Redmine on Docker

Ab55f7551d7e4e4b2ea07e60dec4279e?s=47 ohto
May 17, 2018

Redmine on Docker

Redmine service on Docker

Ab55f7551d7e4e4b2ea07e60dec4279e?s=128

ohto

May 17, 2018
Tweet

Transcript

  1. Docker 使ってみた 2018/5/18 おおとや

  2. おおとや 趣味 – 数学とか – アニメとか 2 / 15

  3. おことわり 前職でやったことです – 今の仕事とは関係ないです 3 / 15

  4. Docker 使おう! 4 / 15

  5. 背景 状況 – 社内向けにRedmine をサービスしてた 要求 – (カネをかけずに) 速度を上げたい –

    開発環境が欲しい – 参照用DBが欲しい – バージョンアップしたい 5 / 15
  6. 古き時代 構成 – Apache (+ passenger) – Redmine – PostgreSQL

    6 / 15
  7. スループットを上げる 構成 – Nginx – Puma – Redmine – Redis

    – PostgreSQL 7 / 15 スレッド化 キャッシュ
  8. Docker 化 目的 – 環境から引き剥がす – 構成を容易にする 方法 – as

    a code (+Git管理) – 設定ファイルは外出し – 永続ファイルは外出し 8 / 15 Docker Docker Docker Docker
  9. Docker 化 -課題 速度劣化 – コンテナ間ネットワーク – 静的コンテンツ 9 /

    15 ネットワーク 参照できない 静的コンテンツ
  10. Docker 化 -解決策 コンテナ間ネットワーク – Unix ソケット 静的コンテンツ – マウントによる外出し

    起動スクリプト – コンテナ内外で分離 10 / 15 ソケット結合 外出し 参照
  11. Docker 化 -横展開 -開発用 目的 – 開発用として用いる 方法 – Git

    clone & Build & run 11 / 15
  12. Docker 化 -横展開 -参照用DB 目的 – DB負荷を減らす 方法 – PostgreSQLイメージから派生

    – 起動スクリプトを作成 12 / 15 参照用DB
  13. Docker 化 -横展開 -Redmine ver. up 目的 – Redmine ver.

    up – 検証目的としてユーザに公開 方法 – Git clone – Redmine ver. up – 検証 – ユーザに公開 13 / 15
  14. まとめ • 構成の変更による速度改善 • Docker 化による構成のコード化 • 横展開によるサービスの拡充 14 /

    15
  15. Docker 使おう! 15 / 15