Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

エンジニア向け会社紹介資料/company-profile

1a35d5fba18d2e964c10edc453523187?s=47 nextbeat
September 28, 2021
4.8k

 エンジニア向け会社紹介資料/company-profile

ネクストビートのエンジニア向け会社紹介資料です。

1a35d5fba18d2e964c10edc453523187?s=128

nextbeat

September 28, 2021
Tweet

More Decks by nextbeat

Transcript

  1. Ver 2022.06.6
 Engineer nextbeat Corporate Presentation

  2. 2 01.About Nextbeat

  3. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Company Profile 会社情報 株式会社ネクストビート

    / nextbeat Co.,Ltd 三原 誠司 2013年10月1日 東京都渋谷区恵比寿4-9-10   札幌/仙台/名古屋/京都/大阪/金沢/ 広島/高松/福岡(WEST/EAST)/那覇 社 名 設 立 拠 点 代 表 本社所在地 3
  4. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Data 4 平均年齢 30.1歳

    社員数 355人 男女比 25人 創業期 54人 165人 230人 355人 2015 2017 2018 2021 男性 47% 女性 53%
  5. Copyright © nextbeat All Rights Reserved 人口減少社会において 必要とされる インターネット事業を創造し、 ニッポンを元気にする。

    Mission ミッション 5
  6. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Statement ステイトメント 人口減少、高齢化、過疎化、 この国の課題を前に、為すべきことはたくさんある。

    けれど、誰にも解けない難題にこそ、未来の鉱脈はあるはずだ。 それらを乗り越えた先にはきっと、世界に示せる未来があるはずだ。 挑もう、何度でも。動こう、自分たちから。 摩擦を恐れず、向き合おう。 ライフイベント、地方創生、グローバル。 テクノロジーと推進力、そしてベンチャーらしい不屈の心で 人と社会の可能性を引き出し続ける。 今を、未来を、鼓動させる。私たちなら、できると信じて。 6 未来の「ふつう」を次々と。
  7. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Culture カルチャー 永遠ベンチャー 現状に留まらず、

    あえて変化に飛び込むこと。 できない理由を挙げるなら、 できる方法を捻り出すこと。 小綺麗さよりも、泥臭さを。 失敗の回避よりも、意義ある挑戦を。 何度つまずいても、立ち上がる。 我々は、永遠に進化を続ける ベンチャーだ。 ALL実践者 問題を指摘するなら、 解決の主体であること。 あるべき姿から逆算し、 結果に執着すること。 先延ばしの議論よりも、最速の行動を。 自己満足よりも、顧客のため、社会のため。 非連続な成長を、非常識な速度で。 我々は、評論家ではなく実践者だ。 One Vibes 関わるすべての人との、 相乗効果を信じること。 一人で悩むくらいなら、 周りをとことん巻き込むこと。 馴れ合いよりも、切磋琢磨を。 迎合よりも、真摯な進言を。 想像を超える価値は、 シナジーから生まれる。 我々は、共振することで前進する。 「nextbeat identity 」 nextbeatは、永遠にベンチャー精神で挑み続けます。 7
  8. 8 02.Product

  9. Copyright © nextbeat All Rights Reserved ネクストビート3大ブランド 9

  10. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Strategy 事業戦略 2013 2020

    2023 STEP 01 STEP 02 STEP 03 「子育て支援領域」で プラットフォーム事業を展開 ライフイベント・地方創生・グローバルの新たな 3本柱でプラットフォーム群を構築 複数領域にて未来の「ふつう」となる事業を 次々と展開。 「ミッションに基づく課題 × ビジネスチャンス」を軸にドメイン設定し、 プラットフォーム事業を展開 するという戦略をとっています。 「子育て支援領域」で培ったノウハウ・アセットを活かし、複数領域でプラットフォーム群を構築して参ります。 保育士
 保育園
 ママ・パパ
 ONE ID グローバル
 地方創生
 ライフ イベント
 AI
 教育 COMING SOON ライフ イベント
 地方創生
 グローバル
 COMING SOON 10
  11. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Strategy 事業戦略 11 現在、未就学児を含むステークホルダーに多くの利便性を提供するため、複数のプロダクトの連携基盤となるプラット

