Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Autonomous Database サービス・アップデート / adb_service_update_jp

Autonomous Database サービス・アップデート / adb_service_update_jp

Oracle CloudのAutonomous Databaseのサービス・アップデート(新機能)についてまとめた日本語資料です。
Autonomous Database / Autonomous Data Warehouse / Autonomous Transaction Processing / ATP / ADB / ADW / Oracle Cloud Infrastructure / OCI

3115a782126be714b5f94d24073c957d?s=128

oracle4engineer
PRO

June 09, 2022
Tweet

More Decks by oracle4engineer

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 日本オラクル株式会社 クラウド・エンジニアリング統括COE本部 Autonomous&Analyticsソリューション部 2022/6/9 サービス・アップデート Oracle Autonomous Database Cloud

  2. Safe harbor statement 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、 情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以 下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することを確約するものではないため、購買 決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。 オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリース、時期及び価格については、弊 社の裁量により決定され、変更される可能性があります。 Copyright

    © 2022, Oracle and/or its affiliates | 2
  3. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | はじめに 本資料は、表紙に記載の日付時点における、

    Oracle Autonomous Database Cloud の技術情報です。 Autonomous Databaseはデプロイモデルとして Shared Exadata Infrastructure * とDedicated Exadata Infrastructure がありますが、本資料では Shared を対象に記載しています。 Dedicatedについて記載する際はその旨を明記します。 * 旧 Serverless 3
  4. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | はじめに 最新情報や詳細情報は以下もご参照ください

    本資料は、表紙に記載の日付時点における、サービスアップデートを記載します。 詳細情報は以下もご参照ください マニュアル(What’s New) • What's New for Oracle Autonomous Database on Shared Exadata Infrastructure • What's New for Oracle Autonomous Database on Dedicated Exadata Infrastructure • Release Notes for Oracle Cloud Infrastructure 4
  5. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | FY22 Q4

    Autonomous Database 主なアップデート • Database Links with Oracle-Managed Heterogeneous Connectivity • 非Oracleデータベースへのデータベースリンクを簡単に作成できるようになりました • Storage Auto Scaling • ストレージの自動スケーリングがサポートされました • Create Database Links from Autonomous Database to Oracle Databases on a Private Endpoint without a Wallet • ウォレットなしでプライベートエンドポイントのデータベースへのデータベースリンクを作成可 能になりました • Availability Service Level Objectives (SLOs) • Monitor Autonomous Database Availability • SLOがドキュメントに記載され、また可用性(最近3カ月)を確認できるようになりまし た 5
  6. 2022/3 • Oracle APEX 21.2 • Oracle APEX Upgrade Available

    Event • Database Links with Oracle-Managed Heterogeneous Connectivity • Metadata Columns in External Tables • External Tables with Partitioning Specified in Source Files • Identity and Access Management (IAM) Authentication Additional Features • Storage Auto Scaling • Documentation Addition: Get Help, Search Forums, and Contact Support 2022/4 • Data Catalog Views/Synchronization with Data Catalog Enhancement • Display Autonomous Database Availability • Create Database Links from Autonomous Database to Oracle Databases on a Private Endpoint without a Wallet • Availability Service Level Objectives (SLOs) ADB-S サービスアップデート(FY22Q4) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 6
  7. 2022/5 • Azure Active Directory (Azure AD ) Integration •

    OCPU Limit for License Type Bring Your Own License (BYOL) • Kerberos Authentication Support • Autonomous Data Guard Standby State • Database Actions Additions • Autonomous Data Guard Support for Terraform • Use Azure Service Principal • Monitor Autonomous Database Availability • Database Names Length Limit • Egress Rules for all Outbound Connections with Private Endpoints ADB-S サービスアップデート(FY22Q4) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 7
  8. 2022/3 • Identity and Access Management (IAM) Integration with Dedicated

    Autonomous Database • Direct Data Pump Export to Cloud Object Store • Multiple VM Autonomous Database ★ 2022/4 • Oracle standard tagging for Dedicated Autonomous Database cloud resources • Documentation addition listing API to manage the Autonomous Data Guard configuration • ADB-D on Exadata Cloud@Customer: Create a new ADB instance from Backup 2022/4続き • Documentation update consolidating the service maintenance concepts and related how-to guides • Documentation addition listing the IP requirements to create an Autonomous Exadata VM Cluster on Oracle Cloud • X9M-2 systems available for dedicated Autonomous Database deployments on Public Cloud • Create a new Autonomous Database instance from backup • New event for Cloud Autonomous Exadata VM Cluster resources ADB-D サービスアップデート(FY22Q4) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 8 ★を記載
  9. 2022/5 • Elastic provisioning for X8M-2 and X9M-2 systems on

    Oracle Cloud • Documentation addition about monitoring databases with Autonomous Database metrics • Character set selection ★ • Oracle standard tagging for Dedicated Autonomous Database cloud resources on Exadata Cloud@Customer • Support for resource usage tracking. • Increase in Database Name length from 14 characters to 30 characters ADB-D サービスアップデート(FY22Q4) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 9 ★を記載
  10. 10 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Azure

    Active Directory (Azure AD) Integration Azure Active Directoryとの統合 AzureAD認証を外部認証方法として利用できるようになりました。Azure ADのOAuth2アクセストークンを利用した接続 となり、Azure ADユーザ、グループとグローバルユーザー、グローバルロールとのマッピングでロールを制御します。 なお、Oracle APEX,Database AcionsなどのツールではAzure AD認証は利用できません。 2022/5 アーキテクチャ データベースへのAzureADユーザ―とのマッピング
  11. 11 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | OCPU

    Limit for License Type Bring Your Own License (BYOL) BYOLライセンスタイプでのOCPU制限 ライセンスタイプにBYOLを指定した場合にデータベースのエディションの選択が追加されました。Standard Editionを選択 した場合、自動スケーリングを含め使用できるOCPUの最大数は8までとなります(8以上指定した場合も内部的に制限 されます)。 既存のBYOLを指定したADBインスタンスでもエディションを選択していない場合は、選択するようバナー表示されます。 2022/5
  12. 12 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Kerberos

    Authentication Support Kerberos認証のサポート Kerberos認証を外部認証方法に利用できるようになりました。 注意事項 • Kerberos構成ファイル(krb.conf)とサービスキーテーブルファイル(v5srvtab)が必要です • Kerberos認証を有効にした場合でもパスワードベースのデータベース認証は有効です • Oracle APEX、Database AcionsなどのツールでKerberos認証は利用できません。 • ADMINユーザーの認証をKerberos認証にすることは可能です • デフォルトの最大クロックスキューのデフォルト値は300秒(5分)で変更不可です 2022/5 BEGIN DBMS_CLOUD_ADMIN.ENABLE_EXTERNAL_AUTHENTICATION( type => 'KERBEROS', params => JSON_OBJECT('location_uri' value 'https://objectstorage.us-phoenix- 1.oraclecloud.com/n/namespace-string/b/bucketname/o', 'credential_name' value 'my_credential_name' ) ); END; /
  13. 13 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Autonomous

    Data Guard Standby State Autonommous Data Guardスタンバイ・データベースの状態表示 プライマリ・データベースの詳細にあるリソースのAutonomous Data Guardで確認できるスタンバイ・データベースの状態が 「スタンバイ」として表示されるようになり、わかりやすくなりました。(これまでは「使用可能」の表示でした) 「スタンバイ」はスタンバイ・データベースが使用可能であり、スイッチオーバーまたはフェイルオーバー操作の準備ができている ことを示します。 2022/5
  14. 14 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Database

    Actions Additions サービスコンソールの機能をDatabase Actionsに統合 Database Actionsにサービスコンソールのすべての機能が含まれました。Autonomous Databaseの主な管理を Database Actionsのみで行うことができます。なお、サービスコンソールは廃止予定です。 2022/5 赤枠がサービスコンソールで 提供していた機能
  15. 15 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Autonomous

    Data Guard Support for Terraform TerraformのAutonomous Data Guardサポート Terraformスクリプトを使用してクロスリージョンを含むAutonomous Data Guardの操作を自動化できるようになりました。 詳細はドキュメントのリソース" oci_database_autonomous_database"のオプションをご確認ください。 ドキュメントURL • https://docs.oracle.com/en-us/iaas/tools/terraform-provider- oci/4.76.0/docs/r/database_autonomous_database.html • https://registry.terraform.io/providers/oracle/oci/latest/docs/resources/database_autonomous_databas e 2022/5
  16. 16 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Use

    Azure Service Principal Azureサービスプリンシパルの利用 Azureサービスプリンシパル認証がサポートされました。DBMS_CLOUD.ENABLE_PRINCIPAL_AUTHプロシージャで 認証を有効にし、Azureアプリケーションの同意の提供と必要なロールを割り当てることでAzureリソースへアクセスできるよ うになります。この場合クレデンシャルの作成は不要です。 2022/5 -- 1. 認証の有効化 SQL> BEGIN 2 DBMS_CLOUD_ADMIN.ENABLE_PRINCIPAL_AUTH( 3 provider => 'AZURE', 4 params => JSON_OBJECT('azure_tenantid' value '74***-****-****-****-****67')); 5 END; 6 / PL/SQL procedure successfully completed. --2.作成したメタデータを確認し、azure_consent_urlにアクセスしてリクエストを許可する。その後アクセスに必要なロールをAzure側で付与 SQL> SELECT param_name, param_value FROM CLOUD_INTEGRATIONS; PARAM_NAME PARAM_VALUE ------------------ ------------------------------------------------------------------------------ azure_tenantid 74***-****-****-****-****67 azure_consent_url https://login.microsoftonline.com/'74***-****-****-****_****67'/oauth2/v2.0/***&scope=User.read azure_app_name ADBS_APP_OCID1.AUTONOMOUSDATABASE.OC1.IAD.******VFA
  17. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Database Names

    Length Limit データベース名の文字数制限の緩和 データベース名の文字数制限が14文字から30文字に緩和されました。 2022/5 17
  18. 18 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Egress

    Rules for all Outbound Connections with Private Endpoints すべてのアウトバウンド接続にEgressルールを適用 プライベートエンドポイントのAutonomous Databaseインスタンスからパブリックエンドポイントのターゲットホストへの接続に VCNのEgressルール(セキュリティリストまたはネットワークセキュリティグループの定義)を適用する設定ができるようになり ました。Egressルールで制限することによりセキュリティを強化できます。以下で利用される接続が対象となります。 • データベースリンク(設定後に作成されたもの) • APEX_LDAP、APEX_MAIL、APEX_WEB_SERVICE • UTL_HTTP、UTL_SMTP、UTL_TCP • DBMS_LDAP 設定方法 • 新しいデータベース・プロパティ"ROUTE_OUTBOUND_CONNECTIONS"に"PRIVATE_ENDOPOINT"を設定 2022/5 SQL> ALTER DATABASE PROPERTY SET ROUTE_OUTBOUND_CONNECTIONS = 'PRIVATE_ENDPOINT';
  19. 19 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Character

    Set Selection キャラクタセットの選択 プロビジョニング中にサポートされているリストからキャラクタ・セットを選択することで、デフォルトのAL32UTF8ではないキャラ クタ・セットのAutonomous Databaseの作成ができるようになりました。以下の注意事項があります。 • Oracleのキャラクタ・セットの推奨はAL32UTF8です。 • Autonomous Databaseの作成後にキャラクタ・セットを変更することはできません。 • Autonomous Container Database(ACD)のデータベース・キャラクタ・セットはAL32UTF8、各国語キャラクタ・セット はAL16UTF16で変更できません。 • 各Autonomous Databaseは、同じACD内で異なるデータベース/各国語キャラクタ・セットを使用できます。 • キャラクタ・セットの選択は、クローニング(メタまたはフル)またはバックアップからの作成ではサポートされていません。 • Oracle Apexユーザー・インタフェースは、AL32UTF8を使用しない場合は、英語のUIのみをサポートします。 2022/5 拡張オプションの表示をクリック キャラクタ・セット、各国語キャラクタ・セットをプルダウン・リストから選択する Dedicated
  20. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Availability Service

    Level Objectives (SLOs) 可用性サービスレベル目標 Autonomous Databaseの可用性サービスレベル目標(SLO)についてドキュメントに記載されました。最新はドキュメ ントをご確認ください。 https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/autonomous-database/adbsa/availability-slo.html 2022/4 イベント 目標復旧時間(RTO)のSLO 目標復旧時点(RPO)のSLO Autonomous Data Guard有効時にスタンバイデータ ベースのフェイルオーバーが必要なイベント • データの破損 • データベース全体の障害 • 完全なストレージ障害 • 可用性ドメインまたはリージョンの障害 • ローカルスタンバイデータベース 2分 • クロスリージョンスタンバイデータベース 15分 考えられる最大のデータ損失 1分 Autonomous Data Guard無効時にバックアップからの リストアが必要なイベント • データの破損 • データベース全体の障害 • 完全なストレージ障害 データベースのサイズに基づく: 1時間+(5TBあたり1時間) 考えられる最大のデータ損失 1分 Autonomous Data Guard無効時にバックアップからの リストアが必要なイベント • 複数可用性ドメインがあるリージョンでの可用性ドメ インの障害 48時間 考えられる最大のデータ損失 1分 20
  21. 21 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Create

    Database Links from Autonomous Database to Oracle Databases on a Private Endpoint without a Wallet プライベートエンドポイントのADBでウォレットなしでのデータベースリンク作成が可能に プライベートエンドポイントのAutonomous DatabaseをソースにしたOracle DatabaseへのデータべースリンクをTCP接続 およびウォレットなしで作成できるようになりました。こちらを利用する場合はターゲットデータベースのSSL認証構成が不要 です。 前提条件はウォレットありの場合と共通です。 • サポートリクエスト(SR)でプライベートエンドポイントデータベースリンク機能の有効化リクエストが必要 • ターゲット・データベースにソース・データベースのVCNからアクセスできる • プライベートエンドポイントの入力ルール、出力ルールが適切に設定されている • データベースリンクのポートは1521~1525の範囲である 2022/4
  22. 22 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Data

    Catalog Views/Synchronization with Data Catalog Enhancement Data Catalogとの統合強化 現在のリージョンまたはすべてのリージョンでアクセス可能なカタログの情報をディクショナリビューで参照できるようになりました。 また、同期操作のプロシージャ(dbms_dcat.create_sync_job/dbms_dcat.run_sync)に同期のオブジェクトと読取り権 限を自動的に付与するオプションsync_optionとgrant_readが追加されました。 Data Catalog Views 例:DBMS_DCAT.RUN_SYNCプロシージャ 2022/4 PROCEDURE DBMS_DCAT.RUN_SYNC ( synced_objects IN CLOB, sync_option IN VARCHAR2 DEFAULT 'SYNC', error_semantics IN VARCHAR2 DEFAULT 'SKIP_ERRORS', log_level IN VARCHAR2 DEFAULT 'INFO', grant_read IN VARCHAR2 DEFAULT NULL ) 以下から指定 • SYNC • DELETE • REPLACE 付与するロールまたは ユーザを指定
  23. 23 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Display

    Autonomous Database Availability 可用性情報の表示 OCIコンソールのAutonomous Databaseインスタンスのホームから可用性の情報を表示できるようになりました。期間は 当月と過去2カ月となります。また5月のアップデートでメトリックにデータベース可用性が追加されました。可用性の履歴を 確認することができます。 2022/4 データベース可用性メトリック 可用性の表示
  24. Storage Auto Scaling ストレージの自動スケーリング 設定値の最大3倍までストレージの自動スケーリングができるようになりました。あらかじめ最大サイズを確保する必要がなくな るためコストを抑えることができます。また想定外のデータ量の増加への対応にも利用できます。 • インスタンスの作成時または作成後に有効化(デフォルトは無効) • 設定値の最大3倍まで自動的に拡張

    • 割り当て済ストレージを切り上げた値が課金の対象になる(例:0.1GB⇒1TB、1.1GB⇒2TB) 2022/3 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 24 【サービスコンソールの概要で確認】 予約済みストレージの サイズ 予約済みストレージが 3倍に拡張される
  25. Storage Auto Scaling ストレージの自動スケーリング 割り当てられたストレージより使用済みストレージが大幅に少ない場合、以下の条件で割り当てられたストレージを手動で 縮小できます。自動スケーリングにより拡張後、データを大量に削除したときなど利用できます。 • ストレージの自動スケーリングが有効 • 予約するストレージの量より割り当て済ストレージが大きい

    • 割り当て済ストレージ量ー使用済記憶域>100GBである 割り当てられたストレージ量と 使用済記憶域に大きく差 (差>100GB) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 縮小ボタンをクリック 25 ※留意点 • 一時表領域の縮小は再起動が必要です • 縮小処理は長時間実行されます • AlwaysFreeでは利用できません
  26. 26 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Database

    Links with Oracle-Managed Heterogeneous Connectivity Oracle以外のデータベースへのデータベースリンク Oracle Database Gatewayをユーザ側で用意しなくとも、Oracle以外のデータベースへのデータベースリンクを作成できるよう になりました。他のデータベースのデータを簡単にAutonomous Databaseで利用することができます。 前提 • 現在サポートされるデータベースはRedshift、MySQL、PostgreSQL、Snowflake • ターゲットデータベースがパブリックインターネットからアクセス可能であり、サポートされているポート番号を使用 • ターゲットデータベースが着信SSLおよびTLS接続を許可する構成 2022/3 SELECT COUNT(*) FROM TABLE@各DBへのDBLINK; MySQL Enterprise Edition MySQL Enterprise Edition Snowflake Amazon Redshift PostgreSQL
  27. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Identity and

    Access Management (IAM) Authentication Additional Features IAM認証サポートの拡張 IAM認証サポートで さらに以下の機能強化が行われました。IAM認証を利用することでユーザの一元管理およびツール、 アプリケーションとの連携が容易にできるようになります。 • グローバルユーザーマッピングの定義 • グローバルロールマッピングの定義 • IAMでのリソースプリンシパル使用のサポート • プロキシユーザーサポート ※ADB-IAM統合は2021/11/8より以前に作成されたテナントでサポート 2022/3 27
  28. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | External Tables

    with Partitioning Specified in Source Files ソースファイルのパーティショニングを使用した外部パーティション表 Hive形式や単純なフォルダーなどでパーティション化されたデータを元に外部パーティション表を作成できるようになりました。 DBMS_CLOUD.CREATE_EXTERNAL_PART_TABLEでfile_uri_list句にファイルパスを指定して作成します。 以下の利点があります。 • シンプルな記述 • ファイルパスからパーティションの列とデータ型を自動で判別(手動で指定も可) • ソースファイルの削除や追加に対して同期をとるSYNC_EXTERNAL_PART_TABLEの利用 ※partition_clouse句と同時には使えません。 2022/3 DBMS_CLOUD.CREATE_EXTERNAL_PART_TABLE ( table_name => 'mysales', credential_name => 'mycredential', file_uri_list => https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/.../sales/*.csv', column_list => 'product varchar2(100), units number, country varchar2(100), year (number), month varchar2(2)', field_list => 'product, units', --[Because country, year and month are not in the file, they are not listed in the field list] format => '{"type":"csv","partition_columns":["country", "year", "month"]}'); .../sales/country=USA/year=2020/month=01/file1.csv .../sales/country=USA/year=2020/month=01/file2.csv .../sales/country=USA/year=2020/month=02/file3.csv .../sales/country=USA/year=2020/month=03/file1.csv .../sales/country=FRA/year=2020/month=03/file1.csv 28
  29. 29 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Metadata

    Columns in External Tables 外部表のメタデータ列 外部表のソースファイルのファイルパスとファイル名をメタデータとして非表示の列情報(file$path、file$name)でサポート します。検索したレコードがどのファイルを元にしているのか確認することに役立ちます。 例:外部表(ext_genre)のデータとメタデータを一緒に検索 2022/3 SELECT genre_id, name, file$name, file$path FROM ext_genre WHERE rownum <= 2; genre_id name file$name file$path -------- --------- ----------- ---------------------- 1 Action genre.csv https://objectstorage.us-ashburn-1.oraclecloud.com/n/namespace-string/b/moviestream_gold/o/genre 2 Adventure genre.csv https://objectstorage.us-ashburn-1.oraclecloud.com/n/namespace-string/b/moviestream_gold/o/genre
  30. 30 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle

    APEX Upgrade Available Event 新しいAPEXリリースへのアップグレード可能時に生成されるイベント Oracle APEXが新しいリリースにアップグレードできるようになったときに生成されるイベントがサポートされました。イベント・タ イプのカテゴリはinformationになります。(太字が追加されたイベント) 2022/3 イベント・タイプ 含まれるイベント 条件 Information APEXUpgradeAvailable Oracle APEXの新しいリリースが利用可能 AJDNonJsonStorageExceeded Autonomous JSON Databaseでリレーショナルデータが20GBを超えた 場合に発生 MainentanceBegin メンテナンス開始(メンテナンススケジュール時刻での発生ではないことに 注意) MaintenanceEnd メンテナンス終了 DatabaseConnection 新規IPアドレス(過去30日間において接続なし)からの接続検知 NewMaintenanceSchedule 次回計画メンテナンス日時の通知(メンテナンス終了後に発生) ScheduledMaintenanceWarning 計画メンテナンスの時間から1時間前と24時間前に発生
  31. 31 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle

    APEX 21.2 Oracle APEX 21.2が利用可能に 付属のOracle APEXのリリースが21.2になりました。21.2の新機能についてはこちらをご覧ください。 https://apex.oracle.com/ja/platform/features/whats-new-212/ 2022/3
  32. 32 Multiple VM Autonomous Database ADB-C@Cで複数のAutonomous VMクラスタのサポート Exadata Cloud@Cusomterインフラストラクチャ上でAutonomous VMクラスタと非Autonomous

