Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

大企業でもできる!短期間でプロダクトローンチするための勘所

Kutsuzawa Ryo
February 18, 2021

 大企業でもできる!短期間でプロダクトローンチするための勘所

Developer Summit 2021 での発表スライド

Kutsuzawa Ryo

February 18, 2021
Tweet

More Decks by Kutsuzawa Ryo

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    ⼤企業でもできる!
    短期間でプロダクトリリースするための勘所
    NTTコミュニケーションズ株式会社
    ソフトウェアエンジニア
    沓澤 遼
    2021年2⽉

    View Slide

  2. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    ⼤企業ってどんなイメージですか︖
    2
    ⼩さい裁量権 遅い意思決定
    超重厚なプロセス
    外部委託頼みの開発

    View Slide

  3. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    本発表について
    3
    概要
    ⼤企業の中で、⼿の届く範囲で⼯夫して、NeWorkというプロダクトを
    3ヶ⽉でローンチした話
    ターゲット
    § 組織⽂化に阻まれて開発がし⾟いと感じている⽅
    § 堅めな組織でアジャイル開発をやってみたいと考えている⽅
    ゴール
    § ターゲットがチームメンバーにこのスライドを共有して⼀⾔
    「NTT Comでもアジャイル開発やってるらしいぞ(⾃分達もできるじゃん)」

    View Slide

  4. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    ⾃⼰紹介
    4
    沓澤 遼・KUTSUZAWA Ryo
    NTT Communications
    n NeWork
    n SkyWay
    Interests
    n WebRTC (2020/4 – 現在)
    n 育児 (2020/6 – 現在)
    @mr___oliva
    @mr-oliva

    View Slide

  5. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    5

    View Slide

  6. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    ニューノーマル時代の働き⽅
    6
    COVID-19

    View Slide

  7. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    気軽に話しかけられる仕組み
    7
    JUMP IN機能
    URL不要︕
    1秒でミーティング開始
    ブラウザを⽴ち上げ、ミーティングルームを
    クリックするだけでジャンプ・イン︕
    ⼤切な会議も、ちょっとした相談も、楽しい雑談
    も、すぐに始められます
    MY MODE機能
    ⽴ち話感覚で
    すぐ話しかけられる
    「オープン(いつでもOK)」「ワーク(話しかけ
    るのは可)」「ゾーン(集中時間)」の3つの
    モードによって、アイコンの⾊が変化。
    メンバーの状態を把握できるから、気軽に声を書
    けられます。
    LOOK IN機能
    「部屋」の様⼦が
    ⼀⽬でわかる
    誰がミーティングに参加し、どんな話をしている
    か、リアルの会議室を覗くように、中の様⼦を知
    ることができます。
    ※近⽇追加予定の機能です

    View Slide

  8. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    NeWorkプロジェクト発⾜の経緯
    8
    新型コロナの影響でリモートワーク急増
    弊社内で新コミュニケーションサービス⽴ち上げ準備を進める
    NTT社⻑
    「Zoom対抗サービスを
    2ヶ⽉で出せないだろうか」
    プロジェクト⽴ち上げ判断
    説明 n 回
    体制の確保
    ローンチ時期の⽬安決定
    プロジェクトの”体制” と “期間”が決定
    最強のトップダウンにより、迅速にプロジェクト体制が組まれた

    View Slide

  9. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    NeWorkプロジェクト発⾜の経緯
    9
    新型コロナの影響でリモートワーク急増
    弊社内で新コミュニケーションサービス⽴ち上げ準備を進める
    NTT社⻑
    「Zoom対抗サービスを
    2ヶ⽉で出せないだろうか」
    プロジェクト⽴ち上げ判断
    説明 n 回
    体制の確保
    ローンチ時期の⽬安決定
    プロジェクトの”体制” と “期間”が決定
    最強のトップダウンにより、迅速にプロジェクト体制が組まれた

    View Slide

  10. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    10

    View Slide

  11. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    ⽴ちはだかる組織⽂化
    11
    ⼩さい裁量権 遅い意思決定
    超重厚なプロセス
    外部委託頼みの開発
    短期で組織が⼤きく変わることは難しい
    この環境の中で上⼿くやる必要有

    View Slide

  12. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    12
    やってやろうぜ︕
    内製開発︕︕
    アジャイルで︕︕︕

