Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Recap: `How Uber "Go"es` in Japanese

Recap: `How Uber "Go"es` in Japanese

3a95702770e66754d87b824c1400054f?s=128

Kutsuzawa Ryo

August 26, 2019
Tweet

Transcript

  1. gopherCon 2019 報告会 How Uber “Go”es gopherCon 2019 Report, AUG

    26 2019 沓澤 遼 NTT レゾナント 1
  2. Today’s (glorious) blather. 自己紹介 01 How Uber “Go”es by Elena

    Morozova 費用の話 gopherCon に参加してみて 02 03 04 2
  3. 自己紹介 SECTION ONE 3

  4. 自己紹介 gopherCon 2019 報告会 type Person struct { Name string

    Company string Title string Skills []string }{ Name: 沓澤 遼, Company: NTTレゾナント Title: Service Engineer Skills: []string{Go, Cloud Foundry, PHP(Laravel)} } 4
  5. How Uber “Go”es By Elena Morozova SECTION TWO 5

  6. Uber社の発表を参考にサンプル書いてみた gopherCon 2019 報告会 6 既に内容把握してる方はこちらを御覧ください

  7. 背景 gopherCon 2019 報告会 • Uber社では 2014年から Goを採用 • 以後指数関数的に

    Goコード量が増加 Inconsistency が発生 [1] How Uber "Go"es 7 主な意味:不一致、矛盾、無定見
  8. 問題点 gopherCon 2019 報告会 1) サービスの新規作成が大変 Loggerの初期化等を全サービスが 各々で記述 2) コンテキストスイッチ

    ディレクトリ構成の不一致 3) 社内で共通して利用する機能の提供が困難 アップデートした際に全サービスに対応を依頼 する必要有 8
  9. 解決策 gopherCon 2019 報告会 1) サービスの新規作成が大変 DIを利用 2) コンテキストスイッチ Glueアーキテクチャ

    3) 社内で共通して利用する機能の提供が困難 Monorepo 9
  10. 1. DI gopherCon 2019 報告会 uber-go/fx A dependency injection based

    application framework for Go 10 • 依存の解決をよしなに行う(uber-go/dig) • ライフサイクルを定義可能 ◦ 開始時と終了時の振る舞いを記述できる
  11. よしなに依存性の注入を行うサンプル gopherCon 2019 報告会 11 ”taro" と 26 が, NewPersonの引数として

    処理される Invokeで指定したメソッドが実行され る. Showの引数には NewPersonの 返り値の *Person が入る Output) Name: taro, age 26 github.com/bookun/glue-sample/example/ yoshina/main.go
  12. ライフサイクルを定義したサンプル gopherCon 2019 報告会 12 起動した際の振る舞いと 終了された際の振る舞いを 定義することができる github.com/bookun/glue-sample/example/ lifecycle/main.go

  13. 1. DI gopherCon 2019 報告会 [1] How Uber "Go"es 13

  14. 1. DI gopherCon 2019 報告会 14 社内で共通で利用する Config, Logger等を DIパッケージ内で初期化

    github.com/bookun/glue-sample/di/fx.go github.com/bookun/glue-sample/di/config.go
  15. 1. DI gopherCon 2019 報告会 15

  16. 2. Glue -Clean Archtecture を基にしたアーキテクチャ gopherCon 2019 報告会 • Handler •

    Controller • Repository • Gateway からなる アーキテクチャ [1] How Uber "Go"es 16
  17. 17 2. Glue gopherCon 2019 報告会 17 web(handler)、DB(repo) controller, gateway

    use cases entity Clean Architecture とのマッピングとかが よくわからなかった 発表の図からは Handler, Repository, Gateway が外側で Controllerが内側のように見えたが。。。。。
  18. 3. Monorepo gopherCon 2019 報告会 Uber社が持つmicro serviceは1500 Repositoryを分散すると共通機能のUpdate で1500Commits発生することに 共通機能のUpdateを各担当者に行って

    もらうのは困難 Monorepoで運用 18
  19. Uber社の発表を参考にサンプル書いてみた gopherCon 2019 報告会 19

  20. glue-sample gopherCon 2019 報告会 • DIパッケージ内にservice 内で共通的に利用できる loggerやconfigの初期化 について書いてある •

    各サービスはglueに従った ディレクトリ構成 20
  21. 費用の話 SECTION THREE 21

  22. 会社の施策:海外カンファレンス派遣プログラム gopherCon 2019 報告会 ❏ 最新の技術やサービスの動向を把握し事業推進に活用 ❏ 専門領域におけるスキル向上 ❏ グローバル人材の育成

    目的 費用(交通費、宿泊費、カンファレンス参加料等)は 全て会社負担!! 選択型: Tech Crunch, South by Southwest 等 自由型: 自身で業務に役立ちそうなものを選択 gopherCon 行かせてください! 22
  23. gopherConに参加してみて SECTION FOUR 23

  24. gopherCon 2019 に参加してみて gopherCon 2019 報告会 • 新鮮なGo情報に触れられて楽しい • Gopherの多さにモチベが上がった

    • 英語力不足を痛感 セッションはリアルタイム字幕とスライドがあるためなんと かなる ランチタイムに他のgopherともっとおしゃべり したかった 24
  25. 参考資料 gopherCon 2019 報告会 [1] How Uber "Go"es 25