Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ここがすごい モブプログラミング

ここがすごい モブプログラミング

モブプログラミングは、いますごく話題になっています。モブはいいという話が多くされてはいますが、どういうことでいいのでしょうか。そして、モブプログラミングでは何が起こっているのでしょうか。モブで、チームメンバーはお互いにどんなやりとりをしているでしょうか。それがそれぞれにどのように働きかけているでしょうか、その結果、どんな効果が生まれているでしょうか。

サイボウズでは、日本の開発は全てモブでやっています。そこから戻ることはありません。何が彼らをひきつけているのでしょうか

私は、そのモブに接した時、衝撃を受けました。そしてその魅力に取り憑かれました。何が起こっているのか、もっと調べたくなりました。そこで、モブのやりとりを徹底的に取っていきました。そこからモブメトリクスというものができて来ました。そのメトリクスを改善していくうちに、虜にさせるモブのメカニズムが見えてきました。そこには、チームが不確実な問題に取り組む際のメンタリティーを高める効果ばかりでなく、高い品質をはじめから組み込んでいく仕組みを支える効果もありました。

このセッションでは、その膨大な情報から見えて来たモブの活動の何がすごいかをご紹介したいと思います。

9178046d79f7b01ec590297c019fdd56?s=128

Atsushi Nagata

November 07, 2020
Tweet

Transcript

  1. ここがすごい! モブ・プログラミング サイボウズ アジャイルコーチ 永田 2020/11/7 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO

    2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 1
  2. パターンがみせるモブプログラ ミングの魅力と効果 モブ・プログラミングをうまくやっていくコツと心の持ち方 サイボウズ アジャイルコーチ 永田 2020/06/27 2020/11/7 SCRUM FEST

    SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 2 https://www.slideshare.net/atsushinagata2/effects-of-mob-programming-pattern
  3. モブメトリクス 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA

    3 時間長 56:34 , イベント数 796
  4. モブのフィードバックループ 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA

    4 ドライバーが つぶやく ナビゲータが相槌を打つ ポジティブな反応 合意 次の手 ナビゲータが質問する コメント 気づき 相槌 合意 確認する 提案する 説明 ガイド 言い換え
  5. モブで何が起きているか 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA

    5 つぶやき 相槌 ポジティブレスポンス 合意 受け入れ 次の手 質問 コメント 気づき 相槌 合意 確認 学び 改善 促進 自信 説明 提案 言い換え フィードバックの効果 コードが変わる 考えが変わる
  6. モブ・メンタルモデル 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA

    6 次のステップ 対象 次のステップ ドライバ つぶ やき 自信 質問 相槌 改善 学び 議論 返答 ナビゲータ ナビゲータ 説明 促進ループ 改善ループ 提案 言い換え
  7. モブ・メンタリティ 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA

    7 Respect : 相手に敬意を持つ 感謝とねぎらい Trust : 信頼する 心理的安全性を保てる 発言の平等性を保てる Curiosity : 好奇心を持つ Receptive : 受け入れる
  8. モブ・プログラミングを用いた アジャイル開発プロセスの1事例 モブ・プログラミングによるプロセスに対する効用 プロセスによるモブ・プログラミングに対する効用 SPI JAPAN 2020 2020/11/7 SCRUM FEST

    SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 8 サイボウズ株式会社 QA Community 永田 敦 https://www.slideshare.net/atsushinagata2/a-case-of-the- agile-development-process-with-mob-programming
  9. SECIモデル 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA

    9
  10. SCSIモデル:表出化 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA

    10 共有化された暗黙知が形式知にならない限り 組織全体として使うことは容易ではない 暗黙知と形式知が相互作用するときこそ イノベーションが生まれるのである 知識創造企業、野中郁次郎、竹内広高著、東洋経済新報社、1998 その相互作用を起こす過程がプロセスである。
  11. 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 11

    スプリント・プランニング2 プロセス バックログ テスト実装 タスク実行 モブ タスク設計 モブ 懸 念 点 出 し ・ モ ブ QA 設計 テ ス ト 設 計 ・ モ ブ 仕 様 作 成 ・ モ ブ PO UIデザイン リスクリスト 仕様書 受入テスト 試験設計書 テスト実行 内面化 表出化 価値の 埋込み 価値の 確認 SBI
  12. 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 12

