Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

Laravelでテストしやすいコードを書く5 / 5 tips of building testable modules in Laravel

73b0a25ed03f649ec63ded82ce4ac7cb?s=47 nunulk
November 14, 2020

Laravelでテストしやすいコードを書く5 / 5 tips of building testable modules in Laravel

73b0a25ed03f649ec63ded82ce4ac7cb?s=128

nunulk

November 14, 2020
Tweet

Transcript

  1. Laravel でテストしやすいコードを書く5つのコツ 2020/11/14(土) Techpit nunulk

  2. None
  3. 御礼 100部突破 質問や要望など大歓迎ですので どしどしお寄せください!

  4. Agenda • 自動化されたソフトウェアテストの重要性 • テストファースト vs. テストセカンド • Laravel でテストしやすいコードを書くコツ

    5 MIN 5 MIN 40 MIN
  5. 自動化されたソフトウェアテストの重要性

  6. 自動化されたソフトウェアテストの重要性 共用しているモジュールの変更に 対する変更漏れを防ぐことができ ます。 変更検知 手動テストではテストケースの漏 れや確認ミスが発生しうるが、自 動テストであれば毎回すべてのテ ストケースが実行されます。 人為的ミスの回避

    パターンの多いケースを手動で何 度もやるよりはコンピュータにや らせたほうが速くて安上がりで す。 コスト削減
  7. テストファースト vs. テストセカンド

  8. テストセカンド テストファースト

  9. テストセカンド テストファースト

  10. テストセカンド テストファースト ・仕様の理解が高い場合に向いている ・実装方法が明瞭な場合に向いている ・テストが書かれないことがある ・仕様の理解が低い場合に向いている ・実装方法が不明瞭な場合に向いている ・テストが確実に書かれる

  11. Laravel でテストしやすいコードを書くコツ

  12. テストしやすいコードとは? ファイルの読み書きや外部サービ スとのやりとりを分離しておくと テストが書きやすくなります。 副作用が少ない テスト対象のクラスや関数が依存 しているクラスや関数が少なくす ることでテストが書きやすくなり ます。 依存関係が少ない

    テストしたい対象をできるだけ小 さくすることで、テストが書きや すくなります。 関数が小さい
  13. Laravel でテストしやすいコードを書くコツ 1/2 ファイルの読み書きや外部サービ スとのやりとりを分離しておくと テストが書きやすくなります。 副作用を分離する Dependency Injection は、引数に指

    定されたクラスのインスタンスを 勝手に生成して渡してくれる仕組 みで、テストのときにクラスの差 し替えが簡単になります。 DI を使う テストしたい対象をできるだけ小 さくすることで、テストが書きや すくなります。 関数をできるだけ小さくす る
  14. Laravel でテストしやすいコードを書くコツ 2/2 静的メソッドをモックするのは若 干面倒なので、インスタンス化し ても変わらない場合はインスタン スメソッドにしましょう。 できるだけ静的メソッ ドを使わない Eloquent

    を使ったモデルの場合プ ロパティが public になりますが、 プロパティアクセスはモックがで きないので、なるべくプロパティ アクセスを減らしましょう。 できるだけプロパティ にアクセスしない