    VMクラスタが共存 できるようになりました。 以下が可能です。 2022/3 Compute Node 1 Compute Node 2 VM Cluster 2 OLTP用途で多くのコンピュートリソースを利用 Autonomous Database Service VM Cluster 1 分析用途で多くのストレージを利用 Exadata Database Service VM Cluster 3 コンピュートとストレージをバランスよく利用 Autonomous Database Service Available on Exadata Cloud@Customer Infrastructure X7 through X9M ADB-C@C • 複数のAutonomous VMクラスタの作成 • 各Autonomous VMクラスタのリソースのカスタマイ ズ(OCPU/メモリ/ストレージ) • Autonomous VMクラスタごとの個別のメンテナンス 実行 • Autonomous VMクラスタごとに異なるライセンス・ モデルの指定 イメージ例 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates |
  33. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | FY22 Q3

    Autonomous Database 主なアップデート • Time Zone Handling in Calls to SYSDATE and SYSTIMESTAMP • SYSDATE/SYSTIMESTAMPタイムゾーンの変更が容易に • Reconnect a Disconnected Refreshable Clone • 切断したリフレッシュ可能クローンの再接続ができるように • Oracle Database API for MongoDB • AJD/ATPでMongoDB用のAPIを提供 • Cross-Region Cloning • クロスリージョンのクローニングをサポート • Schedule Start and Stop Times • 起動/停止のスケジューリング機能を提供 • Identity and Access Management (IAM) Authentication • IAMユーザ認証でアクセス可能に 33
  34. 2021/12 • Oracle Database API for MongoDB • Autonomous Data

    Guard Paired Regions • DBMS_PIPE PL/SQL Package • Cross-Region Cloning • Identity and Access Management (IAM) Authentication • Schedule Start and Stop Times • PL/SQL API for Switching Consumer Groups • Export Data as CSV, JSON, or XML Data Files • Use Database Links with a Target Database on a Private Endpoint 2022/1 • Use a Cloud Code Repository • Add My IP Address Button • Reconnect a Disconnected Refreshable Clone • GitHub Raw URL support in DBMS_CLOUD • View Maintenance Status and Timezone Version Notifications • One-way TLS Connections on Linux x64 Clients using Oracle Call Interface without a Wallet 2022/2 • Track Oracle Cloud Infrastructure Resources, Cost and Usage • Critical Events with Customer-Managed Keys • Time Zone Handling in Calls to SYSDATE and SYSTIMESTAMP ADB-S サービスアップデート(FY22Q3) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 34
  35. 2021/12 • Introduction of Autonomous Exadata VM Cluster and shift

    to a common Exadata Infrastructure resource for all Exadata Cloud- based services, which includes Autonomous Database on Dedicated Exadata Infrastructure. • Encryption Key Version OCID and Key Rotation History 2022/1 • Documentation addition to list the event types supported by Autonomous Database on Dedicated Exadata Infrastructure. • Payment Card Industry Data Security Standard (PCI DSS) compliance • Automatic Failover or Fast-Start Failover 2022/2 • Blockchain Tables Support • Immutable Tables Support • New events for Cloud Autonomous Exadata VM Cluster and Autonomous Database resources. ADB-D サービスアップデート(FY22Q3) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | ★を記載 35
  36. Track Oracle Cloud Infrastructure Resources, Cost and Usage OCIリソース、コスト、使用状況の追跡 ビューでOCIテナンシーに関するコスト、使用状況と一部のOCIリソース(Autonomous

    Databaseやオブジェクトストレージな ど)に関する詳細情報を参照できるようになりました。 OCIコンソールにアクセスすることなく、ADBにアクセスしてこれらに関するレポートを作成することができます。 • 提供されたビュー 2022/2 ビュー名 OCI_AUTONOMOUS_DATABASES Autonomous Databaseインスタンスの情報 OCI_BUDGET_ALERT_RULES 作成されている予算アラート(Budget Alert)の情報 OCI_BUDGET_SUMMARY 作成されている予算(Budget)の情報 OCI_COST_DATA OCI使用コスト(各リソースのコスト)の情報 OCI_OBJECTSTORAGE_BUCKETS オブジェクトストレージのバケット情報 OCI_USAGE_DATA OCI使用状況(各リソースの使用量データ)の情報 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 36
  37. Critical Events with Customer-Managed Keys 顧客管理の暗号化キーのクリティカルイベント 顧客管理の暗号化キー関連のイベントが追加されました。顧客管理キーを使用したインスタンスで顧客管理キーにアクセ スできない場合、データベースにアクセスできず、ステータスは"Inaccessible"になります。 イベント・タイプはCriticalに分類されます(太字が追加されたイベント) 2022/2

    イベント・タイプ 含まれるイベント 条件 Critical DatabaseInaccessibleBegin 以下のいずれかでデータベースにアクセスできずInaccessible • OCI Vaultのマスター暗号化キーが削除されている • OCI Vaultのマスター暗号化キーが無効になっている • ADBがOCI Vaultに到達できない DatabaseInaccessibleEnd InaccessibleからAvailableに回復 AdminPasswordWarning ADMINパスワードの期限切れ30日以内、または期限切れ後に発生 DatabaseDownBegin インスタンス利用不可、接続サービス利用不可 DatabaseDownEnd 利用不可からの回復 WalletExpirationWarning 期限切れの6週間前から最大週1回発生 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 37
  38. Time Zone Handling in Calls to SYSDATE and SYSTIMESTAMP SYSDATE/SYSTIMESTAMP呼び出し時のタイムゾーンのハンドリング

    セッションレベルでパラメータSYSDATE_AT_DBTIMEZONEの値をTRUEに設定することで、 SYSDATE/SYSTIMESTAMPのタイムゾーンをデータべースのタイムゾーンを返すことができるようになりました。タイムゾーン がUTCになることへの回避策としてご利用いただけます。 2022/1 SQL> SELECT dbtimezone FROM DUAL; /* DBタイムゾーンの確認:設定はalter database set timezone='+09:00'(DB再起動必要 )*/ DBTIME ------ +09:00 SQL> SELECT SYSTIMESTAMP FROM DUAL; /* SYSDATE_AT_DBTIMEZONE有効化前 */ SYSTIMESTAMP --------------------------------------------------------------------------- 01-MAR-22 02.14.49.131008 AM +00:00 SQL> ALTER SESSION SET SYSDATE_AT_DBTIMEZONE=TRUE; Session altered. SQL> SELECT SYSTIMESTAMP FROM DUAL; /* 有効後 */ SYSTIMESTAMP --------------------------------------------------------------------------- 01-MAR-22 11.15.45.202339 AM +09:00 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 38
  39. Use a Cloud Code Repository クラウド・コード・リポジトリの利用 クラウド・コード・リポジトリに対して、リポジトリの作成、管理、ファイル操作やSQLインストールができる DBMS_CLOUD_REPOパッケージが提供されました。これにより例えば、ADBからクラウド・コード・リポジトリでバージョン管 理されたSQLスクリプトを実行するということが可能です。 サポートされているクラウド・コード・リポジトリは、

    GitHub、AWS CodeCommit、およびAzureReposです。 2022/1 DBMS_CLOUD_REPOパッケージ • リポジトリの作成と管理 • ファイル操作 • SQLインストール* *SQLインストールができるスクリプトには注意があります。ドキュメントをご確認ください Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 39 GitHub AWS CodeCommit AzureRepos
  40. Add My IP Address Button 現在利用しているIPアドレスのACLルール追加 ACLの設定画面に現在利用しているIPアドレスをACLエントリに追加する[Add My IP Address]ボタンが追加されました。コマ

    ンドなどでIPアドレスを確認する手間がなくなり、利便性が向上しました。 2022/1 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 40
  41. Reconnect a Disconnected Refreshable Clone 切断したリフレッシュ可能クローンの再接続 リフレッシュ可能クローンを切断後24時間以内であればソースデータベースに再接続し、更新ができるようになりました。こ れにより、リフレッシュ可能クローンを一時的なテスト(DML実行を含む)で利用して、テスト終了後に戻すような使い方 ができます。 2022/1

    ①ソースデータベースから切断 することでRead Onlyから Read/Writeへ変更 ②24時間以内に再接続を実施 ③リフレッシュ可能クローン(Read Only)に戻る Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 41
  42. GitHub Raw URL support in DBMS_CLOUD GitHub Raw URLのサポート DBMS_CLOUDでGitHubRawURLを指定することで、

    GitHubリポジトリにあるファイルにアクセスできるようになりました。 なお、GitHubリポジトリへのアクセスは読み込み専用となり、PUT_OBJECTなどはサポートされません。 2022/1 ディレクトリに配置 DBMS_CLOUD.GET_OBJECT DBMS_CLOUD.CREATE_EXTERNAL_TABLE 外部表 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 42 GitHub
  43. View Maintenance Status and Timezone Version Notifications メンテナンスステータスとタイムゾーンバージョンの通知の参照ビュー DB_NOTIFICATIONSビューでメンテナンスステータスの通知とタイムゾーンバージョンアップグレードの通知に関する情報を 参照できるようになりました。

    2022/1 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 43
  44. One-way TLS Connections on Linux x64 Clients using Oracle Call

    Interface without a Wallet 特定条件でのウォレットなしのTLS接続 以下のOracle Instant Clientを利用したOracle Call Interface(OCI)接続でウォレットなしのTLS接続ができるようになり ました。 • Oracle Instant Client19.13-Linuxx64のみ • Oracle Instant Client 19.14(またはそれ以降)および21.5(またはそれ以降)-すべてのプラットフォーム 2022/1 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 44
  45. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle Database

    API for MongoDB MongoDB用のAPI MongoDB用のAPIが提供されました。このAPIを利用することでMongoDB用に作成されたアプリケーションで Autonomous Databaseにアクセスできるため、既存のMongoDBからの移行が容易になります。 注意点 • AJDまたはATPで利用可能 • アクセス制御リスト(ACL)で保護されたネットワークアクセスを使用する必要がある(許可されたIPおよびVCNアクセ スタイプからの安全なアクセスを使用する) • プライベートエンドポイントおよびACLで保護されていないパブリックエンドポイント(すべての場所からのセキュアアクセス を許可)は非サポート 2021/12 $ mongosh --tls --tlsAllowInvalidCertificates 'mongodb://TESTUSER:<PASSWORD>@<database URL>.<OCI region>.oraclecloudapps.com:27017/testuser?authMechanism= PLAIN&authSource=$external&ssl=true&loadBalanced=false' testuser> db.createCollection('fruit'); testuser> db.fruit.insertOne( {name:"orange", count:42} ) testuser> db.fruit.insertOne( {name:"apple", count:12, color: "red"} ) JSON MongoDB アプリケーション サービスコンソールの[開発]でMongoDB接続文字列を確認 →LoadBalancedプロパティをサポートしているドライバの場合 →LoadBalancedプロパティをサポートしていないドライバの場合 AJD or ATP 45
  46. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Autonomous Data

    Guard Paired Regions Autonomous Data Guardのペアリージョン Autonomous Data Guardで利用できるペアリージョンのペアリージョンのリストについてAutonomous Databaseのド キュメントに記載がされるようになりました。 2021/12 46
  47. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | DBMS_PIPE PL/SQL

    Package DBMS_PIPEパッケージの利用 同じインスタンス内での複数セッション間の通信を行うことができるDBMS_PIPEパッケージを利用することができるようになり ました。 DBMS_PIPEパッケージについては、Oracle Databaseのドキュメントをご確認ください。 2021/12 47
  48. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Cross-Region Cloning

    クロスリージョンのクローニング 従来は同一リージョン内に閉じた複製のみでしたが、リモートリージョンに作成できるようになりました。 • フル・クローンとメタデータ・クローンが可能(リフレッシャブル・クローンは未対応) • バックアップからの作成は未対応 • OCIコンソールからの作成のみ(現時点で、OCICLIやTeraformからの実行は未対応) リージョン跨ぎの移行やバックアップ等にも利用可能 2021/12 Tokyo Osaka 48
  49. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Identity and

    Access Management (IAM) Authentication IAMユーザによる認証 Autonomous Databaseのユーザに対してIAM認証および認可が利用できるようになりました。以下が可能になります。 • OCI IAMによるユーザーの一元管理 • IAMデータベース・パスワード認証またはIAMSSOトークン認証の利用 注意点 • 2021/11/8の前に作成された商用テナントでのサポートとなります • IAM認証ユーザでは以下のコンポーネントの利用はできません • Oracle APEX • Database Actions • Oracle Machine Learning Notebook 2021/12 49
  50. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Schedule Start

    and Stop Times 起動/停止のスケジューリング ADBインスタンスの起動/停止のスケジュール設定ができるようになりました。 • インスタンスが使用可能の状態で(つまり起動時)スケジュールの表示/編集が可能 • 曜日別に起動、停止の時間を指定 • AlwaysFreeでは未サポート 分析目的での利用や、開発テスト環境でのコスト削減に寄与 2021/12 50
  51. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | PL/SQL API

    for Switching Consumer Groups コンシューマグループ切り替えのためのPL/SQL API 既存セッションの接続サービスとコンシューマグループの切り替えを行うCS_SESSIONパッケージが提供されました。 • 切り替え前に設定したもの(例セッションパラメータ)は切り替え後も有効 • CS_SESSIONパッケージのexecute権限はDWROLEロールに付与済み 2021/12 SQL> CONNECT admin/password@ADW1_LOW Connected. SQL> SELECT service_name FROM v$session WHERE username='ADMIN'; SERVICE_NAME ---------------------------------------------------------------- DTDOFHDP17MIQHP_ADW1_low.adwc.oraclecloud.com SQL> BEGIN 2 CS_SESSION.SWITCH_SERVICE('HIGH'); 3 END; 4 / PL/SQL procedure successfully completed. SQL> SELECT service_name FROM v$session WHERE username='ADMIN'; SERVICE_NAME ---------------------------------------------------------------- DTDOFHDP17MIQHP_ADW1_high.adwc.oraclecloud.com Database ActionsのSQL Developer Webでは 右上にプルダウンリストで表示 51
  52. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Export Data

    as CSV, JSON, or XML Data Files CSV、JSON、XML形式のデータエクスポート DBMS_CLOUD.EXPORT_DATAパッケージで、CSV、JSON、XMLの形式でデータを指定したオブジェクトストレージにエ クスポートできるようになりました。 • JSONでの出力例 • 操作は分割で行われるため、出力ファイルは複数になります • 例の場合、file_url_listで指定したdept_exportがプレフィックスとなる dept_export_1_20210809T173033Z.json dept_export_2_20210809T173034Z.json dept_export_3_20210809T173041Z.json 2021/12 BEGIN DBMS_CLOUD.EXPORT_DATA( credential_name => 'DEF_CRED_NAME', file_uri_list => 'https://objectstorage.ap-tokyo-1.oraclecloud.com/n/namespace-string/b/bucketname/o/dept_export', query => 'SELECT * FROM DEPT', format => JSON_OBJECT('type' value 'json')); END; / 52
  53. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Use Database

    Links with a Target Database on a Private Endpoint プライベートエンドポイントのDatabaseに対するデータベースリンク作成 Private EndpointのAutonomous DatabaseからプライベートIPを保有するOracle Database(ADBを含む)に対し、 データベースリンクを作成できるようになりました 従来までは踏み台サーバーを介して設定する必要がありましたが、シンプルに構成できるようになりました 以下の場合に利用できます。 • ソースとターゲットDBが両方が同じVCN内にある場合 • ソースとターゲットDBが異なるVCNにある場合 • FastConnectまたはVPNを経由してオンプレミスのDBにアクセスする場合(右下図) この機能を使用するためには、SRで機能の有効化のリクエストが必要です。 2021/12 ap-tokyo-1 DRG Private お客様 DC DWH Autonomous Database FastConnect ( or VCN) 53
  54. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Use Database

    Links with a Target Database on a Private Endpoint プライベートエンドポイントのDatabaseに対するデータベースリンク作成 手順概要・留意事項 ① SRにて利用申請を起票する ② ターゲット側のリスナーの構成変更(エンドポイントの追加) • SSL(TCPS)認証でTCP/IPを使用する必要がある • ポートは1521~1525の範囲で設定する必要がある ③ ソースDBとターゲットDB間の疎通許可(Ingress / Egressルール)を設定する ④ ソースDB上(ADBインスタンス)にてDBリンクを作成 参考資料 ドキュメント:Using Oracle Autonomous Database on Shared Exadata Infrastructure Create Database Links from Autonomous Database to Oracle Databases on a Private Endpoint https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/autonomous-database/adbsa/database-links-oracledb.html#GUID-0D44ED37-2857- 4D8B-AA7B-BC89445D11A4 ブログ:Creating Database Links from Autonomous Database to Databases with Private Endpoints https://blogs.oracle.com/datawarehousing/post/creating-database-links-from-autonomous-database-to-databases-with- private-endpoints 54
  55. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | FY22 Q2

    Autonomous Database 主なアップデート • Immutable Tables Support/ Block Chain Tables Support • 不変表とブロックチェーン表のサポート • Integrate with Oracle Cloud Infrastructure Data Catalog • OCI Data Catalogとの統合 • Oracle APEX 21.1 • Oracle APEX 21.1が利用可能に • TLS and Mutual TLS Connections • mTLS(相互TLS)接続のほかにオプションでTLS接続をサポート • Vanity URLs for APEX, ORDSand Database Tools • ツールでのバニティURL(独自URL)の使用が可能に 55
  56. 2021/9 • TLS and Mutual TLS Connections • Vanity URLs

    for APEX, ORDSand Database Tools 2021/10 • Import JSON Data from Cloud Object Store • Blockchain Tables Support • Immutable Tables Support • Integrate with Oracle Cloud Infrastructure Data Catalog • Oracle APEX 21.1 2021/11 • Database Management • Database Actions Access • DBMS_LDAP and UTL_TCP Packages • Concurrent Operations with Lifecycle Management Actions ADB-S サービスアップデート(FY22Q2) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 56
  57. 2021/9 • X9M-2 systems available on Exadata Cloud@Customer deployments •

    New tile for SODA on the Details page of dedicated Autonomous Database 2021/10 • UTL_HTTP and UTL_SMTP Database PL/SQL Packages. ★ • Customer-managed encryption keys for Autonomous Container Databases with cross region deployments 2021/11 • Oracle Operator Access Control for Autonomous Database on Oracle Exadata Cloud@Customer deployments ★ • Documentation addition to describe sending mail with UTL_SMTP • Integration with Database Management Service ADB-D サービスアップデート(FY22Q2) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | ★を記載 57
  58. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Database Management

    Database Managementの有効化/無効化 2021/11 OCIコンソールのAutonomous Databaseの詳細でOCI Database Managementサービスの有効化/無効化をするこ とができるようになりました。有効化するとDatabase Managementのフリート・サマリ、ダッシュボードでADBの情報を参照 できます。 • 有効化/無効化の選択 • Database Management画面 58
  59. Database Actions Access Database Actionsへのアクセスが簡単に OCI ConsoleのAutonomous Databaseの詳細ページのトップにDatabase Actionsのメニューが追加されました。 (以前の"ツール"タブにあったリンクはなくなりました)

    2021/11 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 59
  60. DBMS_LDAP and UTL_TCP Packages DBMS_LDAPとUTL_TCP Packageのサポート DBMS_LDAPパッケージとUTL_TCPパッケージを利用できるようになりました。それぞれ使用にあたっての制限にご注意く ださい。 2021/11 Copyright

    © 2022, Oracle and/or its affiliates | • DBMS_LDAP • ホスト名にIPアドレスを指定することはできない • ポートは636のみ許可 • OPEN_SSLプロシージャの引数SSLWRLと SSLWALETPASSWDは無視される。 • SSLWRLプロパティのデフォルトにはアウトバウンドWebリ クエストを行うUTL_HTTPとDBMS_CLOUDで利用さ れるウォレットが設定される。 • DBMS_LDAPの使用はデフォルトで監査され、監査を 無効にすることはできない • LDAPサーバーは、パブリック・インターネットを介して ADBからアクセスされ、ポート636がADBに対して開いて いる必要がある • SSL/TLS通信がすべての通信に適用される • UTL_TCP • IPアドレスをホスト名に含めることはできない • ポートは443(HTTP)25および587(SMTP)のみ許 可。ポート443の場合、HTTPS URLのみが許可 • OPEN_CONNECTIONプロシージャの引数 WALLET_PATH、WALLET_PASSWORDは無視される。 それらのデフォルトにはアウトバウンドWebリクエストを行う UTL_HTTPとDBMS_CLOUDで利用されるウォレットが 設定される。 • UTL_TCPの使用はデフォルトで監査され、監査を無効に することはできない • TCP/IP接続で使用されるホストはインターネット経由でア クセスする。UTL_TCPコールはプライベートサブネット上ま たはオンプレミスのファイアウォールの背後にあるホストに到 達することができない。 • SSL/TLSが全ての通信に適用される 60
  61. Concurrent Operations with Lifecycle Management Actions ライフサイクル管理アクションとの同時実行 データベース停止などのデータベースライフサイクル管理アクションはスケールアップ/ダウン、手動バックアップ操作に影響を与 えるため、実行が重なる場合は、実行を続行するかを確認するダイアログが表示されるようになりました。 スケールアップ/ダウン、手動バックアップ操作に対する各ライフサイクル管理アクションの影響についてはドキュメントをご確認

    ください。 • スケールアップ/ダウン時に停止、再起動をした場合 2021/11 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 61
  62. Oracle Operator Access Control for Autonomous Database on Oracle Exadata