    View Slide

  13. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    内製開発 x アジャイル開発に挑戦できた理由
    14
    会社に良い波がきていた
    ⽴ち⽌まってしまいそうなときに助けを請える環境
    n 豪華な技術顧問陣
    • 及川さん
    • 和⽥さん
    • 吉⽻さん
    n 技術顧問が幹部向けの
    プロダクト開発の
    勉強会を実施

    View Slide

  14. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    15
    ⼤企業で働くとあるチームが
    ⼤企業ならではの組織⽂化 の中で
    トップダウンの短期間のプロジェクトに
    不慣れなアジャイル開発で挑む
    この経験をもとに、
    ⼤企業で短期間でプロダクトローンチするための勘所を紹介
    あらすじ

    View Slide

  15. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    コンセプト策定

    View Slide

  16. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    新規事業の失敗理由
    17
    新規事業の失敗率は90%以上
    失敗の理由は作ったプロダクトにニーズが無いこと
    https://www.cbinsights.com/research/startup-failure-reasons-top/

    View Slide

  17. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    コンセプト策定の進め⽅
    18
    インハウスデザイン組織 社外クリエイティブファーム
    2つの組織を先頭にユーザのニーズを深堀り
    マネージャーから開発者まで全員参加した

    View Slide

  18. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    19
    KESIKI⽯川代表、UXデザイナー、PMの対談がNoteで掲載されているので、
    本発表ではコンセプト策定についてはサクッと⾏きます

    View Slide

  19. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    4つのPHASE
    20

    View Slide

  20. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    PHASE1: 発⾒
    21
    新聞記者 ITコンサルタント
    イベント
    オーガナイザー
    50代経営者
    E-sports
    マネージャー
    官僚 雑誌編集者
    塾講師 大学生
    エンジニア / 聴覚障碍者 大企業中間管理職
    プロダクト
    デザイナー
    アート
    ディレクター
    ノマドワーカー グラフィック
    デザイナー
    デスクリサーチ
    800件超
    テレビ局
    エンジニア

    View Slide

  21. Copyright © NTT Communications Corporation. All Rights Reserved.
    PHASE2: 結晶化
    22

    View Slide

  22. Copyright © NTT Communications Corporation. All Rights Reserved.
    23
    NTTコミュニケーションズは、
    リモートワークにおける未来の
    スマートなコミュニケーションを
    どう再定義していくのか︖

    View Slide

  23. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    PHASE3: アイディア・コンセプト
    24

    View Slide

  24. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    ユーザのペイン 我々は何をする会社︖ チームで⽣まれたアイデア
    PHASE4: 作る・伝える
    25
    PHASE1 – 3をストーリーに乗せてステークホルダーの理解を得た

    View Slide

  25. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    ここまでで1ヶ⽉
    実装が重い案であること、セキュリティ関連の対策に時間をかけたいことを
    説明し、期限を1ヶ⽉延⻑してもらった
    プロトタイプ
    6/2 6/23 7/31
    Kick
    Off
    コンセプト 期限
    6/2 6/23 7/31
    Kick
    Off
    コンセプト 期限
    8/31
    コンセプト策定フェーズの成果物
    26

    View Slide

  26. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    現状整理
    27
    開発期間が1ヶ⽉から2ヶ⽉に︕…
    § 設計
    § システム
    § ソフトウェア
    § アプリケーション開発
    § UI
    § Frontend
    § Backend
    § インフラ
    § 脆弱性監査
    § 機能試験
    § ⾮機能試験
    ……
    依然として終わる気はまったくしない

    View Slide

  27. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    スクラムを利⽤したアジャイル開発

    View Slide

  28. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    スクラムイベント
    29
    基本的にスクラムのフレームワークに沿ってイベントを実施

    View Slide

  29. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    スクラムで進める上で気をつけなければいけないこと
    30
    「アジャイルが、現代の組織が抱える問題に対し
    てどんなときでも使える⾰命的な解決⽅法だとし
    たら、それはすごく魅⼒的だ。だが、アジャイル
    の⽤語を使い、表⾯的にプラクティスを適⽤する
    だけでは、フレームワークの罠にはまることが保
    証されたようなものだ。「なぜ」と問わなければ
    いけない。」
    Excerpt From: Matt LeMay. “みんなでアジャイル.”
    スクラムなどの⼿法はただの「型」
    ⼿法をただこなすだけではアジャイルな状態にはならない
    アジャイルを「する」とアジャイルで「いる」は明確に異なる
    アジャイルのプラクティスをアジャイルの価値観に結びつける意識が重要

