Autonomous Database サービス・アップデート

Autonomous Database サービス・アップデート

Oracle CloudのAutonomous Databaseのサービス・アップデート(新機能)についてまとめた日本語資料です。
Autonomous Database / Autonomous Data Warehouse / Autonomous Transaction Processing / ATP / ADB / ADW / Oracle Cloud Infrastructure / OCI

3115a782126be714b5f94d24073c957d?s=128

oracle4engineer

July 20, 2020
Tweet

Transcript

  1. 日本オラクル株式会社 クラウド事業戦略統括 データベースソリューション部 2020/7/20 サービス・アップデート Oracle Autonomous Database Cloud

  2. Safe harbor statement 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、 情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以 下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することを確約するものではないため、購買 決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。 オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリース、時期及び価格については、弊 社の裁量により決定され、変更される可能性があります。 Copyright

    © 2020, Oracle and/or its affiliates 2
  3. 3 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates はじめに 本資料は、表紙に記載の日付時点における、

    Oracle Autonomous Database Cloud の技術情報です。 Autonomous Databaseはデプロイモデルとして Shared Exadata Infrastructure * とDedicated Exadata Infrastructure がありますが、本資料では Shared を対象に記載しています。 Dedicatedについて記載する際はその旨を明記します。 * 旧 Serverless
  4. 4 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates はじめに 最新情報や詳細情報は以下もご参照ください

    本資料は、表紙に記載の日付時点における、サービスアップデートを記載します。 詳細情報は以下もご参照ください マニュアル(What’s New) • What's New for Oracle Autonomous Transaction Processing • What's New for Oracle Autonomous Data Warehouse • Release Notes for Oracle Cloud Infrastructure
  5. 5 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates FY21 Q1

    Autonomous Database 主なアップデート • Autonomous Data Guard(Cross-AD HA) • AD間の高可用性構成を簡単に構築 • フェイルオーバー、スイッチオーバーが可能に • Manage User Profiles with Autonomous Database • パスワードを柔軟に管理できるようになりました • Autonomous Database on Exadata Cloud@Customer • お客様のDC内で、Autonomous Database(ADW/ATP) を利用可能に
  6. 6 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates サービスアップデート(FY21Q1) 2020/6

    • ORC Format and Complex Types • PUT_OBJECT Maximum File Transfer Size Increase • Customer Managed Oracle REST Data Services • Performance Hubの機能強化 2020/7 • Autonomous Data Guard(Cross-AD HA) • Create and Alter User Profiles • Network Access Change • Use Database Links to Access Non-Oracle Databases • Autonomous Database on Exadata Cloud@Customer
  7. 7 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Autonomous Data

    Guard AD間での高可用性構成のサポート スタンバイ・データベースの作成が可能に • コンソールからのクリック操作で簡単に構成可能 • スタンバイ側も同一構成、OCPUのスケールアップ等の操作はスタンバイ側にも適用される • 最小限のダウンタイムでフェイルオーバー、スイッチオーバーが可能 • 自動フェイルオーバー時、RTO:2分、RPO:0分 • 手動フェイルオーバー時、RTO:2分、RPO:最大5分 • フェイルオーバー、スイッチオーバー後、アプリの修正は不要 • データベースに接続するために接続文字列は変更不要。APEX、SDW、OML Notebookも対応 • フェイルオーバー完了後は自動的に新規スタンバイを作成 2020/7
  8. 8 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Autonomous Data

    Guard AD間での高可用性構成のサポート 注意点 • シングルAD(東京、大阪)の場合はExadataの筐体間で構成 • Region間の高可用性構成は今後提供予定 • スタンバイ側も課金対象(AutoScalingは含まない) • 通常時スタンバイデータベースへアクセスは不可 • Always Free Autonomous Databaseでは使用不可 • 18cでは利用不可 • コンソールでのリソース使用率の表示はプライマリ側の情報のみ 2020/7
  9. 9 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Manage User

    Profiles with Autonomous Database パスワードを柔軟に管理できるようになりました 従来はユーザー・プロファイルは追加作成・変更できませんでした • デフォルト・プロファイル • 24時間以内に利用されたパスワードは不可 • 360日以内の変更が必要 • 指定のログイン試行の連続失敗回数後にアカウントがロックされる日数:1日 等 今回のアップデートにより、ユーザー・プロファイルを任意に作成することが可能となりました。 尚、Password Verify Function(PVF)によるパスワードの複雑性のチェックをプロファイルに紐づけることが可能 2020/7 -- プロファイルの作成例 CREATE PROFILE new_profile LIMIT PASSWORD_REUSE_MAX 10 PASSWORD_LOCK_TIME 5 PASSWORD_LIFE_TIME UNLIMITED ; -- ユーザーの作成例(新たに作成したプロファイルを利用) CREATE USER new_user IDENTIFIED BY password PROFILE new_profile;
  10. 10 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Network Access