    Cloud@Customer deployments OpCtlがADB-D C@Cでも利用可能に OpCtlによりお客様側でOracleのオペレータ(Cloud Ops)のアクセスを制御できるようになりました。以下が可能です。 • システムにアクセスできるユーザ、タイミング、期間の制御 • Oracleのオペレータが実行できるアクションとアクセスの制限 • オペレータが実行するすべてのアクションのレポート表示と保存 • 以前にスケジュールされたアクセスを含めたアクセスの取り消し 2021/11 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Dedicated 62
  63. Documentation addition to describe sending mail with UTL_SMTP UTL_SMTPの利用手順のドキュメント記載 UTL_SMTPを利用したメール送信手順とサンプルコードがドキュメントに記載されました。

    https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/autonomous-database/xggug/index.html 2021/11 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Dedicated 63
  64. Import JSON Data from Cloud Object Store オブジェクトストレージから既存の表へのJSONデータのロード DBMS_CLOUD.COPY_COLLECTIONでのロード以外に、DBMS_CLOUD.COPY_DATAを利用してオブジェクトスト レージ上のJSONデータを表にロードできるようになりました。リソースプリンシパルを利用したOCIオブジェクトストレージへの

    アクセス、ARNによるAWS S3へのアクセスも可能です。 2021/10 CREATE TABLE EMPTEST(EMPNO NUMBER(4),ENAME VARCHAR2(10)); BEGIN DBMS_CLOUD.COPY_DATA( table_name => 'EMPTEST', credential_name => ‘DEF_CRED_ADMIN', file_uri_list => 'https://objectstorage.ap-tokyo- 1.oraclecloud.com/n/namespace/b/bucketname/o/emp.json', format => JSON_OBJECT('type' value 'json', 'columnpath' value '["$.EMPNO","$.ENAME"]') ); END; / SELECT * FROM EMPTEST; EMPNO ENAME ---------- ---------- 7369 SMITH 7900 JAMES {"ENAME":"SMITH","JOB":"CLERK","MGR":"7902","HIREDATE":"1980-12- 17","SAL":"800.00","COMM":"0.00","DEPTNO":"20","EMPNO":7369}{"ENAM E":"JAMES","JOB":"CLERK","MGR":"7698","HIREDATE":"1981-12- 03","SAL":"950.00","COMM":"0.00","DEPTNO":"30","EMPNO":7900}{"ENAM E":"ADAMS","JOB":"CLERK","MGR":"7788","HIREDATE":"1983-01- 12","SAL":"1100.00","COMM":"0.00","DEPTNO":"20","EMPNO":7876}{"ENAM E":"WARD","JOB":"SALESMAN","MGR":"7698","HIREDATE":"1981-02- 22","SAL":"1250.00","COMM":"500.00","DEPTNO":"30","EMPNO":7521} [emp.json] Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 64
  65. Immutable Tables Support/ Block Chain Tables Support 不変表とブロックチェーン表のサポート Immutable Table(不変表)/

    BlockChain Table(ブロックチェーン表)とが利用できるようになりました。 • Immutable Table 内部ユーザーの不正なデータの改ざんを防ぐことを目的としたInsert-Onlyの特別なデータベース表 • Block Chain Table ブロックチェーンで耐改ざん性を追加、監査性を強化したInsert-Onlyの特別なデータベース表 2021/10 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 65
  66. Integrate with Oracle Cloud Infrastructure Data Catalog OCI Data Catalogとの統合

    OCI Data Catalogのメタデータを使用して外部データのクエリを行うことができるようになりました。 ADBはData Catalogに接続し、メタデータを同期することで、Data Catalogによって収集された論理エンティティごとに外 部表を自動的に作成します。 2021/10 SQL> select owner,table_name,external from dba_tables where owner like 'DCAT%'; OWNER TABLE_NAME EXT -------------------------------------------------- ---------- --- DCAT$<DATAASSET>_<BACKET> SALES YES DCAT$<DATAASSET>_<BACKET> CUSTOMER YES 同期 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 66
  67. Oracle APEX 21.1 Oracle APEX 21.1が利用可能に 付属のAPEXのリリースが21.1になりました。21.1の新機能についてはこちらをご覧ください。 https://speakerdeck.com/oracle4engineer/oracle-apex-21-dot-1-xin-ji-neng-falseshao-jie 2021/10 Copyright

    © 2022, Oracle and/or its affiliates | 67
  68. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | UTL_HTTP and

    UTL_SMTP Database PL/SQL Packages UTL_HTTP、UTL_SMTP をDedicatedでも利用できるように DedicatedでUTL_HTTP/UTL_SMTPパッケージを利用できるようになりました。Sharedとは制限が異なりますのでご注 意ください。 • SharedとDedicatedで異なる点(2021/11) • その他の制限事項や最新の情報はそれぞれマニュアルの記載(Dedicated / Shared)を参照ください 2021/10 Dedicated Shared Dedicated UTL_HTTP IPアドレスを介した接続 不可 許可 接続プロトコル HTTPSのみ HTTP,HTTPS,HTTP_PROXY 許可されるポート 443のみ 80、443がデフォルトで有効 UTL_SMTP IPアドレスを介した接続 不可 許可 許可されるポート 25,587のみ 25,465,587,225がデフォルトで有効 メールプロバイダー OCI Email Delivery Serviceのみ OCI Email Delivery Serviceとサードパー ティのSMTPサーバー 68
  69. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | TLS and

    Mutual TLS Connections TLSとmTLS(相互TLS)接続 オプションでmTLS (相互TLS/Mutual TLS)接続とTLS接続の両方をサポートする構成が可能になりました。接続のデ フォルトはmTLSです。 • TLS接続を使用する場合の留意点 • パブリックエンドポイントでACLが定義されているかプライベートエンドポイント構成が前提 • mTLS接続のみ(デフォルト)に戻す場合、既存のTLS接続はすべて切断される • JDBC Thin接続でJDK8u162以上の場合はウォレットなしでTLS接続が可能 2021/9 チェックを 外した場合 69
  70. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Vanity URLs

    for APEX, ORDSand Database Tools ツールでのバニティURL(独自URL)使用 OCIロードバランサーをHTTPSリバースプロキシとして機能させることで、バニティURL(独自URL)を使用したAPEXや ORDSのアクセスが可能になりました。 2021/9 • 手順は以下のブログをご確認ください。 • https://blogs.oracle.com/apex/post/introd ucing-vanity-urls-on-adb • デプロイを容易にするTeraformスクリプトがgithubで公 開されています。 • https://github.com/oracle/oracle-db- tools/tree/master/devops/terraform/ADB- Vanity-URL-without-customer-managed- ORDS 70
  71. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | FY22 Q1

    Autonomous Database 主なアップデート • Cross-Region Autonomous Data Guard • ローカルだけでなくクロスリージョンで高可用性構成を実現 • SQL Tracing for Database Session • セッションレベルでSQLトレースを取得可能に • Set Patch Level /View Patch Details • パッチを通常より早期に適用することが選択できるように • 適用されたパッチの詳細を確認可能に • Use Customer-Managed Encryption Keys • 顧客管理の暗号化キーを利用できるように • ATP-D:Fractional OCPUs and GB Storage • ATP-Dで1未満のOCPUとGB単位でのADB作成が可能に 71
  72. 2021/6 • Change MEDIUM Service Concurrency Limit from Service Console

    • Automatic Partitioning • Use Customer-Managed Encryption Keys • Autonomous Database RMAN Recovery Catalog • Read-Only Mode for Sessions • Documentation Addition: CS_RESOURCE_MANAGER Package 2021/7 • View Patch Details • Include Developer Tools Links in Wallet Readme File 2021/8 • Cross-Region Autonomous Data Guard • SQL Tracing for Database Session • Export Data as JSON to Cloud Object Store • Documentation Addition: Load Data from a Source File with Fixed Width Data • Set Patch Level ADB-S サービスアップデート(FY22Q1) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 72
  73. 2021/6 • Fractional OCPUs and GB Storage.★ • Customer-managed keys

    in Oracle Key Vault (OKV) for Autonomous Database enabled with Autonomous Data Guard on Exadata Cloud@Customer 2021/7 • Documentation addition to explain how to enable and configure Shared Server Configuration for dedicated Autonomous Database applications. ADB-D サービスアップデート(FY22Q1) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | ★を記載 73
  74. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Cross-Region Autonomous

    Data Guard クロス・リージョンでの高可用性構成のサポート 2021/8 Cross-region Standby Local Standby Production Redo logs Redo logs Redo logs Tokyo Osaka これまでは同一リージョン内でのスタンバイ構成のみでしたが、 他のリージョンにスタンバイ・データベースを構成可能になりました • ターゲット・リージョン • プライマリが東京の場合、 大阪もしくは韓国(ソウル) リージョン • プライマリが大阪の場合、 東京リージョン • コンソールからのクリック操作で簡単に構成可能 • スタンバイへのSQLアクセスは不可 • コスト : スタンバイ・データベースのリソースに課金 • OCPUのスケールアップ等、プライマリの操作はスタンバイ側にも自動適用 • ただし、AutoScaleによるコア数の変更はスタンバイには適用されない • フェイルオーバー時のRTO:1時間、RPO:最大5分 • フェイルオーバー、スイッチオーバー後、接続設定の変更は不要 • ローカルでのAutonomous Data Guardとの併用が可能 • プライマリ・データベースに対して1つずつ構成可能。より高い可用性構成に 74
  75. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Cross-Region Autonomous

    Data Guard クロス・リージョンでの高可用性構成のサポート クロス・リージョンとローカルの違い 2021/8 ローカル クロス・リージョン スタンバイの場所 同じリージョンの異なるAD (シングルADの場合は異なるExadata筐体) ブロックボリュームのペア・リージョンに従い構成される ・東京 -> 大阪、韓国(ソウル) ・大阪 -> 東京 (2021/8時点) スタンバイへの操作 不可 ネットワーク更新やフェイルオーバー/スイッチオーバー操作など特定の 操作を許可(OCIコンソール画面の表示名は**_remote) スタンバイ側のコスト OCPU:プライマリと同一(AutoScale分は含まない) Exadata Storage:プライマリと同一サイズ OCPU:プライマリと同一(AutoScale分は含まない) Exadata Storage:プライマリの2倍のサイズが必要(データファイル 分と、転送データ分が必要となる) 自動フェイルオーバー 可(RTO:2分 RPO:0分) 不可 手動フェイルオーバー 可(RTO:2分 RPO:最大5分) 可(RTO:1時間 RPO最大5分) 切り替え前後の ウォレット変更 不要(AuDG構成後にダウンロードしたクレデンシャル・ ウォレットを継続して利用可能) 不要(AuDG構成後にダウンロードしたクレデンシャル・ウォレットを継 続して利用可能) 付属ツールのURL 切り替え前後で同じ 切り替え前後で異なる その他 Data Safe、顧客管理の暗号化キー利用不可 75
  76. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Cross-Region Autonomous

    Data Guard クロス・リージョンでの高可用性構成のサポート クロス・リージョンでの注意点 • 顧客暗号化キーの利用不可 • Data Safeの利用不可 • OMLノートブックは切り替え後に新規作成、またはプライマリのバックアップからインポートする • プライベートエンドポイントのネットワーク構成はプライマリ、スタンバイ間で同期されないため、フェイルオーバー、スイッチ オーバー後に、アプリケーションが接続できるようにネットワーク設定を考慮する。 • アプリケーションが元のリージョンにある場合はリモートVCNピアリング、DNSリゾルバの設定が必要 • アプリケーションがオンプレミスにある場合はトランジットルーティングが必要 • アプリケーションを含めたスタックごと切り替える場合は不要 • プライマリでプライベートエンドポイントをパブリックエンドポイントに変更した場合、スイッチオーバー、フェイルオーバー後の スタンバイのACLの再設定が必要 • ベストパフォーマンスのためには切り替え後にプライマリからウォレットをダウンロードすることを推奨 • tnsnames.oraにおける接続名の記載順序により、微小だが性能差があるため 2021/8 76
  77. SQL Tracing for Database Session データベースセッションでSQLトレースの取得が可能に セッションレベルでSQLトレースを任意のオブジェクト・ストレージに取得できるようになりました。SQLの実行詳細の確認に 利用できます。 • データベースプロパティのDEFAULT_LOGGING_BUCKETとDEFAULT_CREDENTIALの設定が必要

    • ALTER SESSION SET SQL_TRACE=TRUE/FALSEで有効化、無効化 • 無効化のタイミングでファイル出力。セッション中であればSESSION_CLOUD_TRACEビューで確認可能 • トレースファイル名(パス)に識別子、アプリケーションモジュール名に設定可。同一セッションで複数回トレースを有効 化/無効化した場合はサフィックスに数字がつき個別にファイルが生成される 2021/8 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 77
  78. Export Data as JSON to Cloud Object Store オブジェクト・ストレージへのJSON形式での出力 DBMS_CLOUD.EXPORT_DATAを使用して、クエリの結果をJSON形式のファイルとして直接オブジェクト・ストレージに

    出力できるようになりました。 • システムリソースに依存して複数のファイルとして出力される • 数はCPU数、接続サービス、データサイズが影響 • 出力ファイル名の形式 • [ FileNamePrefix | CLIENT_INFO _モジュール_アクション] _ sequenceNum _タイムスタン プ.format_extension.[ compression_extension ] 2021/8 BEGIN DBMS_CLOUD.EXPORT_DATA( credential_name => 'DEF_CRED_NAME', file_uri_list => 'https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/n/namespace-string/b/bucketname/o/dept_export', query => 'SELECT * FROM DEPT', format => JSON_OBJECT('type' value 'json')); END; / Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 78
  79. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Load Data

    from a Source File with Fixed Width Data 固定長ファイルからのデータ・ロードの例 DBMS_CLOUD.CREATE_EXTERNAL_TABLEを利用した固定長ファイルからのデータ・ロード例がドキュメントに追加さ れました(外部表を作成します)。実装の参考にご利用ください。 2021/8 BEGIN DBMS_CLOUD.CREATE_EXTERNAL_TABLE( table_name => '<YOUR_TABLE_NAME>' , credential_name => '<YOUR_CREDENTIAL_NAME>' , file_uri_list => '<YOUR_ORACLE_OBJECT_STORE_URL>' , format => json_object('trimspaces' value 'rtrim','skipheaders' value '1', 'dateformat' value 'YYYYMMDD') , field_list => 'object_id (1:3) char , object_name (4:14) char , object_type (15:39) char , created_date1 (40:45) date mask "YYMMDD" , created_date2 (46:53) date , last_ddl_time (54:61) date , status (62:71)' , column_list => 'object_id number , object_name varchar2(30) , object_type varchar2(25) , status varchar2(10) , created_date1 date , created_date2 date , last_ddl_time date'); END; / 固定長ファイル 79
  80. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Set Patch

    Level パッチ適用タイミングの設定 プロビジョニング、クローン時にパッチレベルとしてパッチの適用タイミングを定期と早期の2つから選択できるようになりました。 早期の場合、通常の1週間前に適用が行われますので、全てのシステムに適用する前に事前検証することが可能になりま す。 注意点 • すべての地域で使用できるわけではない(東京、大阪リージョンは定期のみ、2021/8時点) • Autonomous Data Guard構成では定期のみ、2021/8時点 • 更新可能なクローンの場合はソースのパッチレベルと同じになる 2021/8 80
  81. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | View Patch

    Details パッチ詳細情報の参照 パッチの詳細をADMINユーザでDBA_CLOUD_PATCH_INFOビューを参照することで確認できるようになりました。 • 参照できるのは2021/7以降のパッチ(ADBS-21.7.1.1)~ 2021/7 81
  82. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Include Developer

    Tools Links in Wallet Readme File ウォレットファイルにツールのリンクを記載 Database ActionsやGraph Studio、APEXなどのツールのURLがWalletのReadmeファイルに含まれるようになりました。 • 含まれるリンク情報 • Database Actions • Graph Studio • Oracle Apex • Oracle Machine Learningユーザ管理 • Oracle Machine Learning Notebook • Service Console • SodaドライバのダウンロードURL • ウォレット・タイプがリージョナル・ウォレットの場合はSodaドライバのダウンロードURLのみで他のツールのリンクは含まれま せん。 2021/7 82
  83. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Fractional OCPUs

    and GB Storage 1未満のOCPU割り当てとGB単位のストレージ割り当て 1未満のOCPU割り当てとGB単位のストレージ割り当てでAutonomous Databaseを作成できるようになりました。データ ベース統合インフラとしてさらに使いやすくなりました。 RU19.11以降 OCPU:0.1 - 0.9 OCPUの割当てが可能。1以上は整数値 • メモリと同時セッション数の割り当てはOCPU設定値に比例 • Autoscalingの場合は3倍にした値で小数点以下を切り上げたOCPUまでとなる ストレージ:32GBから割当てが可能。1GB単位で増分可。 2021/6 Dedicated 83
  84. Change MEDIUM Service Concurrency Limit from Service Console サービスコンソールからのMEDIUMサービスの同時実行数変更 4月に実装されたMEDIUMサービスの同時実行数制限の変更がサービス・コンソールからも可能になりました。

    2021/6 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 84
  85. Automatic Partitioning 自動パーティショニング 自動パーティショニングは指定されたスキーマのテーブルとインデックスのパーティション作成を分析および自動化します。 実行されるステップ 1. 指定された表のワークロードを分析し、パーティショニング候補となる表を特定する 2. パーティション構成を内部で実装し、パフォーマンスを検証し、パーティショニングを実装する推奨事項を生成する 3.

    自動実装、または手動で対象の表に推奨事項を適用する 留意点 • デフォルトは無効なので有効化の操作が必要 • パフォーマンス検証および推奨事項の実装でリソースが使用される(検証ではCPUとI/Oおよび最大の候補となる表の 1~1.5倍の追加領域が一時的に必要) • リソース使用の観点で本番データベースではなく検証用のデータベースでの使用を推奨 • ワークロード情報が必要であるため、それを含むADBのクローンを使用するか、または手動でのワークロード実行が必要 2021/6 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 85
  86. Use Customer-Managed Encryption Keys 顧客管理の暗号化キーの利用 TDEのマスターキーにOCI Vaultで作成した顧客管理の暗号化キーの利用が可能になりました。 • デフォルトはOracle管理の暗号化キー。インスタンス作成時だけでなく「暗号化キーの管理」でいつでも切り替え可能。 •

    顧客管理の暗号化キーはOCI Vaultに格納。キーを削除するとデータベースにアクセスできなくなるため注意 • OCI Vaultでキーを再作成し、暗号化キーの管理で新しいキーを指定することでキーのローテーションが可能(OCI Vaultでのキーのローテションではないことに注意) • 最後のローテーションから15日間以内はローテーション不可(エラーになる) • ローテーションのときのデータベースのダウンタイムはなし • ローテーションの履歴はキー履歴で確認可 2021/6 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 86
  87. Autonomous Database RMAN Recovery Catalog RMANリカバリ・カタログとしての利用 Autonomous DatabaseをRecovery Manager(RMAN)のリカバリ・カタログ・データベースとして利用できるようになりま した。リカバリ・カタログとは、1つ以上のOracle

    Databaseに関するメタデータを格納するためにRMANが利用するデータ ベース・スキーマのことです。 • リカバリ・カタログはインストール済みであり、事前定義ユーザRMAN$VPCユーザでアクセスする • RMAN$VPCユーザでのアクセスはRMAN$VPCユーザのロックを解除するか、ADMINユーザを介して接続する • ADMINを介しての接続例 • リカバリ・カタログへの接続はLOWサービスが推奨 2021/6 connect admin[rman$vpc]/password@connect_string Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 87
  88. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Read-Only Mode

    for Sessions セッションレベルでの読み取り専用モード セッションレベルで読み取り専用モードの設定ができるようになりました。他に影響を与えず、自セッションのみ読み取り専用 モードにすることができます。 2021/6 SQL>select open_mode from v$pdbs; OPEN_MODE ---------- READ WRITE SQL> alter session set read_only=true; SQL> create table table1 (col1 number); ERROR at line 1: ORA-16000: database or pluggable database open for read-only access 88
  89. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Documentation Addition:

    CS_RESOURCE_MANAGER Package CS_RESOURCE_MANAGERパッケージ CS_RESOURCE_MANAGERパッケージの記載がドキュメントに追加されました。CS_RESOURCE_MANAGERパッケー ジを利用することで、SQLでコンシューマーグループのパラメーター表示や更新し、デフォルト値に戻すことが可能です。 例:コンシューマグループのパラメータの設定値を確認し、HIGHグループのshares値を更新 2021/6 SQL> SELECT * FROM CS_RESOURCE_MANAGER.LIST_CURRENT_RULES(); CONSUMER_GROUP ELAPSED_TIME_LIMIT IO_MEGABYTES_LIMIT SHARES CONCURRENCY_LIMIT DEGREE_OF_PARALLELISM -------------- ------------------ ------------------ ------ ----------------- --------------------- HIGH 4 3 3 MEDIUM 2 2 9 LOW 1 900 1 BEGIN CS_RESOURCE_MANAGER.UPDATE_PLAN_DIRECTIVE( consumer_group => ‘HIGH', shares => 8); END; / 89
  90. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | FY21 Q4

    Autonomous Database 主なアップデート • Oracle Machine Learning AutoML User Interface/Oracle Machine Learning for Python (OML4Py) • OMLノートブックでAutoML UIとPythonを利用可能に • Graph Studio • Autonomous Databaseのデータからグラフを作成できるツールを追加 • View and Manage Customer Contacts for Operational Issues and Announcements • ADBごとに通知を送信する連絡先の設定が可能に • Always Free Autonomous JSON Database/Always Free Oracle APEX Application Development JSONとAPEXタイプのADBがAlways Freeに登場 • Maintenance History メンテナンスの履歴を確認できるように 90
  91. 2021/3 • Autonomous Database Tools for Database Actions (2月に記載) •

