Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

チームが大きくなったので、開発プロセスを運用してみた

Edda1b80e255413c87ce9aec9cb644c1?s=47 Mitsukawa
November 09, 2021

 チームが大きくなったので、開発プロセスを運用してみた

プロジェクトマネジメント Tips LT会 vol.3 で発表させていただいた資料です。

Edda1b80e255413c87ce9aec9cb644c1?s=128

Mitsukawa

November 09, 2021
Tweet

Transcript

  1. チームが大きくなったので、 開発プロセスを運用してみた @プロジェクトマネジメント Tips LT会 vol.3 Mitsukawa Ruka

  2. 自己紹介 ミツカワ ルカ ・所属: Sansan株式会社 ・役割: Sansan のWebアプリエンジニア       →

    Data Hub のPMO ・趣味: Splatoon, Pokémon UNITE ・Twitter: @mitsuriver
  3. はじめに 「Sansan Data Hub」を開発している開発チームの話をします  ※弊社全体の開発組織の話ではありません データ統合基盤「Sansan Data Hub」

  4. アジェンダ 1. 開発プロセスを作ろう 2. やったこと 3. で、どうなったか 話すこと - 開発プロセスをどうやって作ったか

    - 運用してみてどんな効果・学びがあったか
  5. 開発プロセスを作ろう

  6. 背景 エンジニアチー ム (2-4名) × 5 マネージャ PdMチーム (2名) PMO

    × 1 現在の組織体制 3 18 10 エンジニア人数の推移 2017/11 始動 2019/11 2021/11 現在
  7. 背景 開発チームの課題 - チームによって作業手順がバラバラ - プロジェクトの質が担当者依存 - うまくやれてるチームもある一方、課題があるチームも - リリース直前の手戻りが多い...

    - いつリリースされるのかよくわからない ... - リリース予定日が守られない...
  8. 目標 目標 基本的なプロジェクト管理プロセスが 確立されている 場当たり的で、プロセスが定義されていない 成功は個人の努力に依存する 組織で標準化プロセスが『定義』され、 各プロジェクトで利用されている プロセスが 『最適化』されている

    プロセスと成果物が 定量的に『管理』されている Lv.5 Lv.4 Lv.3 Lv.2 Lv.1 現状 CMMI 成熟度レベル
  9. やったこと

  10. やったこと 1. 開発チームへヒアリング&課題共有 2. 各工程の定義 3. 役割の定義(RACI図)

  11. 1. 開発チームへヒアリング&課題共有 課題の共有 → QCD改善のためのブレスト

  12. 2. 各工程の定義 項目 - 実施時期 - 誰がするのか - 何をするのか -

    完了基準
  13. 3. 役割の定義(RACI図) 関係者のロール 工程 R:実行責任者 タスクの実行者。複数いても構わない。 A:説明責任者(承認者) 作業の完了を承認し、全体に責任を負う役割。原則1つのタスクに1人。 C:協業先 タスクを進める際の相談者。タスクを進める際に、双方向にやり取りを行う。 I:報告先

    タスクの進捗状況の報告先。タスクを進める際に、一方向的なやり取りとなる。 役割
  14. で、どうなったか

  15. 結果 - 手戻りがほぼなくなった - 品質up - リリース時期についてのコミュニケーションが増えた

  16. 時間軸 運用開始 直後 - プロセスを無視することが多発 - 再周知・再共有をした 運用開始 2-3カ月後 -

    プロセスを軸に開発をすることが定着 - 改善のサイクルが回りだした 運用開始 半年後 - プロセスによる恩恵をメンバーが感じ始める
  17. まとめ - 標準化することにより、組織全体の底上げに繋がる - プロセスをみんなで育てると浸透しやすい