Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

talentio.comの裏側の改善と今後の展望〜エンジニアリングとプロダクトと〜

 talentio.comの裏側の改善と今後の展望〜エンジニアリングとプロダクトと〜

HRTech SaaS Engineer MeetUp Vol.1

Bdc7289e63942cab976555025ce9fb3b?s=128

Shinichiro OGAWA

May 08, 2018
Tweet

Transcript

  1. talentio.comの裏側の改善と今後の展望 〜エンジニアリングとプロダクトと〜 HRTech SaaS Engineer MeetUp Vol.1 2018/05/08

  2. アジェンダ Copyright © Talentio 2 • 自己紹介 • talentio.comのこれまで •

    現状と未来 • プロダクト開発 • まとめ
  3. Copyright © Talentio 3 自己紹介 株式会社タレンティオ 取締役 CTO 小川 伸一郎

    • 理学(博士) • 理論物理専攻(超低温物理) • 2003年 Web制作会社 • 2008年 株式会社イオレ • 2013年 クックパッド株式会社 • 2016年 レジャリーワークス合同会社 起業 • 2017年 株式会社タレンティオ CTO GitHub: rust Twitter: conceal_rs
  4. Copyright © Talentio 4 自己紹介 • Perl/PHP歴8年ぐらい • jcode.plとかの時代 •

    PHP 3.x とかの時代から2007年ぐらいまで • Flash歴5年くらい • Macromediaの時代 • Ruby歴10年ぐらい • Ruby on Rails 1.2.3からの世代 • Emacs歴26年ぐらい • μEmacs(x68k)→xyzzy(Win)→Emacs(Linux/macOS)
  5. Copyright © Talentio 5 自己紹介 • jpmobile developer • Rails

    2.3.x 対応から開発を担当 • Tokyu.rb Co-Founder • 東急沿線(乗入含)に住まう Rubyist のためのコミュニティ • 日本全域をほぼ制覇 • 概要:懇親会しかしない勉強会 • TokyuRuby会議スタッフ(主に司会) • 飲み会+LT大会 • 次回 2018/07/29 に開催予定 • https://tokyurubykaigi.github.io/tokyu12/
  6. talentio.comのこれまで Copyright © Talentio 6 • タレンティオについて

  7. Copyright © Talentio 7 やりたいこと これまでの 人事の文化・慣習を変える 圧倒的なサービスを テクノロジーを駆使してつくりたい!

  8. どこでも人手不足 Copyright © Talentio 8 • 人手不足による倒産が増えている ◦ 働き方改革が求められている

  9. なぜ働き方改革が必要? Copyright © Talentio 9 • 労働人口の減少 ◦ 少子高齢化 ▪

    2040年には40%が高齢者 • 労働生産性の低さ ◦ 長時間労働 ▪ 先進国で最下位 • そこでHR Tech?
  10. HR Techの概況 Copyright © Talentio 10 https://hrtechnavi.jp/lab/hrtech-chaosmap/

  11. HR Techでなにが変わる? Copyright © Talentio 11 • テクノロジーの力で業務を改善・効率化できる ◦ 採用管理

    ▪ talentio.com ◦ 労務管理 ◦ 評価、勤怠、etc… • 効率化によって生まれた時間を戦略に活かせる ◦ 戦略と戦術 • 新しい手法、価値を試せる ◦ リファラル採用 ◦ SNS情報をもとにしたスカウト ◦ etc… • タレンティオでも新しいものを提供し続けていきたい
  12. 現状と未来 Copyright © Talentio 12 • talentio.comの現状とこれから ◦ これまでどうだったか ◦

    現状とこれから • 未来の展望 ◦ これから進むべき道
  13. talentio.comのこれまで Copyright © Talentio 13

  14. talentio.comのこれまで Copyright © Talentio 14 • インフラはAWS上に構築 ◦ オンプレからAWSへ移行 ◦

    Ansibleによるプロビジョニング ◦ CloudWatchによる監視 • アプリケーションはPHP/Laravel + React/Redux ◦ SPA(Single-Page-Application) • ソースコードは GitHub で管理 ◦ frontend / backend でリポジトリ分割 • JIRA/Confluenceによる情報共有 • チャットツールは Slack を採用
  15. talentio.comの現状とこれから Copyright © Talentio 15