    Maintenance History • Oracle Machine Learning AutoML User Interface • Oracle Machine Learning Models • ADMIN Password Expiration Warning Event • Oracle Machine Learning for Python (OML4Py) 2021/4 • Autonomous Database Events • DBMS_CLOUD REST API Results Cache • View and Manage Customer Contacts for Operational Issues and Announcements • Always Free Autonomous JSON Database • Always Free Oracle APEX Application Development • Expiring Wallets Notification • Documentation Addition: Oracle Graph • Documentation Addition: Oracle Spatial • Download Data Pump Dump File Set with Script 2021/5 • Query Big Data Service Hadoop (HDFS) Data • Amazon Resource Names (ARNs) to Access AWS Resources • Resource Principal to Access Oracle Cloud Infrastructure Resources • Graph Studio ADB-S サービスアップデート(FY21Q4) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 91
  92. 2021/4 • Customer-managed encryption keys for Autonomous Container Databases with

    cross availability domain Autonomous Data Guard deployments. • Support for Oracle GoldenGate Capture and Replicat • Oracle Cloud Infrastructure navigation menu changes. • X8M systems available for dedicated Autonomous Database deployments on Public Cloud. • Support for software protected keys. 2021/5 • Restrict Access Using a Network Access Control List • Oracle Operator Access Control for Autonomous Database on Oracle Exadata Cloud@Customer deployments. ADB-D サービスアップデート(FY21Q4) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | ★を記載 92
  93. Transparent Application Continuity (TAC) on Autonomous Database 透過的アプリケーションフェイルオーバーのサポート ADB-SでTAC(透過的アプリケーションコンティニュイティ)を利用できるようになりました。TACを利用すると、アプリケーショ ンのコード変更をすることなく、アプリケーションの継続的な可用性を確保することができます。

    TACはAutonomous Database固有でなく、Oracle Databaseの機能となります。詳細はこちらをご覧ください。 • TechNightセミナー#39 「高可用性アーキテクチャ - アプリケーションの継続性] • 資料 : https://speakerdeck.com/oracle4engineer/apurikesiyonkonteiniyuitei • 動画 : https://videohub.oracle.com/media/1_3reh7niv 注意 • デフォルトでは無効 • Javaアプリケーションの場合はパッチの適用が必要です 2021/5 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 93
  94. Amazon Resource Names (ARNs) to Access AWS Resources ARNを使用したAWSリソースへのアクセス Amazonリソースネーム(Amazon

    Resource Names/ARN)を使用してAWSリソースへアクセスできるようになりました。 AWSのロールの信頼ポリシーでOracleのAWSユーザARNを外部IDとして登録し、そのロールARNを指定してADBでクレ デンシャルを作成します。そのため、AWSアクセス・キーIDを利用するクレデンシャル作成は不要になります。 利点 • AWS リソースへのロールベースのアクセス制御が可能 • 各ロールのポリシーで設定 • AWSアクセスキー・IDを利用しないことによるセキュリティの向上 2021/5 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 94
  95. Resource Principal to Access Oracle Cloud Infrastructure Resources リソース・プリンシパルを使用したOCIリソースへのアクセス DBMS_CLOUDおよびOCI

    PL/SQL SDK APIで、リソース・プリンシパルを使用したOCIリソースへのアクセスが可能になり ました。リソース・プリンシパルはOCI Identity Access Management(IAM)の一部で、OCIリソースが特定のOCIサービス をAPIで呼び出すことを承認します。この承認は動的グループとIAMポリシーを通じて確立されます。 利点 • DBMS_CLOUD.CREATE_CREDENTIALで個別のクレデンシャル作成が不要になり、OCIリソースへのアクセス管 理がシンプルになる 注意 • リソース プリンシパル トークンは2時間キャッシュされるため、ポリシーまたは動的グループを変更した場合2時間待つ 必要があります • リフレッシャブルクローンでは利用不可 2021/5 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 95
  96. Graph Studio Graph Studioがツールに追加 Graph StudioがAutonomous Databaseのツールに追加されました。Graph Studioを利用することで、グラフ分析の実 行やグラフモデルの作成、グラフアプリケーションの開発、ビジュアライズ、共有作業を簡単に行うことができます。 •

    ドキュメントおよびワークショップをご活用ください • Using Graph Studio in Oracle Autonomous Database • https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/autonomous-database/csgru/get-started-using-graphs.html • LiveLabsワークショップ • Getting Started with Graph Studio Workshop • https://apexapps.oracle.com/pls/apex/dbpm/r/livelabs/view-workshop?wid=758 2021/5 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 96
  97. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Change MEDIUM

    Service Concurrency Limit MEDIUMサービスの同時実行数制限の変更 MEDIUMサービスの同時実行性制限(CONCURRENCY_LIMIT)の変更ができるようになりました。 デフォルトのサービス設定でニーズが満たされない場合にMEDIUMサービスをカスタマイズして対応することができます。 同時実行性制限の変更に伴い、並列度(DOP :DEGREE_OF_PARALLELISM)も変更されます。 • 注意事項 • MEDIUMサービスでのみ許可 • OCPUの数が1より大きい場合にのみ許可 • 同時実行性制限は1から3 x OCPU数の範囲で設定(DOPの範囲は2から自動スケーリングOFFの場合は2*OCPU 数、自動スケーリングONの場合は6*OCPU数となる) • デフォルト値に戻すのはいつでも可能 • MEDIUMサービスのデフォルト値 • 同時実行制限:1.26*OCPU数 • DOP:OCPU数は4以上の場合は4、 OCPU数が4未満の場合のOCPUの数 2021/4 97
  98. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Change MEDIUM

    Service Concurrency Limit MEDIUMサービスの同時実行数制限の変更 変更 確認 デフォルト値へのリセット BEGIN cs_resource_manager.update_plan_directive(consumer_group=> ‘MEDIUM’, concurrency_limit=>2); END; / SELECT * FROM cs_resource_manager.list_current_rules(); BEGIN cs_resource_manager.update_plan_directive(consumer_group=> ‘MEDIUM’, concurrency_limit=>TRUE); END; / 98
  99. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | DBMS_CLOUD REST

    API Results Cache DBMS_CLOUD REST APIの結果キャッシュ DBMS_CLOUD REST APIでリクエストした結果をセッション終了までキャッシュに保存できるようになりました。 前にリクエストした結果を後で再度処理するという場合などに便利です。 • 結果キャッシュの有効化 • DBMS_CLOUD.SEND_REQUESTのcacheパラメータをtrueに設定 • cache_scopeパラメータでキャッシュ参照ユーザのスコープ指定も可 • 結果キャッシュの参照 • SESSION_CLOUD_API_RESULTSへの問い合わせ • 結果キャッシュの削除 • キャッシュサイズを0に設定することで削除 EXEC DBMS_CLOUD.SET_API_RESULT_CACHE_SIZE(0) 2021/4 SQL> DECLARE 2 resp DBMS_CLOUD_TYPES.resp; 3 BEGIN 4 resp:=dbms_cloud.send_request( 5 credential_name=>”クレデンシャル名”, 6 uri=>’リクエストURI”, 7 method=>DBMS_CLOUD.METHOD_xxx, 8 cache=>true); 9 END; 10 / SQL> SELECT timestamp FROM session_cloud_api_results; TIMESTAMP ------------------------------------------------------------- 13-MAY-21 02.55.05.352596 PM UTC 99
  100. サービス関連の問題を通知する連絡先リストをUIで設定できるようになりました。 ウォレットの有効期限、アップグレードや計画外のメンテナンスやその他サービスに関わる通知を指定した連絡先に送信で きます。 • 新規プロビジョニングでは必須の設定 (2021/9訂正) • ADBインスタンスごとに最大10個の電子メールアドレスを登録可 Copyright ©

    2022, Oracle and/or its affiliates | View and Manage Customer Contacts for Operational Issues and Announcements サービス関連通知の宛先設定と管理 2021/4 100
  101. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Expiring Wallets

    Notification Wallet有効期限切れの通知 ウォレットの有効期限の6週間前から、オラクルからウォレットの有効期限を示す通知メールが毎週送信されるようになりま した。 なお、ウォレットの有効期限はイベントでもCriticalとして通知させることが可能です。 2021/4 101
  102. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Always Free

    Oracle APEX Application Development/Autonomous JSON Database Always Freeで利用できるADBタイプの追加 Always FreeでAPEX Application DevelopmentとAutonomous JSON Databaseが利用できるようになりました。 以下の制限がありますが、 Always FreeではAutonomous Databaseを2つまで利用可能です。 • Always FreeのAutonomous Databaseのリソース制限 • 1OCPU • 最大20GBのストレージ • 最大20の同時データベースセッション • HTTPを利用したツール(APEX/ORDS/Database Actions)へのアクセスは約3~6人 • リソースが不足する場合はUniversal Credit(有償)へのアップグレードが可能 2021/4 102
  103. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Documentation Addition:

    Oracle Graph/Oracle Spatial Oracle GraphとOracle Spatialのドキュメント記載 Oracle GraphとOracle Spatialを利用するとAutonomous Databaseに格納したデータのグラフ、空間分析を実現でき ます。ドキュメントに制限を含め記載が追加されました。 2021/4 • Oracle Graphの制限 • SQLDeveloperデスクトップ用のSPARQLエディタ は非サポート • SEM_MATCH(SQL APIのSPARQL)、 SEM_APIS.UPDATE_MODEL,SEM_APIS.SP ARQL_to_SQLは非サポート • EclipseRDF4J用,ApachJena用のアダプタは非 サポート • Oracle Spatialの制限 • ビジュアライズはOracle Maps CloudService にアクセスするPL/SQL APIを介したサポート • Spatial Studio、Oracle Spatial Visalization Compornentは別途ダウンロードが必要 • 以下は使用不可 • GeoSpatial ConsoritumWebサービスのオープン • ネットワークデータモデル • トポロジーデータモデル • 点群データ型 • 3次元ジオメトリタイプ及び関連オペレータ、ファン クション、ユーティリティ • Spatial型のGMLへの変換 103
  104. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Download Data

    Pump Dump File Set with Script スクリプトによるダンプファイルのダウンロード Data Pumpのエクスポートで分割されて出力されたオブジェクトストレージ上のダンプファイルすべてを、置換文字をサポー トするスクリプトを使用することで1つのコマンドでダウンロードすることができます。 スクリプトのサンプルがblogに紹介されているのでご利用ください。 https://blogs.oracle.com/datawarehousing/download-all-files-from-an-export-to-object-store-job-in- autonomous-database-using-curl 2021/4 104
  105. Maintenance History メンテナンス履歴 メンテナンスの履歴を見ることができるようになりました。過去(2021年2月~)のメンテナンスイベントの開始時刻や停止 時刻などを確認することができます。 • Autonomous Database情報のメンテナンスにがある履歴表示のリンクから確認できます 2021/3 Copyright

    © 2022, Oracle and/or its affiliates | 105
  106. Oracle Machine Learning AutoML User Interface AutoML UIの実装 OMLにAutoMLユーザーインタフェース(AutoML UI)が実装されました。AutoML

    UIを利用するとコードを書かずに反復 的で時間がかかるタスクを自動化することができます。データサイエンティストの生産性が向上するととも、アルゴリズム固有 の専門知識がない場合でもモデルの作成を行うことができます。 2021/3 データソース、予測したい列、予測タイプを選択するだけで特徴、 アルゴリズムの選択、モデルの調整/選択が自動実行される (ケースIDはオプション) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 106
  107. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle Machine

    Learning Models OML REST API Oracle Machine Learning ServiceとしてOMLのREST APIが利用できるようになりました。 REST APIを使用して、下 記のような機械学習モデルの管理およびデプロイを簡単に行えるため、データサイエンスチームとアプリ開発チーム間の連携 が容易になります。 モデル管理とデプロイ • データベース内のモデルとONNX形式を使用した3rdパーティモデルのデプロイ • Tensorflow、PyTorch、MXNet、scikitlearnなどのONNX形式モデルのインポート • 機械学習モデルの保存、バージョン管理、比較 • データベース内と3rdパーティのアルゴリズムから生成されたモデルのインポート • 名前空間でのモデルの整理 組み込みのコグニティブテキスト • トピックとキーワードの抽出 • センチメント分析 • テキストの要約と類似性 2021/3 {REST:API} 107
  108. ADMIN Password Expiration Warning Event ADMINパスワード期限切れの警告イベント ADMINパスワードの期限切れに関する警告イベントが追加されました。 • 30日以内にADMINパスワードの有効期限が切れる:ADMINパスワードが使用できなくなる日付を通知 •

    ADMINパスワードの有効期限が切れて使用できなくなった場合:ADMINユーザーパスワードをリセットする必要 があることを通知。 イベントタイプはCriticalに分類されます 2021/3 イベント・タイプ 含まれるイベント 条件 Critical AdminPasswordWarning ADMINパスワードの期限切れ30日以内、または期限切 れ後に発生 DatabaseDownBegin インスタンス利用不可、接続サービス利用不可 DatabaseDownEnd 利用不可からの回復 WalletExpirationWarning 期限切れの6週間前から最大週1回発生 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 108
  109. Oracle Machine Learning for Python (OML4Py) OML4Pyのサポート OML4PyをOML NotebooksのPythonインタープリターで実行できるようになりました。 PythonユーザーがPython構文を使用して、データベース表とビューのデータ操作やOMLの機械学習機能が利用できま

    す。 2021/3 OML4Pyの特長 • データベース内の表を Python Pandas Dataframe として取 り扱い、処理をデータベースへオフロード • Pythonライブラリとして、データベース内機械学習アルゴリズム の利用が可能 • データベースからPythonプロセスを直接実行可能 ( Pythonス クリプトやオブジェクト自体のDB管理等も可能) • AutoMLとModel Explainability(MLX) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 109
  110. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | FY21 Q3

    Autonomous Database 主なアップデート • Oracle APEX Application Development • APEXに特化したADBを低価格で提供 • Oracle Database 21c with Always Free Autonomous Database • 最新リリース21cが特定のリージョンのAlwaysFreeで利用可能 • Replicate Data and Capture Data with Oracle GoldenGate • GoldenGateのソースとしても利用可能に • Query Big Data Service Hadoop (HDFS) Data • Big Data ServiceのデータをADBから検索 • Oracle Database Actions • SQL Developer Webが名前を変えて機能拡張 110
  111. 2020/12 • Replicate Data and Capture Data with Oracle GoldenGate

    ★ • Oracle APEX Application Development ★ • Oracle Database 21c with Always Free Autonomous Database ★ • Oracle APEX20.2 2021/1 • Autonomous Database Events ★ • Manual Backup Enhancements ★ • Private Endpoint Support for Tools (Oracle Machine Learning Notebooks are supported with Private Endpoints) ⇒2020/9更新に追記 2021/2 • Query Big Data Service Hadoop (HDFS) Data ★ • Oracle Database Actions ★ ADB-S サービスアップデート(FY21Q3) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | ★を記載 111
  112. 2020/12 • ADB-D on Exadata Cloud@Customer: Monitor Performance with Autonomous

    Database Metrics 2021/1 • ADB-D on Exadata Cloud@Customer: Access Control List (ACL) to Restrict Access to Autonomous Data Guard Enabled Autonomous Databases 2021/2 Managing One-off Patches as Part of Dedicated Exadata ★ ADB-D サービスアップデート(FY21Q3) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 112
  113. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle APEX

    Application Development APEXアプリケーション開発 低価格で利用できるAPEXアプリケーション開発専用のADBが提供されました • 価格はAJDと同じ1OCPUあたり$0.3226(¥38.712)/1h • ATPにアップグレードすることが可能です。 新しいメニュー:APEXアプリケーション開発 • ADBではなくAPEX管理目線のメニュー • APEXインスタンスの作成 • APEXの起動 • APEXアプリケーションとページのメトリック • 以下は可だがネットワークやクローンなどのメニューはADB側で • ADBの停止、再起動 • スケール • Database Actionsの起動 2020/12 113
  114. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle APEX

    Application Development 制限事項 • Oracle Databaseクライアントはサポートされていません。Oracle Net Services(SQL * Net)接続は使用できませ ん。 • Oracle Machine Learning(OML)Notebookは含まれません。 • 更新可能なクローンはサポートされていません。 • Oracle Data Safeへの登録はサポートされていません。 • Autonomous Data Guard機能はありません。 • 事前設定されたREST対応SQLエンドポイント(/sqlで終わるURL)には直接アクセスできません。 • BYOL、Always Freeはありません • Sharedのみ • その他機能制限については以下マニュアルを参照ください • Oracle APEX Application Development Specific Limitations 114
  115. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle Database

    21c with Always Free Autonomous Database 21cがAlways Freeで選択できるように 特定のリージョン(IAD, PHX, LHR, FRA)のAlways Freeでバージョン選択で21cを選択できるようになりました。 21cの新機能の検証環境として無料でご利用いただけます。 • Always Freeはホームリージョンでの利用になるため、ホームリージョンが上のリージョンである必要があります。 • Automatic Materialized Viewsはサポートされません。 21cの紹介ブログもあわせてご確認ください https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/column_db21c 2020/12 115
  116. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Replicate Data

    and Capture Data with Oracle GoldenGate GoldenGateでソースとして利用可能 GoldenGateでソースとしてADBが利用可能になりました。GoldenGateがサポートするデータベースにADBのデータをレプ リケートすることができます。 ソース/ターゲットどちらもサポートされたことにより、DRサイトのADB-Sとの論理レプリケーションが可能になりました。 以下の制約があります • Sharedのみ • 統合Extractのダウンストリーム・デプロイ構成(Downstream Integration extract)は不可 詳細は以下のGoldengateのドキュメントをご確認ください。 • Using Oracle GoldenGate with Autonomous Database • 17.3 Configuring Extract to Capture from an Autonomous Database 2020/12 116
  117. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Query Big

    Data Service Hadoop (HDFS) Data Big Dataサービスへのクエリ Oracle Big Data ServiceのCloud SQL Query ServerにADBからデータベースリンクを作成できるようになりました。 ADBからOracle Big Data ServiceのHive/Hadoopデータに検索を行うことができます。 • Hadoop上のデータはCloud SQL Query Serverにより高速に処理(複数プロセスによる並列化) 2021/2 考慮点 • Query Server側の1521ポートの開放 • TLS暗号化を有効にするため、Query Server上でWalletの作成 • ADBでQuery Serverの接続ユーザの資格証明を DBMS_CLOUD.CREATE_CREDENTIALで作成することが必要 • データベースリンクは DBMS_CLOUD_ADMIN.CREATE_DATABASE_LINKで作成 Big Data Serviceのドキュメントに手順の例がありますので参考にしてく ださい Use Case: Query a Secure Cloud SQL from Autonomous Database 117
  118. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle Database

    Actions データベース・アクション SQL Developer Webの呼称がDatabase Actionsとなりました。以下の開発、管理、監視機能をWeb UIから利用が でき、データベースを管理するDBAだけでなく、分析や開発などデータを使う立場のユーザにも活用いただけるツールとして 進化しています。 • 開発:SQL実行、RESTデータサービスの操作、APEXの起動、データモデル図の生成、JSONデータの操作 • データ・ツール:データのロード、データ・インサイト、カタログ • 管理:データベースユーザの管理 詳細な利用方法はDatabase Actionのドキュメントもご確認ください • Using Oracle Database Actions 2021/2 118
  119. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle Database

    Actions Built-in tools for self-service data management https://www.youtube.com/watch?v=TqXRsUfKJgE 119
  120. Oracle Database Actions 機能一覧 Copyright © 2022, Oracle and/or its

    affiliates | 120
  121. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 開発 REST

    ORDS(Oracle REST Data Services)ベー スのRESTful Webサービスの開発および保護 • リソースモジュールの作成、編集、セキュリ ティ設定 • オブジェクトに対しSQL Worksheetで RESTを有効化しAutoRESTとして管理 121
  122. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle Database

    Actions JSON JSONコレクションの管理とクエリが可能 • JSONコレクションの表示、作成、削除と検索 • JSON検索索引の管理、JSONデータガイド図の表示 • コレクションのドキュメント表示、追加、編集、削除 • コレクション内のドキュメントのクエリ 19c以降のリリース、およびSODA_APPロールを持つデータ ベース・ユーザーとしてサインインした場合にのみ使用可能 122
  123. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle Database

    Actions データ・モデラー SQL Developer Data Modelerが統合されています • 既存のスキーマから図を作成、エクスポート • データディクショナリ情報の取得 • DDLステートメントの生成 123
  124. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle Database

    Actions データ・ロード シンプルなドラッグアンドドロップによる データロード • ローカル・ファイル • クラウド・ストレージ(OCI Object Storage/AWS S3/Azure Blob Storage) • Oracle Database(オンプレミス/ • クラウド) 124
  125. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle Database

    Actions ビジネス・モデル 分析ビュー • リレーショナルデータに対して高パフォーマンス の多次分析を可能にする 自動作成 • ADWに組み込まれたビジネスモデル 自動多次元キャッシュ • ローカル、リモート両方のデータに対して有効 あらゆる分析ツールで利用可 • 標準SQLでのクエリ • アプリケーション変更は不要 125
  126. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle Database