    モブ・プログラミング 表出化 モブ アクティビティ バックログ 仕様書 テスト仕様書 内面化 コード 成果物 表出化 内面化 モブがプロセスの成果物の品質を上げ、 暗黙知に内面化し、それが無駄のないモブを生む 成果物 プロセス
  13. モブってなに? モブ・プログラミングは メンバーの多様性を使って より広い知識や観点を使い 創発と共同を活用する チームによる問題解決の活動です。 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO

    2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 13 計画から、設計、実装、テストまで、 チームで一緒にやります
  14. モブを回していこう 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA

    14 次のステップ 対象 次のステップ ドライバ つぶ やき 自信 質問 相槌 改善 学び 議論 返答 ナビゲータ ナビゲータ 説明 促進ループ 改善ループ 提案 言い換え
  15. 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 15

    内面化 知識 経験 ナビゲータ モデル
  16. 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 16

    内面化 知識 経験 考え同じ! ふん、ふん ナビゲータ モデル
  17. 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 17

    内面化 知識 経験 なんか 引っかかる んだよね ここのところは こういうことで しょうか? ナビゲータ モデル
  18. 多様性による気づきを伝える 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA

    18 否定は厳禁 それ、だめ 違う なぜもやめよう 相手を詰問する
  19. 多様性による気づきを伝える例 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA

    19 パラフレーズ:言い換え これは、このようなことだと、私は理解しましたが、 合っているでしょうか リスクを感じたところに気づいてもらう質問 では、このような条件では、 どんなことになるでしょうか Respect and Influence 相手をリスペクトすることで、 相手の行動を変えることができます。
  20. モブメトリクス 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA

    20 時間長 56:34 , イベント数 796
  21. モブ・プログラミングの主流 サイボウズ流モブ・プログラミングは ガラパゴスなのか 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT ©

    ATSUSHI NAGATA 21
  22. 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 22

  23. 元祖Hunter社 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA

    23 • 特徴 • ナビゲータ・ドリブン • ドライバはタイピスト • マシンはつけっぱなし • ドライバーの交代と休息 • 4分毎ドライバー交代 • 頻繁にナビゲータの番が回ってる • 同じ製品のモブは横に並んで設置 • リアルモブのみ(昨年9月の話) • TDD • メンタリティ • 心理的安全性 • ノーサイロ
  24. Hunterのナビゲータとドライバー 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA

    24 •ドライバー •タイピスト •ナビゲータの依頼を実行する •ナビゲータ •ドライバに作業を依頼するする •モブをドライブしている •詳しい二人がやっているとペアプロだった •restricted ナビゲータ •特定のナビゲータが主にファシリテート •ほかのナビゲータは、自分が詳しくわかること についてモブに入る
  25. Hunterのモブ・メトリクス 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA

    25
  26. 相槌と日本文化 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA

    26 日本と海外の会話の違い 相槌は日本の方が多い 海外:相槌を打つのは失礼 相槌がうまく打てるのは、日本人の言語文化のおかげ サイボウズのモブの特徴になっている 人のはなしに割り込む 相手が話し終わるのを待ってから口を開くのが礼儀 アイコンタクトはしている 日本:相槌を打たないと失礼 話を聞いていない 無視している
  27. Hunterのモブ・プロのモデル 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA

    27 タイピング ドライバ お頼み 感謝 タイピング ナビゲータ restricted ナビゲータ お頼み お頼み ファシリテーション ファシリテーション
  28. サイボウズのモブ・プロのモデル 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA

    28 次のステップ 対象 次のステップ ドライバ つぶ やき 自信 質問 相槌 改善 学び 提案 議論 返答 ナビゲータ ナビゲータ 説明 促進ループ 改善ループ
  29. どちらのパターンもあり 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA

    29 Hunter:主流 サイボウズ Hunter サイボウズ ドライブ ナビゲータ ドライバ ドライバの振る舞い タイピスト 受動的 より自律的 能動的 あいづち 少ない でも感謝はある 多い メンタリティーは変わらない Hunterも、いろいろなパターンがあるのでは コロナ禍でまだ確認できず。。
  30. 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 30

    信頼:リスペクト 情報 要求 知識 経験 テンション 緊張 ともに乗り越える チームで 達成感 CLOSURE モブのイメージ
  31. 2020/11/7 SCRUM FEST SAPPRO 2020, COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 31

    CLOSURE ご清聴 ありがとう ございます