    Change プライベートとパブリック間のエンドポイント変更 プライベートとパブリック間のエンドポイント変更が可能になりました • コンソールのネットワーク・アクセスの更新から変更 • プライベートへの変更前にネットワーク・セキュリティ・グループの作成が必要 • Oracle Database 19c以降で利用可(18cは不可) • 変更後の接続には新しいWalletのダウンロードが必要 2020/7
  11. 11 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Use Database

    Links to Access Non-Oracle Databases Database Linkを利用したOracle Database以外のデータベースとの連携 ADBからDB LINKでOracle Database Gatewayを経由したNon-Oracleデータベースを参照可能に • Oracle Database GatewayはOracle環境からNon-Oracleデータベースに透過的にアクセスするための機能をサ ポートする製品。for SQL Server/for Teradataなど対象ごとに提供。 • 『Database Heterogeneous Connectivityユーザーズ・ガイド』をご確認ください ADBからデータベースリンクを使って参照するリモートDBには要件があります • パブリックIPまたはホスト名を持つまたはOracle Database Gatewayを介する • TCPS接続 • ポートは1521-1525の範囲 そのため、事前にOracle Database Gateway側で作業が必要です 1. Oracle Database Gatewayを対象のNon-Oracleデータベースに接続できるよう構成する 2. Oracle Net ListenerをOracle Database Gatewayでリクエストを処理するよう構成する 3. Oracle Database Gateway上で自己署名付きウォレットを作成する 2020/7
  12. 12 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Autonomous Database

    on Exadata Cloud@Customer お客様データセンターでADBを利用可能に 2020/7 ADB -Dedicated (Cloud@Cus tomer) ADB -Dedicated (Public) Shared Exadata Infrastructure Dedicated Exadata Infrastructure Cloud@Custo mer Exadata Infrastructure (Dedicated) Cloud@Cust omer ExaC@C ExaCS Oracle Cloud Infrastructure ADB -Shared Oracle Database Autonomous Managed DBCS (BM) DBCS (VM) BM (Dedicated) VM (shared) Choice of Platform Service Name Service Type Cloud Family NEW
  13. 13 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Autonomous Dedicated

    専有環境で稼働するPrivate Database Cloudを提供 自律型データベース • 高性能、高可用性、高セキュリティ • 使いたいときにすぐに利用可能 高度な分離性 • 複数のレイヤーで独立性を確保 • プライベートクラウドとしての責任境界の明確化 • フリート管理者 / データベース管理者 運用ポリシーのカスタマイズ • プロビジョニング、ソフトウェア更新、可用性、集約性を制御可能 Public / C@C 共通
  14. 14 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Autonomous Dedicated

    課金体系 /シェイプサイズ Exadata Infrastructureのシェイプ、およびデータベースが利用したOCPU数に基づき課金 • 課金体系 • Public Cloud • OCPU : 1秒単位で課金 • 0からシェイプ毎の最大CPUまで利用可能 • 既存データベースライセンスの持ち込みによるコスト削減が可能 • Exadata Infrastructure : 最低48時間から1秒単位で課金 • Quarter / Half / Full から選択、 X7 / X8 から選択 • C@C • OCPU : 1秒単位で課金 • 0からシェイプ毎の最大CPUまで利用可能 • 既存データベースライセンスの持ち込みによるコスト削減が可能 • Exadata Infrastructure : 最低744時間から月額単位(最低4年契約) • 設置するラック毎に、アクティベーションサービス費用が必要 • Quarter / Half / Full から選択、 X8のみ Public / C@C 共通
  15. Autonomous Dedicated ADB-S との比較(主要なものを記載) Copyright © 2020 Oracle and/or its

    affiliates 15 Autonomous Database Shared Dedicated (Public Cloud) Dedicated (ExaC@C) 概要 完全マネージド型のOracle Databaseサービス(PaaS) 提供モデル Exadata上の共有サービス Exadata上の専有サービス Exadata上の専有サービス メンテナンススケジュール 固定、利用者による調整不可 調整可能 調整可能 Upgradeの一時スキップ 不可 可能 可能 バックアップの期間調整 不可(60日) 可能 可能 バックアップ先の設定 オブジェクトストレージのみ オブジェクトストレージのみ オブジェクトストレージ Exadata筐体内/ NFS/ZDLRA ネットワーク設定 Cloud Side, VCN Cloud Side, VCN Customer Side, VCN ライセンスタイプの変更 可能 不可 不可 Wallet利用 必要 任意 任意 表領域/Profileの操作 不可 可能 可能 ライセンスBYOL ADBインスタンス単位 VM単位 VM単位 SLA availability SLA 99.95% (99.995% availability SLA is planed) Availability SLO 99.95% (99.995% availability SLA is planed) Availability SLO 99.95 (99.995% availability SLA is planed)
  16. 16 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates ORC Format