    フォームを構築中です。 保育園の課題解決 toB Platform 子育ての課題解決 toC Platform
  12. Copyright © nextbeat All Rights Reserved 保育園の課題解決toB Platform「保育士バンク!プラットフォーム」 12

  13. Copyright © nextbeat All Rights Reserved 累計 350,000 名以上が登録している、日本最大級の保育士専門の転職支援 サービスです。保育学生向けには就職支援サイト「就活バンク!」も運営して

    おります。 日本最大級の保育士・幼稚園教諭向け転職支援サイト ・市場シェア40%の実現 ・保育園と保育士の”最高の出会いが生まれるプラットフォーム” 待機児童問題につながる保育園の人材不足を解決に向き合ってい ます。子育てと両立しながら社会復帰を図る女性をサポートし、社 会へ経済面で価値貢献して参ります。 FY23に 目指す状態 向き合う 課題 Product プロダクト紹介 13
  14. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Product プロダクト紹介 “保育園・幼稚園の『タイヘン』を『カンタン』に”をテーマに作られた、 保育士の業務効率を改善する

    保育施設向け業務支援システムです。 シフト管理や延長保育請求など労務機能を中心にご提案いたします。 保育園・幼稚園向け業務管理ツール ・保育ICTシステムの業界シェア No1を獲得 ・保育施設向けの人材労務プラットフォーム化の実現 ・監査業務に完全対応したシステムの実現 FY23に 目指す状態 保育士の業務負担軽減につながるサービスの提供を通して、 保育業界の課題改善、ひいては潜在保育士の社会進出の 促進など、社会課題解決の重要な役割を担っています。 向き合う 課題 14
  15. 15 03.Development Team

  16. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Engineer Culture ネクストビートのエンジニアは、 単なるプログラマーではありません。

    求められるのは、高い技術力とビジネスへのコミット力。 ビジネスの最前線で顧客接点を持つセールス・ CSと連携し、 「誰のどんな問題を解決するのか」を見極め、 社会性の高いビジョン・ミッションを高品質かつ 圧倒的スピードで実現していく人材を求めています。 私たちは、創るということを 最大限に評価します。 エンジニアとしての 高い技術力 (エンジニア軸) ビジネスへの コミット力 (事業軸) 16
  17. Copyright © nextbeat All Rights Reserved エンジニアに期待していること これまではスピード重視で個別にプロダクトを立ち上げてきました が、現在開発中のKIDSNAプラットフォームを皮切りに事業間の 連携が強くなるので全事業を考慮した広い視野で開発に取り組

    んでいただきたいです。経営的にスピードは重要ですが時間がか かったとしてもプロダクトの質は重要だと考えます。また、エンジ ニアが事業の責任を持った方が合理的に進む場合もあるので、 エンジニアがオーナーの事業を創っていきたいと考えています。 そのためにも、エンジニアの皆さんには技術だけでなく普段から 事業にもコミットする姿勢をもっていただきたいと思っています。 代表取締役社長 CEO 三原 誠司
 エンジニアがオーナーの事業を創りたい 17
  18. Copyright © nextbeat All Rights Reserved 全社 事業毎に各機能が集まり 1つのチームに Team

    Team Team Team セールス Team v Team v v v v Team Team Team Team 開発 デザイン C S マーケ CORP Team Platformチーム(SRE) テックリード
 エンジニア
 エンジニア
 PjM
 モバイルアプリチーム エンジニアリングマネジメントチーム 開発組織 18 他職種との連携 × 少数開発チームでユーザーファーストな開発を 各プロダクト3~8名の開発メンバーでプロダクト開発を行うため、携われる業務範囲が広いです。 また、他職種と密に連携できる組織体制のため、ユーザーからのフィードバックが得やすい環境です。
  19. Copyright © nextbeat All Rights Reserved プロダクト開発の体制 Creative Division 


