Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

転職してユニットテストに救われている話

nihemak
April 27, 2022

 転職してユニットテストに救われている話

2022/04/27 単体テストはエンジニアを救うLT大会 #SHIFT_EVOLVE
https://shiftevolve.connpass.com/event/241524/

nihemak

April 27, 2022
Tweet

More Decks by nihemak

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 転職して ユニットテストに救われている話 〜キャッチアップからテスト文化の浸透、そしてアーキテクチャ改善へ〜 2022/04/27 単体テストはエンジニアを救うLT大会 #SHIFT_EVOLVE

  2. 本日のLTはユニットテストへの感謝の意になります笑 • 今年(2022年)の1月に未経験技術スタックの会社に転職しました • ユニットテストを通して、 ◦ キャッチアップから改善まで良かったことがたくさんあった(ある)ので 振り返りを共有させていただければと思っています!

  3. 自己紹介 nihemak (にへまこ) Makoto Nihei • ドクターメイト株式会社 (2022/01〜) • プロダクト開発エンジニア

    • 日々キャッチアップ中
  4. ドクターメイト株式会社

  5. 転職してぶち当たった壁3つ • 😨 完全未経験な技術スタック... ◦ ReactNative(Reactも)/Firebase/GCPは使ったことありませんでした ▪ それまではAngular/NestJS/AWSなどの人でした • 😨

    コード実装能力の衰え... ◦ 直近1年間はプロダクトマネージャ・開発責任者でした ▪ ロール上、意識してコードからは少し距離を置いてました • 😨 コードベースがモノリシック... ◦ 大きめReact Component内で多数のFirebase操作など... ▪ 未経験技術なのもあり更に把握困難に。。
  6. さらなる壁、 • 😨 そして、テストコードもありませんでした... ◦ 一応バックログには積まれてありましたが導入に挫折した形跡が...

  7. さらなる壁、そしてユニットテストへ • 😨 そして、テストコードもありませんでした... ◦ 一応バックログには積まれてありましたが導入に挫折した形跡が... • 💪 自分、ユニットテスト書けます!! ◦

    エクストリームプログラミング/TDD経験はあったのでテストなら書ける ◦ まだコードベース小の今のうちにやった方が良い(後からだとかなり大変… ◦ というわけでレジェンドコード改善をスタートしました! ▪ ※レジェンドコード === レガシーコード ▪ ※レガシーコードとはテストのないコードのことです
  8. まずはライトにテストコードがある状態を目指した Firebase 処理 Firebase 処理 React Component

  9. まずはライトにテストコードがある状態を目指した Firebase 処理 Firebase 処理 React Component Firebase 処理 Firebase

    処理 React Component Service テストコード テストコード 一歩一歩 気合いで! 各React Componentを1つずつ気合と根性で... • ビジネスロジック/Firebase処理をServiceクラスに切り出し ◦ Serviceクラスにテストコード追加 ▪ Firebase Local Emulator Suite in Dockerを駆使 ◦ 呼び出し元のReact Componentにもテストコード追加 ▪ Serviceクラスはモック化
  10. 進めていった結果

  11. ユニットテストで良かったことがPart.1 • 😆 React Componentコードの見通しが良くなった • 😆 テストコード追加を通して自身の技術面やプロダクト面のキャッチ アップが進んだ •

    😆 プルリクマージ前に実行するようにGitHub Actionsへ登録したこと で自動的にデグレを防止できるようになった • 😆 チームのエンジニアがみんなテストコードを書く文化になった • etc 良いことしかありませんでした!!!
  12. しかし新たな問題が、 • 😨 Serviceクラスが巨大な泥団子のようになってしまった... ◦ テストコード追加を目的に進めた結果、Serviceクラスの設計は後回しに...

  13. しかし新たな問題が、そしてアーキテクチャ改善へ • 😨 Serviceクラスが巨大な泥団子のようになってしまった... ◦ テストコード追加を目的に進めた結果、Serviceクラスの設計は後回しに... • 💪 DDDを意識したオニオンアーキテクチャ化します!! ◦

    テストコードがあるので安心してリアーキテクティングできる ◦ ユビキタス言語はすでにALPSで定義されてあった ▪ ※ ALPS: Application-Level Profile Semantics (セマンティクス定義の規格) ▪ ※ DDD: Domain-Driven Design (ドメイン駆動設計)
  14. 2022/03/13

  15. テストコードを足場にServiceクラスをリアーキ中... Firebase 処理 Firebase 処理 Service テストコード

  16. テストコードを足場にServiceクラスをリアーキ中... Firebase 処理 Firebase 処理 Service テストコード UseCase Domain Infrastructure

    Firebase 処理 テストコード • 外側のテストコードがあるので安心してリアーキ できてます! ◦ 根性でServiceクラスをUseCaseクラスへ徐々に浄化中 ◦ (現在、改善活動に費やしているのは週1日程度です) とにかく 気合いで!
  17. 進めていった結果 この2冊は本当におすすめです! ・ドメイン駆動設計 モデリング/実装ガイド ・ドメイン駆動設計 サンプルコード&FAQ

  18. ユニットテストで良かったことがPart.2+α • 😆 内部設計が改善され高凝集/低結合な構造になった ◦ 😆 テストが更に書きやすくなった ◦ 😆 新規開発/機能追加が楽になった

    • 😨 リアーキ前後の設計が混在して少し混乱の元に... • etc まだまだ途中の段階ですので 最後までリアーキやり切ります!!!
  19. まとめ

  20. ユニットテスト is 素晴らしい :+1: :+1: :+1: • 😆 テストを書くことでキャッチアップができました •

    😆 テストを書く文化が浸透しチームの品質意識が高まりました • 😆 テストコードがあることで安全に設計/コードを磨いていけるようにな りました • etc みんなテストコード書こうぜ!!!
  21. We are hiring! • ドクターメイトでは一緒に持続可能な医療介護の実現に取り組 んでいただけるエンジニアを絶賛大募集中です! ◦ カジュアル面談などもしておりますのでお気軽にお声かけ くださいませー