    and Complex Types ORCフォーマットのファイルを外部表やロード対象として利用可能に ORCフォーマット対応(Oracle Database 19c以降) • Hadoop上で一般的によく利用されるフォーマットの1つ。 カラム型で保持し、かつ圧縮し保持するために、 CSVと比べ て効率的に処理可能。 • DBMS_CLOUDパッケージで外部表、ロード対象として利用できるように 参考:ADW/ATPはオブジェクトストアに格納された以下のフォーマットのデータの直接参照(外部表)およびロードをサ ポートします • Text(CSV、TSV等)、JSON、XML、Parquet、Avro、ORC(NEW:19c~)、Data Pump 2020/6 例)外部表として参照する場合 begin dbms_cloud.create_external_table ( table_name =>'sales_extended_ext', credential_name =>'OBJ_STORE_CRED', file_uri_list =>'https://swiftobjectstorage.<datacenter>.oraclecloud.com/v1/<obj-store-namespace>/<bucket>/sales_extended.orc', format => '{"type":“orc", "schema": "first"}' ); end; / ここでファイルのフォーマットタイプを指定します
  17. 17 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates PUT_OBJECT Maximum

    File Transfer Size Increase Object Storageへの転送ファイルサイズの上限が50GBに拡張 DBMS_CLOUD.PUT_OBJECTで扱えるOCI Object Storageへの転送ファイルのサイズ上限が5GBから50GBに増えま した 他社クラウドストレージへの転送上限は異なるので注意 • Amazon S3 は 5GB • Azure Blob Storageは 256M 2020/6 [DBMS_CLOUD.PUT_OBJECTの利用イメージ]
  18. 18 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Customer-managed ORDS(Sharedのみ)

    顧客管理のORDSがADB-Sで利用可能になりました Autonomous Databaseでデフォルトで構成されるORDSは、必要な構成、パッチ適用、保守を自動化できる半面、 ORDS構成オプションのカスタマイズができなかった • 例えば接続定義は「LOW」を利用する設定に固定 顧客管理のORDS環境を利用することで、アプリケーションにあわせてORDS構成オプションを制御が可能になる • ORDS環境は19.4.6以上、構成、パッチ適用、保守などの管理作業は顧客管理 • デフォルトのORDSはそのまま存在 2020/6
  19. 19 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Performance Hubの機能強化

    Performance Hubで以下が可能になりました ① タイムゾーンの選択 ② AWRのダウンロード ③ ブロッキングセッションの検出(Dedicatedのみ) 2020/6 ① ②
  20. 20 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates FY20 Q4

    Autonomous Database 主なアップデート • Upgrade Autonomous Database to Oracle Database 19c • 従来はクローンによるアップグレードのみで、接続情報の変更が必須 • 今回からボタン1つで、接続先情報変わらずにアップグレード可能に • Per-second billing • OCPUもストレージも時間単位から秒単位での課金に • 最低1分からの課金 • Service Level Agreements for Autonomous Database • これまではSLO(Service Level Objective) 99.95 % • 今回の更新で、ADBとして SLA 99.95 %に
  21. 21 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates サービスアップデート(FY20Q4) 2020/5

    • Upgrade Autonomous Database to Oracle Database 19c 2020/4 • SODA Documents and Collections • Load Data with Oracle Data Pump Access Driver Dump Files • Create External Tables and Query Data with Oracle Data Pump Access Driver Dump Files • Oracle Extensions for IDEs • Per-Second Billing • Stateful Rule Support in Private Endpoints • Wallet zip File Contains README File 2020/3 • Restart Autonomous Database instance • Oracle Data Pump Direct Export to Object Store • Oracle Data Pump Pre-authenticated URLs for Dump Files • Documentation Addition: Upgrade Autonomous Database to Oracle Database 19c • Oracle Database Versions by Region • Oracle Application Express Release 19.2
  22. 22 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Upgrade Autonomous