    Design
 Video
 Technology Division 
 Development
 Platform
 CPO / 三井 VPoE / 三井 CTO / 阿部 Business Product Business Product Business Product ・ ・ ・ PjM プロダクト 開発エンジニア 動画制作 デザイナー SRE プラットフォーム 開発エンジニア Product management
 PdM 19
  20. Copyright © nextbeat All Rights Reserved スクラム開発 モノ・サービスが溢れている社会のプロダクト開発の正解は、 「作りたいものを作る」ではなく、 「利用者につかってもらえるかどうか?」

    そのため短期で、試行錯誤が可能な Scrumを採用しています。 1.スプリントプランニング 4.スプリントレトロスペクティブ 2.デイリースクラム 毎日 3.スプリントレビュー スプリントを監視し、支援する。 ・各スクラムイベントが  実行されているか確認する ・必要に応じてスクラムイベントを  ファシリテートする プロダクトバックログ リファインメント バックログの選定 リリース! 開発    プロダクトオーナー( 事業責任者 / PdM )    スクラムマスター ( PjM )    開発チーム ( 開発 / デザイナ )    ステークホルダー ( セールス / CS / マーケ ) スクラムチーム体制 20
  21. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Our People 決意の上京。自分が作りたいものを突き詰め、成 長できる環境。

    プリンシパルエンジニア 川井 淳矢 経歴 徳島大学大学院卒業後、徳島にあるシステム開発 会社に入社。飲食店の顧客情報の統計分析や工場 の稼働状況を監視するシステムの開発を行う中で、 サービスを作りながら社会に対する自分の影響を実 感したいと思い、上京と共に 2018年に株式会社ネク ストビートへ入社。プロダクト横断で使用する技術の 調査や実装、組織の技術的課題の解消を担ってい る。 エンジニア自身が事業にコミット、0→1でプロダク トを創り上げる。 KIDSNAシッター テックリード 塚本 貴也 経歴 新卒でSES(客先常駐)企業へ入社。主にハウスメー カーにて、産業廃棄物や不動産関連システムなど 様々な案件を経験し、設計 ~開発~運用までの幅広 い業務を担当。その後、 Sky株式会社へ転職し、社 内における基幹システムの開発経験を経て、 2019 年8月、京都オフィスの立ち上げと共にネクストビート に入社。 開発メンバーが最大限のパフォーマンスを発揮で きるスクラム運営を。 おもてなしHR プロジェクトマネージャー 一石 真功 経歴 名古屋大学卒業後、 2009年JTBパブリッシングに総 合職として入社。デジタルコンテンツの制作・販売を 経てシステム開発部門に配属、 Webサイト・スマホア プリなど複数サービスの開発・運用ディレクションを 担当する。より専門性の高いところでシステム開発 の知識とプロジェクト管理経験を積むために 2021年 に株式会社ネクストビートに入社。 21
  22. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Engineer Board ネクストビートでは、“未来を「ふつう」を次々と。 ”と掲げており、多くの挑戦をスピーディー

    に実行すること、エンジニアが事業にコミットすることが求められます。もちろんプロとして 技術力を発揮し、貢献することは大前提ですが、社会的に意義が高いネクストビートのプ ロダクトで技術を発揮し、それにより社会課題を解決する楽しさは何よりも代え難いものだ と思います。このような中で、主体的にチャレンジし、見たことのない景色を創造する人は、 間違いなく輝ける環境かと思うので、ぜひそのような想いを持った方々にジョインしてもら いたいと思います。 エンジニアが事業にコミットし、プロダクトを牽引する 執行役員 CTO 阿部 雅哉 経歴 慶應義塾大学大学院 理工学研究科卒。新卒で株式会社 DeNA へ入社し、主にプラットフォーム事業のシステム設計・開発を担当し、 モバイルゲームの API 新規開発・運用やアプリ共通の認証基盤等の開発に従事。 その後、創業間もないベンチャーへ転職し、機械学習エンジニアとして研鑽を積み、 2019年1月エンジニアリングマネージャーとしてネクストビート入社。 2022年1月にCTO就任。 22
  23. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Engineer Board 1児の父として、日本の人口減少問題に当事者意識を強く感じるようになり、 CEOが事業を通じて社会課題に向き合う姿勢に強く惹かれネクストビートに

