Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

bmxug.tokyo紹介資料(ver 3/6)

bmxug.tokyo紹介資料(ver 3/6)

Call for codeの紹介付きパターン

B9af09b28f6a47a055a1e15d59037266?s=128

motuo1201

March 06, 2019
Tweet

More Decks by motuo1201

Other Decks in Technology

Transcript

  1. BMXUG.tokyo 紹介

  2. 自己紹介 千葉県内で社内SEやってます。 motuoという名前でQiita書いたりしてます。 https://qiita.com/motuo よく使うのはLaravelで、IBM Cloud(PaaS)で 遊んでいます。 2019年度 IBM Champion認定頂きました!

    2
  3. 活動の紹介 Bmxug.tokyoでは、 IBM Cloudを利用した開発を始めてみたい方・ もっとIBM Cloudを使いこなしたい方向けの勉強会 を開催しています。(初心者大歓迎!!!) IBM Cloud未経験でも、上級者の方でも、IBM Cloudを使うときの楽しさ

    便利さを共有していきたいです 3
  4. 今までの活動 4 bmxug.tokyo これから始めるPaaS開発相談会 bmxug.tokyo PaaS相談会#2 : Laravel On IBM

    Cloud bmxug.tokyo PaaS相談会#3 : IBM Cloud What's New! bmxug.tokyo 開発相談会#4 : IBM CloudFunction/Laravel bmxug.tokyo 開発相談会#5 : DevOps(CI/CD,Test) bmxug.tokyo 開発相談会#6 : Docker/Kubernetes bmxug.tokyo 開発相談会#7 : Code Patterns bmxug.tokyo 開発相談会#8 Code Patterns(その2)←今回はここ 主要メンバがLaravel使いだったのでLaravelやコンテナ等の話題多め 自分の課題を発表してみんなでワイワイ話しています
  5. おしらせ 5 Call For Code 2019に参加してみよう! (URL : https://developer.ibm.com/jp/callforcode/)

  6. というわけで・・・怖くないよ BMXUGで相談して楽しく 開発しましょう! 6