    Actions データ・インサイト:自動インサイトディスカバリ • ビジネスモデルへのクロールをバックグラウンド プロセスで実行 • 隠れたパターン、異常値、外れ値を発見す る • 回帰スロープを含むさまざまなアルゴリズムを 利用 予想と大きく離れている値を強調 126
  127. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle Database

    Actions カタログ:データ系統と影響分析 • ビルトインのメタデータリポジトリ • 全てのコンポーネントで共有 • 将来的にOCI Data Catalogと統合 系統と影響分析のためのUI • すべてのユーザーに表示 • SQLおよびPL/SQLインタフェース 127
  128. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Autonomous Database

    Events ライフサイクルイベントの追加 計画スケジュールとウオレットの有効期限のワーニングを通知するライフサイクルイベントが追加されました。太字が追加され たイベントです。 2020/1 イベント・タイプ 含まれるイベント 条件 Critical DatabaseDownBegin インスタンス利用不可、接続サービス利用不可 DatabaseDownEnd 利用不可からの回復 WalletExpirationWarning 期限切れの6週間前から最大週1回発生 Information MainentanceBegin メンテナンス開始(メンテナンススケジュール時刻での発生ではない ことに注意) MaintenanceEnd メンテナンス終了 DatabaseConnection 新規IPアドレス(過去30日間において接続なし)からの接続検知 NewMaintenanceSchedule 次回計画メンテナンス日時の通知(メンテナンス終了後に発生) ScheduledMaintenanceWarning 計画メンテナンスの時間から1時間前と24時間前に発生 個別に指定 個別のイベント条件(Database Service: Autonomous Database Event Types に記載されているタイプを指定) 128
  129. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Manual Backup

    Enhancements 手動バックアップの機能拡張:任意のバケット名が利用可能 手動バックアップ先のオブジェクトストレージのバケットに、これまでのbackup_<<データベース名>>のほかに任意の名前が 利用できるようになりました。 作成したバケットのバケットURLを”DEFAUTL_BACKUP_BUCKET”プロパティに設定して指定します 設定はdatabase_propertiesディクショナリ、コンソールの手動バックアップ・ストアで確認できます 注意 • DEFAULT_BACKUPプロパティの設定によるbackup_<<データベース名>>のバックアップも継続利用可能ですが、 DEFAULT_BACKUP_BUCKETの指定を推奨します。 • DEFAULT_BACKUP_BUCKETに新しくバケットを指定した場合、過去に別の場所に取得していた手動バックアップ はリストアできません。リストアする場合はDEFAULT_BACKUP_BUCKETにリストア対象の手動バックアップのバケット URLの指定が必要です。 2021/1 ALTER DATABASE PROPERTY SET default_backup_bucket='https://swiftobjectstorage.us-phoenix- 1.oraclecloud.com/v1/namespace-string/bucket_name'; 129
  130. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Managing One-off

    Patches as Part of Dedicated Exadata Infrastructure Maintenance 個別パッチの管理 Autonomous Exadata Infrastructureに個別パッチの適用ができるようになりました。 • サービスリクエストでOracle Supportから提供される個別パッチ • OCI通知サービスとイベントサービス、またはサービスリクエスト上で個別パッチが利用可能になったことを知ることができる • 適用タイミングはデフォルトでは利用可能になってから72時間以内で自動適用される(コンソールで変更可) 手順 1. Notification(通知)を受けたOCIDをコンソールで検索します 2. 詳細ページの「次のメンテナンス」の「表示」リンクをクリックします 3. 個別パッチは[計画外のメンテナンス]セクションに、[タイプ]がOne-Off Patchとして示されます • パッチのスケジュールされた開始時刻を変更したい場合は [編集]をクリックして時刻を変更します。 • または[今すぐパッチ]をクリックしてすぐにインストールすることができます 4. 「メンテナンスの実行」をクリックします 2021/2 Dedicated 130
  131. Managing One-off Patches as Part of Dedicated Exadata Infrastructure Maintenance

    個別パッチの管理 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 131
  132. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | FY21 Q2

    Autonomous Database 主なアップデート Use Autonomous Data Guard to protect against disasters and failures DedicatdeでAutonomous Data Guardが利用可能に PL/SQL SDK for Oracle Cloud Infrastructure Resources PL/SQLでOCIリソースの管理が可能に Refreshable Clone • クローンタイプに更新可能なクローンが追加 132
  133. 2020/9 • Private Endpoint Support for Tools • Read-Only and

    Restricted Modes • Refreshable Clone 2020/10 • User-Defined Profiles Minimum Password Length • PL/SQL SDK for Oracle Cloud Infrastructure Resources • Database Actions in SQL Developer Web • Autonomous Database Events • Performance Hub ADDM Tab 2020/11 • Amazon S3 Presigned URLs • Azure Blob Storage Shared Access Signatures (SAS) URLs ADB-S サービスアップデート(FY21Q2) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 133
  134. 2020/9 • X8M-2 systems available on Exadata Cloud@Customer deployments 2020/10

    • Use Autonomous Data Guard to protect against disasters and failures • Manage your own encryption keys 2020/11 • Restrict Access Using a Network Access Control List(ExaC@C) ADB-D サービスアップデート(FY21Q2) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 134
  135. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | ……... HA

    Standby AuDG to protect against disasters and failures DedicatedでAutonomous Data Guardを利用可能に RAC と Active Data Guard による高可用性構成を簡単に構築 2020/10 ……... Server2 Server1 RAC Primary Server1 Server2 Exadata Infra 1 AD1 Exadata Infra 2 AD3 DR Standby Server1 Server2 Exadata Infra 3 AD2 Primary Region 1 Region 2 RAC RAC CDB AuDG Remote HA Standby AuDG Remote DR Standby • SLO 99.995% • RTO / RPO の極小化 • 1/4, 1/2, Full Rack Clusters • RACによるノード障害への対応 • Active Data Guardによるサイ ト障害への対応 • Transparent Application Continuityの統合 Dedicated 135
  136. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Autonomous Dedicated

    - Autonomous Data Guard 構成手順(1) コンテナDBの新規作成時にAuDGを有効化を選択 • AEI • 保護モードを選択 • 最大パフォーマンス(非同期) • 最大可用性 (同期) • 自動メンテナンスの設定(次ページ) 既存のACDでAuDGの有効化は今後予定 136
  137. Autonomous Dedicated - Autonomous Data Guard 構成手順(2) 自動メンテナンスの設定 • プライマリCDBのメンテナンス後に、スタ

    ンバイCDBのメンテナンスが実施される • ユーザーはプライマリとスタンバイのメン テナンス実行間のバッファ期間を選択 • 1日から7日の間で任意の期間を設定 可能(デフォルトは7日) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 137
  138. Autonomous Dedicated - Autonomous Data Guard 構成手順(3) ADBインスタンス作成時にAuDG構成のCDBを選択する Copyright ©

    2022, Oracle and/or its affiliates | 138
  139. Autonomous Dedicated - Autonomous Data Guard スイッチオーバー、フェイルオーバー GUI/APIから操作可能 • スイッチオーバー

    : プライマリとスタンバイのロールを交換 • フェイルオーバー : スタンバイのCDBをプライマリ・ロールに変更(自動フェイルオーバーは今後予定) • Reinstate:フェイルオーバー後、障害が発生したスタンバイCDBを復旧 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 139
  140. Autonomous Dedicated - Autonomous Data Guard その他、特記事項 構成パターン • 同一リージョンもしくは異なるリージョンで構成可能

    • プライマリとスタンバイは別々のAEI上に配置する必要がある スタンバイへの読み取り専用アクセスが可能 プライマリへの変更はシームレスにスタンバイ側に反映される • スケールアップ • バックアップ操作、等 ログの適用状況の可視化(右図) OCI Events は AuDG に対応済み Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 140
  141. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Amazon S3

    Presigned URLs/Azure Blob SAS URLs S3とAzure Blobの署名付きURLを利用可能に DBMS_CLOUDパッケージでAmazon S3、Azure Blobに署名付きURLを指定してアクセスすることができるようになりま した 署名付きURLの場合は、DBMS_CLOUD.CREATE_CREDENTIALでのAWS、Azureのクレデンシャル登録が不要にな ります 2020/11 141
  142. User-Defined Profiles Minimum Password Length 最小パスワード長など、パスワードの複雑性を管理できるようになりました パスワード検証関数(PVF)を利用することでパスワードの複雑さを管理 • CLOUD_VERIFY_FUNCTION (Autonomous

    Databaseのデフォルト)以外に、 ORA12C_STIG_VERIFY_FUNCTIONなど、複数のPVFを利用可能。 • 大文字、小文字、特殊文字、過去24時間以内に使われたパスワードは選択不可、等が事前定義されている PVFにNULLを指定した場合はパスワードの最小値は8文字 • オンプレミスからのリフト&シフトに対応 • ただし、あくまでもPVFの利用が推奨(12文字以上など) 2020/10 SQL> CREATE PROFILE example_profile LIMIT PASSWORD_VERIFY_FUNCTION null; SQL> ALTER USER test PROFILE example_profile; SQL> ALTER USER test IDENTIFIED BY “Welcome"; ERROR at line 1: ORA-28219: password verification failed for mandatory profile ORA-20000: password length less than 8 bytes SQL> ALTER USER test IDENTIFIED BY “Welcome1"; User altered. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 142
  143. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | PL/SQL SDK

    for Oracle Cloud Infrastructure Resources PL/SQLでOCIリソースの管理が可能に PL/SQLでOCIリソースを管理できるPL/SQL SDK(DBMS_CLOUD_OCI_*パッケージ)が提供されました。SDKを利 用してADBからOCIリソースを操作することができます。 • OCIサービスごとに*の名前が異なります。APIリファレンス(https://docs.cloud.oracle.com/en-us/iaas/pl-sql- sdk/api-reference.html)をご確認ください • 利用には対象のリソース管理権限をもったユーザのOCIの資格証明(Credential)作成が必要です • 例: • SDKを使ったコーディングはドキュメントのExamplesまた以下を参考にしてください Autonomous Database adds PL/SQL to its arsenal of OCI native SDKs 2020/10 BEGIN DBMS_CLOUD.CREATE_CREDENTIAL ( credential_name => ‘SDK_CRED', user_ocid => 'ocid1.user.oc1..aaaaaaaam2...', tenancy_ocid => 'ocid1.tenancy.oc1..aaaaaaaakc...', private_key => 'MIIEogIBAAKCAQEAtU...', fingerprint => 'f2:db:d9:18:a4:aa:fc:83:f4:f6..’); END; / 143
  144. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Database Actions

    In SQL Developer Web SQL Developer Webによるユーザー管理 データベース内のユーザー(スキーマ)の管理がGUIで可能に • 新規ユーザーの作成 • 既存ユーザーの編集 • パスワードの有効期限の確認 • パスワード変更 • アカウントロック、および解除 • ロールの確認、変更 • RESTの有効化・無効化 • ユーザーの削除 2020/10 ① ② 144
  145. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Use Autonomous

    Database Events 通知イベントの拡張 OCI Eventsサービスにデータベースの停止やメンテナンスに関するライフサイクルイベントを通知できるようになりました。 ルールに指定するイベント・タイプは以下の3種類になります ※Database Service: Autonomous Database Event Types に記載されているタイプを指定 2020/10 イベント・タイプ 含まれるイベント 条件 Critical DatabaseDownBegin インスタンス利用不可、接続サービス利用不可 DatabaseDownEnd 利用不可からの回復 Information MainentanceBegin メンテナンス開始(メンテナンススケジュール時 刻の通知ではないことに注意) MaintenanceEnd メンテナンス終了 DatabaseConnection 新規IPアドレス(過去30日間において接続な し)からの接続検知 個別に指定※ 個別のイベント条件 145
  146. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Performance Hub

    ADDM Tab パフォーマンス・ハブでADDM分析結果を確認可能に パフォーマンス・ハブにADDMタブが追加されました ADDMはAWRデータを定期的に分析しパフォーマンスの推奨事項を提供します 2020/10 146
  147. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Private Endpoint

    Support for Tools プライベートエンドポイントで付属ツールが利用可能に OMLを除く以下の付属ツールがプライベートエンドポイントでも利用可能になりました • SQL Developer Web • Oracle Applicaton Express • Oracle Rest Data Services(ORDS) • Oracle Machine Learning Notebook (2021/1 にサポート) VCNで実行されるコンピュートインスタンスからのみアクセスできるプライベートIPアドレスが利用されます 2020/9 147
  148. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Read-Only and

    Restricted Modes 操作モードの選択が可能に Autonomous Databaseの操作モードが選択できるようになりました • 読み取り/書き込み(デフォルト) • 読み取り専用 さらに、追加で管理者アクセスのみを許可するモードを選択可(RESTRICTEDSESSION特権もつユーザのみ) 2020/9 148
  149. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Refreshable Clone

    リフレッシュ可能クローン クローン・タイプにリフレッシュ可能クローンを選択できるようになりました。 • 実行中インスタンスの更新を引き継ぐ読み取り専用のクローン • 1つのインスタンスから複数の更新可能クローンの作成が可能 • 他の部門、コンパートメント跨ぎでの共有が可能であり、コストの分散が可能(クエリ・オフロード) • 1週間以内のリフレッシュが必要(1週間(168時間)を経過するとリフレッシュ不可) • そのまま読み取り専用のDBとして利用するか、ソースから切断して通常のR/W可能なインスタンスとしての利用が可能 2020/9 149
  150. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Refreshable Clone

    特記事項など クローン先の構成 • コンパートメントの指定 • OCPUを指定(ストレージサイズはソースを継承) • Auto Scaling選択可能 • Public / Privateの選択、BYOLの選択が可能 特記事項 • リージョン跨ぎのクローニングは不可 • Always Freeは未対応 • AJDは未対応 • 18c は未対応。19cにアップグレードする必要がある • カスケードは不可 • 更新可能なクローンから更新可能なクローンの作成は 不可 • ただし更新可能なクローンからフルクローン、メタデータク ローンの作成は可能 • ADMINパスワードはソースDBから継承される(変 更したい場合はソースDBのパスワードを変更する) • APEX,MLは利用不可 • ストレージのサイズはソースDBから継承される。ソース が変更になると、次回リフレッシュ時にストレージサイ ズの変更が加わる。 • AWRは利用不可 • 通常インスタンスと同様、更新可能なクローンの停止 により、OCPUの課金が止まる。 データベースへの操 作は不可。 150
  151. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | FY21 Q1

    Autonomous Database 主なアップデート • Autonomous JSON Database • ドキュメントデータベースとしてJSONに特化したADBを低価格で提供 • Amazon S3-Compatible Object Stores • Amazon S3互換のオブジェクトストレージからデータロードが可能に • Autonomous Data Guard(Cross-AD HA) • AD間の高可用性構成を簡単に構築 • フェイルオーバー、スイッチオーバーが可能に • Manage User Profiles with Autonomous Database • パスワードを柔軟に管理できるようになりました • Autonomous Database on Exadata Cloud@Customer • お客様のDC内で、Autonomous Database(ADW/ATP) を利用可能に 151
  152. 2020/6 • ORC Format and Complex Types • PUT_OBJECT Maximum

    File Transfer Size Increase • Customer Managed Oracle REST Data Services • Performance Hubの機能強化 2020/7 • Autonomous Data Guard(Cross-AD HA) • Create and Alter User Profiles • Network Access Change • Use Database Links to Access Non-Oracle Databases • Autonomous Database on Exadata Cloud@Customer • Oracle Application Express Release 20.1 • Enterprise Manager for Autonomous Database 2020/8 • Autonomous JSON Database • Rename Database • Oracle Data Safe now supports Autonomous Database on Shared Exadata Infrastructure with private VCN access • Amazon S3-Compatible Object Stores • Asynchronous Requests using SEND_REQUEST • Performance Hub:ASH Data Resolution ADB-S サービスアップデート(FY21Q1) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 152
  153. 2020/6 • Autonomous Database now available on Exadata Cloud@Customer •

    New Performance Hub Features 2020/7 • Manage upcoming maintenance events • Assess security of your database using Data Safe 2020/8 • In-database support for Microsoft Active Directory users ADB-D サービスアップデート(FY21Q1) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 153
  154. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Autonomous JSON

    Database ドキュメントサービスに特化した3つ目のAutonomous Database JSONを中心とした開発のためのサービス • JSONを利用したNoSQL型アプリケーションの開発に特化 • JSONコレクションベースのデータモデル • 各種言語,ドライバにAPIを提供 開発を加速するための実績あるエンタープライズ・データベース機能 • ACID トランザクション • JSONデータに対するSQLによるレポーティング処理、分析処理が可能 • リレーショナルデータ用に20GBの領域を利用可能 Autonomous Database の特徴はそのまま • 高い可用性、セキュリティ、柔軟性 2020/8 AJD 154
  155. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Autonomous JSON

    Database NoSQL および SQL からのアクセスをサポート JSON Oracle Database / Exadataを使用した JSONドキュメントの保存と管理 JSONに対するSQLベースの レポート作成と分析操作 SQL Autonomous Database SODA APIを使用して 開発されたアプリケーション 155
  156. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Autonomous JSON

    Database NoSQLスタイルのAPI: SODA (Simple Oracle Document Access) SODA APIs • NoSQLスタイルのAPI • Java, JavaScript/Node.js, Python, REST, PL/SQL, C… • JSONデータの管理に利用 • create collections • store documents in collections • retrieve documents • query documents 156
  157. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Autonomous JSON

    Database SQLによる問い合わせ : シンプルな構文 SQL> select j.PO_DOCUMENT 2 from J_PURCHASEORDER j 3 where j.PO_DOCUMENT.PONumber = 1600; SQL> select * 2 from CUSTOMER NESTED jcol.orders.lineitems[*] 3 COLUMNS (lineid, quantity, prodid, upc, comments); SQL> select JSON_OBJECT(c.jcol.orders.lineitems FORMAT JSON) 2 from CUSTOMERS c; Field Access Collection unnesting JSON Generation 157
  158. Autonomous JSON Database 低コストで利用可能 Copyright © 2022, Oracle and/or its

    affiliates | 2020/08時点 OCPU単価がATPの25%未満 158
  159. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Autonomous JSON

    Database その他、特記事項 • JSONデータ以外は20GBまで格納可能 • Sharedでのみ利用可能(Dedicatedには現時点で未対応) • BYOLは選択不可(Liscence Includeのみ選択可能) • Always Free は選択不可 • アップグレードパス • Free ATPからのAJDへの変更が可能(Free ADWからは不可) • AJDからATPへの変更が可能(ATPからAJDへのダウングレードは不可、ADWへの変更は不可) • その他機能制限については以下マニュアルを参照ください • https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/autonomous-json-database/ajdug/experienced- database-users.html 159
  160. Amazon S3-Compatible Object Stores Amazon S3互換オブジェクトストレージをサポート DBMS_CLOUDパッケージでロードすることができるオブジェクトストアにAmazon S3互換オブジェクトストレージがサポート されました •

    Google Cloud Storage、 Wasabi Hot Cloud Storage 現在DBMS_CLOUDの対応ソースは以下になります。 • Oracle Cloud Infrastructure Object Storage • Azure Blob Storage • Amazon S3 • Amazon S3互換オブジェクトストレージ 2020/8 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 160
  161. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Performance Hub:ASH

    Data Resolution ASHデータのサンプリング制御 Performance HubのAverage Active SessionsグラフでASHデータのサンプリングを制御できるようになりました • 低、中、高、最大の中から選択 2020/8 161
  162. Rename Database データベースの名前変更 コンソールまたはREST APIで19c以降でデータベースの名前変更が可能になりました 留意事項 • テナント内で重複するデータベース名は利用できない • 改名後はウォレットをダウンロードし、アプリケーションの接続設定を更新

    • データベースの再起動が行われる • 接続中のデータベース接続は終了され、改名後まで接続不可 • Autonomous Data Guardが有効化されている環境は不可 • 手動バックアップの設定は改名後も継続 2020/8 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 162
  163. Data Safe supports ADB-S with Private VCN Access Data SafeのADBサポートの拡張

    Data SafeがプライべートエンドポイントのADB-Sをサポートしました • ADB-Sと同じVCNにOracle Data Safeエンドポイントの作成が必要 • 任意のサブネットが利用できるが同じサブネットがおすすめ 設定手順(詳細はドキュメントを参照) 1. 必要な権限をIAMで付与 2. Data Safeのプライベートエンドポイントを作成 3. ネットワーク(セキュリティルール)設定 4. Autonomous Databaseを登録 5. Data Safe管理者へのADBのロール付与 なお、ADB-Dは7月にサポートされています 2020/8 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 163
  164. Asynchronous Requests using SEND_REQUEST DBMS_CLOUD.SEND_REQUESTで非同期のリクエストが可能に DBMS_CLOUD.SEND_REQUESTファンクションに長時間実行されるリクエストをサポートするために、オプションパラメータ としてasync_request_uri、wait_for_states、timeoutが追加されました 2020/8 -- --

    Sent Work Request Autonomous Database Stop Request with Wait for Status DECLARE l_resp DBMS_CLOUD_TYPES.resp; l_resp_json JSON_OBJECT_T; l_key_shape JSON_OBJECT_T; l_body JSON_OBJECT_T; status_array DBMS_CLOUD_TYPES.wait_for_states_t; BEGIN status_array := DBMS_CLOUD_TYPES.wait_for_states_t('SUCCEEDED'); l_body := JSON_OBJECT_T('{}'); l_body.put('autonomousDatabaseId', 'ocid'); -- Send request dbms_output.put_line(l_body.to_clob); dbms_output.put_line('Send Request'); l_resp := DBMS_CLOUD.send_request( credential_name => 'NATIVE_CRED_OCI', uri => 'https://database.region.oraclecloud.com/20160918/autonomousDatabases/ocid/actions/stop', method => DBMS_CLOUD.METHOD_POST, body => UTL_RAW.cast_to_raw(l_body.to_clob), async_request_url => 'https://iaas.region.oraclecloud.com/20160918/workRequests', wait_for_states => status_array, timeout => 600 ); dbms_output.put_line('resp body: '||DBMS_CLOUD.get_response_text(l_resp)); dbms_output.put_line('resp headers: '||DBMS_CLOUD.get_response_headers(l_resp).to_clob); END; / DBの停止をコールし、成功するかまたは タイムアウトになった場合に戻す例 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 164
  165. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Autonomous Data

