Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Google Cloud Updates 2021/11/16 - 2021/11/30

Google Cloud Updates 2021/11/16 - 2021/11/30

609308e6510e41133d30460eef1ccd36?s=128

Norio Nishioka

December 20, 2021
Tweet

More Decks by Norio Nishioka

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Google Cloud アップデート 2021 11/16 - 11/30 グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 2021 年

    12 月 16 日
  2. Proprietary + Confidential はじめに 本資料は以下 URL から公開情報をもとにアップデートを一部紹介しています https://cloud.google.com/release-notes

  3. Google Cloud アップデートサマリー 2021-11-16 ~ 2021-11-30 3

  4. AI Platform Prediction [11/17] ランタイム バージョン 2.7 が利用可能になりました。ランタイム バージョン 2.7

    を使用して、 TensorFlow 2.7.0、scikit-learn 1.0、または XGBoost 1.4.2 でオンライン予測を提供できます。ランタイム バージョン 2.7 は、バッチ予測をサポートしていません 詳細は ランタイムバージョン 2.7 で更新された依存関係の完全なリスト を参照してください
  5. Anthos clusters on VMware [11/29] VMware 1.8.5-gke.3 上の Anthos クラスタが利用可能になりました。アップグレードするには、

    Anthos clusters on VMware のアップグレード を参照してください。 Anthos cluster on VMware 1.8.5-gke.3 は、Kubernetes v1.20.9-gke.701 で実行されます Anthos Cluster on VMWare に影響を与えるセキュリティの脆弱性、エクスポージャー、および問題の最新 のパッチとアップデートを提供するサポートされているバージョンは、 1.9、1.8、および 1.7 です
  6. Anthos clusters on VMware [11/18] VMware 1.9.2-gke.4 上の Anthos クラスタが利用可能になりました。アップグレードするには、

    Anthos Clusters on VMware のアップグレード を参照してください。 VMware 1.9.2-gke.4 上の Anthos クラスタは、 Kubernetes v1.21.5-gke.1200 で実行されます Anthos Clustres on VMware に影響を与えるセキュリティの脆弱性、エクスポージャー、および問題に関する最新の パッチとアップデートを提供するサポートされているバージョンは、 1.9 、 1.8 、および 1.7 です。 [11/18] バージョン 1.9.2 では、cert-manager は cert-manager 名前空間にインストールされます。以前は、バージョン 1.8.2 から 1.9.1 の場合、cert-manager が kube-system 名前空間にインストールされていました Cert-manager のバージョンが 1.0.3 から 1.5.4 にアップグレードされます デフォルトの cert-manager 名前空間とは異なるクラスタ リソース名前空間で ClusterIssuer を既に使用している場 合、バージョン 1.9.2 にアップグレードする場合は、次の手順に従います。 • 1.9.2 にアップグレードした後、インストールされている cert-manager を使用するには、関連する証明書、シーク レット、または発行者を cert-manager 名前空間に手動でコピーします • 別のバージョンの cert-manager を使用する必要がある場合、または別の名前空間にインストールする必要が ある場合は、クラスタをアップグレードするたびに 次の手順 に従ってください
  7. Anthos on bare metal [11/29] ベアメタル 1.8.6 上の Anthos クラスタが

    ダウンロード できるようになりました。アップグレードするに は、ベアメタル版 Anthos クラスタのアップグレード を参照してください。ベアメタル 1.8.6 上の Anthos クラス タは Kubernetes 1.20 で実行されます
  8. Anthos Service Mesh [11/19] Managed Anthos Service Mesh は、 認証局(

    CA ) サービスをサポートするようになりました。 CA Service を使用して Managed Anthos Service Mesh をインストールするには、 マネージド Anthos ServiceMesh の設定 を参照してください [11/19] マネージド Anthos Service Mesh は、Rapid リリース チャンネルの Preview 機能として GKE Autopilot をサポートするようになりました。詳細については、 asmcli x を使用したマネージド Anthos Service mesh の構成 を参照してください [11/19] 1.11.4-asm.5 がマネージド Anthos Service Mesh で利用可能になり、Rapid リリース チャンネル に展 開されます。詳細については、 マネージド Anthos Service Mesh リリース チャネル の選択を参照してくださ い
  9. App Engine standard environment Go / Node.js [11/29] AppEngine スタンダード環境用の

    Go 1.16 ランタイム が GA となりました [11/29] AppEngine スタンダード環境用の NodeJS 16 ランタイム が GA となりました
  10. BigQuery [11/19] 拡張機能を含む BigQuery 用の ODBC および JDBC ドライバ の更新バージョンが利用可能になり

    ました
  11. Certificate Authority Service [11/24] ドキュメントサイトで認証局サービスのすべてのコードサンプルを参照できます。使用可能なすべて のコードサンプルを確認するには、 すべての CA サービスコード サンプル

