Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

より良いサービスを継続的に届けるための新しい習慣ができるまで / Merpay QA Teck Talk 20210218

40c17fd99791bbfbed1730cd1ae5a2c0?s=47 mii3king
February 18, 2021

より良いサービスを継続的に届けるための新しい習慣ができるまで / Merpay QA Teck Talk 20210218

2021/02/18に開催された「merpay Tech Talk 〜「全員品質」を目指し、メルペイQAが取り組んでいること〜」のLT資料です。
https://mercari.connpass.com/event/202677/

40c17fd99791bbfbed1730cd1ae5a2c0?s=128

mii3king

February 18, 2021
Tweet

Transcript

  1. 1 より良いサービスを継続的に届けるための 新しい習慣ができるまで 2021/02/18 櫻井みづき (miisan)

  2. 2 本日のアジェンダ 02 03 01 credit designとはなにか credit designでの取り組み ・credit

    designってなに ・credit designの歴史 ・credit designチームの課題 ・目的の共有 ・credit designのチーム構成 ・振り返りフローの徹底 ・自動テスト 大切なこと ・いま取り組んでいること ・大事にしていること ・「全員品質」= one team
  3. 3 自己紹介 株式会社メルペイ QA Engineer Mizuki Sakurai /@mii________san 大学卒業後、2016年からERPパッケージの開発・QAを担当しプロダクト開発やメン バー育成プロジェクトの立ち上げに関わる。

    2018年7月よりメルペイにQAエンジニアとして参画。 iD決済や与信領域を主に担当し ながら、決済全般に幅広く関わる。 「金融系テックカンパニーの QAになること」をミッションに、日々サービスの品質向上、 開発プロセス改善、 QA技術向上、組織作りをリードし、よりよいサービスをお客さまへ 届けるために奮闘中。 趣味はカメラと旅行。日本 47/47都道府県制覇、海外 20ヶ国以上旅してます。以前は 週末トラベラーとしていろんな場所にフラッと旅してました ✈
  4. 4 What’s this? Credit Designってなに?

  5. 5 Credit Designってなに? メルペイスマート払いの開発をしているチーム。 信用・与信領域における機能開発を主に担当している。

  6. 6 Credit Designの歴史 2019年4月 チャージ不要で、使った分だけ を、翌月にまとめて支払うことがで きる後払いサービス 清算期間と定額払い手数料のバランス を見て、最適なお支払プランをたてられ る機能をアップデート

    10月 メルペイあと払い シミュレーション 機能追加 11月 「メルペイスマート払い」として リニューアル 2020年7月 「メルペイスマート払い(一括払い)」の 購入代金の清算を月々に分けることが できるサービス メルペイスマート払い (定額払い) 足りない残高を自動でチャージし、定期 的に支払いできるように清算 UXの改 善機能をアップデート 自動引落し機能追加 9月
  7. 7 Credit Designのチーム構成 見出し Growth
 新規機能開発
 • PM
 • Backend

    Engineer
 • Client Engineer
 • Frontend Engineer
 • QA Engineer
 • Designer
 • Machine Learning Engineer 
 • PM
 • Backend Engineer
 • Client Engineer
 • Frontend Engineer
 • QA Engineer
 • Designer
 • Machine Learning Engineer
 
 • PM
 • Backend Engineer
 • QA Engineer
 運用・保守・改善
 • PM
 • Backend Engineer
 • Client Engineer
 • Frontend Engineer
 • QA Engineer
 • Designer
 • Machine Learning Engineer 

  8. 8 What’s happen? Credit Designチームの課題

  9. 9 Credit Designチームの課題 「 技術的負債 」が山積。 メルペイローンチ以降続く、リリースラッシュで溜まってしまった技術的負債の返済と、止まらない新 機能リリースによる新たな課題の連鎖。

  10. 10 現状を知る 課題解消に向けて 共通認識としての 「 課題感 」 の共有が必要

  11. 11 Commit to issues 取り組んだこと

  12. 12 取り組んだ3つのこと 目的の共有 振り返りフローの 徹底 自動テスト の導入

  13. 13 目的の共有 残存リスクの明確化 課題の予防・対策・検討 アサイン・リソースの最適化 01 02 03 ・プロジェクトを計画通りに進行し、お客さまにサービスを継続的に届ける ・今後顕在化するかもしれないリスクを洗い出し、それを予防する

  14. 14 振り返りフローの徹底 ・障害の振り返りができるように、障害のモニタリングを定期的に実施 ・問題がおきたとき、暫定的な対応に留めない本質的な改善を検討 発生したインシデントの内容振り返り・共有 障害発生から解消までの対応率の数値化 暫定対応などチケットの対応率を数値化 01 02 03

  15. 15 自動テスト ・定期的に想定外の影響を及ぼすような修正が加わっていないか定期チェック ・無影響リリースにおけるQA工数の削減 基本シナリオの自動化 API単体のEtoEテストの実装 自動テストの実装チームの立ち上げ 01 02 03

  16. 16 How was it? 結果

  17. 17 結果 障害発生後、チームで振り返り、改善策を取り入れる = 新しい文化醸成 計測当初 半年後 26%
 ほとんどのインシデントレポートが 閉じられていない状態...

    = 先の課題を解消できず、また別の負債が発生 94%
 週次でリマインドを行うようになり、 放置される問題はほとんどなくなった = 負債先送り問題を解消し新しい施策・  システム改善への着手ができるように
  18. 18 結果 ・直近の障害以外にも滞留課題がある状態。 ・滞留課題がないため次の課題が発生後、 すぐに対応できている状態。 ・そもそもの課題発生頻度も減少。 3ヶ月後 6ヶ月後 Max 13

    Max 4
  19. 19 結果 新規機能のリリース、Growth 施策のリリースが行われる 中、障害件数は かなり軽減されている👏

  20. 20 結果 • これまで見えていなかったことが見えるようになった。 ->課題がすぐに、いつでもわかる状態になりリソース最適化 • 実際にお客さま影響のあった問題を早急に対応し、問題収束に 向けた対応サイクルをチームとして取れるようになった。 ->放置される問題が減ることで負債軽減 •

    目の前の障害対応だけでなく、改善や改修へリソースを割くことができ るようになった。 ->良い循環を作ることで、障害を少しずつ抑制
  21. 21 What're you doing? いま取り組んでいること

  22. 22 不具合分析 リリース前の案件に対して 分析を行い、振り返る いま取り組んでいること

  23. 23 不具合分析の見える化 • チームのボトルネックを解消し、 プロセスや組織改善を目指せる • 障害発生頻度の減少 • 事前に予防できそうな問題を解消し、   負荷軽減

    • 新しい機能開発にリソースを使える 新機能のリリース = 高品質の状態でリリース可能
  24. 24 What's important? 大切なこと

  25. 25 大事にしていること • 共通認識をもつ ◦ サービス品質を継続的に可視化すること ◦ 課題対応へのサイクル形成・状態の可視化 • 長期的な視点を持ち、継続すること

    ◦ 新しい習慣や文化を作るには、根気とメンバーを巻 き込むオーナーシップが必要 • チームで分かち合うこと ◦ 課題も成果もみんなで分かち合い、同じ方向に向 かっているか意識する
  26. 26 「全員品質」 = One Team なぜメルペイQAはDevOpsに取り組むのか? ※参考:

  27. 27 Thank you