    Guard AD間での高可用性構成のサポート スタンバイ・データベースの作成が可能に • コンソールからのクリック操作で簡単に構成可能 • スタンバイ側も同一構成、OCPUのスケールアップ等の操作はスタンバイ側にも適用される • 最小限のダウンタイムでフェイルオーバー、スイッチオーバーが可能 • 自動フェイルオーバー時、RTO:2分、RPO:0分 • 手動フェイルオーバー時、RTO:2分、RPO:最大5分 • フェイルオーバー、スイッチオーバー後、アプリの修正は不要 • データベースに接続するために接続文字列は変更不要。APEX、SDW、OML Notebookも対応 • フェイルオーバー完了後は自動的に新規スタンバイを作成 2020/7 165
  166. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Autonomous Data

    Guard AD間での高可用性構成のサポート 注意点 • シングルAD(東京、大阪)の場合はExadataの筐体間で構成 • Region間の高可用性構成は今後提供予定 • スタンバイ側も課金対象(AutoScalingは含まない) • 通常時スタンバイデータベースへアクセスは不可 • Always Free Autonomous Databaseでは使用不可 • 18cでは利用不可 • コンソールでのリソース使用率の表示はプライマリ側の情報のみ 2020/7 166
  167. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Manage User

    Profiles with Autonomous Database パスワードを柔軟に管理できるようになりました 従来はユーザー・プロファイルは追加作成・変更できませんでした • デフォルト・プロファイル • 24時間以内に利用されたパスワードは不可 • 360日以内の変更が必要 • 指定のログイン試行の連続失敗回数後にアカウントがロックされる日数:1日 等 今回のアップデートにより、ユーザー・プロファイルを任意に作成することが可能となりました。 尚、Password Verify Function(PVF)によるパスワードの複雑性のチェックをプロファイルに紐づけることが可能 2020/7 -- プロファイルの作成例 CREATE PROFILE new_profile LIMIT PASSWORD_REUSE_MAX 10 PASSWORD_LOCK_TIME 5 PASSWORD_LIFE_TIME UNLIMITED ; -- ユーザーの作成例(新たに作成したプロファイルを利用) CREATE USER new_user IDENTIFIED BY password PROFILE new_profile; 167
  168. 19cのAutonomous Databaseに付属するAPEXが20.1にアップグレードされました APEX20.1の主な特長(詳細は右下の資料をご確認ください) • Redwoodユーザーインターフェイス • フレンドリーなURL • ファセット検索の強化 •

    ネイティブPDF印刷 • 改良されたアプリケーション ライフサイクル管理 • メガメニュー Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle Application Express Release 20.1 APEXが20.1にアップグレード 2020/7 https://speakerdeck.com/ujnak/oracle-apex-20-dot-1xin-ji-neng-shao-jie 168
  169. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Enterprise Manager

    for Autonomous Database EMがAutonomous Database Sharedをサポート Enterprise Manager 13.4 RU4(13.4.0.4)で、 Shared/Dedicated/ExaCC全デプロイメントのAutonomous Databaseを監視対象にできるようになりました EMで次の監視、管理タスクを実行できます • 「データベース・ホーム」ページでの自律型データベースの状態およびワークロードの監視 • 「パフォーマンス・ハブ」、「SQLモニタリング」、「AWR」および「アドバイザ」ページでのパフォーマンスの監視および問題の 診断 • 自律型データベースの安全性の維持 • スキーマの管理タスクの実行 • ストレージ管理(Shard以外)や自動化メンテナンスなどのデータベース管理タスクの実行 詳細はOracle Enterprise Managerのドキュメント『Oracle Autonomous Databases管理者ガイド』を参照ください 2020/7 169
  170. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Network Access

    Change プライベートとパブリック間のエンドポイント変更 プライベートとパブリック間のエンドポイント変更が可能になりました • コンソールのネットワーク・アクセスの更新から変更 • プライベートへの変更前にネットワーク・セキュリティ・グループの作成が必要 • Oracle Database 19c以降で利用可(18cは不可) • 変更後の接続には新しいWalletのダウンロードが必要 2020/7 170
  171. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Use Database

    Links to Access Non-Oracle Databases Database Linkを利用したOracle Database以外のデータベースとの連携 ADBからDB LINKでOracle Database Gatewayを経由したNon-Oracleデータベースを参照可能に • Oracle Database GatewayはOracle環境からNon-Oracleデータベースに透過的にアクセスするための機能をサ ポートする製品。for SQL Server/for Teradataなど対象ごとに提供。 • 『Database Heterogeneous Connectivityユーザーズ・ガイド』をご確認ください ADBからデータベースリンクを使って参照するリモートDBには要件があります • パブリックIPまたはホスト名を持つまたはOracle Database Gatewayを介する • TCPS接続 • ポートは1521-1525の範囲 そのため、事前にOracle Database Gateway側で作業が必要です 1. Oracle Database Gatewayを対象のNon-Oracleデータベースに接続できるよう構成する 2. Oracle Net ListenerをOracle Database Gatewayでリクエストを処理するよう構成する 3. Oracle Database Gateway上で自己署名付きウォレットを作成する 2020/7 171
  172. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Autonomous Database

    on Exadata Cloud@Customer お客様データセンターでADBを利用可能に 2020/7 ADB -Dedicated (Cloud@Cus tomer) ADB -Dedicated (Public) Shared Exadata Infrastructure Dedicated Exadata Infrastructure Cloud@Custo mer Exadata Infrastructure (Dedicated) Cloud@Cust omer ExaC@C ExaCS Oracle Cloud Infrastructure ADB -Shared Oracle Database Autonomous Managed DBCS (BM) DBCS (VM) BM (Dedicated) VM (shared) Choice of Platform Service Name Service Type Cloud Family NEW 172
  173. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Autonomous Dedicated

    専有環境で稼働するPrivate Database Cloudを提供 自律型データベース • 高性能、高可用性、高セキュリティ • 使いたいときにすぐに利用可能 高度な分離性 • 複数のレイヤーで独立性を確保 • プライベートクラウドとしての責任境界の明確化 • フリート管理者 / データベース管理者 運用ポリシーのカスタマイズ • プロビジョニング、ソフトウェア更新、可用性、集約性を制御可能 Public / C@C 共通 173
  174. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Autonomous Dedicated

    課金体系 /シェイプサイズ Exadata Infrastructureのシェイプ、およびデータベースが利用したOCPU数に基づき課金 • 課金体系 • Public Cloud • OCPU : 1秒単位で課金 • 0からシェイプ毎の最大CPUまで利用可能 • 既存データベースライセンスの持ち込みによるコスト削減が可能 • Exadata Infrastructure : 最低48時間から1秒単位で課金 • Quarter / Half / Full から選択、 X7 / X8 から選択 • C@C • OCPU : 1秒単位で課金 • 0からシェイプ毎の最大CPUまで利用可能 • 既存データベースライセンスの持ち込みによるコスト削減が可能 • Exadata Infrastructure : 最低744時間から月額単位(最低4年契約) • 設置するラック毎に、アクティベーションサービス費用が必要 • Quarter / Half / Full から選択、 X8のみ Public / C@C 共通 174
  175. Autonomous Dedicated ADB-S との比較(主要なものを記載) Copyright © 2022, Oracle and/or its

    affiliates | Autonomous Database Shared Dedicated (Public Cloud) Dedicated (ExaC@C) 概要 完全マネージド型のOracle Databaseサービス(PaaS) 提供モデル Exadata上の共有サービス Exadata上の専有サービス Exadata上の専有サービス メンテナンススケジュール 固定、利用者による調整不可 調整可能 調整可能 Upgradeの一時スキップ 不可 可能 可能 バックアップの期間調整 不可(60日) 可能 可能 バックアップ先の設定 オブジェクトストレージのみ オブジェクトストレージのみ オブジェクトストレージ Exadata筐体内/ NFS/ZDLRA ネットワーク設定 Cloud Side, VCN Cloud Side, VCN Customer Side, VCN ライセンスタイプの変更 可能 不可 不可 Wallet利用 必要 任意 任意 表領域/Profileの操作 不可 可能 可能 ライセンスBYOL ADBインスタンス単位 VM単位 VM単位 SLA availability SLA 99.95% (99.995% availability SLA is planed) Availability SLO 99.95% (99.995% availability SLA is planed) Availability SLO 99.95 (99.995% availability SLA is planed) 175
  176. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | ORC Format

    and Complex Types ORCフォーマットのファイルを外部表やロード対象として利用可能に ORCフォーマット対応(Oracle Database 19c以降) • Hadoop上で一般的によく利用されるフォーマットの1つ。 カラム型で保持し、かつ圧縮し保持するために、 CSVと比べ て効率的に処理可能。 • DBMS_CLOUDパッケージで外部表、ロード対象として利用できるように 参考:ADW/ATPはオブジェクトストアに格納された以下のフォーマットのデータの直接参照(外部表)およびロードをサ ポートします • Text(CSV、TSV等)、JSON、XML、Parquet、Avro、ORC(NEW:19c~)、Data Pump 2020/6 例)外部表として参照する場合 begin dbms_cloud.create_external_table ( table_name =>'sales_extended_ext', credential_name =>'OBJ_STORE_CRED', file_uri_list =>'https://swiftobjectstorage.<datacenter>.oraclecloud.com/v1/<obj-store-namespace>/<bucket>/sales_extended.orc', format => '{"type":“orc", "schema": "first"}' ); end; / ここでファイルのフォーマットタイプを指定します 176
  177. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | PUT_OBJECT Maximum

    File Transfer Size Increase Object Storageへの転送ファイルサイズの上限が50GBに拡張 DBMS_CLOUD.PUT_OBJECTで扱えるOCI Object Storageへの転送ファイルのサイズ上限が5GBから50GBに増えま した 他社クラウドストレージへの転送上限は異なるので注意 • Amazon S3 は 5GB • Azure Blob Storageは 256M 2020/6 [DBMS_CLOUD.PUT_OBJECTの利用イメージ] 177
  178. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Customer-managed ORDS(Sharedのみ)

    顧客管理のORDSがADB-Sで利用可能になりました Autonomous Databaseでデフォルトで構成されるORDSは、必要な構成、パッチ適用、保守を自動化できる半面、 ORDS構成オプションのカスタマイズができなかった • 例えば接続定義は「LOW」を利用する設定に固定 顧客管理のORDS環境を利用することで、アプリケーションにあわせてORDS構成オプションを制御が可能になる • ORDS環境は19.4.6以上、構成、パッチ適用、保守などの管理作業は顧客管理 • デフォルトのORDSはそのまま存在 2020/6 178
  179. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Performance Hubの機能強化

    Performance Hubで以下が可能になりました ① タイムゾーンの選択 ② AWRのダウンロード ③ ブロッキングセッションの検出(Dedicatedのみ) 2020/6 ① ② 8月にSharedでも利用 可になりました 179
  180. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | FY21 Q1

    Autonomous Database 主なアップデート • Autonomous JSON Database • ドキュメントデータベースとしてJSONに特化したADBを低価格で提供 • Amazon S3-Compatible Object Stores • Amazon S3互換のオブジェクトストレージからデータロードが可能に • Autonomous Data Guard(Cross-AD HA) • AD間の高可用性構成を簡単に構築 • フェイルオーバー、スイッチオーバーが可能に • Manage User Profiles with Autonomous Database • パスワードを柔軟に管理できるようになりました • Autonomous Database on Exadata Cloud@Customer • お客様のDC内で、Autonomous Database(ADW/ATP) を利用可能に 180
  181. 2020/6 • ORC Format and Complex Types • PUT_OBJECT Maximum

    File Transfer Size Increase • Customer Managed Oracle REST Data Services • Performance Hubの機能強化 2020/7 • Autonomous Data Guard(Cross-AD HA) • Create and Alter User Profiles • Network Access Change • Use Database Links to Access Non-Oracle Databases • Autonomous Database on Exadata Cloud@Customer • Oracle Application Express Release 20.1 • Enterprise Manager for Autonomous Database 2020/8 • Autonomous JSON Database • Rename Database • Oracle Data Safe now supports Autonomous Database on Shared Exadata Infrastructure with private VCN access • Amazon S3-Compatible Object Stores • Asynchronous Requests using SEND_REQUEST • Performance Hub:ASH Data Resolution ADB-S サービスアップデート(FY21Q1) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 181
  182. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | FY20 Q4

    Autonomous Database 主なアップデート • Upgrade Autonomous Database to Oracle Database 19c • 従来はクローンによるアップグレードのみで、接続情報の変更が必須 • 今回からボタン1つで、接続先情報変わらずにアップグレード可能に • Per-second billing • OCPUもストレージも時間単位から秒単位での課金に • 最低1分からの課金 • Service Level Agreements for Autonomous Database • これまではSLO(Service Level Objective) 99.95 % • 今回の更新で、ADBとして SLA 99.95 %に 182
  183. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | サービスアップデート(FY20Q4) 2020/5

    • Upgrade Autonomous Database to Oracle Database 19c 2020/4 • SODA Documents and Collections • Load Data with Oracle Data Pump Access Driver Dump Files • Create External Tables and Query Data with Oracle Data Pump Access Driver Dump Files • Oracle Extensions for IDEs • Per-Second Billing • Stateful Rule Support in Private Endpoints • Wallet zip File Contains README File 2020/3 • Restart Autonomous Database instance • Oracle Data Pump Direct Export to Object Store • Oracle Data Pump Pre-authenticated URLs for Dump Files • Documentation Addition: Upgrade Autonomous Database to Oracle Database 19c • Oracle Database Versions by Region • Oracle Application Express Release 19.2 183
  184. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Upgrade Autonomous

    Database to Oracle Database 19c クリックだけでアップグレード可能に 19cへのアップグレード方法 • アップグレードのタイミングを選択する場合 • 手動アップグレード ← 今回のアップデートはこちら • クローンを利用したアップグレード(フルクローン or バックアップ) • オラクル社による自動アップグレード • 実施2か月前に事前通知され、自動的に更新される 手動アップグレード • アップグレードボタンをクリックするだけ。 • 数十分でアップグレードが完了(2020/5時点の実績値) • ダウンタイムを最小限に抑えるために、アップグレード進行中もデータベースはオンラインだが、最後に再起動が生じる • アップグレード後も既存のウォレットを使用可能 • Always Freeでは使用不可 2020/5 184
  185. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Upgrade Autonomous

    Database to Oracle Database 19c クリックだけでアップグレード可能に 2020/5 185
  186. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | SODA Documents

    and Collections ドキュメント・ストアとして利用可能に Simple Oracle Document Architecture (SODA)をサポートしました • SQLを使用せずにJSONドキュメントを保存、検索、取得可能 • SQL/JSON演算子を使用してデータへアクセス可能 • Java、C、Node.js、Python、PL/SQLなどのSODAドライバやREST使用方法のリンク追加 2020/4 186
  187. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Load Data

    with Oracle Data Pump Access Driver Dump Files DBMS_CLOUDパッケージを利用してダンプファイルをロードできるように Data Pumpを利用したAutonomous Databaseへのデータロード • 従来はData Pumpコマンド(Impdp)のみが利用可能だった。 • 今回のアップデートにより、DBMS_CLOUDパッケージでダンプファイルをロードできるようになった • Data Pumpコマンドの実行のためにComputeインスタンスを用意する必要がなくなった • 利用できるダンプファイルは、外部表にてORACLE_DATAPUMPアクセスドライバを利用しエクスポートしたファイル に限定される(expdpコマンドで出力したダンプファイルは対象外) 2020/4 187
  188. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Create External

    Tables and Query Data with Data Pump Access Driver Data Pumpのデータを参照する外部表を作成可能に 今回のアップデートにより、DBMS_CLOUDパッケージを利用した外部表作成時に、ダンプファイルを指定できるようになっ た • 利用できるダンプファイルは、外部表にてORACLE_DATAPUMPアクセスドライバを利用しエクスポートしたファイル に限定される(expdpコマンドで出力したダンプファイルは対象外) 2020/4 188
  189. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle Extensions

    for IDEs 統合開発環境(IDE)にてOracle拡張機能が利用可能に • Oracle Extensionsを利用して、Autonomous Databaseの各種操作・管理がIDEから可能に • Eclipse、Microsoft Visual Studio、Microsoft Visual Studio Code(VS Code) • 実施可能な操作例 • Autonomous Database の作成、クローン • インスタンスの起動、停止 • スケールアップ、スケールダウン • バックアップからのリストア • Wallet ファイルのローテーション • Always Freeから有償利用への変換 2020/4 189
  190. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Per-Second Billing

    Autonomous Database(Shared) を最低1分から秒単位で利用可能に 秒課金の導入 • 従来は時間単位での課金でした • 今回のアップデートにより、最低利用は1分から、1分を超えた利用については秒単位で課金されるようになりました • 対象はOCPU、およびストレージ • テストのための一時利用や、一時的なスケールアップに対するコスト増を抑制可能 • 補足)同時にOCI Computeインスタンスも秒課金が導入されました • VMインスタンス最低1分から秒単位課金(ADB-Sと同様) • ベアメタルインスタンスは最低1時間から秒単位課金 2020/4 190
  191. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Autonomous Database

    価格体系 フルマネージドのExadataを最低1分から秒単位で利用可能 CPU、ストレージのサイズを個々に設定 • OCPU:1 OCPU単位で秒課金 • 1 OCPUを1時間利用した場合:¥303.424 • ストレージ : 1 TB単位で秒課金 • 1TB を 1カ月利用した場合:¥26,640.00 従量課金制 • 最低1分からスタート可能 • 1分を超えた利用については秒単位で課金 • 一時的なスケールアップに対するコストを抑制 • テストのための一時利用を必要最低限のコストで対応 スケールアップ・ダウンの際は、業務停止不要 • CPU、ストレージをそれぞれ個別にオンラインで変更可能 初期費用なし ピーク時は 秒単位で拡張 拡張時は 無停止で即時適用 * 料金::PAYGの場合(2020/4現在) 191
  192. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Autonomous Database

    高可用性ベストプラクティス(MAA)を基に設計 優れたSLA保証: 99.995% (非合理な例外なし) * • 1ヵ月で2.5分未満のダウンタイム 障害 主要機能 想定される ダウンタイム サーバー障害 (HA) RAC ほぼゼロ リージョン障害 ADG 数秒 データ破損 ADG ゼロ パッチ適用 RAC ほぼゼロ アップグレード ADG 数秒 表/索引の変更 Redef ゼロ ユーザー・エラー Flashback エラー発生 からの時間 ADG: Active Data Guard Redef : Online Re-Definition(オンライン再定義) * 2020/4現在、SLA 99.95% (AD間のDRが構成されていないため) Oracle PaaS and IaaS Public Cloud Services PILLAR DOCUMENT 192
  193. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Wallet の

    zip file にREADMEが含まれるようになりました クライアント・クレデンシャル(Wallet_xxxx.zip)のファイルにREADMEが追加 • READMEには、SSL証明書の有効期限が記載 • 2020年4月より前に作成されたインスタンスでも新たにWalletをダウンロードすることで確認可能 • サンプル(東京リージョン) 2020/4 Wallet Expiry Date ----------------------- This wallet was downloaded on 2020-05-28 16:57:50.066 UTC. The SSL certificates provided in this wallet will expire on 2024-03-23 19:25:02.0 UTC. In order to avoid any service interruptions due to an expired SSL certificate, you must re-download the wallet before this date. 193
  194. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Restart Autonomous

    Database instance ADBインスタンスを再起動できるように 従来は一旦停止してから再起動する必要がありましたが、今回のアップデートにより再起動できるようになった 画面上の操作、およびAPIを利用したスクリプト作成工数の削減に 2020/3 194
  195. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle Data

    Pump Direct Export to Object Store オブジェクトストレージに直接ダンプファイルを出力できるように 従来はAutonomous Databaseの内部にExpdpで一旦出力してから、オブジェクトストレージにPUTする必要があった 今回のアップデートにより、オブジェクトストレージへの直接出力も選択可能に • 出力対象 • OCI Object Storage • OCI Object Storage Classic • イメージ作成準備のため、Expdp起動後のデータ出力までに 数分程度の時間を要する • 出力されたダンプファイルをインポートする際は、 オブジェクトストレージに出力される構成ファイル (<ダンプファイル名>_aaaaa)が必要。削除不可 2020/3 195
  196. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle Data

