Getting VM console with WebMKS

Getting VM console with WebMKS

VMware DevOps Meetup #6 (2020/10/21)

Ccb58352bdd1be66ebb2daf12ba1b993?s=128

MasahiroIrie

October 21, 2020
Tweet

Transcript

  1. 2020/10/21 VMware DevOps Meetup #6 @IrieMasahiro WebMKSで掴むVMコンソール

  2. 自己紹介 入江 正博 @IrieMasahiro • 某情報通信系企業 クラウド/インフラコンサルタント • VMUG 仮想インフラ部会

    • vExpert 2019-2020
  3. せっかくなのでお知らせ 開催日:2020年10月23日(金) 12:00~18:00 会場:オンライン ( Zoom ) https://VMware.zoom.us/j/98585424596 パスワードは前日までに登録された方にお知らせします. 参加費:無料

    参加特典:USERCON 2020 オリジナルパーカー 登録方法:VMUG Event ページ右側の "RSVP" ボタンをクリックで参加登録できます. https://community.vmug.com/events/event-description?CalendarEventKey=1d49ee28-e059-45d1-8506-fa673ee43c8e VMUG usercon online 検 索
  4. ----- 閑話休題 -----

  5. 今更ですが… vSphere 7.0 GA! 時代は既に vSphere 7.0 U1 に突入…

  6. 数々のアップデート vSphere with Kubernetes vSphere LifeCycle Manager Identity Federation vSphere

    Trust Authority スケーラビリティ拡大 VDS 7.0 vCenter Server Upgrade Plannner DRS 改善、vMotion 改善 and more...
  7. 出会いがあれば別れが…

  8. 出会いがあれば別れが…

  9. 出会いがあれば別れが… ESXi からの VNC サーバの削除…

  10. ESXi での VNC サーバ? • VNC クライアントで VM コンソールに接続できる TightVNC

    Viewer で VM コンソールに接続
  11. ESXi での VNC サーバ? • VNC クライアントで VM コンソールに接続できる •

    ESXi 側の Firewall を gdbserver でガバッと ポート指定の Config XML を作成し、VNC 接続用のポートを開放 $ cat /etc/vmware/firewall/vnc.xml <ConfigRoot> <service id='0050'> <id>VNC</id> <rule id='0000'> <direction>outbound</direction> <protocol>tcp</protocol> <porttype>dst</porttype> <port> <begin>5900</begin> <end>5910</end> </port> </rule> <rule id='0001'> <direction>inbound</direction> <protocol>tcp</protocol> 【略】 $ esxcli network firewall refresh # GUI のファイヤウォールでサービスとして現れる。
  12. ESXi での VNC サーバ? • VNC クライアントで VM コンソールに接続できる •

    ESXi 側の Firewall を gdbserver でガバッと ポート指定の Config XML を作成し、VNC 接続用のポートを開放 • VM の設定パラメータとして vSphere Client で追加 or vmx ファイルに追記 – RemoteDisplay.vnc.enabled = “TRUE” – RemoteDisplay.vnc.port = “接続ポート(クラスタで VMユニーク)” – RemoteDisplay.vnc.password = “接続パスワード” – RemoteDisplay.vnc.keyMap = “jp”
  13. ESXi での VNC サーバ? • VNC クライアントで VM コンソールに接続できる •

    ESXi 側の Firewall を gdbserver でガバッと ポート指定の Config XML を作成し、VNC 接続用のポートを開放。 • VM の設定パラメータとして vSphere Client で追加 or vmx ファイルに追記 – RemoteDisplay.vnc.enabled = “TRUE” – RemoteDisplay.vnc.port = “接続ポート(クラスタで VMユニーク)” – RemoteDisplay.vnc.password = “接続パスワード” – RemoteDisplay.vnc.keyMap = “jp”
  14. ESXi での VNC サーバ? • VNC クライアントで VM コンソールに接続できる •

    ESXi 側の Firewall を gdbserver でガバッと ポート指定の Config XML を作成し、VNC 接続用のポートを開放 • VM の設定パラメータとして vSphere Client で追加 or vmx ファイルに追記 – RemoteDisplay.vnc.enabled = “TRUE” – RemoteDisplay.vnc.port = “接続ポート(クラスタで VMユニーク)” – RemoteDisplay.vnc.password = “接続パスワード” – RemoteDisplay.vnc.keyMap = “jp” • VM 疎通は関係なく、[ESXi アドレス]:[指定したポート] で コンソール接続可能
  15. ESXi での VNC サーバ? • VNC クライアントで VM コンソールに接続できる •

    ESXi 側の Firewall を gdbserver でガバッと ポート指定の Config XML を作成し、VNC 接続用のポートを開放 • VM の設定パラメータとして vSphere Client で追加 or vmx ファイルに追記 – RemoteDisplay.vnc.enabled = “TRUE” – RemoteDisplay.vnc.port = “接続ポート(クラスタで VMユニーク)” – RemoteDisplay.vnc.password = “接続パスワード” – RemoteDisplay.vnc.keyMap = “jp” • VM 疎通は関係なく、[ESXi アドレス]:[指定したポート] で コンソール接続可能 • vSphere Client 接続不要
  16. ありがちなユースケース vSphere Client VM(コンソール) IT 管理部門 利用者部門 HTTPS SSH RDP

    払い出し
  17. ありがちなユースケース vSphere Client VM(コンソール) IT 管理部門 利用者部門 HTTPS SSH RDP

    ??? VM疎通取れなくなった! 復旧のためコンソール見たい! vSphere Client は他部門 VM も あるので渡したくない。 とは言え、こちらで復旧もやり たくないぁ… 払い出し
  18. ありがちなユースケース vSphere Client VM(コンソール) IT 管理部門 利用者部門 HTTPS SSH RDP

    払い出し VNC VM 疎通取れなくても作業可能 vSphere Client を渡さなくても 利用者部門で何とかなった。
  19. かの有名 Product でも ※ HTML VNC Client https://github.com/novnc/noVNC 多分使っているはず…(実物までは見てない...)