    View Slide

  30. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    スクラムチームが抱える問題とアプローチ
    問題
    期間に対してスコープが⼤きい
    ⽬標
    スコープの最⼩化
    アプローチ
    MVPを作成し、それをローンチする
    31

    View Slide

  31. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    MVPのスコープ設定の課題
    32
    スコープを⼩さくするのが難しい
    チャット 鍵付ルーム
    ブレイクアウト
    ルーム
    ユーザステータス
    (モード)
    ワンクリック
    コール
    機能を削る判断をするのは難しい(ステークホルダーへの説明もあるし)
    PO

    View Slide

  32. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    MVPのスコープ
    33
    Minimum Viable Product 、、
    チャット
    鍵付ルーム
    ブレイクアウト
    ルーム
    モード
    ワンクリック
    コール
    UI
    Frontend
    Backend
    Infra
    プロダクト全体
    チャット
    鍵付ルーム
    ブレイクアウト
    ルーム
    モード
    ワンクリック
    コール
    UI
    Frontend
    Backend
    Infra
    プロダクト全体
    MVPスコープ
    これはMVPとは⾔わないのはわかる
    初期のスコープ設定にありがちな失敗

    View Slide

  33. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    MVPのスコープ
    34
    Minimum Viable Product 、、
    ⽤語の意味がわかっていてもMVPを⼩さくすることは難しい
    全部欲しかったのに
    頑張って削ったぞ︕
    ...(スコープでけー)
    チャット
    鍵付ルーム
    ブレイクアウト
    ルーム
    モード
    ワンクリック
    コール
    UI
    Frontend
    Backend
    Infra
    プロダクト全体
    MVPスコープ
    初期のスコープ設定にありがちな失敗
    PO
    Dev

    View Slide

  34. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    スクラムイベントを利⽤したスコープ点検
    35
    チーム全員がMVPのスコープを修正する必要性を認識する
    ベロシティ的に
    どう考えても無理
    開発スコープの最⼩化
    問題: スコープを⼩さくする作業は難しい
    解決策: ベロシティを基準に、スプリント毎にスコープ点検
    UI
    Frontend
    Backend
    Infra
    プロダクト全体
    MVPスコープ
    実装済み

    View Slide

  35. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    スクラムイベントを利⽤したスコープ点検
    36
    提供したい価値に直結しない機能はMVPのスコープ外とした

    開発スコープの最⼩化
    問題: スコープを⼩さくする作業は難しい
    解決策: ベロシティを基準に、スプリント毎にスコープ⾒直し
    UI
    Frontend
    Backend
    Infra
    プロダクト全体
    MVPスコープ
    実装済み
    UI
    Frontend
    Backend
    Infra
    UI
    Frontend
    Backend
    Infra
    Sprint 3 Sprint 5 Sprint 8

    View Slide

  36. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    提供したい価値
    37

    View Slide

  37. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    MVPのスコープの縮⼩
    38
    チャット 鍵付ルーム
    ブレイクアウト
    ルーム
    ユーザステータス
    (モード)
    ワンクリック
    コール

    View Slide

  38. Copyright © NTT Communications Corporation. All Rights Reserved.
    サービスコンセプトに
    直結する機能 = 筋⾁
    直結しない機能= 贅⾁
    スクラムイベントを通して体脂肪率⼀桁のプロダクトに︕

    View Slide

  39. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    スクラムで進める上での懸念
    40
    スクラムチームは、
    主要なステークホルダーに
    作業の結果を提⽰し、
    プロダクトゴールに対する進捗に
    ついて話し合う。
    2020スクラムガイド

    View Slide

  40. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    スクラムで進める上での懸念
    41
    主要なステークホルダーは参加可能だが強い意思決定者が不在
    ・・・
    MG
    PR 企画部⾨⻑ 事業部⻑
    Design
    スプリントレビュー参加者
    POWER
    COMMITMENT
    時間確保不可

    View Slide

  41. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    スクラムで進める上での懸念
    42
    夜も眠れないこと
    最後にちゃぶ台返しが起きてプロダクトの⽅針が変わること
    TEAM
    PRODUCT
    Report
    企画部⾨⻑
    事業部⻑

    View Slide

  42. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    スクラムで進める上での懸念
    43
    夜も眠れないこと
    最後にちゃぶ台返しが起きてプロダクトの⽅針が変わること
    TEAM
    PRODUCT
    Report
    こまめに認識合わせと期待値調整をしておきたい
    企画部⾨⻑
    事業部⻑
    プロダクトはボツに
    チームは疲弊