    Database to Oracle Database 19c クリックだけでアップグレード可能に 19cへのアップグレード方法 • アップグレードのタイミングを選択する場合 • 手動アップグレード ← 今回のアップデートはこちら • クローンを利用したアップグレード(フルクローン or バックアップ) • オラクル社による自動アップグレード • 実施2か月前に事前通知され、自動的に更新される 手動アップグレード • アップグレードボタンをクリックするだけ。 • 数十分でアップグレードが完了(2020/5時点の実績値) • ダウンタイムを最小限に抑えるために、アップグレード進行中もデータベースはオンラインだが、最後に再起動が生じる • アップグレード後も既存のウォレットを使用可能 • Always Freeでは使用不可 2020/5
  23. 23 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Upgrade Autonomous

    Database to Oracle Database 19c クリックだけでアップグレード可能に 2020/5
  24. 24 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates SODA Documents

    and Collections ドキュメント・ストアとして利用可能に Simple Oracle Document Architecture (SODA)をサポートしました • SQLを使用せずにJSONドキュメントを保存、検索、取得可能 • SQL/JSON演算子を使用してデータへアクセス可能 • Java、C、Node.js、Python、PL/SQLなどのSODAドライバやREST使用方法のリンク追加 2020/4
  25. 25 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Load Data

    with Oracle Data Pump Access Driver Dump Files DBMS_CLOUDパッケージを利用してダンプファイルをロードできるように Data Pumpを利用したAutonomous Databaseへのデータロード • 従来はData Pumpコマンド(Impdp)のみが利用可能だった。 • 今回のアップデートにより、DBMS_CLOUDパッケージでダンプファイルをロードできるようになった • Data Pumpコマンドの実行のためにComputeインスタンスを用意する必要がなくなった • 利用できるダンプファイルは、外部表にてORACLE_DATAPUMPアクセスドライバを利用しエクスポートしたファイル に限定される(expdpコマンドで出力したダンプファイルは対象外) 2020/4
  26. 26 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Create External

    Tables and Query Data with Data Pump Access Driver Data Pumpのデータを参照する外部表を作成可能に 今回のアップデートにより、DBMS_CLOUDパッケージを利用した外部表作成時に、ダンプファイルを指定できるようになっ た • 利用できるダンプファイルは、外部表にてORACLE_DATAPUMPアクセスドライバを利用しエクスポートしたファイル に限定される(expdpコマンドで出力したダンプファイルは対象外) 2020/4
  27. 27 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Oracle Extensions

    for IDEs 統合開発環境(IDE)にてOracle拡張機能が利用可能に • Oracle Extensionsを利用して、Autonomous Databaseの各種操作・管理がIDEから可能に • Eclipse、Microsoft Visual Studio、Microsoft Visual Studio Code(VS Code) • 実施可能な操作例 • Autonomous Database の作成、クローン • インスタンスの起動、停止 • スケールアップ、スケールダウン • バックアップからのリストア • Wallet ファイルのローテーション • Always Freeから有償利用への変換 2020/4
  28. 28 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Per-Second Billing

    Autonomous Database(Shared) を最低1分から秒単位で利用可能に 秒課金の導入 • 従来は時間単位での課金でした • 今回のアップデートにより、最低利用は1分から、1分を超えた利用については秒単位で課金されるようになりました • 対象はOCPU、およびストレージ • テストのための一時利用や、一時的なスケールアップに対するコスト増を抑制可能 • 補足)同時にOCI Computeインスタンスも秒課金が導入されました • VMインスタンス最低1分から秒単位課金(ADB-Sと同様) • ベアメタルインスタンスは最低1時間から秒単位課金 2020/4
  29. 29 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Autonomous Database

    価格体系 フルマネージドのExadataを最低1分から秒単位で利用可能 CPU、ストレージのサイズを個々に設定 • OCPU:1 OCPU単位で秒課金 • 1 OCPUを1時間利用した場合:¥303.424 • ストレージ : 1 TB単位で秒課金 • 1TB を 1カ月利用した場合:¥26,640.00 従量課金制 • 最低1分からスタート可能 • 1分を超えた利用については秒単位で課金 • 一時的なスケールアップに対するコストを抑制 • テストのための一時利用を必要最低限のコストで対応 スケールアップ・ダウンの際は、業務停止不要 • CPU、ストレージをそれぞれ個別にオンラインで変更可能 初期費用なし ピーク時は 秒単位で拡張 拡張時は 無停止で即時適用 * 料金::PAYGの場合(2020/4現在)
  30. 30 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Autonomous Database

