Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

オブジェクト指向 導入 / OOP1

E37b4344ef4bfd0fc4826c04971e54fb?s=47 nrs
May 06, 2018

オブジェクト指向 導入 / OOP1

勉強会での登壇用資料です。
オブジェクト指向についての解説の導入です。
オブジェクト指向とは何であるのかについて定義していきます。
https://nrslib.com

E37b4344ef4bfd0fc4826c04971e54fb?s=128

nrs

May 06, 2018
Tweet

More Decks by nrs

Other Decks in Programming

Transcript

  1. オブジェクト指向入門 ~導入~ nrs @nrslib

  2. オブジェクト指向とは何か

  3. ◆現実をオブジェクトとして表現する手段 ◆継承を使ったプログラミング ◆オブジェクト同士の相互作用でシステムを構築

  4. ◆現実をオブジェクトとして表現する手段 ◆継承を使ったプログラミング ◆オブジェクト同士の相互作用でシステムを構築

  5. オブジェクト指向とは何か

  6. 抽象化の技法

  7. 抽象化の技法 でも抽象化って・・・?

  8. 抽象化してみよう

  9. 抽象化してみよう Q.あなたの一日を教えてください

  10. Q.あなたの一日を教えてください

  11. Q.あなたの一日を教えてください A.朝8時に起きて、顔を洗った後に朝食を 食べて、着替えて九時前に家を出ます。 九時十分の電車に乗って九時四十分に会社 の近くの駅に着きます。 駅に着いたら近くのコンビニでコーヒーを

  12. Q.あなたの一日を教えてください A.朝8時に起きて、顔を洗った後に朝食を 食べて、着替えて九時前に家を出ます。 九時十分の電車に乗って九時四十分に会社 の近くの駅に着きます。 駅に着いたら近くのコンビニでコーヒーを こんな風に 答える人は いません

  13. 起床 -> 通勤 -> 出社 -> 勤務 昼休 -> 勤務

    -> 退社 -> 帰宅 Q.あなたの一日を教えてください
  14. 起床 -> 通勤 -> 出社 -> 勤務 昼休 -> 勤務

    -> 退社 -> 帰宅 Q.あなたの一日を教えてください 十分伝わりますよね
  15. 面倒と感じるときはどういうときか

  16. 欲しい情報 よりも多くの情報 を渡されたとき 面倒と感じるときはどういうときか

  17. 欲しい情報 よりも多くの情報 を渡されたとき 情報量の多いプログラム=面倒 面倒と感じるときはどういうときか

  18. 例えばこんなプログラム

  19. None
  20. うわ、なんか ネストいっぱい

  21. うわ、なんか ネストいっぱい format == “csv” って、csv編集かな?

  22. うわ、なんか ネストいっぱい csv作ってるっぽい format == “csv” って、csv編集かな?

  23. うわ、なんか ネストいっぱい csv作ってるっぽい tsvも サポートしてるのか format == “csv” って、csv編集かな?

  24. うわ、なんか ネストいっぱい csv作ってるっぽい tsvも サポートしてるのか 空文字がエラー? format == “csv” って、csv編集かな?

  25. うわ、なんか ネストいっぱい csv作ってるっぽい tsvも サポートしてるのか 空文字がエラー? 読み込まないとわからない format == “csv”

    って、csv編集かな?
  26. 計算処理を関数にして抽象化

  27. 計算処理を関数にして抽象化

  28. CSVとTSVをサポート 空文字はエラーかな? 計算処理を関数にして抽象化

  29. CSVとTSVをサポート 空文字はエラーかな? csv作ってるっぽい 計算処理を関数にして抽象化

  30. CSVとTSVをサポート 空文字はエラーかな? csv作ってるっぽい tsv作ってるっぽい 計算処理を関数にして抽象化

  31. CSVとTSVをサポート 空文字はエラーかな? 必要なければ見なくていい 計算処理を関数にして抽象化

  32. 抽象化とは

  33. 抽象化とは 思考における手法のひとつで、 対象から注目すべき要素を 重点的に抜き出して 他は無視する方法である。

  34. まだ具体的なところが残っている

  35. まだ具体的なところが残っている

  36. 変数で抽象化してみる

  37. 悪くはないけれど

  38. 悪くはないけれど

  39. 悪くはないけれど formatって 何渡せばいいの? あれ? “CSV”って指定し たら空文字が 返ってきた?

  40. 「formatに”csv”か”tsv”を指定する」ことを 知っている

  41. 実装を具体的に知っているのを前提とする 「formatに”csv”か”tsv”を指定する」ことを 知っている

  42. 実装を具体的に知っているのを前提とする 抽象化できていない 「formatに”csv”か”tsv”を指定する」ことを 知っている

  43. どうしてこうなった

  44. どうしてこうなった データとそのデータを利用する手続きに 密接な関係が存在しているのに データと手続きを分けて考えているから

  45. どうしてこうなった データとそのデータを利用する手続きに 密接な関係が存在しているのに データと手続きを分けて考えているから

  46. どうしてこうなった データとそのデータを利用する手続きに 密接な関係が存在しているのに データと手続きを分けて考えているから

  47. どうすればよい

  48. どうすればよい データと手続きを まとめよう

  49. どうすればよい クラス誕生 データと手続きを まとめよう

  50. クラスにしよう

  51. 1 処理名をクラスに クラスにしよう

  52. 1 処理名をクラスに 2 引数をフィールドに クラスにしよう

  53. 1 処理名をクラスに 2 引数をフィールドに 3 処理をメソッドに クラスにしよう

  54. 1 処理名をクラスに 2 引数をフィールドに 3 処理をメソッドに 4 処理から呼ばれる関数をメソッドに クラスにしよう

  55. 1 処理名をクラスに 2 引数をフィールドに 3 処理をメソッドに 4 処理から呼ばれる関数をメソッドに クラスにしよう

  56. 1 処理名をクラスに 2 引数をフィールドに 3 処理をメソッドに 4 処理から呼ばれる関数をメソッドに Runの前にFormatとDataを設定する必要がある =