    入社しました。 私は自分の子ども世代のためによりよい世の中を作りたいと考えています。 それは、ネクストビートのビジョン・ミッションそのものです。 それを成し遂げるために私は「プロダクト主導型組織へのシフト」 「強固な事業基盤の構築」「事業・組織・技術の全体最適化」の 3つの役割を 担い、ネクストビートならではの BizDevSecOpsを実現していきます。 プロダクト主導型組織でイノベーション創出を加速させる 執行役員 VPoE / CPO / CIO 三井 陽一 経歴 東京大学理学部卒。 1997年、テニススクールのコーチとして社会人のキャリアをスタート。 ITエンジニアに転身後、スタートアップ 2社において、テックリード/ CTOとして様々なプロダクト開発に従事。その後、株式会社ラックにおいて 8年半に渡り サイバーセキュリティのプロダクト開発・研究開発を推進。クラウドマネージドサービスのトップベンチャーである株式会社 FIXERを経て、 2020年3月、CIO兼VPoEとしてネクストビートに入社。 2021年11月CPO就任。CISSP, CCSP, CISA, CISM, CSM, CSPO, PMP, 知的財産アナリスト。 23
  24. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Technical Advisor 自分たちの国の課題は自分たちで解決し、 自分たちの手で未来を作っていきましょう。

    コロナ禍で初めてITの重要性に気が付いた方も多いと思いますが、 ITによって変えられる部分はまだまだたくさんあると思っています。 また日本の人口減少による課題は既に顕在化しています。 このIT後進国の日本を変えるために、 ITのエンジニアリングの力で、 この人口減少社会の日本を少しでも変えていきましょう。 ITの力でニッポンを元気に。 社会課題に本気で向き合う組織づくりを 技術顧問 水島 壮太 経歴 慶應義塾大学 環境情報学部 卒。新卒で日本IBMに入社し、Javaアーキテクトとして金融系システム開発などでキャリアを積んだ後、 DeNAに転職。DeNAでは、 Mobageオープンプラットフォームのサードパーティ向けグローバル技術コンサルティング部門の立ち上げを行い、サードパーティらに必要なものを 自らの意思決定で作りたいという思いから、開発部門へ。 Mobageに限らず社内外すべてのサービスで共通に利用されるマイクロサービスを開発、展開。 2015年4月より、株式会社ペロリに出向し、 MERYのアプリの立ち上げおよびメディアからサービスへ飛躍するための開発をリード。 2017年10月より、ラクスル株式会社で執行役員 CPO兼印刷事業のプロダクトオーナーとして開発組織を指揮。現職。 2018年10月より、株式会社ネクストビートのエンジニア組織の運営や育成面でのアドバイス行う技術顧問として従事。 24
  25. Copyright © nextbeat All Rights Reserved 在籍エンジニア エンジニア組織は中途入社も多く、 多様性のあるメンバーで構成されています。 年齢

    22〜47歳(平均年齢:31.6歳) 特徴  ・SIer出身者、Java,C#等の静的型付け言語の経験者が多い  ・真面目でおおらかな性格のメンバーが多い  ・認定スクラムマスター (LSM, CSM) 保有率65%  ・役員含めフラットな関係性をベースに仕事ができる環境 25 25 人数 42名(業務委託メンバー含む)
  26. 26 04.Technology

  27. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Frontend Mobile application Backend