    を参照してください
  12. Cloud Asset Inventory [11/16] 次のリソースタイプは、 IAM ポリシーの分析 ( analyzeIamPolicy および

    analyzeIamPolicyLongrunning )を介して公開されています • BigQuery bigquery.googleapis.com/Model • Google Kubernetes Engine apps.k8s.io/Deployment apps.k8s.io/ReplicaSet batch.k8s.io/Job • Assured Workloads assuredworkloads.googleapis.com/Workload • Document AI documentai.googleapis.com/ProcessorVersion [11/16] 次のリソースタイプは、エクスポート API ( exportAssets および batchGetAssetsHistory )および Feed API を介して公開されています • Vertex AI aiplatform.googleapis.com/PipelineJob
  13. Cloud Composer [11/16] Cloud Composer 1.13.0 は、 サポート期間が終了いたしました [11/16] メンテナンス

    ウィンドウのデフォルト値が、毎週日曜日、金曜日、土曜日の 00:00:00 から 04:00:00 (GMT) となりました。対象は新規に作成された環境のみです [11/16] Cloud Composer 1 環境において GCSfuse のバージョンが 37.0 に更新されました。 Cloud Composer において GCSfuse は環境バケットとワーカーポッド間でファイルを同期します [11/16] Cloud Composer イメージの 新しいバージョン が利用可能です composer-1.17.5-airflow-2.1.4 / composer-1.17.5-airflow-2.1.2 / composer-1.17.5-airflow-2.0.2 / composer-1.17.5-airflow-1.10.15 (default) / composer-1.17.5-airflow-1.10.12 / composer-1.17.5-airflow-1.10.14
  14. Cloud Functions [11/17] Cloud Functions にて、次のランタイムがサポートされるようになりました。この機能は GA です • Node.js

    16 • Go 1.16
  15. Cloud Monitoring [11/24] GKE ワークロード指標を使用して取り込まれた Monitoring データの料金が有効になる日付が変更 されました。料金 は2022 年

    2 月 1 日に発効されます [11/18] Cloud Monitoring は、ダッシュボード全体のグループ化とフィルタリングをサポートするようになりま した。詳細については、 ダッシュボード全体のフィルタ を参照してください
  16. Cloud SQL for PostgreSQL [11/19] Cloud SQL for PostgreSQL の次の拡張機能が

    GA となりました auto_explain : トラブル シューティング時など、遅いステートメントの実行プランを自動的にログに記録でき ます pg_cron : cron ベースのジョブスケジューラであるこの拡張機能により、 cron構文でデータベースからのコ マンドをスケジュールできます pg_hint_plan : SQL コメントの簡単な説明であるヒント句を使用して PostgreSQL 実行プランを改善できま す pg_proctab : Cloud SQL for PostgreSQL で pg_top を使用し、オペレーティング システムのプロセス テー ブルからレポートを生成できるようにします
  17. Cloud Storage [11/19] 公開アクセスの防止 は、 unspecified の代わりに inherited を使用するようになりました

  18. Compute Engine [11/16] 最大 100 Gbps のネットワーク帯域幅で N2、N2D、および C2 VMs

    を構成できるようになりました。こ の機能は GA です この機能は、ハイパフォーマン スコンピューティング ( HPC ) 、機械学習 ( ML ) 、ディープ ラーニング ( DL ) など、ネットワークを集中的に使用する分散ワークロードに最適です 高帯域幅のネットワーク構成 、およびこれらの VM が使用可能な リージョンとゾーン の詳細をご覧ください
  19. Dialogflow [11/17] Dialogflow CX PhoneGateway が テレフォニー転送 をサポートするようになりました [11/17] Dialogflow

    CX は エージェントバックアップ をサポートするようになりました [11/17] Dialogflow CX Webhook が カスタム CA 証明書 をサポートするようになりました
  20. Google Kubernetes Engine [11/16] Google Cloud Managed Service for Prometheus

    が Preview になりました
  21. Security Command Center [11/19] Security Command Center は、ミュート検索結果を開始しました。この機能は GA です

    調査結果のミュートは、指定した基準に基づいて現在および将来の調査結果を自動的に非表示または抑 制するフィルタを作成できる強力なボリューム管理機能です。この機能を使用すると、独立している、許容可 能なビジネスパラメータ内にある、または会社のポリシーに基づいて組織に関連していない資産のセキュリ ティ結果を確認したり、応答したりする時間を省くことができます 詳細については、 Security Command Center のミュートの結果 を参照してください
  22. Vertex AI [11/19] gcloud ai customs-jobs local-run コマンドが GA となりました。このコマンドを使用して、

    トレーニン グ コードをローカルでコンテナ化して実行 できます [11/19] gcloud ai custom-jobs create コマンドの カスタムジョブ作成機能 が GA となりました。この機能に より、単一のコマンドを使用して、 Vertex AI のカスタム トレーニングジョブとしてローカル コンピューターで コードを実行できます
  23. Workflows [11/17] 以下の機能が追加されました sys.sleep_until — 指定された時間まで実行を一時停止します time.format — タイムスタンプを人間が読める文字列としてフォーマットします time.parse

    — ISO8601互換の文字列をタイムスタンプに解析します [11/19] ワークフローは、Cloud Console の [ワークフロー] ページから スケジュール できます
  24. Thank you