    実装を知ってもらう必要がある = あまり変わってない クラスにしよう
  57. コンストラクタを活用

  58. コンストラクタを活用

  59. コンストラクタを活用

  60. コンストラクタを活用 Runが何のデータを利用するかは気にしなくていい =抽象化できた でもまだエラーは起きる……。

  61. エラーを無くす

  62. エラーを無くす

  63. エラーを無くす 分けてしまえばエラーが起きない

  64. エラーを無くす 分けてしまえばエラーが起きない

  65. 比較しよう

  66. 比較しよう 抽象化した結果、XxxConverterクラスに「データ」と「処理」が隠蔽された

  67. 比較しよう 抽象化した結果、XxxConverterクラスに「データ」と「処理」が隠蔽された 必要な知識は new して Run を Call する だけ

  68. 比較しよう 抽象化した結果、XxxConverterクラスに「データ」と「処理」が隠蔽された 必要な知識は new して Run を Call する だけ

    隠蔽 = カプセル化
  69. ここまでまとめ 余計な情報は面倒 知らなければいけないことは面倒 面倒なことを隠す カプセル化

  70. 次の話題

  71. None
  72. 複雑さ = ?

  73. 複雑さ 条件分岐 =

  74. = プログラムを 複雑でなくしたい ?

  75. = プログラムを 複雑でなくしたい 条件分岐を 減らしたい

  76. 条件分岐を減らしたい

  77. メソッドで抽象化してみる

  78. メソッドで抽象化

  79. だいぶすっきり? でも条件分岐が残ってる メソッドで抽象化

  80. クラスで抽象化してみる

  81. クラスで抽象化

  82. クラスで抽象化

  83. あんまり 変わらない New Old クラスで抽象化

  84. New Old ここが一緒 クラスで抽象化

  85. Convert()という処理がある converterというもので

  86. Converterというもので Convert()という処理がある こんな風に書けたら

  87. こう書ける Converterというもので Convert()という処理がある

  88. Convert()という処理がある ? (in C#) Converterというもので

  89. Convert()という処理がある Interface (in C#) Converterというもので

  90. None
  91. Converterというもので Convert()という処理がある

  92. None
  93. 適用してみる

  94. 適用してみる

  95. もう一つの解法

  96. もう一つの解法 クラスとか面倒だしメソッドにしようよ

  97. None
  98. None
  99. クラス版 メソッド版 主処理を比較

  100. クラス版 メソッド版 主処理を比較 クラスいらない説

  101. そもそも

  102. そもそも convertType とは?

  103. そもそも convertType とは?

  104. そもそも convertType とは? converter の指定

  105. では convertType を使わずに Converter を渡したら?

  106. では convertType を使わずに Converter を渡したら?

  107. メソッド クラス 比較 やっと行数が互角に

  108. まだいまいちクラス版の 利点がわかりません そこで利点がわかりやすい例として

  109. 記号”|”で文字列を連結できるように してください

  110. クラスいらないタイプ

  111. クラスいらないタイプ JoinByPipe()メソッド追加かな

  112. クラスいらないタイプ JoinByPipe()メソッド追加かな “pipe”みたいな識別子を受け取る?

  113. クラスいらないタイプ JoinByPipe()メソッド追加かな 万が一、”pipe”って識別子を送ってきているプログラムがあったら? 全部確認してみないと……。 “pipe”みたいな識別子を受け取る?

  114. クラスにした場合

  115. クラスにした場合 クラスを作って おしまい

  116. 何をしたか?

  117. 何をしたか? 主処理の条件式を減らした

  118. 何をしたか? 主処理の条件式を減らした 具体的にどう減らしたか?

  119. 何をしたか? 主処理の条件式を減らした 具体的にどう減らしたか? 同じ処理を持つ 似たようなものとして 抽象化して利用した

  120. 何をしたか? 主処理の条件式を減らした 具体的にどう減らしたか? 同じ処理を持つ 似たようなものとして 抽象化して利用した

  121. もう一つのif文も同じことができます

  122. 評価処理を抽象化

  123. 評価処理を抽象化

  124. 評価処理を抽象化 具体的な処理をクラス化

  125. 評価処理を抽象化 具体的な処理をクラス化

  126. 評価処理を抽象化 具体的な処理をクラス化

  127. 評価処理を抽象化 具体的な処理をクラス化

  128. 同じ処理を持つ 似たようなものとして 抽象化して利用すること

  129. 同じ処理を持つ 似たようなものとして 抽象化して利用すること ポリモーフィズム

  130. オブジェクト指向とは何か

  131. オブジェクト指向とは何か カプセル化とポリモーフィズム を利用した抽象化

  132. まとめ ◆オブジェクト指向とは カプセル化とポリモーフィズムを利用した抽象化の技術 ◆カプセル化とは 詳細を隠して(読み手に)面倒でない記述を行うこと ◆ポリモーフィズムとは 条件分岐を減らすための手段

  133. Auther nrs HomePage https://nrslib.com Twitter @nrslib