    Support Tool TypeScript Angular NGXS Scala Play Framework Slick Kotlin Swift Rxjava・Rxswift lxiaS lxiaS
 Cloud Service Azure Elasticsearch docker MySQL GCP AWS Middleware 27 Engineering Tools Ionic
  28. Copyright © nextbeat All Rights Reserved なぜ「Scala」なのか 創業当初、全てのプロダクト開発に おいてPHP・WordPressを使用 PHP/WordPressを採用することで新規事業を素早く成長

    させることができたが、チームが大きくなるにつれてメソッ ドの仕様変更を共有する際のコミュニケーションの行き違 いがあり障害が起こることもあった。また、 PHPは動的型 付け言語のため、プロダクトの品質面に不安が残る状態 だった。 「長期的に安定したサービスを 提供する」を前提にScalaを選択、 プロダクトの全面改修を実施 ・日本のシステム開発で最も使用されている Javaの資産が 使える。 ・コンパイラで未然に防げるエラーがあり工数削減につなが る。 ・オブジェクト指向と関数型言語の 2つの特性を持つハイブ リッドな言語なので両方のメリットを活かせる。 ・数式によるシンプルな構文になるためコード量が減り、エ ラーの発生が少なくなる。 28
  29. Copyright © nextbeat All Rights Reserved 技術的な挑戦 完全な0→1でのプラットフォーム開発 KIDSNAプラットフォームでは、共通IDを構築することで、サービス利用に応じて特典を付与し、別のサービスもお得に利用できるといった世界を目指しています。そ の世界を実現するためには、サービス共通の認証基盤や決済・クーポン基盤等の設計/開発が必要となるため、この大きな枠組みでの認証・認可、リソースの操

    作/提供方法をどのように実現するかを考え、実現していくチャレンジができる環境です。  認証基盤:メールアドレス/電話番号 + PINコードを利用することで、より簡潔かつセキュアに認証ができる方式を採用  決済基盤:共通基盤で登録したクレジットカード等の情報を各サービス側で利用できるように、 Stripe Connectを使って実現  Angular Universal:toC 向けのサービスを展開するにあたり、 SEO やページ表示速度等の UX を考慮する必要がでてきますが、通常の    Angular では上記の面でデメリットが非常に多いです。しかし、レガシーな HTML/CSS/JavaScript では生産性や品質という面で大きく  劣るので、こ のタイミングで SSR に挑戦しようと意思決定。これに合わせて、 AWS のインフラ構成も SSR に合わせる形に変更 29
  30. Copyright © nextbeat All Rights Reserved 技術的な挑戦 ハードウェア(カードリーダー)の自社開発 「保育士バンク!コネクト」では Sony製のカードリーダーを使い

    ICカードで打刻で きることを前提にサービスを提供していましたが、 Sony製のカードリーダーが生 産終了となってしまいました。他社に事業継続性を左右されたくないという思い から、ネクストビートとして初のハードウェアの自社開発に挑戦。 必要パーツの調達先・製造工場・量産体制の構築など全てが白紙の状態から のスタート。法務省の承認や電波法、その他著作権法令に抵触していないかな ど法務部と連携しながら進め、無事開発に完成しました。今回の開発で得た知 見を活かし、今後はIoTデバイスを用いた機能開発を強化していきたいと考えて います。 30
  31. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Sler出身のエンジニアに聞くSlerとネクストビートの違い ・お客様の要件を満たす ・ユーザーとの距離が遠い ・確立されている技術を使う

    ・上流下流で明確に役割が分かれる ・キャリアパスはPL/PMなどのマネジメント系に寄る ことが多い SIer ・自分たちで要件をつくる ・ユーザーとの距離が近い ・新しい技術を柔軟に取り入れていく ・役割は分かれているが上流下流の区切りなく関わ ることができる ・キャリアパスはマネジメント系 or スペシャリスト系 を自分で選択可能 ネクストビート 31
  32. Copyright © nextbeat All Rights Reserved Tech Blog エンジニアの取り組みや雰囲気などが垣間見れます。 Tech