  16. インフラの現状とこれから Copyright © Talentio 16 • AWSの構成管理に Terraform 導入 ◦

    一部 roadworker / miam など入っているが、 Terraform に吸収予定 • 全面的にitamaeに移行 ◦ 構造化YAMLがきつかった.... • Docker化を進行中 ◦ ECS + hako で構築 ◦ 将来的には Fargate か EKS にしたい ▪ k8sにしたいので EKS が有力? • ログの集約には fluentd を採用 ◦ Dockerでログ取得するにはほぼ必須
  17. アプリケーションの現状とこれから Copyright © Talentio 17 • backendとfrontendのリポジトリを統一 ◦ Docker buildするのに楽なように

    ◦ 結局両方変更するので... • 開発環境をDocker化 ◦ Vagrand+Ansible を docker-compose 化
  18. アプリケーションの現状 Copyright © Talentio 18 • Railsへの移行を決定 ◦ 生産性向上の為 ◦

    とは言えPHPでの開発は続ける ◦ まずは社内ツールから ▪ 一人で作ってます。仲魔が欲しい... ◦ 現在10%ぐらい、まだまだ • migrationを廃止 ◦ 差分が欲しい状況がほぼない ◦ ridgepoleを採用
  19. DevOpsの現状とこれから Copyright © Talentio 19 • Prometheus/Grafanaの導入 ◦ 監視がCloudWatchだったのでもうちょっとかっこいい やつが欲しかった

    ◦ Grafanaはこうイケてる監視感がある ◦ Prometheusと言う名前もいいよね! • Prometheusの監視目的でMackerelを導入
  20. DevOpsの現状とこれから Copyright © Talentio 20 • CircleCIの導入 ◦ Dockerのbuildから •

    バッチサーバの導入 ◦ kuroko2を導入 • ChatOpsを段階的に導入中 ◦ Slack → ruboty → kuroko2 → hako deploy ◦ いまはECSへのdeployぐらい ▪ もっと拡大したい
  21. 社内ツールの現状とこれから Copyright © Talentio 21 • ZendeskからIntercomへ移行 • JIRAを廃止してGitHub issuesへ移行

    ◦ 情報の集約化 • Confluenceからkibelaへ移行 ◦ ストック情報とフロー情報を扱いたかった ▪ 自己紹介はブログ ▪ 議事録はWiki
  22. 未来への展望 Copyright © Talentio 22 • どういう技術選択をしていくのか

  23. インフラでの未来 Copyright © Talentio 23 • インフラを隠蔽したい ◦ コマンド一発で再構築できる ◦

    全てコードで表現されている ◦ 知らなくてもなんとかなる • 効率よく監視したい ◦ mizzyさんにお手伝いいただいています! • Docker化を推し進める ◦ すべてコンテナで動くようにしたい ▪ そのうち k8s に移行
  24. アプリケーションの未来 Copyright © Talentio 24 • Rails化 ◦ 生産性の高さとレールの心地よさ ▪

    個人的嗜好もある ◦ Laravelは初期設計が重要 ▪ 自由度が高いので、初期設計に失敗し ているとかなりつらい ◦ 初期段階でコード書いていたエンジニアが 残っていない ◦ これから設計し直すのであれば、言語変え てもいいのでは感 ◦ オブジェクト指向ではないつらみ
  25. アプリケーションの未来 Copyright © Talentio 25 • SPAをやめたい ◦ 個人的にはあまり好きではない ▪

    フロントエンド側にロジックをもたせる必要がある • 二重管理のつらみ ▪ 特定部分の大きめの変更が難しい • 全体を見直す必要がある ◦ いろいろできなくはないが、あえて踏み込む重要性を 見いだせない ◦ サーバサイドエンジニアとフロントエンドエンジニアに 分かれてしまう ▪ 個人的には「サービス開発エンジニア」でありたい し、そうなって欲しい • 必要に応じてReactなりを使う方向に進みたい
  26. エンジニア組織の未来 Copyright © Talentio 26 • ◯◯エンジニアと言う分け方はあまりしたくない ◦ 必要なことはユーザさんにサービスを提供すること •