    高可用性ベストプラクティス(MAA)を基に設計 優れたSLA保証: 99.995% (非合理な例外なし) * • 1ヵ月で2.5分未満のダウンタイム 障害 主要機能 想定される ダウンタイム サーバー障害 (HA) RAC ほぼゼロ リージョン障害 ADG 数秒 データ破損 ADG ゼロ パッチ適用 RAC ほぼゼロ アップグレード ADG 数秒 表/索引の変更 Redef ゼロ ユーザー・エラー Flashback エラー発生 からの時間 ADG: Active Data Guard Redef : Online Re-Definition(オンライン再定義) * 2020/4現在、SLA 99.95% (AD間のDRが構成されていないため) Oracle PaaS and IaaS Public Cloud Services PILLAR DOCUMENT
  31. 31 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Wallet の

    zip file にREADMEが含まれるようになりました クライアント・クレデンシャル(Wallet_xxxx.zip)のファイルにREADMEが追加 • READMEには、SSL証明書の有効期限が記載 • 2020年4月より前に作成されたインスタンスでも新たにWalletをダウンロードすることで確認可能 • サンプル(東京リージョン) 2020/4 Wallet Expiry Date ----------------------- This wallet was downloaded on 2020-05-28 16:57:50.066 UTC. The SSL certificates provided in this wallet will expire on 2024-03-23 19:25:02.0 UTC. In order to avoid any service interruptions due to an expired SSL certificate, you must re-download the wallet before this date.
  32. 32 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Restart Autonomous

    Database instance ADBインスタンスを再起動できるように 従来は一旦停止してから再起動する必要がありましたが、今回のアップデートにより再起動できるようになった 画面上の操作、およびAPIを利用したスクリプト作成工数の削減に 2020/3
  33. 33 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Oracle Data

    Pump Direct Export to Object Store オブジェクトストレージに直接ダンプファイルを出力できるように 従来はAutonomous Databaseの内部にExpdpで一旦出力してから、オブジェクトストレージにPUTする必要があった 今回のアップデートにより、オブジェクトストレージへの直接出力も選択可能に • 出力対象 • OCI Object Storage • OCI Object Storage Classic • イメージ作成準備のため、Expdp起動後のデータ出力までに 数分程度の時間を要する • 出力されたダンプファイルをインポートする際は、 オブジェクトストレージに出力される構成ファイル (<ダンプファイル名>_aaaaa)が必要。削除不可 2020/3
  34. 34 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Oracle Data

    Pump Direct Export to Object Store オブジェクトストレージに直接ダンプファイルを出力できるように 実行例 • 事前にオブジェクトストレージへのユーザ名、アクセストークンが必要です (credentialの登録) • 性能の観点から接続サービスはHIGHを利用し、PARALLEL句にはOCPU数を指定下さい。必要に応じて圧縮を設 定ください • 必要に応じて、暗号化を設定ください エクスポート(例) インポート(例) 2020/3 expdp admin/xxxxx@adb01_high ¥ filesize=5G ¥ dumpfile=default_credential:https://objectstorage. ap-Tokyo-1.oraclecloud.com/n/<namespace>/b/<bucket_name>/o/exp_%U.dmp ¥ parallel=16 encryption_pwd_prompt=yes SCHEMAS=SCHAMA01 ¥ compression=ALL ¥ logfile=export.log directory=data_pump_dir impdp admin/xxxxx@adw01_high ¥ dumpfile=default_credential:https://objectstorage. ap-Tokyo-1.oraclecloud.com/n/<namespace>/b/<bucket_name>/o/exp_%U.dmp ¥ parallel=16 encryption_pwd_prompt=yes REMAP_SCHEMA=SCHAMA01:TEST_SCHAMA01 ¥ logfile=import.log directory=data_pump_dir 詳細はマニュアルを参照ください (Oracle Client Version 19.6 以前の場合)
  35. 35 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Oracle Data

    Pump Pre-authenticated URLs for Dump Files Data Pump利用時も、事前認証済みURLの利用が可能に 従来はダンプファイルへのアクセス時に、事前に認証情報(Credential)をADBインスタンスに登録してからアクセスする 必要があった。 今回のアップデートによりDBMS_CLOUDと同様、事前認証されたURIを指定することでCredentialの登録なしでアクセス できるようになった。一時的にデータをロードしたいといった場合に手順の簡素化が可能。 2020/3
  36. 36 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Oracle Application

    Express Release 19.2 ADB上でもAPEX 19.2が利用できるようになりました 新規作成したADBインスタンスはAPEX 19.2を利用可能。 作成済みのインスタンスにおいては、アップグレード可能な環境から自動でアップグレードされる • ユーザーによるアップグレード作業は不要 • ADBインスタンスの再起動時にアップグレードがなされる 2020/3
  37. 37 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates FY20 Q3

