Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

JaSSTってなんなの〜JaSST Review編〜 #JaSSTnano / What is the JaSST Review

nihonbuson
October 19, 2021

JaSSTってなんなの〜JaSST Review編〜 #JaSSTnano / What is the JaSST Review

nihonbuson

October 19, 2021
Tweet

More Decks by nihonbuson

Other Decks in Technology

Transcript

  1. JaSSTってなんなの?
    (JaSST Review編)
    ブロッコリー
    (@nihonbuson)

    View full-size slide

  2. 自己紹介
    ● 風間裕也(ブロッコリー)
    ● @nihonbuson
    ● 社外活動
    ○ JaSST Review実行委員長
    ○ WACATE実行委員

    View full-size slide

  3. アジェンダ
    ● どうして2018年にJaSST Reviewを始めたのか
    ● どうやってJaSST Reviewのコンテンツを
    考えているのか
    ● どうやってJaSST Reviewの講演者を決めているのか
    ● 聴講者とズレが発生しない?
    ● 【宣伝】JaSSTのお知らせ

    View full-size slide

  4. どうして
    2018年に
    JaSST Reviewを
    始めたのか

    View full-size slide

  5. レビューはテストの1つ by JSTQB
    テスト対象のコンポーネントやシステムを実行することは、
    動的テストと呼ぶ。
    テスト対象のコンポーネントやシステムを実行しない場合は、
    静的テストと呼ぶ。
    このため、テストは要件、ユーザーストーリー、ソースコード
    などの作業成果物をレビューする活動も含む。
    出典:http://jstqb.jp/dl/JSTQB-SyllabusFoundation_Version2018V31.J03.pdf

    View full-size slide

  6. 2015〜2018のJaSSTでのレビューセッション
    ● 全セッション…約240セッション
    ● レビューを題材としたセッション…???セッション

    View full-size slide

  7. 2015〜2018のJaSSTでのレビューセッション
    ● 全セッション…約240セッション
    ● レビューを題材としたセッション…5セッションのみ
    ○ 「レビュー⼯的・観点設定の効果と課題」(JaSSTʼ16 Tokyo)
    ○ 「なんとなく実施するレビューからの脱却
    〜⼯的・観点設定に基づくレビューの効果を体感してみよう!」
    (JaSSTʼ16 Shikoku)
    ○ 「新⼯社員が多い中で効果的なレビューを⼯うための⼯法
    レビューの準備からフィードバックまでの⼯夫」
    (JaSSTʼ17 Hokkaido)
    ○ 「静的解析とチーム間レビュープロセス」(JaSSTʼ18 Tokyo)
    ○ 「『超』やさしいレビュー 〜開発とQAに壁はない!〜」
    (JaSSTʼ18 Kansai)

    View full-size slide

  8. 2015〜2018のJaSSTでのレビューセッション
    ● 全セッション…約240セッション
    ● レビューを題材としたセッション…5セッションのみ
    ○ 「レビュー⼯的・観点設定の効果と課題」(JaSSTʼ16 Tokyo)
    ○ 「なんとなく実施するレビューからの脱却
    〜⼯的・観点設定に基づくレビューの効果を体感してみよう!」
    (JaSSTʼ16 Shikoku)
    ○ 「新⼯社員が多い中で効果的なレビューを⼯うための⼯法
    レビューの準備からフィードバックまでの⼯夫」
    (JaSSTʼ17 Hokkaido)
    ○ 「静的解析とチーム間レビュープロセス」(JaSSTʼ18 Tokyo)
    ○ 「『超』やさしいレビュー 〜開発とQAに壁はない!〜」
    (JaSSTʼ18 Kansai)
    安達
    風間

    View full-size slide

  9. JaSST Reviewを作るきっかけ
    ● テストの1つとしてレビューがあるはずなのに、
    レビューを扱った発表があまりにも少ない!
    ● どの現場でもレビュー(もしくはそれに準ずる行為)を
    やっているはずなのに、表になかなか出てこない!

    View full-size slide

  10. JaSST Reviewの狙い
    ● JaSSTに参加しているようなテストエンジニア/QAの人にも
    開発者が普段行っているレビューに注目してもらいたい!
    ● 今までJaSSTを知らなかった開発者にも、
    JaSST Reviewを通じて、テストや品質にも興味を
    持ってもらいたい!
    開発者 QA
    レビュー

    View full-size slide

  11. どうやって
    JaSST Reviewの
    テーマを
    考えているのか

    View full-size slide

  12. 聞きたいコンテンツを見つけるには?
    質問
    ● 世の中にたくさんあるイベント/勉強会の中から、
    「まさにそれが知りたかった!」と思えるような
    発表やイベントに出会うためのコツはなんでしょう?