    全てサービス開発エンジニアになる ◦ != フルスタックエンジニア ▪ 必要があればインフラからフロントまでやる ◦ よくあるパターンに陥らないようにしたい ▪ C言語ぐらい→アセンブラぐらい→マシン語ぐらい →論理回路ぐらい→半導体ぐらい→量子力学ぐら い→ゲージ場ぐらい→標準模型ぐらい→??? • そのうえでどこをやるのかは人それぞれ ◦ 得意不得意というより好き嫌い
  27. プロダクト開発方針 Copyright © Talentio 27 • プロダクト開発方針

  28. プロダクト開発方針 Copyright © Talentio 28 • ひたすら考える ◦ 以上

  29. 何を考えるべきか Copyright © Talentio 29 • 例)機能追加 ◦ ユーザさんからの要望 ◦

    自分たちが必要と思う機能 • 「どのような機能を追加すべきか」ではなく ◦ →「なぜその機能が必要なのか」を考える • 例)運用の手間を削減するのが理由? ◦ その運用は必要なことなのか? ◦ 本質的な問題は他にはないのか? ◦ みんなそれを問題だと思っているのか?
  30. どうやるのか Copyright © Talentio 30 • どうやるのか ◦ 抽象度を極限まで上げる ▪

    概念化 ▪ 抽象クラスを考えることに近い ◦ 極端な取捨選択を迫る ▪ 例)Aを実装するとBを捨てることになるが、その場 合でも運用は本質的には破綻しないかどうか ◦ 「あったら便利な機能」だけでは危険 ▪ 誰にとって便利なのか ▪ どれぐらい便利になるのか • 逆にいまどれぐらい不便なのか
  31. 考えること Copyright © Talentio 31 • 考え続けると問題が洗練されていく ◦ 本質的に解決すべき問題にフォーカスできる •

    プロダクトについて考えることは詰将棋に似ている ◦ 全てのパターンを考える ▪ ユーザさんがどうしたいのか • いつ(When) • どこで(Where) • どのように(How) • なにを(What) • どのような状況で(Status) ◦ このStatusが最も重要 ◦ 多くのパターンを考えることは疲れる ▪ それでも考え続ける ◦ 安易に決めない
  32. どのようなチームでやるか Copyright © Talentio 32 • ディレクターとエンジニアのペア ◦ 職種ではなく、役割 ▪

    ディレクターの役割 • プロダクトのことを考える人 ▪ エンジニアの役割 • どのようにプロダクトに実装するかを 考える人 ◦ エンジニアがディレクターの役割でも良い ◦ 多様な価値観、考え方が重要
  33. どのようなチームでやっているか Copyright © Talentio 33 • プロダクトマネージャーがどうやるか考えて決めている ◦ CTOはそのサポート兼アドバイザー プロダクトマネージャー

    エンジニア エンジニア エンジニア CTO
  34. 将来的にどうしたいのか Copyright © Talentio 34 • プロジェクトによって様々なチームが編成され ている • プロダクトマネージャーは全体の指揮振り

    ◦ CTOはサポート兼アドバイザー プロダクトマネージャー エンジニア CTO ディレク ター ディレク ター エンジニア エンジニア ディレク ター ディレク ター エンジニア
  35. まとめ Copyright © Talentio 35 • 今日お話したこと ◦ これまでの talentio.com

    について ◦ 技術的な観点でこれまでとこれから、未来 像について ◦ プロダクト開発の方針について • 今日お話できなかったこと ◦ 具体的なこと、詳細について ◦ どんなプロダクトにしたいのか • 懇親会でぜひお話しましょう! ◦ 戦略と戦術についてとか ◦ 仲魔のなり方とか
  36. まとめ Copyright © Talentio 36 Ruby/Rails/PHP DevOps エンジニア絶賛募集中 です!!