    Autonomous Database 主なアップデート • Private Endpoints • これまでのパブリック・エンドポイントのみに加えてプライベート・エンドポイントも提供 • 従来はVCN内からのアクセスする場合は、 Transit RoutingおよびService Gatewayが必要 • 今回から、VCN内の環境からのアクセスがシンプルな構成で可能に • Oracle Database Versions by Region • Autonomous Database のバージョンとして 19c が選択可能に • 暫くは既存環境や新規環境で 18c も利用可能 • Clone a database from a backup • これまでは起動中のインスタンスからクローンが可能だった • バックアップからのクローン作成が可能になり、対象インスタンスが起動してなくてもクローン可能 • また、バックアップ期間内であれば、過去の特定時間を指定してクローン可能
  38. 38 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates サービスアップデート(FY20Q3) 2020/2

    • Private Endpoints • Oracle Database Vault • Oracle Database Versions by Region • Oracle Application Express Release 19.2 • Database Resident Connection Pool (DRCP) 2020/1 • Check and set MAX_STRING_SIZE value • Number of concurrent statements increased depending on the service you use • Documentation addition showing available Oracle Database versions • Clone a database from a backup • DBMS_CLOUD REST API functions • Access Control Lists Honored By ADB Built-in Tools 2019/12 • Support for UTL_HTTP and UTL_SMTP PL/SQL Packages with restrictions • Microsoft Active Directory Users • Validate external partitioned tables and hybrid partitioned tables • Use ACL IP address or CIDR block settings to control access for Autonomous Database tools
  39. 39 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Private Endpoints

    Private IP対応により、シンプルな構成が組めるようになった 従来はパブリック・エンドポイントのみの提供であったため、IPSecVPNやFastConnect(Private peering)を利用する場合、 もしくはVCN内からのアクセスする場合は、 Transit Routing、およびService Gatewayを利用する必要があった 今回のアップデートで、よりシンプルにセキュアな構成が組めるようになった 2020/2
  40. 40 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Private Endpoints

    Private IP対応により、シンプルな構成が組めるようになった パブリック・エンドポイント(Public IP) • すべてのIPアドレスからのアクセスが可能 • アクセス制御はNetwork ACL を利用(任意) プライベート・エンドポイント(Private IP, VCN) • 指定したVCNからのトラフィックのみが許可される • アクセス制御はネットワーク・セキュリティ・グループ(NSG)を利用 • ネットワークACLは利用不可 • NSGはインスタンス作成前に作成しておくこと(NSG自体は何度でも変更可能)。複数のNSGを指定可能 • 現時点で、APEX、SDW、ORDS、Notebook、Data Safeは非対応 • OACからの接続時はData Gatewayを利用 【特記事項(共通)】 • 新規作成 / クローン作成時に選択。作成後の変更は不可(クローンによる再作成は可能) • インスタンスへの接続時はウォレットを利用(証明書認証、およびSecure Sockets Layer(SSL)接続) • 接続ポートは1522を利用(デフォルト、変更不可) 2020/2
  41. 41 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Oracle Database

    Vault 特権ユーザによるアプリケーションデータへのアクセスを遮断できるように 従来はオラクル管理者からのアクセスをブロックするために利用していた 今回のアップデートにより、ユーザーもDatabase Vault を利用できるように • 特権ユーザとアプリデータの保有ユーザーを明確に分離し、 Adminユーザといった管理者からのデータアクセスを制御 することで、外部だけでなく内部からの情報漏洩といったリスクを軽減することが可能となった • 既存アプリケーションの変更は不要 • デフォルトは無効化されており、 有効化にはインスタンスの再起動が必要 2020/2
  42. 42 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Oracle Database

    Versions by Region 19cを選択できるようになりました 新規作成時、クローン作成時、バックアップからのクローン作成時に指定可能 リージョン毎に選択できるバージョンに違いあり。詳細はマニュアルを参照ください Always Freeは対象外 2020/2
  43. 43 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Oracle Application

    Express Release 19.2 最新版にアップグレードされました 最新のAPEX 19.2を利用できるようになりました。 • Always Freeのインスタンス、もしくはOracle Database 19cのインスタンスが対象 • 上記以外のインスタンスに関しては引き続きAPEX 19.1をご利用ください 2020/2
  44. 44 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Database Resident