    View full-size slide

  13. 聞きたいコンテンツを見つけるには?
    質問
    ● 世の中にたくさんあるイベント/勉強会の中から、
    「まさにそれが知りたかった!」と思えるような
    発表やイベントに出会うためのコツはなんでしょう?
    答え
    ● イベントの主催になって、
    自分が知りたい内容について発表をお願いすれば良い

    View full-size slide

  14. JaSST Reviewのテーマ決定
    自分たち(JaSST Review実行委員)が
    今聞きたいと思うテーマを考える
    ● オファーしたい講演者について考えるのは後回し
    ○ テーマ決定のきっかけとして講演者の想像はする
    ○ 「この講演者に話してほしい→テーマ決定」
    の順序は取らない
    ● 前回のJaSST Review聴講者のアンケートは参考程度
    ○ 「みんなが聞きたいから」という理由で
    テーマや講演者を決めない

    View full-size slide

  15. どうやって
    JaSST Reviewの
    講演者を
    決めているのか

    View full-size slide

  16. 講演者選びは大変!
    ● そもそも、レビューについて講演している人は少ない
    ● テーマを先に決めてしまうので、
    そのテーマに合致した人を探すのが大変

    View full-size slide

  17. 講演者選びは大変!
    ● そもそも、レビューについて講演している人は少ない
    ● テーマを先に決めてしまうので、
    そのテーマに合致した人を探すのが大変
    ● 「レビューの発表をしている人」と絞らない
    ● 他イベントの発表内容を見て、
    「レビューの側面について話してもらえたら…」
    というオファーの仕方をする
    ○ ほとんどの人が、新作の発表内容になる

    View full-size slide

  18. レビューをやらないと主張する発表者①
    https://speakerdeck.com/takaking22/redefinition-of-review-number-jasst-number-jasstreview?slide=35

    View full-size slide

  19. レビューをやらないと主張する発表者②
    https://speakerdeck.com/miwa719/howtocatchstrangeness?slide=9

    View full-size slide

  20. 聴講者とズレが
    発生しない?

    View full-size slide

  21. 聴講者とのズレ
    ● 相反する主張
    ○ JaSST Reviewはレビューを扱っているイベント
    ○ レビューをやってないという発表者にも
    講演をお願いしている
    ● 前回のJaSST Review聴講者のアンケートは参考程度
    ○ 「みんなが聞きたいから」という理由で
    テーマや講演者を決めない
    聴講者が期待しているものと発表内容に
    ズレが発生する可能性がある

    View full-size slide

  22. 聴講者とのズレを少なくする仕掛け①
    ● オープニングセッションでイベントの意図を伝える
    ○ オープニングセッションの講演時間は20分
    ○ レビューには様々な種類/要素があることを伝える
    ■ 要件定義レビュー、設計レビュー、コードレビュー
    ■ 公式レビュー、ピアレビュー、ペアプロ
    ■ 作成途中のレビュー、終了判定のレビュー
    ○ 今回の講演の依頼内容について伝える
    ■ 実行委員としての狙いを理解してもらう

    View full-size slide

  23. 聴講者とのズレを少なくする仕掛け②
    ● 講演した方々とパネルディスカッションを行う
    ○ それぞれの講演内容が全く違うものであっても、
    共通している要素があるのか探る
    ○ レビュー以外の講演内容であっても、
    レビューでも活用できる要素を探る
    ○ 聴講者が普段の業務で行っている内容にも
    活用できることを引き出す

    View full-size slide

  24. 参加者の声
    こんな感想を私に直接言ってくれた人がいました
    レビューツールやレビューMTGのやり方の話が
    聞けると思って参加したけど、
    もっと根本的な考え方の部分が聞けたので、
    良い意味で裏切られて良かった

    View full-size slide

  25. まとめ
    ● レビューに注目してもらうために
    JaSST Reviewを作った
    ● 実行委員が聞きたいと思うテーマを最初に考えている
    ○ 講演者ありきではない
    ● テーマに合い、既に発表されている内容の
    レビューの側面について語ってもらえる講演者を探す
    ● 聴講者とのズレを少なくするために、
    オープニングセッションとパネルディスカッションを
    丁寧に行う

    View full-size slide

  26. 【宣伝】
    JaSSTのお知らせ

    View full-size slide

  27. JaSST Review'21は今週金曜日開催!
    ● 講演内容
    ○ 「三越伊勢丹におけるデジタルサービスの
    つくりかた(仮)」
    ○ 「ビジネスの成長に合わせて
    ソフトウェアを進化させ続ける秘訣」
    ○ 事例投稿2件

    View full-size slide

  28. JaSST Review'21は今週金曜日開催!
    https://twitter.com/kitanosirokuma/status/1445357587445157892

    View full-size slide

  29. 今後もJaSSTの予定がいっぱい!

    View full-size slide

  30. おしまい

    View full-size slide