  20. そんな VNC サーバが vSphere 7.0 では削除

  21. VNC サーバの後継としては

  22. VNC サーバの後継としては 仮想マシンに VNC アクセスするユーザーは、WebSocket を介した VNC 接続を提供す る VirtualMachine.AcquireTicket

    ("webmks") API を使用する必要があります 。webmks チケットは、仮想マシン コンソールへの認証されたアクセスを提供します。 詳細については、『VMware HTML Console SDK のドキュメント』を参照してくだ さい。
  23. WebMKS と VMware HTML Console SDK

  24. WebMKS • MKS = Mouse, Keyboard, Screen の略らしい – “Unable

    to connect to the MKS” でおなじみ – 902 番ポート • MKS を HTTPS(WebSocket) で扱う仕組み • vSphere 5.5 以降で利用可能 • HTTPS(wss) を使っているので SSL/TLS での暗号化通信 • vSphere (Web) Client や VMware Remote Console、 Host Client での コンソール表示は WebMKS
  25. やはり、かの有名 Product も vSphere 7.0 対応なので (Web)MKS へ

  26. VMware HTML Console SDK • WebMKS を取り扱うための SDK (JavaScript/CSS) –

    https://code.vmware.com/web/sdk/2.1.0/html-console – プログラミングガイド • https://www.vmware.com/content/dam/digitalmarketing/vmwar e/ja/pdf/html-console-sdk-210-programming-guide.pdf • vSphere Client はコンソール表示にはコレを使っている – vCloud Director もコレらしい
  27. None
  28. 実装方法 • プログラミングガイドより、基本はコレだけで動く <html> <body> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="css/wmks-all.css" />

    <script type="text/javascript" src="http://code.jquery.com/jquery-1.8.3.min.js"></script> <script type="text/javascript" src="http://code.jquery.com/ui/1.8.16/jquery-ui.min.js"></script> <script type="text/javascript" src="wmks.min.js"></script> <div id="wmksContainer" style="position: absolute; width: 100%; height: 100%;"></div> <script> var wmks = WMKS.createWMKS("wmksContainer",{}) .register(WMKS.CONST.Events.CONNECTION_STATE_CHANGE, function(event,data){ if(data.state == WMKS.CONST.ConnectionState.CONNECTED){ console.log("connection state change : connected");} }); wmks.connect("【WebMKS チケット URL】"); </script> </body> </html>
  29. 実装方法 • プログラミングガイドより、基本はコレだけで動く

  30. 実装方法 • プログラミングガイドより、基本はコレだけで動く <html> <body> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="css/wmks-all.css" />

    <script type="text/javascript" src="http://code.jquery.com/jquery-1.8.3.min.js"></script> <script type="text/javascript" src="http://code.jquery.com/ui/1.8.16/jquery-ui.min.js"></script> <script type="text/javascript" src="wmks.min.js"></script> <div id="wmksContainer" style="position: absolute; width: 100%; height: 100%;"></div> <script> var wmks = WMKS.createWMKS("wmksContainer",{}) .register(WMKS.CONST.Events.CONNECTION_STATE_CHANGE, function(event,data){ if(data.state == WMKS.CONST.ConnectionState.CONNECTED){ console.log("connection state change : connected");} }); wmks.connect("【WebMKS チケット URL】"); </script> </body> </html>
  31. WebMKS チケット? • WebMKS 接続用 WebSocket のワンショット URL – wss://【ESXiホスト】:【ポート】/ticket/【Token的なもの】の形式

    – 同じ URL への 2 回目以降の接続は 503 • vSphere API から取得 – VirtualMachine.AquireTicket(“webmks”) • *vmomi での作りこみ • govc でも可能に? (https://github.com/vmware/govmomi/issues/2083) – どうしても GUI で…という場合は MOB から • vSphere 7.0 からは REST API でも取得可能に – https://【vCenter】/rest/vcenter/【VM の MOID】/console/tickets – JavaScript で叩けばブラウザのみで完結? • そもそもブラウザから叩くのは CORS で無理っぽい… – vCSA の http サーバのレスポンスヘッダをいじれれば? (imkk • vSphere Client は見なくていいが、ログインは必要
  32. 実装するならこんな感じ…? 利用者 ①HTTPS WebMKS コンソール チケット取得用 自前 API vCenter/ESXi ②HTTP(S)

    Ticket取得 ③HTTPS Ticket取得 ⑤Ticket応答 ④Ticket応答 ⑥WebSocket WenMKS接続
  33. まとめ • vSphere 7.0 から ESXi での VNC サーバが削除 –

    VM 利用者に vSphere Client を開放していない運用の場合は注意 • VNC 無き今、VM コンソールの取得は VMware HTML Console SDK を使った WebMKS で – WebSocket 版の MKS – JavaScript/CSS の SDK で凝らなければ接続は簡単 • WebMKS 経由の場合、WebMKS チケット取得が必要 – チケット取得のためにログインは必要 – CLI 経由で取得 or 自前で API 立ててブラウザ取得
  34. EOP