    Connection Pool (DRCP:常駐接続プール) ADB側にコネクションプールを設定できるようになった 常駐接続プールとは • データベースへの接続時に必要な専用サーバをプールする仕組み • 多数のクライアントプロセスが短期間にセッションの切断・接続を繰り返すといった場合に有効 従来は接続セッション数に上限があること、また専用サーバ接続でありアプリケーションによってはリソースの無駄が生じてい た。 今回のアップデートで、より多くの接続要求を少ないリソースで迅速に処理できるようになった 設定方法 • tnsnames.ora に SERVER=POOLED を追記するのみ(アプリケーションからは透過的に利用可能) 2020/2 dbname_high= (description= (address=(protocol=tcps)(port=1522)(host=adw.example.oraclecloud.com)) (connect_data=(service_name=example_high.oraclecloud.com)(SERVER=POOLED)) (security=(ssl_server_cert_dn=“CN=adw.oraclecloud.com,OU=Ora … "))
  45. 初期化パラメータ:MAX_STRING_SIZE • VARCHAR2型、NVARCHAR2型、RAW型で格納できるデータの最大長を定義 • EXTENDED: 最大 32,767バイト(Autonomous Databaseはこちらがデフォルト) • STANDARD:

    最大 4,000バイト 今回のアップデートにより、STANDARDに変更することが可能になった • 既存Oracle Databaseからの移行検討時に、Standardのまま利用したいという要件に対応 • Extendedの場合、仮想列、ファンクション索引、VIEW、Materialized Viewの扱いに変更が加わるため (詳細はMAX_STRING_SIZEに関するマニュアルを参照ください) • 変更は一度限り。EXTENDEDに戻すことは不可 • Autonomous Databaseの利点をフル活用するために、EXTENDEDでの利用を推奨 45 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Check and set MAX_STRING_SIZE value MAX_STRING_SIZEパラメータをSTANDARDに変更できるように 2020/1
  46. 46 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Number of

    concurrent statements increased depending on the service you use 同時接続セッション数の上限が緩和されました OCPU辺りのセッション数の上限が従来の100セッションから300セッションに変更 • Sessions 初期化パラメータで設定されている • 設定変更を有効にするためにはインスタンスの再起動が必要 2020/1
  47. 47 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Documentation addition

    showing available Oracle Database versions マニュアルに各リージョンのバージョンが記載されました 2020/1
  48. 48 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Clone a

    database from a backup 自動で取得されているバックアップを指定したクローン作成が可能に 従来クローンを作成する際は、既存インスタンスからのみの作成だった 今回のアップデートにより、取得済みのバックアップ(任意の時間、任意のバックアップ)からインスタンスを複製できるように なった • リージョン跨ぎやADWからATPといったタイプ変更は不可 • 停止中のインスタンスであっても、バックアップからインスタンスを作成可能 利用例 • 特定時点のデータを利用した開発環境の作成 • 人為的ミスに伴うデータロストへの対応 (*1) 等 2020/1 *1 : 別途フラッシュバック・テーブルといった操作も可能です
  49. 49 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates DBMS_CLOUD REST

    API functions DB内からREST APIを送信し、クラウドリソースを操作できるように 汎用APIとしてREAT APIをコールするためのDBMS_CLOUD関数が実装された • SEND_REQUEST など 以下でサポートされているREST APIを実行可能 • Oracle Cloud Infrastructure • Amazon Web Services (AWS) • Azure Cloud • Oracle Cloud Infrastructure Classic 仮想マシン等を用意せずに、ADBインスタンスだけでクラウド上のリソースを操作可能に • 利用例 • データロードが終わったら、オブジェクトストレージ上のバケットを消す • DBMS_SCHEDULERと組み合わせて、特定の曜日、時間帯などに応じてスケールアップ、ダウンを実行 等 2020/1
  50. 50 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Support for

    UTL_HTTP and UTL_SMTP PL/SQL UTL_HTTP、UTL_SMTP を利用できるようになりました(一部制約あり) セキュリティ、性能の観点から一部制約あり(2020/1 時点) • 制約例) • IPアドレスを介した接続は不可 • 利用ポート制限あり • UTL_HTTP : 443, 8443のみ • UTL_SMTP : 25, 587のみ • HTTPSのみ。HTTP,HTTP_PROXYは不可 • UTL_SMTPはOCI Email Delivery Serviceの利用が前提 • その他の制限事項、最新の情報はマニュアルを参照ください • https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/autonomous-data-warehouse-cloud/user/experienced-database- users.html#GUID-829A7D07-1EA4-4F59-AA60-F780FABAFDEC • https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/atp-cloud/atpug/experienced-database-users.html#GUID-829A7D07- 1EA4-4F59-AA60-F780FABAFDEC 2019/12
  51. 51 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Microsoft Active