    Blogを運営 medium.com/nextbeat-engineering 32
  33. 33 05.Work Style

  34. Copyright © nextbeat All Rights Reserved 評価制度 Grade4以上は「マネジメント」と「スペシャリスト」の 2軸から キャリアの選択が可能です。

    また、2軸を跨ぐことも可能なため、自分だけのキャリアを形 成することができます。 グレード制での運営 グレード
 マネジメント スペシャリスト 役割の影響範囲のイメージ Grade1 CXO(執行役員)/ VPoX
 パートナー / フェロー
 全社レベル
 Grade2 ゼネラル
 マネージャー
 シニアプリンシパル
 複数事業
 Grade3 マネージャー
 プリンシパル
 単一事業
 Grade4 チームリーダー
 アソシエイト
 チームリード
 Grade5 メンバー
 メンバー
 Grade6 メンバー
 ・マネジメント:エンジニア組織のマネジメントでエンジニアリング力を高めるライン ・スペシャリスト:エンジニアリング力で事業貢献・組織横断貢献するライン 34
  35. Copyright © nextbeat All Rights Reserved 評価制度 35 評価項目 詳細

    1 成果 GitHubでのプルリクで目標・実績の管理
 2 スキル 職種別の定義ではなく、グレード×影響範囲で定義
 3 マインド カルチャーに基づいて日々の業務に対する姿勢を評価
 4 組織貢献 資格取得、社内への知見共有、登壇、執筆、面接対応等、 組織貢献に繋がる行動を自己申告
 エンジニア個人の成長と、事業の成長の両軸を満たすために「 開発組織独自の評価制度 」を運用しています。 月次で目標設定、振り返りを行うことで成果を適切に評価しています。
  36. Copyright © nextbeat All Rights Reserved キャリアサポート 入社後、今までのご経験に応じた、 nextbeatエンジニア研修を行います。 弊社サービスに共通する、

    Scala基礎や、PlayFramework、Angular等を学んで 頂きます。社内Slackでテックリードから直接のフィードバックを貰えます。 nextbeat エンジニア研修(Scala,Angular) VPoE、Mgrと1on1を実施し、エンジニアそれぞれのケアや キャリア支援、コーチングを行っています。 1on1 36
  37. Copyright © nextbeat All Rights Reserved 技術力向上 個人 × 会社のMission実現に向けたサポート 

    37 ・技術書籍購入補助 ・国内テックカンファレンス参加費補助 ・資格取得支援(指定した資格の受験費補助) ・国内テックカンファレンス参加費補助 ・業務時間内の勉強会参加支援 ・週1で業務時間内に2時間自己学習の場提供 ・チーム毎のペアプロ、モブプロ ・CTOによるテクニカルレビュー ・開発定例(週30分/知見や技術トピックの共有)
  38. Copyright © nextbeat All Rights Reserved 生産性向上 Crew’s Aniversary 3rdプレイス

    社員が、自宅でも職場でもない、居心 地のよい3rdプレイスを活用する費用を サポートすることで、業務目標の達成を 支援します。 ベビーシッター利用制度 保育園入園前までの「 KIDSNAシッ ター」費用を100%補助します。またベ ビーシッターサービスを通常価格の 50%割引で利用できます。 All for One 業務以外の時間の効率化を通し、 より業務に集中できるサポートを 家事代行利用制度 株式会社Casyの家事代行サービスを 会社負担50%の金額で利用できます 他職種との連携が重要なオールインハウス体制で 社内成果の最大化に向けたサポートを サミット(全体総会) 半期に一度全国の拠点から集まり、全社 総会を開催します。表彰や、懇親会などを 通し、全国の社員の交流を図っています。 正社員、契約社員、アルバイト、派遣 社員の誕生月に、上長よりプレゼント を贈呈します。本社では誕生月者・上 長が任意で集まりお祝いする会も開い ています。 全役職者が役割を超えて、一定作業を 理解し担う。One Vibesを強化しつつ、 事業グロースを加速。 コミュニケーション活性化 個人 × 会社のMission実現に向けたサポート  38
  39. Copyright © nextbeat All Rights Reserved 働く環境 39