPKI)を利用した本人確認の対応を開始 メルペイスマート払い (定額払い) 利用分を翌月以降分割して支払うこと ができる「定額払い」に対応 メルカリ寄付 売上金等からチャージされたメルペイ残 高を、希望する自治体等団体に寄付する ことが可能に メルペイスマートマネー 2021.8 「メルカリ」の利用実績等を元に金利 ・利用限度額が決まり、「メルカリ」ア プリで申し込みと利用が完結する少 額融資サービスを開始
  8.    メルカリグループで構築する「循環型金融」 8 「メルカリ」における「モノ」の循環に「メルペイ」における「お金」と「信用」の循環が加わることで、「モノ」「お金」 「信用」が循環し、より自由度と柔軟性の高い「循環型金融」を拡大。メルカリならではの価値ある体験を届け る。

  9. 立ち上げ期から成長期へ

  10. • 決済・あと払い・融資などの複数のプロダ クトが相互に関連する中で、相互影響を 制御するための仕組み構築 • 異なるプロダクト間でのデータ整合性を マイクロサービス間で保つ工夫 • ICチップを利用した本人確認や支払い上 限設定の導入や3Dセキュア2.0を利用し

    た不正対策 • 不正検知のためのインフラ刷新・機械学 習パイプラインの改善 立ち上げ期から成長期へ 規模の拡大 サービスの多様化 立ち上げ期から成長期へ入り、提供サービスの多様化による複雑性の増加や「あんしん・安全」 への取り組みを加速。
  11. サービス多様化への対応 Microservice B Microservice D Microservice A Microservice F Microservice

    C Microservice E 複数のマイクロサービスを跨いでスピーディな開発を行うためには、全体を俯瞰して依存関係を 把握する仕組みや、サービスを跨いだ整合性担保・品質保証の仕組みが必要。 決済領域 あと払い領域
  12. • ICチップを利用した本人確認や支払い上 限設定の導入や3Dセキュア2.0を利用し た不正対策 • 不正検知のためのインフラ刷新・機械学 習パイプラインの改善 立ち上げ期から成長期へ • 決済・あと払い・融資などの複数のプロダ

    クトが相互に関連する中で、相互影響を 制御するための仕組み構築 • 異なるプロダクト間でのデータ整合性を マイクロサービス間で保つ工夫 規模の拡大 サービスの多様化 立ち上げ期から成長期へ入り、提供サービスの多様化による複雑性の増加や「あんしん・安全」 への取り組みを加速。
  13. メルカリを支える金融サービスへ

  14. グループ事業の多様化 株式会社メルカリ Mercari, Inc. (US) 株式会社 鹿島アントラーズ・ エフ・シー 14 株式会社メルペイ

    2年前は...
  15. グループ事業の多様化 株式会社メルカリ Mercari, Inc. (US) 株式会社 鹿島アントラーズ・ エフ・シー Mercari Software

    Technologies India Private Limited Fintech Marketplace 15 株式会社ソウゾウ 株式会社メルペイ 株式会社メルコイン 株式会社メルロジ
  16. グループ全体でのUX最適化 16

  17. 全体基盤としてのシステム設計 マイクロサービス基盤 認証・認可 資金移動 CRM 本人確認 加盟店管理 メルカリ メルカリShops メルペイ

    メルコイン 「メルペイ」を中心として開発してきた基盤サービス群が事業の拡大に合わせてグループ全体 の基盤としての要求を満たす必要が増加。
  18. まとめ • 立ち上げ期から成長期へ向かうための仕組み強化 ◦ マイクロサービスが多様化する中で複雑性と戦うための仕組みづくり ◦ 規模拡大に合わせて「あんしん・安全」にご利用いただく為のセキュリ ティ機能や不正検知システムの高度化 • 「メルカリグループを支える金融サービス」への基盤強化

    ◦ UXの融合とそれをサポートするためのサービス・システム設計 ◦ メルカリグループの事業を支えるための共通基盤戦略
  19. • 立ち上げ期から成長期へ向かうための仕組み強化 ◦ 集約されたマイクロサービス情報のサービス企画への利用 ◦ 金融サービスを支えるバックオフィス業務のテクノロジーを使った効 率化 • 「メルカリグループを支える金融サービス」への取り組み ◦

    ID基盤・CRM基盤などの共通基盤への組織的取り組み ◦ 海外開発拠点を活用した組織拡大と、全体のD&I推進 次のチャレンジ
  20. @nozaq CTO, Merpay Engineering 慶應義塾大学大学院在学中にIPAが主催す る「未踏ソフトウェアプロジェクト」に採択された 4名のメンバーが中心となり、2006年、モバイ ルアプリ開発基盤などを手掛けるネイキッドテ クノロジーを創 業。2011年、同

    社がミクシィの 子会社になったことを受け、分析基盤作りなど に携わる。2012年より株 式会 社Origamiの 創業に参画し、技術担当ディレクターを担う。 2020年2月、同社のメルカリグループ参画に より、メルペイへ入社。2022年1月より現職。 @1000ch VPoE, Product Engineering SIerでの受託開発を経て、2012 年に株 式 会 社 サイバーエージェントに 入 社 。メ ディアやゲームといった様々な事 業 開 発 の傍ら、エンジニアの採用・育成・評価な ど開発組織のマネジメントに従事。2018 年 に 株 式 会 社 メルペイに 入 社 後 は Frontend チームの立ち上げや Web 版メルカリの刷 新プロジェクトを牽 引した 後に、メルペイのエンジニアリング部門担 当ディレクターとしてプロダクト開発のマネ ジメントを経て現職。 @hidek VPoE, Platform Engineering ISPでエンジニアとしてのキャリアをスター トさせ、独立起業や通信キャリア等での開 発 業 務 を 経 て、2009 年 DeNA 入 社 。 Mobageオープンプラットフォームの 立 ち 上げ、グローバル展開、Mobage全体の マネジメントに従事。2013年に執行役員に 就任。その後もオートモーティブ新規事業 立ち上げ、システム&デザイン本部長を経 て、2018年5月、株式会社メルペイ執行役 員 VP of Engineeringに就任。
  21. テーマ1. メルペイとしてユニークだった取り組み

  22. テーマ2. いま直面している課題と、それに向けた取り組み

  23. • 立ち上げ期から成長期へ向かうための仕組み強化 ◦ サービスが多様化する中で複雑性と戦うための仕組みづくり → 8/25 ◦ 規模拡大に合わせた「あんしん・安全」への取り組み → 8/23,

    8/24 • 「メルカリグループを支える金融サービス」への取り組み ◦ UXの融合とそれをサポートするための基盤設計 → 8/24 ◦ メルカリグループの事業を支えるための共通基盤化の推進 → 8/25 まとめ
  24. None