Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

DeNA品質管理部を支えるカルチャーと取り組み

 DeNA品質管理部を支えるカルチャーと取り組み

18f39af6d18ccf70c9290df14bbe4221?s=128

Kunio Okita

June 03, 2022
Tweet

More Decks by Kunio Okita

Other Decks in Technology

Transcript

  1. DeNA品質管理部を支える カルチャーと取り組み okitan - 沖田 邦夫
 品質本部品質管理部部長 兼 SWET 2G

    マネージャ
 株式会社ディー・エヌ・エー
 © DeNA Co.,Ltd.
  2. 2 自己紹介
 @okitan - 沖田 邦夫 2012年 DeNAに中途入社、Mobageオープン プラットフォームのSeleniumによる自動テ ストの開発運用からスタート

    Selenium実践入門執筆 2015年からSWETグループのマネージャ 2021年から品質管理部全体を見ることに セレッソ大阪と泡のある飲み物が大好き DeNA 品質本部品質管理部部長 兼 SWET 2G マネージャ
  3. 3 目次 DeNA品質管理部とは 大事にしていることとカルチャー DeNA品質管理部を支える制度 まとめ 1 2 3 4

  4. 4 1. DeNA品質管理部とは

  5. 5 DeNA品質管理部が目指している姿 • プロダクトの成功のため品質方面から主体的に関わり品質を作り込んでいく • プロダクト品質の担保だけでなく、プロダクトの成功に必要なあらゆる品質に関 わっていく • 品質のプロフェッショナルとして、常によいやり方や技術を探求し、自らのバ リューを高めていく

  6. 6 DeNA品質管理部の体制 • QCグループ ◦ ゲーム領域を担当するQC 1G ◦ 非ゲーム領域(ライブストリーミング・ヘルスケア・スポーツ等)を担当するQC 2G

    • リリースサポートグループ ◦ 安心・健全なプロダクトの品質を保証 • SWETグループ ◦ エンジニアリングでソフトウェアテストの課題を解決する • QMOグループ ◦ 品質のためのプロセスを上流工程から改善する
  7. 7 2. 大事にしていることとカルチャー

  8. 8 DeNAの品質管理部が大事にしていること(バリュー) • 品質のために手段を追求する ◦ 品質の高いプロダクトを素早く提供するために、あらゆる手段を追求する • 基礎を大事にする ◦ 基礎を大事にし、その上で組織にあった形にカスタマイズする

    • 学び、進化する ◦ 自らの学びと他者の事例(失敗も成功も)から、常に進化しつづける習慣をつける • 信頼を築く ◦ 組織の壁を越え積極的に巻き込み、品質を全員で実現するという理念をDeNA全体で実現 できるよう心がける • 最後の砦となる ◦ DeNAとして譲れない品質を守り抜く
  9. 9 大事にしていることが行動に現れるのは難しい • 組織のカルチャーは各人がバリューに則った行動により形作られる • 行動することは難しい • 理解→納得→共感→行動→習慣 ◦ 納得したとしても共感(自分ごととして捉える)にはならない

    ◦ 共感したとしてもやり方がわからず行動につながらない ◦ 行動したとしてもすぐにはうまくいかず単発で終わってしまう
  10. 10 行動につながるよう様々な施策を実施 • やり方がわからないならできるように最初の一歩を様々な方向から支援しよう • やってみて大変なことがあるならブロッカーを排除しよう • 実は共感(自分ごととして捉える)が一番難しく終わりがない

  11. 11 3. DeNA品質管理部を支える取り組み

  12. 12 DeNAの品質管理部を支える取り組み • 専門性を育てるための学習支援 • グループ横断輪読会 • 学びのアウトプットと他者の事例の共有会(DQM Kaigi) •

    品管マネハプ • 品管MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)サーベイ
  13. 13 専門性を育てるための学習支援 • キャリアパスからキャリアラダーを設定し、今後のキャリアアップに必要なスキル の獲得を支援 • 外部のスキル判定試験を活用し、普段の業務では伸ばしづらいスキルの学習を支援

  14. 14 グループ横断輪読会 • 品質管理部のグループをまたいだ輪読会 ◦ 書籍代は当然経費 • 現在行われている輪読会 ◦ SQuBOK

    v3 ◦ マンガでわかるプロジェクトマネジメント ◦ プロダクトマネジメント ―ビルドトラップを避け顧客に価値を届ける • 期待していること ◦ 専門性・知識の獲得 ◦ 様々な立場価値観からの視点の獲得 ◦ 自分ごとの確立
  15. 15 DQM Kaigi • 学びのアウトプットと事例の共有の場 • 毎月様々な事例の発表とその議論を行っている ◦ 今回の「シフトレフトからその先へ」もDQM Kaigiで発表したもの

    ◦ その他内輪でしか話せないような怖い話も • 期待していること ◦ 他者の成功や失敗の事例を知ることで、自分も最初の一歩を踏み出せるようになる ◦ 別の部署の取り組みを知ることで、協力し大きな取り組みができるようになる ◦ 別の視点でフィードバックを受けることで自分の取り組みを見直せるようになる
  16. 16 品管マネハプ • マネジメントハプニングスとは ◦ 自らの経験を振り返り、内省を促す取り組み ◦ DeNA内でも組織職向けに開催されている • テストマネージャは組織職ではないがマネージャ

    ◦ 品管内部で独自にマネジメントハプニングスを開催(2週間に一度45分) • 期待していること ◦ 言語化と内省を通じてより大きな視点を獲得してほしい ◦ 関係の質を高めてほしい
  17. 17 品管MVVサーベイ • 品管MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)サーベイとは ◦ 品質管理部が目指したい姿に近づけるよう部レベルやグループレベルでのボトルネック を特定し、それを解消するための匿名(仮名化)での定期的な調査 ◦ 特に、バリューが体現できているかの観点を重視 •

    これまでの取り組みはサーベイの振り返りから出てきた施策
  18. 18 4. まとめ と募集ポジション

  19. 19 まとめ • DeNA品質管理部とは • DeNA品質管理部が大事にしていることとカルチャー • DeNA品質管理部を支える取り組み ◦ 専門性を育てるための学習支援制度

    ◦ 学びのアウトプットと他者の事例の共有会(DQM Kaigi) ◦ 部署横断輪読会 ◦ 品管マネハプ ◦ 品管MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)サーベイ
  20. 20 We’re hiring!

  21. 21 現在募集中のポジション • 【事業横断】QAリーダー/非ゲーム領域 • 【事業横断】Quality Management office - 品質改善のPMO

    - • 【事業横断】SWET (Software Engineer in Test)
  22. 22 もっとDeNA品質管理部を知りたい方は • https://engineering.dena.com/team/quality/quality-control/

  23. © DeNA Co.,Ltd.