    Pump Direct Export to Object Store オブジェクトストレージに直接ダンプファイルを出力できるように 実行例 • 事前にオブジェクトストレージへのユーザ名、アクセストークンが必要です (credentialの登録) • 性能の観点から接続サービスはHIGHを利用し、PARALLEL句にはOCPU数を指定下さい。必要に応じて圧縮を設 定ください • 必要に応じて、暗号化を設定ください エクスポート(例) インポート(例) 2020/3 expdp admin/xxxxx@adb01_high ¥ filesize=5G ¥ dumpfile=default_credential:https://objectstorage. ap-Tokyo-1.oraclecloud.com/n/<namespace>/b/<bucket_name>/o/exp_%U.dmp ¥ parallel=16 encryption_pwd_prompt=yes SCHEMAS=SCHAMA01 ¥ compression=ALL ¥ logfile=export.log directory=data_pump_dir impdp admin/xxxxx@adw01_high ¥ dumpfile=default_credential:https://objectstorage. ap-Tokyo-1.oraclecloud.com/n/<namespace>/b/<bucket_name>/o/exp_%U.dmp ¥ parallel=16 encryption_pwd_prompt=yes REMAP_SCHEMA=SCHAMA01:TEST_SCHAMA01 ¥ logfile=import.log directory=data_pump_dir 詳細はマニュアルを参照ください (Oracle Client Version 19.6 以前の場合) 196
  197. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle Data

    Pump Pre-authenticated URLs for Dump Files Data Pump利用時も、事前認証済みURLの利用が可能に 従来はダンプファイルへのアクセス時に、事前に認証情報(Credential)をADBインスタンスに登録してからアクセスする 必要があった。 今回のアップデートによりDBMS_CLOUDと同様、事前認証されたURIを指定することでCredentialの登録なしでアクセス できるようになった。一時的にデータをロードしたいといった場合に手順の簡素化が可能。 2020/3 197
  198. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle Application

    Express Release 19.2 ADB上でもAPEX 19.2が利用できるようになりました 新規作成したADBインスタンスはAPEX 19.2を利用可能。 作成済みのインスタンスにおいては、アップグレード可能な環境から自動でアップグレードされる • ユーザーによるアップグレード作業は不要 • ADBインスタンスの再起動時にアップグレードがなされる 2020/3 198
  199. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | FY20 Q3

    Autonomous Database 主なアップデート • Private Endpoints • これまでのパブリック・エンドポイントのみに加えてプライベート・エンドポイントも提供 • 従来はVCN内からのアクセスする場合は、 Transit RoutingおよびService Gatewayが必要 • 今回から、VCN内の環境からのアクセスがシンプルな構成で可能に • Oracle Database Versions by Region • Autonomous Database のバージョンとして 19c が選択可能に • 暫くは既存環境や新規環境で 18c も利用可能 • Clone a database from a backup • これまでは起動中のインスタンスからクローンが可能だった • バックアップからのクローン作成が可能になり、対象インスタンスが起動してなくてもクローン可能 • また、バックアップ期間内であれば、過去の特定時間を指定してクローン可能 199
  200. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | サービスアップデート(FY20Q3) 2020/2

    • Private Endpoints • Oracle Database Vault • Oracle Database Versions by Region • Oracle Application Express Release 19.2 • Database Resident Connection Pool (DRCP) 2020/1 • Check and set MAX_STRING_SIZE value • Number of concurrent statements increased depending on the service you use • Documentation addition showing available Oracle Database versions • Clone a database from a backup • DBMS_CLOUD REST API functions • Access Control Lists Honored By ADB Built-in Tools 2019/12 • Support for UTL_HTTP and UTL_SMTP PL/SQL Packages with restrictions • Microsoft Active Directory Users • Validate external partitioned tables and hybrid partitioned tables • Use ACL IP address or CIDR block settings to control access for Autonomous Database tools 200
  201. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Private Endpoints

    Private IP対応により、シンプルな構成が組めるようになった 従来はパブリック・エンドポイントのみの提供であったため、IPSecVPNやFastConnect(Private peering)を利用する場合、 もしくはVCN内からのアクセスする場合は、 Transit Routing、およびService Gatewayを利用する必要があった 今回のアップデートで、よりシンプルにセキュアな構成が組めるようになった 2020/2 201
  202. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Private Endpoints

    Private IP対応により、シンプルな構成が組めるようになった パブリック・エンドポイント(Public IP) • すべてのIPアドレスからのアクセスが可能 • アクセス制御はNetwork ACL を利用(任意) プライベート・エンドポイント(Private IP, VCN) • 指定したVCNからのトラフィックのみが許可される • アクセス制御はネットワーク・セキュリティ・グループ(NSG)を利用 • ネットワークACLは利用不可 • NSGはインスタンス作成前に作成しておくこと(NSG自体は何度でも変更可能)。複数のNSGを指定可能 • 現時点で、APEX、SDW、ORDS、Notebook、Data Safeは非対応 • OACからの接続時はData Gatewayを利用 【特記事項(共通)】 • 新規作成 / クローン作成時に選択。作成後の変更は不可(クローンによる再作成は可能) • インスタンスへの接続時はウォレットを利用(証明書認証、およびSecure Sockets Layer(SSL)接続) • 接続ポートは1522を利用(デフォルト、変更不可) 2020/2 202
  203. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle Database

    Vault 特権ユーザによるアプリケーションデータへのアクセスを遮断できるように 従来はオラクル管理者からのアクセスをブロックするために利用していた 今回のアップデートにより、ユーザーもDatabase Vault を利用できるように • 特権ユーザとアプリデータの保有ユーザーを明確に分離し、 Adminユーザといった管理者からのデータアクセスを制御 することで、外部だけでなく内部からの情報漏洩といったリスクを軽減することが可能となった • 既存アプリケーションの変更は不要 • デフォルトは無効化されており、 有効化にはインスタンスの再起動が必要 2020/2 203
  204. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle Database

    Versions by Region 19cを選択できるようになりました 新規作成時、クローン作成時、バックアップからのクローン作成時に指定可能 リージョン毎に選択できるバージョンに違いあり。詳細はマニュアルを参照ください Always Freeは対象外 2020/2 204
  205. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle Application

    Express Release 19.2 最新版にアップグレードされました 最新のAPEX 19.2を利用できるようになりました。 • Always Freeのインスタンス、もしくはOracle Database 19cのインスタンスが対象 • 上記以外のインスタンスに関しては引き続きAPEX 19.1をご利用ください 2020/2 205
  206. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Database Resident

    Connection Pool (DRCP:常駐接続プール) ADB側にコネクションプールを設定できるようになった 常駐接続プールとは • データベースへの接続時に必要な専用サーバをプールする仕組み • 多数のクライアントプロセスが短期間にセッションの切断・接続を繰り返すといった場合に有効 従来は接続セッション数に上限があること、また専用サーバ接続でありアプリケーションによってはリソースの無駄が生じてい た。 今回のアップデートで、より多くの接続要求を少ないリソースで迅速に処理できるようになった 設定方法 • tnsnames.ora に SERVER=POOLED を追記するのみ(アプリケーションからは透過的に利用可能) 2020/2 dbname_high= (description= (address=(protocol=tcps)(port=1522)(host=adw.example.oraclecloud.com)) (connect_data=(service_name=example_high.oraclecloud.com)(SERVER=POOLED)) (security=(ssl_server_cert_dn=“CN=adw.oraclecloud.com,OU=Ora … ")) 206
  207. 初期化パラメータ:MAX_STRING_SIZE • VARCHAR2型、NVARCHAR2型、RAW型で格納できるデータの最大長を定義 • EXTENDED: 最大 32,767バイト(Autonomous Databaseはこちらがデフォルト) • STANDARD:

    最大 4,000バイト 今回のアップデートにより、STANDARDに変更することが可能になった • 既存Oracle Databaseからの移行検討時に、Standardのまま利用したいという要件に対応 • Extendedの場合、仮想列、ファンクション索引、VIEW、Materialized Viewの扱いに変更が加わるため (詳細はMAX_STRING_SIZEに関するマニュアルを参照ください) • 変更は一度限り。EXTENDEDに戻すことは不可 • Autonomous Databaseの利点をフル活用するために、EXTENDEDでの利用を推奨 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Check and set MAX_STRING_SIZE value MAX_STRING_SIZEパラメータをSTANDARDに変更できるように 2020/1 207
  208. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Number of

    concurrent statements increased depending on the service you use 同時接続セッション数の上限が緩和されました OCPU辺りのセッション数の上限が従来の100セッションから300セッションに変更 • Sessions 初期化パラメータで設定されている • 設定変更を有効にするためにはインスタンスの再起動が必要 2020/1 208
  209. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Documentation addition

    showing available Oracle Database versions マニュアルに各リージョンのバージョンが記載されました 2020/1 209
  210. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Clone a

    database from a backup 自動で取得されているバックアップを指定したクローン作成が可能に 従来クローンを作成する際は、既存インスタンスからのみの作成だった 今回のアップデートにより、取得済みのバックアップ(任意の時間、任意のバックアップ)からインスタンスを複製できるように なった • リージョン跨ぎやADWからATPといったタイプ変更は不可 • 停止中のインスタンスであっても、バックアップからインスタンスを作成可能 利用例 • 特定時点のデータを利用した開発環境の作成 • 人為的ミスに伴うデータロストへの対応 (*1) 等 2020/1 *1 : 別途フラッシュバック・テーブルといった操作も可能です 210
  211. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | DBMS_CLOUD REST

    API functions DB内からREST APIを送信し、クラウドリソースを操作できるように 汎用APIとしてREAT APIをコールするためのDBMS_CLOUD関数が実装された • SEND_REQUEST など 以下でサポートされているREST APIを実行可能 • Oracle Cloud Infrastructure • Amazon Web Services (AWS) • Azure Cloud • Oracle Cloud Infrastructure Classic 仮想マシン等を用意せずに、ADBインスタンスだけでクラウド上のリソースを操作可能に • 利用例 • データロードが終わったら、オブジェクトストレージ上のバケットを消す • DBMS_SCHEDULERと組み合わせて、特定の曜日、時間帯などに応じてスケールアップ、ダウンを実行 等 2020/1 211
  212. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Support for

    UTL_HTTP and UTL_SMTP PL/SQL UTL_HTTP、UTL_SMTP を利用できるようになりました(一部制約あり) セキュリティ、性能の観点から一部制約あり(2020/1 時点) • 制約例) • IPアドレスを介した接続は不可 • 利用ポート制限あり • UTL_HTTP : 443, 8443のみ • UTL_SMTP : 25, 587のみ • HTTPSのみ。HTTP,HTTP_PROXYは不可 • UTL_SMTPはOCI Email Delivery Serviceの利用が前提 • その他の制限事項、最新の情報はマニュアルを参照ください • https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/autonomous-data-warehouse-cloud/user/experienced-database- users.html#GUID-829A7D07-1EA4-4F59-AA60-F780FABAFDEC • https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/atp-cloud/atpug/experienced-database-users.html#GUID-829A7D07- 1EA4-4F59-AA60-F780FABAFDEC 2019/12 212
  213. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Microsoft Active

    Directory Users ADの資格情報を使用してADBにアクセス可能に Microsoft Active Directoryの使用をサポート • ADのユーザーとグループをAutonomous Database内のユーザーとロールにマッピング 2019/12 213
  214. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Validate external

    partitioned tables and hybrid partitioned tables 外部パーティション表の有効性をチェックするツールがリリース 従来のDBMS_CLOUD.VALIDATE_EXTERNAL_TABLEと同等の機能 • 外部表の参照先であるソースファイルを検証し、その存在確認やフォーマットオプションといった外部表定義との整合性 をチェック可能 外部パーティション表の個々のパーティション毎に、有効性を検証できるようになった • DBMS_CLOUD.VALIDATE_EXTERNAL_PART_TABLE • DBMS_CLOUD.VALIDATE_HYBRID_PART_TABLE 2019/12 BEGIN DBMS_CLOUD.VALIDATE_EXTERNAL_PART_TABLE ( table_name => 'PET1', partition_name => 'P1'); END; / BEGIN DBMS_CLOUD.VALIDATE_EXTERNAL_PART_TABLE ( table_name => 'PET1', rowcount => 100 ); END; / パーティションP1のソースファイルを参照し、 外部パーティション表の定義との整合性をチェック 100行ずつ各パーティションのソースファイルを参照し、 外部パーティション表の定義との整合性をチェック 214
  215. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | New Names

    For Deployment Options Shared Exadata Infrastructure に名称変更 Serverless と呼ばれていたデプロイメント・タイプが Shared Exadata Infrastructureに名称変更 • UIおよびマニュアルの名称変更のみ • SKUや課金、APIには影響ない 2019/12 215
  216. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | その他 Partitioned

    External Tables now support Parquet and Avro Files • 外部表のパーティション化対象として、Parquet や Avro に対応 Schema Advisorの更新 • Oracle Database 10g対応 • 複数のスキーマに対応 等 2019/12 216
  217. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | サービスアップデート(FY20Q2) 2019/11

    • Use ACLs to specify Oracle Cloud Infrastructure VCNs • SQL Developer Web Data Loading • Access Tools (APEX, SQL Developer Web, Oracle Machine Learning) from Oracle Cloud Infrastructure Console • New fields with LIST_FILES and LIST_OBJECTS 2019/10 • Enhancement for Wallet • Create partitioned external tables with DBMS_CLOUD • Preview Version for Autonomous Database • Numeric Formats 2019/9 • Performance Hub now available for Autonomous Databases with dedicated deployment • Cloning available for Autonomous Databases with dedicated deployment • Always Free Autonomous Database • Data Safe Service • OCI Monitoring for Autonomous Database Serverless • Object Store Using Public URL • Work Requests • Autonomous Data Warehouse - Dedicated Deployment • Network security groups (NSGs) for Autonomous Databases with dedicated deployment 217
  218. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Maintenance Schedule

    Details Available in Console (serverless) オラクル社によるメンテナンスの時間帯を確認できるようになりました メンテナンスの時間帯を確認できるようになりました • 週に一回、2時間の枠で実施されます • メンテナンス実施中もADBインスタンスはオンライン、アプリケーションに影響はない 2019/11 218
  219. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Use ACLs

    to specify Oracle Cloud Infrastructure VCNs より柔軟にアクセス制御を設定できるようになりました 従来はIPレンジ、およびCIDRによる指定のみでしたが、今回のアップデートによりVCNを指定できるようになりました • インスタンスの作成時、および作成後にオンラインで設定可能 • 複数のルールを組み合わせて設定可能 2019/11 219
  220. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | SQL Developer

    Web Data Loading 同梱されるツールを利用して簡単にデータロードできるように SQL Developer Webを利用し、手元のテキストファイルを簡単にアップロードできるようになりました • 従来はSQL Developer等、別途ツールを用意する必要があったが、今回のアップデートによりADBインスタンスを作成 すれば、同梱されるWebクライアントを利用しすぐにデータをロードできる • 注意事項 • 大量データの場合は従来通り、DBMS_CLOUDパッケージの利用を推奨 • SJISファイルは文字化けする可能性があるため、UTF-8などへの変換を推奨(2019/11時点)。エクセルファイルをロードする場 合は考慮不要 2019/11 220
  221. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Access SDW,

    APEX, and OML from OCI Console APEX等のアクセスが容易になりました Detail 画面に Tools タブが追加され、APEXなどへのアクセスが容易になりました • 従来は、Service Console → Development タブに移動した上でアクセスが必要(引き続き利用可能) • OCI Console 画面から直接アクセスできるようになった 2019/11 221
  222. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | New fields

    with LIST_FILES and LIST_OBJECTS 詳細情報を確認できるようになりました ディレクトリ・オブジェクト内 オブジェクトストレージ上 2019/11 SELECT * FROM DBMS_CLOUD.LIST_FILES('DATA_PUMP_DIR'); OBJECT_NAME BYTES CHECKSUM CREATED LAST_MODIFIED ------------ ---------- ---------- --------------------- --------------------- cwallet.sso 2965 2018-12-12T18:10:47Z 2019-11-23T06:36:54Z SELECT * FROM DBMS_CLOUD.LIST_OBJECTS('OBJ_STORE_CRED', 'https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/n/adwc/b/adwc_user/o/'); OBJECT_NAME BYTES CHECKSUM CREATED LAST_MODIFIED ------------ ---------- -------------------------------- --------------------- -------------------- cwallet.sso 2965 2339a2731ba24a837b26d344d643dc07 2019-11-23T06:36:54Z 222
  223. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Enhancement for

    Wallet 柔軟にWalletを扱えるようになりました Walletに記載されるインスタンスの範囲を選択できるように • インスタンス・ウォレット • 今回のアップデートから利用可能になった • 特定のインスタンスの資格証明のみが記載 • アプリケーションからの接続はこちらの利用を推奨 • リージョナル・ウォレット • 選択されているリージョンに存在する 全てのインスタンスの資格証明が記載 • リージョン内のすべてのインスタンス接続時に利用可能なので、 主に管理目的での利用を推奨 2019/10 223
  224. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Enhancement for

    Wallet 柔軟にWalletを扱えるようになりました Walletのローテーション • ポリシーにより定期的に更新が必要な場合や、Walletファイルの流出が懸念される場合等に利用 • 既存のWalletファイルはローテーションにより無効化される • ローテーションの対象はインスタンス・ウォレットかリージョナル・ウォレットかで選択可能 • ローテーションは数分 • ローテーション中は既存セッションはそのまま有効 • ローテーション中に既存Wallletファイルを利用した新規セッションは接続不可 • ローテーション完了後、既存セッションはそのまま有効、新規セッションはローテーションされた新規Walletファイルを利用して接続 する必要がある • 可能であればインスタンスの再起動を推奨 • ローテーション自体はインスタンスの再起動は不要だが、ローテーション前のWalletファイルを利用したセッションが残り続ける可能 性を排除するため 2019/10 224
  225. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Create partitioned

    external tables / Hybrid Partitioned Tables with DBMS_CLOUD 振り返り)外部表:オブジェクトストレージ上のデータを直接参照できる Object Store上のデータに対して、外部表アクセスが可能 • ロードせずに、直接データを参照 • Object Store上のデータを変換しながらADBにロード 2019/10 BEGIN DBMS_CLOUD.CREATE_EXTERNAL_TABLE( table_name =>'CHANNELS_EXT', credential_name =>'DEF_CRED_NAME', file_uri_list =>'https://objectstorage. us-phoenix-1.oraclecloud.com/n/atpc/b/atpc_user/o/channels.txt', format => json_object('delimiter' value ','), column_list => 'CHANNEL_ID NUMBER, CHANNEL_DESC VARCHAR2(20), CHANNEL_CLASS VARCHAR2(20), CHANNEL_CLASS_ID NUMBER, CHANNEL_TOTAL VARCHAR2(13), CHANNEL_TOTAL_ID NUMBER' ); END; / select count(*) from channels_ext; Insert /*+ APPEND */ into channels Select * from channels_ext where channel_class like ‘A%’; SQL Autonomous Database オブジェクトストレージ 外部表 実データ 225
  226. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Create partitioned

    external tables / Hybrid Partitioned Tables with DBMS_CLOUD Object Storage上の複数のファイルを柔軟に扱えるようになりました Object Storageに配置した対象のデータを全て参照するのではなく、個々のパーティション毎にスキャンできるため、性能 向上が図れる 2019/10 SQL Autonomous Database オブジェクトストレージ 実データ (*1) 2019/Q1 2019/Q2 2019/Q3 SQL Autonomous Database オブジェクトストレージ (*1, *2) 2019/Q1 2019/Q3 実データ 2019/Q2 実データ *1 : Parquet、Avroフォーマットは未対応 *2 : 19c以降で利用可能 226
  227. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Preview Version

    for Autonomous Database 次期リリースへのアップグレード前に、アプリケーションの動作確認が可能に 概要 • 現在のプレビュー版はOracle Database 19c • プレビューインスタンスの作成は新規作成か、既存インスタンスからのクローン作成かを選択 • プレビュー版の利用は期間限定 • 本番DBや将来的に継続利用予定のDBには使用しないことを推奨 • Always Freeでは利用不可 19cの主要機能に関するADB上の設定 • デフォルト有効: • リアルタイム統計収集、高頻度統計収集、自動SPM • デフォルト無効: • 自動索引(有効化可能)、SQL検疫(サポート対象外) 2019/10 227
  228. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | アップグレード 19c

    Preview:事前のテスト環境を簡単に構築可能 ADW/ATP に、19c Preview版が登場! アップグレードに関わる工数を大幅に削減できます • 既存DBから簡単に19c環境を複製できます • 既存アプリケーションの動作確認や、 最新Database 19cの新機能評価にご利用ください ご提供期間 • 2019/10から開始 • 2019/11まで各種確認作業が可能 • 2019/12以降、Preview環境はサービスを停止し、 その後まもなく本番環境が18cから19cに自動的にアップグレードされます(*) 課金 • 通常版(18c環境)と同じ課金体系 * ORACLE AUTONOMOUS DATABASE ORACLE AUTONOMOUS DATABASE Clone 19c Preview ADW or ATP (18c) 228
  229. アップグレード 19c Preview:事前のテスト環境を簡単に構築可能 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

    | 既存インスタンスからクローン作成 新規にインスタンスを作成 チェックを入れるだけ (注: ご利用期間限定となります) もしくは 作成した19c環境には、データベース名に識別子 “プレビュー版” が付きます。 229
  230. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Always Free

    Autonomous Database 無料、期限なしでAutonomous Databaseが利用可能に(一部、制限事項あり) ご自身のテナント内のホームリージョンにADBインスタンスを2つまで作成可能 • 各データベースは、1OCPU、20GBストレージが上限 • ADBの各種機能を試用可能。 • APEX、SQL Developer Web、Notebook等が同梱 • 作成したインスタンスはいつでも有償環境にアップグレード可能 特記事項 • Scale Up/Down、Auto Scaling、Update License Type、Manual backups、Restoreは不可 • 7日間接続がないと自動停止(データは保持される) • 90日間接続がない(停止状態含)とデータを含めて完全削除 • 1OCPUに制限されるため性能試験には不向き(パラレルクエリが動かないため) その他、Compute インスタンス、ブロックストレージ、オブジェクトストレージ、ロードバランサを利用可能 2019/9 230
  231. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Data Safe

