Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

開発組織が情報発信の打席に立てる土台を作った一年を振り返る

naQamura
December 19, 2023

 開発組織が情報発信の打席に立てる土台を作った一年を振り返る

naQamura

December 19, 2023
Tweet

More Decks by naQamura

Other Decks in Education

Transcript

  1. 開発組織が情報発信
    の打席に立てる土台
    を作った一年を振り
    返る
    ハコベル株式会社 中村隆宏

    View full-size slide

  2. 所属:ハコベル株式会社
       (旧 ラクスル株式会社ハコベル事業部)
    役職:シニアアーキテクト
    職歴:Paiza
    、決済サービス、SI

    経歴:熊本出身、文化人類学専攻
    趣味:旅行、音楽、MMA
    中村隆宏 (na9amura)

    View full-size slide

  3. Introduction
    今日はハコベルの開発チームが情報発信をできるようにして
    いくために
    どんな取り組みをしたか
    結果得られたこと
    その際に考えたこと、設計したこと
    について話していきます

    View full-size slide

  4. ハコベル株式会社は2022
    年8
    月設立
    元々はラクスル株式会社 ハコベル事業
    部として誕生、成長して今に至ります

    View full-size slide

  5. 独立して良かったことも多いですが、一方で課題感もあります
    Good
    意思決定スピード
    システム投資、採用枠の説明しやすさ
    小さい組織規模でオーナーシップを持ちやすい
    More
    会社間の壁ができないか制度の維持
    変化に対する不安を払拭できるか
    採用力

    View full-size slide

  6. 中でも採用力は私にとっても身近な課題でした
    採用力への不安・課題の中でも、エンジニア採用市場におけるプレゼンス
    が低下する、それによりリード獲得が難しくなる可能性を感じていました
    その課題を解消すべく発信する場を作りました

    View full-size slide

  7. The contents

    View full-size slide

  8. 外部発信の機会として用意したのはこの2

    技術ブログ
    エンジニア向けイベント

    View full-size slide

  9. 技術ブログ
    技術ブログ「Hacobell Developers Blog
    」を立ち上げました
    ちょうど1
    年前、去年12
    月に公開。Zenn
    のPublication
    機能を利用して立ち
    上げ、気軽に頻度高く情報発信する場として利用しています
    URL: https://zenn.dev/p/hacobell_dev

    View full-size slide

  10. 技術ブログ
    の成果
    月間アクセス数の4000
    〜5000
    件程度(中央
    値を適当に計算)
    最も読まれた記事は右の記事で3
    万5
    千(!)
    を超えるPV
    を達成しました。おかげでスター
    トダッシュを切ることができました

    View full-size slide

  11. イベント「めぐろLT #7
    」を主催しました
    ラクスルグループのメンバーが主催している「めぐろLT
    」参加、ハコベル
    オフィスで開催しました。開発メンバー主体でイベントの企画・運営まで
    やりきりました
    エンジニア向けイベント

    View full-size slide

  12. イベントの
    成果
    40
    名を超える方に参加いただくことができま
    した
    その規模のイベントを開催するノウハウを社内
    で経験できたこと、実績を作れたことも貴重な
    ものとなりました

    View full-size slide

  13. 外部発信の機会を作るにあたって意識していたことをいくつか紹介します
    今日紹介しきれなかった部分も含め「イベント運営 as a
    オーナーシップ
    の発揮機会」という拙記事もあるのでぜひ読んでみてください(宣伝
    URL: https://zenn.dev/hacobell_dev/articles/cc9c1dd16776d3

    View full-size slide

  14. まず機会を作ること
    過去の経験から継続的な更新をする体制、仕組みについて聞かれることも
    ありましたが無視です
    確かに停滞してるブログはいい印象与えない可能性もありますが、開発組
    織としての露出が0
    な状態より無限に価値が大きいです

    View full-size slide

  15. LT
    タイトルはkonifer
    様の「30

    で打席に立つ」へのオマージュで

    採用とブログを立ち上げることが
    背景、まず動き出すことの重要性
    など非常に共感しました。何より
    タイトルで取り組む姿勢を端的に
    人に伝えらるのでよく参照させて
    いただいています

    View full-size slide

  16. モチベーション設計
    ブログ運営、執筆者のモチベーションが湧きやすい・損なわないことは重
    視していました。例を挙げると
    ブログ媒体を選択した際に、星取り表では他媒体が網羅性あった。だ
    が運営メンバーの使ってみたい・良いと信じるものを選択した。オー
    ナーシップからくるモチベーションを発揮しやすくしたかった。
    Zenn
    のPublication
    を利用することで、記事が会社だけのものではな
    く個々人のものでもある状態にした。それにより自己ブランディング
    と会社への貢献両方をモチベーションとできるようになった。

    View full-size slide

  17. こういった発信機会それぞれの成果だけでなく、発信をしていく文化、前
    例を作っていったことも大きかったように思います
    打席に立つ意志の養成、そのための場の設定、最良の30
    点の設計などを
    考えつつ、今後もさまざまな形でアウトプットを推進していきます!
    Conclusion

    View full-size slide