    View Slide

  43. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    ステークホルダーの巻き込み
    44
    スプリント毎のインクリメントを既存会議体に持ち込み
    毎週プロダクトの⼩さな成⻑を⾒てもらった
    Report 既存会議体
    企画部⾨⻑ 事業部⻑
    MG

    View Slide

  44. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    ステークホルダーの巻き込み
    45
    スプリント毎のインクリメントを既存会議体に持ち込み
    毎週プロダクトの⼩さな成⻑を⾒てもらった
    Report
    &
    DEMO
    既存会議体 Increment
    企画部⾨⻑ 事業部⻑
    MG

    View Slide

  45. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    ステークホルダーの巻き込み
    46
    TEAM
    デモを通して頻繁に
    コミュニケーション
    期待値調整
    承認ルートのラスボスではなく開発の仲間に!!
    今回のスプリントは
    すごい進んだね︕
    任せる
    乱したくない
    Increment
    Increment

    View Slide

  46. Copyright © NTT Communications Corporation. All Rights Reserved.
    基本的にはスクラムガイドに従うべき
    ただしリアルワールドはガイド通りに進めないことばかり
    ガイドを投げ捨てるのではなく、適応していく

    View Slide

  47. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    コラボレーション
    48
    開発と並⾏して複数の専⾨チームとコラボレーション
    意思決定に時間がかかる不利を⼈材の豊富さの有利で上回る
    APP
    WebRTC
    セキュリティ
    知財
    どの分野も専⾨知識を要する
    専⾨チームがあり⼼強い
    NeWork
    セキュリティ
    知財
    チェックリスト
    チェックリストを埋めきる必要
    最後に必死で埋める

    View Slide

  48. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    コラボレーション
    49
    開発と並⾏して複数の専⾨チームとコラボレーション
    意思決定に時間がかかる不利を⼈材の豊富さの有利で上回る
    APP
    WebRTC
    セキュリティ
    知財
    どの分野も専⾨知識を要する
    専⾨チームがあり⼼強い
    セキュリティ
    知財
    チェックリスト
    チェックリストを埋めきる必要
    最後に必死で埋める
    もったいない︕︕
    NeWork

    View Slide

  49. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    コラボレーション
    50
    開発と並⾏して複数の専⾨チームとコラボレーション
    意思決定に時間がかかる不利を⼈材の豊富さの有利で上回る
    早期からスペシャリストを頼る
    NeWorkチームのエンジニアはアプリケーション開発に集中
    アプリケーション開発
    WebRTC相談
    知財
    セキュリティ
    時間
    早期からコラボレーション
    q検証環境共有
    q既存会議ツールの脆弱性共有
    qソースコード共有
    qペネトレーションテスト

    View Slide

  50. Copyright © NTT Communications Corporation. All Rights Reserved.
    ⼤企業の武器は⼈材の豊富さ
    早期からのコラボレーションで開発スピードと品質を向上

    View Slide

  51. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    ローンチ

    View Slide

  52. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    スケジュールとユーザ数の推移
    56
    ①ドッグフーディングとして社員に使ってもらう
    ②プロモーションサイト公開時に事前受付を実施
    ③ローンチ直後は少数のエンドユーザのみインバイト
    時間
    ユーザ数



    社内ユーザ
    事前受付ユーザ
    インバイト済みユーザ
    7⽉末 8⽉11⽇ 8⽉31⽇
    ローンチ
    9⽉末

    View Slide

  53. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    ドッグフーディング
    57
    顧客体験全体を深く理解するために、
    社員が⾃社プロダクトやサービスを積極的に使⽤するプラクティスのこと
    時間
    ユーザ数



    社内ユーザ
    事前受付ユーザ
    インバイト済みユーザ
    7⽉末 8⽉11⽇ 8⽉31⽇
    ローンチ
    9⽉末

    View Slide

  54. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    ドッグフーディング
    58
    チーム内のエンジニアから始めた
    Disordでリモートワークから開発中NeWorkを使ってリモートワークへ
    我々がNeWorkで業務できることを⽬標にした
    § エラー処理
    Ø とにかく再読み込みすれば状態が復帰
    § 仕事のしやすさ
    Ø 画⾯共有してモブプロすることが多いから画⾯共有の解像度を向上

    View Slide

  55. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    ドッグフーディング
    59
    次にチームメンバ、ステークホルダーにもNeWorkで業務してもらった
    その後、弊社社員も使えるようにした
    社員からの予想以上の数のフィードバックがモチベーションに。
    ローンチ前に多くのバグを潰すことができた