    Service より高いデータセキュリティをData Safeとの連携で実現 統合されたデータベースセキュリティ管理サービス • Sensitive Data Discovery (機密データの発見) • Data Masking (データ・マスキング) • Activity Auditing (アクティビティの監査) • Security Assessment (セキュリティ構成の評価) • User Assessment (ユーザーのリスク評価) 多層防御の最も重要なデータ・セキュリティ対策に 短時間でセキュリティ・リスクを軽減、専門知識は不要 追加費用なしで、Oracle Cloud のDatabase で利用可能(*) 2019/9 *: 監査機能は100万レコード/月まで無償、その他の機能は無償 231
  232. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | OCI Monitoring

    for Autonomous Database Serverless OCI Compute インスタンス等と同様にADBを監視可能に OCI Compute インスタンス等と 同様に監視可能 (OCI Monitoring/Notification) 利用例 • CPU使用率が70%を超えるとメール通知 • ストレージ使用率が90%を超えるとSlackに通知 監視項目(一部抜粋) • CPU Utilization / Storage Utilization / Sessions / Failed Connections / Transaction Count … 2019/9 232
  233. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Object Store

    Using Public URL データロード時に、資格証明の登録を簡略化可能に Object StorageのPublic URLの機能に対応し、ADBインスタンスに対してPublic URLでロードできるようになりました • DBMS_CLOUDによるデータロード時の認証設定パターン • オブジェクトストレージにアクセスするためのCredential情報を事前にADBに登録してロード • Oracle Object Storageにて、Pre-Authenticated Request URLを作成し、そのURLを指定してロード • Oracle Object Storageにて、Public URLを作成し、そのURLを指定してロード(今回のアップデートはこちら) 2019/9 233
  234. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Work Requests

    (Serverless のみ) OCI の Work Request 機能に Autonomous Database も対応しました サービスに対する作業リクエストの進捗等を随時確認できるように • サービスの作成、削除 • サービスの起動、停止 • リストア、クローニング • 手動バックアップの作成、削除 • リソース(ストレージ/CPU)の増減 • AutoScale の有無も含む • ライセンスタイプの変更 • ネットワークACLの更新 2019/9 234
  235. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Autonomous Data

    Warehouse - Dedicated Deployment ADWもDedicatedで利用可能に Dedicated環境はATPが先行していたが、ADWも選択可能になりました ATP-DとADW-Dを同一のExadata Infrastructure rackにデプロイ可能 2019/9 235
  236. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | サービスアップデート(FY20Q1) 2019/8

    • Integration with OCI Events Service • Create Directory and Drop Directory commands 2019/7 • Performance Hub • Oracle Cloud Infrastructure Native Object Store Authentication • Move to a different Compartment • ISO-27001, 27017 and 27018 certifications • OCI VCN Transit Routing to Oracle Cloud Services • Resetting Resource Management Rules to the defaults • Simplified Service Console UI 2019/6 • Application Express (APEX) • SQL Developer Web • Oracle REST Data Services (ORDS) • Auto Scaling • Azure object store with Data Pump • ATP Dedicated • Email Announcement for Database 19c Preview 236
  237. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Integration with

    OCI Events Services Events Service がAutonomous Databaseに対応しました Events Service を利用することで、 Autonomous Database (Serverless/ Dedicate)に関する各種イベントをメール 通知できるようになりました。 2019/8 ADB Container Exadata Infrastructure Create Instance Begin-End Begin-End Begin-End Create Backup Begin-End Begin-End Restore Begin-End Begin-End Maintenance Begin-End Begin-End Maintenance Reminder ✔️ ✔️ Maintenance Scheduled ✔️ ✔️ Update Instance Begin-End https://docs.cloud.oracle.com/iaas/Content/Events/Reference/eventsproducers.htm#DbaaS サポートされるイベント・タイプ (2019/8現在) 237
  238. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Create Directory

    and Drop Directory commands ディレクトリ・オブジェクトを追加作成できるようになりました 従来はデフォルトで作成済みのDATA_PUMP_DIRのみでしたが、今回のアップデートにより、追加作成できるようになり、 既存アプリケーションの移行が簡単になりました ディレクトリ・オブジェクトの作成には” CREATE ANY DIRECTORY ”権限が必要です。ADMINスキーマから付与してくだ さい。 ディレクトリ・オブジェクトに保管されたデータサイズに応じて、 割り当てられているインスタンスのストレージ(最小1TB)を消費します 2019/8 SQL> CREATE DIRECTORY sales_staging AS 'stage/sales'; 238
  239. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | ADB Gains

    ISO-27001, 27017 and 27018 certifications Oracle Cloud の他サービスに追随し、Autonomousも対応しました ISO / IEC 27001 • 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格 • 情報の機密性・完全性・可用性を管理し、有効活用するための組織の枠組みを規定 ISO / IEC 27017 • クラウドサービスに関する情報セキュリティ管理策のガイドライン規格 • ISO/IEC 27001の取り組みをISO/IEC 27017で強化し、クラウドサービスにも対応した情報セキュリティ管理体制を構 築するための規定 ISO / IEC 27018 • クラウドサービスプロバイダが適切な情報セキュリティ管理を提供することを確実にすることを目的とした規定 2019/7 239
  240. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Monitor ADB

    with Performance Hub インスタンスの稼働状況を、より詳細に確認できるようになりました。 Performance Hubを利用した監視 • Active Session History (ASH) • SQL Monitor 2019/7 240
  241. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Three Developer

    Capabilities for Autonomous Database 待望のAPEX / ORDS / SQL Developer Webをサポート Application Express(APEX)が同梱 • ADBだけでアプリ開発から提供までを完結できるように • ADBインスタンス毎にワークスペースが作成される Oracle REST Data Services(ORDS)が同梱 • REST APIを利用してデータを挿入、参照、削除したいといった際に、それらを実行するためのREST API開発からデプ ロイまでをADBだけで完結できるように SQL Developer Webが同梱 • 従来はとりあえずデータを操作したいという場合であっても、ADBに同梱されるNotebookを利用するか、他のクライア ントツールを用意しなければなりませんでしたが、SQL Developer Webを利用することでより簡単にお試し操作が出 来るように 2019/7 241
  242. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | OCI VCN

    Transit Routing to Oracle Cloud Services IPSec VPNやFastConnect接続の場合も直接アクセス可能に トランジット・ルーティングの拡張により、オンプレミスのネットワークからOracle Service Networkのサービスにアクセス可能 • Object StorageやAutonomous DatabaseやそのほかPaaS、API などはPublic IPを使用するサービス • 従来はオンプレミスのネットワークから接続する場合にはインターネットを経由するか、 途中にプロキシサーバーなどを用意する必要があった。 (もしくは、FastConnect Public Peering) • IPSec VPNやFastConnect接続の場合に、 動的ルーティング・ゲートウェイ(DRG)から サービス・ゲートウェイを経由して、 各サービスへアクセス可能に。 2019/7 OCI Tokyo Region VCN 10.0.0.0 On-Premises CPE/Rout er DRG Service Gateway Autonomous DB adb.ap-tokyo-1.oraclecloud.com IPsec VPN onp-inst01 192.168.0.2 ① ② Object Storage objectstorage.ap-tokyo- 1.oraclecloud.com Oracle Services Network FastConnect ②Route Table : RT-SG Destination CIDER Route Target 192.168.0.0/16 DRG ①Route Table : RT-DRG Destination CIDER Route Target All NRT Services In Oracle Services Network Service Gateway OCI サービスアップデート資料より抜粋 242
  243. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Autonomous Transaction

    Processing – Dedicated (ATP-D) よりミッションクリティカルなシステム運用に対応 Public Cloud 上に、PrivateなAutonomous Databaseを構成可能に 特徴 • Exadataを専有環境として利用 • HWレベルから完全な分離: DB, Container DB, Cluster of VM, Hardware - Exadata , Network – VCN with Private IP • パッチ適用やアップグレード、バックアップのタイミング等のスケジュールをカスタマイズが可能 • 19c Databaseが利用可能 • Performance Hub, Database Vault, SQL Developer Web/ORDS, APEX, Enterprise Managerが利用可能 に 課金体系 • 利用するOCPU単位で課金(1時間単位) • Exadata Cloud Infrastructureをサブスクライブ(最低利用期間は1カ月48時間) 2019/6 2020/02更新 243
  244. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Auto Scaling

    システムの負荷状況に応じて、CPUリソースの自動調整を設定できるように システムの負荷状況に応じて、CPU/IOリソースを拡張、または縮小が可能 • 上限は128コア(ベースOCPUが64の場合も上限はOCPU=128) 設定方法 • 新規インスタンス作成時、自動拡張の有効/無効を選択 • 既存インスタンスに対してもオンラインで有効化、無効化が可能 2019/6 244
  245. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Auto Scaling

    システムの負荷状況に応じて、CPUリソースの自動調整を設定できるように 1時間辺りのCPU平均使用率に基づき課金される • ベースのOCPU数、もしくは最大OCPU数 x 平均CPU使用率の、どちらか大きい方 サービスコンソールから、実際のCPU使用量を確認可能(過去8日間) 2019/6 245
  246. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | サービスアップデート(FY19Q4) 2019/5

    • Support for creating database links • Oracle Spatial and Graph with limitations • Oracle Text with limitations • Oracle XML DB with limitations • Oracle Cloud Infrastructure Native URI Format Supported with Oracle Data Pump • Oracle Cloud Infrastructure Pre-Authenticated URI Format Supported with DBMS_CLOUD • Oracle Management Cloud support • Modify CPU/IO Shares from Service Console 2019/4 • Support for Network Access Control Lists • Support for Updating License Type • Access Avro files in Object Stores • Enhanced newline handling for file record delimiter with DBMS_CLOUD • Modify CPU/IO Shares 246
  247. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Support For

    Creating Database Link ADB上で他のDB(ADB含む)をターゲットとしたDatabase Linkを作成可能に DBMS_CLOUD_ADMIN パッケージ • 他のDB(Autonomous Database を含む)を参照先とするDB LinkをADB上に作成可能 注意事項 • サポートされるターゲットデータベースのバージョンは、19c、18c、12.2.0、12.1.0、および11.2.0 • ADB同士で連携する場合は1:1に制限される • 1:N構成を採用したい場合は、他のDB上でAutonomous DatabaseへのDB Linkを作成する 2019/5 BEGIN DBMS_CLOUD_ADMIN.CREATE_DATABASE_LINK( db_link_name => 'SALESLINK', hostname => 'adb.eu-frankfurt-1.oraclecloud.com', port => '1522', service_name => 'example_medium.adwc.example.oraclecloud.com', ssl_server_cert_dn => 'CN=adwc.example.oraclecloud.com,OU=Oracle BMCS FRANKFURT,O=Oracle … ', credential_name => 'DB_LINK_CRED'); END; / 2019/8)複数ディレクトリオブジェクトの複数作成が可能になったため 247
  248. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Support For

    Oracle Text Oracle Text をADB上で利用できるように Oracle Text 機能がAutonomous Databaseでサポート • ただし、セキュリティ、性能の観点から一部機能に制限あり(201905時点) • All logging, and APIs which perform logging such as ctx_report.query_log_summary • File and URL datastore 2019/5 248
  249. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Support For

    Oracle Spatial and Graph Oracle Spatial and GraphをADB上で利用できるように Oracle Spatial and Graph機能がAutonomous Databaseでサポート • ただし、セキュリティ、性能の観点から一部機能に制限あり(右表) • 最新情報はマニュアルを参照ください 2019/5 2019/5時点 249
  250. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | OCI Native

    URI Format Supported with Oracle Data Pump Data Pumpによるロード実行がより簡単に OCIのnative URIを利用し、オブジェクトストレージから呼び出せるようになった • 従来はSwift 形式のURLに読み替える必要があった • Native Format • オブジェクトストレージのGUIから確認可能 • Swift Format • 今後もサポート予定 2019/5 https://objectstorage.region.oraclecloud.com/n/object_storage_namespace/b/bucket/o/filename https://swiftobjectstorage.region.oraclecloud.com/v1/object_storage_namespace/bucket/filename 250
  251. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Pre-Authenticated URI

    Format Supported with DBMS_CLOUD データロード時に、認証なしでロードできるURLを作成可能に 従来は事前に認証情報(Credential)をADBインスタンスに登録する必要があった 事前認証されたURIを生成できるようになり、認証なしでアクセスできるようになった • OCI オブジェクトストレージのコンソールにおいて事前認証済みリクエストを発行し、固有のURLを生成 • 固有URLを利用して、OCIオブジェクトストレージ上のソースファイルにアクセス 2019/5 251
  252. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Pre-Authenticated URI

    Format Supported with DBMS_CLOUD データロード時に、認証なしでロードできるURLを作成可能に 注意事項 • セキュリティを考慮し、アクセスタイプ、有効期限を検討ください • DBMS_CLOUDプロシージャでロードする際は、 credential_nameパラメータをNULLまたは明示的に指定ください (以下の例では ‘NAME’と指定しています) 2019/5 CREDENTIAL句の指定は不要に (2019/9時点) 252
  253. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Support For

    XML 既存XML DBの移行が容易に Oracle XML DBの機能がAutonomous Databaseでサポートされた • ただし、セキュリティ、性能の観点から一部のOracle XML DB機能に 制限あり(右表) • 最新情報はマニュアルを参照ください • Oracle Data Pumpを使用してXMLType列を含む表を Autonomous Databaseに移行する場合は、expdpを使用する前 にNon-Schema Binary XMLへの変換が必要 2019/5 XML DB Feature Supported in Autonomous Database XML DB XDB Protocol No XDB Repository No XDB ACLs No XML Schema Registration No XML Storage - CLOB No XML Storage - Object Relational No XML Storage - Binary XML Yes (Non schema-based only) SQL/XML Expression based Functional Index Yes Structured XML Index Yes XQuery Full Text Index Yes Unstructured XMLIndex No XML DOM package Yes XML Parser Package Yes XSL Processor (DBMS_XSLPROCESSOR) Yes DBMS_JSON Yes JSON SODA Document API Yes Schema based Binary XML No XML Schema registration or validation No ※2019/5時点 253
  254. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle Management

    Cloud support OMCを利用した監視・通知設定が可能に OMCがADBをサポートしたことにより、 複数のインスタンスを単一のコンソールから一元的に監視することが可能に 2019/5 254
  255. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Support for

    Network Access Control Lists (Network ACLs) 特定のIPからのアクセスのみを許可することが可能に 指定されたアドレスからの接続のみを許可 • IPアドレス、およびCIDRによる接続ソースの指定 • リストにないIPからのアクセスは拒否 • ORA-12506: TNS:listener rejected connection based on service ACL filtering • オンラインで変更可能 • IPアドレスの追加、削除時に既存許可されているIPからの接続セッションは影響を受けない。 • 定義情報は直接インスタンス内に格納されるため、 セキュアかつ、自動でバックアップ • サービスコンソールはACLの制御対象外 • 顧客データを一切公開しないため必ずしも不要 2019/4 255
  256. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Support for

    Updating License Type インスタンス作成後に、ライセンスタイプの変更が可能に オンラインで変更可能 2019/4 256
  257. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Access Avro

    files in Object Stores 他のフォーマットに変換することなく、直接参照できるようになった Avro フォーマット対応 • Hadoop上で一般的によく利用されるフォーマット。 • ADW/ATPでは、オブジェクトストアに格納されたAvro フォーマットのデータを直接参照、もしくはロードすることが可能。 CSV等の他フォーマットに変換する手間を削減できる 2019/4 begin dbms_cloud.create_external_table ( table_name =>'movies_ext', credential_name =>'OBJ_STORE_CRED', file_uri_list =>'https://objectstorage.ca-toronto-1.oraclecloud.com/n/<tenancy>/b/<bucket>/o/*', format => '{"type":"avro", "schema": "first"}' ); end; / 例)外部表として参照する場合) 257
  258. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Modify CPU/IO

    Shares 接続サービス間のリソースの優先度付けを変更できるように 接続サービス毎に、従来はリソースの割り当てが固定されていた(右表) 手動で設定変更が出来るようになり、柔軟性が増した 2019/4 BEGIN cs_resource_manager.update_plan_directive(consumer_group => 'TPURGENT', shares => 12); cs_resource_manager.update_plan_directive(consumer_group => 'TP', shares => 8); cs_resource_manager.update_plan_directive(consumer_group => 'HIGH', shares => 30); cs_resource_manager.update_plan_directive(consumer_group => 'MEDIUM', shares => 2); cs_resource_manager.update_plan_directive(consumer_group => 'LOW', shares => 1); END; / SERVICES NAME リソース割り当て (SHARES) TPURGENT 12 TP 8 HIGH 4 MEDIUM 2 LOW 1 デフォルト設定 HIGHを利用している処理に対して、 より多くのリソースを割り当てて、 最優先で処理させよう。 258
  259. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Enhanced newline

    handling for file record delimiter with DBMS_CLOUD DBMS_CLOUDを利用したデータ・ロードが、より簡単に ロード対象のファイルを参照する際に、改行コードを自動判別 • 従来は改行コードがCR+LFの場合、recorddelimiterを明示的に指定する必要があったが、不要に。 • デフォルトの動作を上書きしたい場合は、 recorddelimiterを明示的に指定可能 2019/4 259
  260. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Cloning for

    ADB Cloneによる既存ADBインスタンスの複製が可能に データベース全体を複製するか、データベースのメタデータのみの複製かを選択 Rest APIでも作成可能 複製元のインスタンスは無停止 2019/3 260
  261. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | OCI Native

    URI Format Supported with DBMS_CLOUD DBMS_CLOUDパッケージによるロードが簡単に OCIのnative URIを利用し、オブジェクトストレージから呼び出せるようになった • 従来はSwift 形式のURLに読み替える必要があった • Native Format • オブジェクトストレージのGUIから確認可能 • Swift Format • 今後もサポート予定 2019/3 https://objectstorage.region.oraclecloud.com/n/object_storage_namespace/b/bucket/o/filename https://swiftobjectstorage.region.oraclecloud.com/v1/object_storage_namespace/bucket/filename 261
  262. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | OCI Native

    URI Format Supported with DBMS_CLOUD DBMS_CLOUDパッケージによるロードが簡単に Native URI はOCIのObject Storage コンソールから確認可能 2019/3 262
  263. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | UI/API Unification

    and Workload Type field ADW/ATPを一元管理できるように OCIコンソールおよびAPIにおけるATPとADWの統一 2019/1 263
  264. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Application Continuity

    サーバエラーやタイムアウト、およびメンテナンスを隠蔽 Application Continuityの有効化が可能 • セッション切断の影響を受ける進行中の処理を自動回復 • アプリからは処理がわずかに遅れたようにみえる • 接続サービス毎に有効化するだけで、アプリからは透過的に利用できる 要件 • Oracle Client software version 18.3 (or higher). 2019/2 Request Errors/Timeouts hidden TA C BEGIN DBMS_CLOUD_ADMIN.ENABLE_APP_CONT( service_name => ‘adb1_high.adwc.oraclecloud.com‘ ); END; / 264
  265. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Service Gateway

    プライベート・サブネット内から、より安全にアクセスできるように Service Gatewayを経由した Autonomous Databaseへの接続をサポート • Internet Gateway/NAT Gatewayを利用せずに、プライベート・サブネット内からAutonomous Database(ATP/ADW)に限定したアクセスが可能になった 2019/3 VCN OCI REGION Private Subnet Private Instance Service Gateway ADW /ATP 265
  266. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Access Parquet

    files in Object Stores CSVフォーマットに変換することなく、直接利用できるようになった Parquet フォーマット対応 • Hadoop上で一般的によく利用されるフォーマット。 カラム型で保持し、かつ圧縮し保持するために、 CSVと比べて効 率的に処理可能 • ADW/ATPでは、オブジェクトストアに格納されたParquet フォーマットのデータを直接参照、もしくはロードすることが可 能。CSVに変換する手間を削減できる 2019/1 begin dbms_cloud.create_external_table ( table_name =>'sales_extended_ext', credential_name =>'OBJ_STORE_CRED', file_uri_list =>'https://swiftobjectstorage.<datacenter>.oraclecloud.com/v1/<obj-store-namespace>/<bucket>/sales_extended.parquet', format => '{"type":"parquet", "schema": "first"}' ); end; / 例)外部表として参照する場合) 266
  267. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Unset max

    idle time 接続リソースの無駄を最小限に抑制 アイドルセッションに対する制御変更 • アイドルセッションによるシステムリソースの長時間保持を防ぐための閾値設定 • 閾値を超えると、セッション数に応じて自動的にアイドルセッションが切断される • 従来の60分から5分以上アイドル状態が続く場合に変更 • サービスによって接続できるセッション数が限られるための対応 2018/9 267
  268. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Table compression

    methods 非圧縮も選択可能に(ADWのみ) ADWでは、Exadata HCC圧縮が表領域のデフォルト設定 • 以前はHCC圧縮以外での作成、HCC圧縮以外への定義変更は不可だった • 表の作成時に非圧縮の指定が可能に。またオンラインで非圧縮に変更可能になった 注意事項 • 頻繁に更新がかかるような表の場合に非圧縮を検討しますが、基本的に圧縮率、処理性能の観点で、DWH系の ワークロードであれば、デフォルトのままでご利用ください。 2018/9 268
  269. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Partitioned tables,

    indexes, and materialized views 設計時の選択肢が増えた (ADW) パーティション、索引、マテリアライズド・ビューが利用可能に 注意事項 • 索引については、性能面、管理性の観点から、DWH系のワークロードでは基本的に利用しないことを推奨します 2018/9 269
  270. None