    View Slide

  56. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    ドッグフーディングの学び
    60
    n 詳細なフィードバックをくれる可能性が⾼い
    n チームで想定していなかったユースケースで検証してくれる
    n 開発チームの顔がわかるからか、市場より若⼲⽢い
    n ユーザFBが内製チームのモチベーションに
    n 内製チームの⾼速なFB反映がユーザFBのモチベーションに
    FB
    Feat
    Bug Fix
    使ってもらって嬉しい
    応援が嬉しい
    もっと開発しよ︕
    意⾒が反映される
    FBする価値を感じる
    もっとFBしよ︕

    View Slide

  57. Copyright © NTT Communications Corporation. All Rights Reserved.
    ⾝内からも愛されないプロダクトが市場に受け⼊れられるのか︖
    ドッグフーディングで社内ユーザの声を存分にプロダクトに反映

    View Slide

  58. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    プロモーションサイト公開
    62
    時間
    ユーザ数



    社内ユーザ
    事前受付ユーザ
    インバイト済みユーザ
    7⽉末 8⽉11⽇ 8⽉31⽇
    ローンチ
    9⽉末

    View Slide

  59. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    プロモーションサイト公開
    63
    公開した理由

    View Slide

  60. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    64
    プロダクト公開できるレベルに達していなかったためプロモーションサイトでしのいだ
    プロモーションサイト公開
    公開した理由
    決算発表で話題に上げたいというビジネス的都合

    View Slide

  61. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    プロモーションサイト公開時に事前受付フォームを⽤意
    65
    理由
    クローズドβのような形で少⼈数と細々と品質向上していく予定だった
    市場の反応
    弊社内で歴代最⾼の事前登録者数

    View Slide

  62. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    当時のチームの会話(原⽂ママ)
    66
    !?!?
    コンセプトはあたってそう︕︕
    チーム
    市場

    View Slide

  63. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    品質の不安が解消せずローンチ後は超少数ユーザのみ招待することに決定
    ⼼境
    67
    まともに動いていないのに、市場から期待されローンチ⽇も確定している状態

    View Slide

  64. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    悩み
    68
    n 市場の期待通りじゃなくてSNSで叩かれるんじゃないか︖
    n ほんとにセキュリティ⼤丈夫だよな︖
    n スコープがミニマムだから不安
    • 「なんでチャットないの︖」
    • 「後発でコレ︖︖」
    努⼒してスコープを⼩さくしたのにも関わらず不安に。
    “超”少⼈数の社外ユーザに使ってもらって⼀旦反応を確認したい
    ・・・・・

    View Slide

  65. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    ローンチ直後のユーザ招待
    69
    8/31にローンチ
    この時点で事前受付ユーザの合計は10,000⼈超
    時間
    ユーザ数



    社内ユーザ
    事前受付ユーザ
    インバイト済みユーザ
    7⽉末 8⽉11⽇ 8⽉31⽇
    ローンチ
    9⽉末

    View Slide

  66. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    ローンチ直後のユーザ招待
    70
    最初の1週間は20⼈ずつのみ招待
    詳細なフィードバックをくれるのがわかっているユーザを選んだ
    FB FB
    超少数のユーザ 社員ユーザ
    (ドッグフーディング)
    内製チーム
    ローンチ後に内製チームで⾼速にプロダクト改善

    View Slide

  67. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    ローンチ後の市場の反応
    71
    品質の指摘も頂いたが、それ以上に意図した価値を感じてくれたユーザが多かった

    View Slide

  68. Copyright © NTT Communications Corporation. All Rights Reserved.
    MVPでローンチしても価値を感じてくれるユーザが
    たくさんいる
    安⼼してとことんMVPのスコープ⼩さくするべき

    View Slide

  69. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    まとめ
    73

    View Slide

  70. Ⓒ NTT Communications Corporation All Rights Reserved.
    ⼤企業で3ヶ⽉でプロダクトローンチするための勘所
    74
    n スクラムイベントを通して体脂肪率⼀桁のプロダクトを⽬指す
    n スクラムガイドに従いつつ、⾃組織に適応させる⽅法を確⽴する
    n 早期からのコラボレーションで豊富な⼈材を最⼤限活かす
    n ドッグフーディングで社内ユーザの声を存分に反映する
    n 市場のユーザを信じ、とことんMVPのスコープを⼩さくする

    View Slide