    Directory Users ADの資格情報を使用してADBにアクセス可能に Microsoft Active Directoryの使用をサポート • ADのユーザーとグループをAutonomous Database内のユーザーとロールにマッピング 2019/12
  52. 52 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Validate external

    partitioned tables and hybrid partitioned tables 外部パーティション表の有効性をチェックするツールがリリース 従来のDBMS_CLOUD.VALIDATE_EXTERNAL_TABLEと同等の機能 • 外部表の参照先であるソースファイルを検証し、その存在確認やフォーマットオプションといった外部表定義との整合性 をチェック可能 外部パーティション表の個々のパーティション毎に、有効性を検証できるようになった • DBMS_CLOUD.VALIDATE_EXTERNAL_PART_TABLE • DBMS_CLOUD.VALIDATE_HYBRID_PART_TABLE 2019/12 BEGIN DBMS_CLOUD.VALIDATE_EXTERNAL_PART_TABLE ( table_name => 'PET1', partition_name => 'P1'); END; / BEGIN DBMS_CLOUD.VALIDATE_EXTERNAL_PART_TABLE ( table_name => 'PET1', rowcount => 100 ); END; / パーティションP1のソースファイルを参照し、 外部パーティション表の定義との整合性をチェック 100行ずつ各パーティションのソースファイルを参照し、 外部パーティション表の定義との整合性をチェック
  53. 53 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates New Names

    For Deployment Options Shared Exadata Infrastructure に名称変更 Serverless と呼ばれていたデプロイメント・タイプが Shared Exadata Infrastructureに名称変更 • UIおよびマニュアルの名称変更のみ • SKUや課金、APIには影響ない 2019/12
  54. 54 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates その他 Partitioned

    External Tables now support Parquet and Avro Files • 外部表のパーティション化対象として、Parquet や Avro に対応 Schema Advisorの更新 • Oracle Database 10g対応 • 複数のスキーマに対応 等 2019/12
  55. 55 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates サービスアップデート(FY20Q2) 2019/11

    • Use ACLs to specify Oracle Cloud Infrastructure VCNs • SQL Developer Web Data Loading • Access Tools (APEX, SQL Developer Web, Oracle Machine Learning) from Oracle Cloud Infrastructure Console • New fields with LIST_FILES and LIST_OBJECTS 2019/10 • Enhancement for Wallet • Create partitioned external tables with DBMS_CLOUD • Preview Version for Autonomous Database • Numeric Formats 2019/9 • Performance Hub now available for Autonomous Databases with dedicated deployment • Cloning available for Autonomous Databases with dedicated deployment • Always Free Autonomous Database • Data Safe Service • OCI Monitoring for Autonomous Database Serverless • Object Store Using Public URL • Work Requests • Autonomous Data Warehouse - Dedicated Deployment • Network security groups (NSGs) for Autonomous Databases with dedicated deployment
  56. 56 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Maintenance Schedule

    Details Available in Console (serverless) オラクル社によるメンテナンスの時間帯を確認できるようになりました メンテナンスの時間帯を確認できるようになりました • 週に一回、2時間の枠で実施されます • メンテナンス実施中もADBインスタンスはオンライン、アプリケーションに影響はない 2019/11
  57. 57 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Use ACLs

    to specify Oracle Cloud Infrastructure VCNs より柔軟にアクセス制御を設定できるようになりました 従来はIPレンジ、およびCIDRによる指定のみでしたが、今回のアップデートによりVCNを指定できるようになりました • インスタンスの作成時、および作成後にオンラインで設定可能 • 複数のルールを組み合わせて設定可能 2019/11
  58. 58 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates SQL Developer

    Web Data Loading 同梱されるツールを利用して簡単にデータロードできるように SQL Developer Webを利用し、手元のテキストファイルを簡単にアップロードできるようになりました • 従来はSQL Developer等、別途ツールを用意する必要があったが、今回のアップデートによりADBインスタンスを作成 すれば、同梱されるWebクライアントを利用しすぐにデータをロードできる • 注意事項 • 大量データの場合は従来通り、DBMS_CLOUDパッケージの利用を推奨 • SJISファイルは文字化けする可能性があるため、UTF-8などへの変換を推奨(2019/11時点)。エクセルファイルをロードする場 合は考慮不要 2019/11
  59. 59 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Access SDW,

    APEX, and OML from OCI Console APEX等のアクセスが容易になりました Detail 画面に Tools タブが追加され、APEXなどへのアクセスが容易になりました • 従来は、Service Console → Development タブに移動した上でアクセスが必要(引き続き利用可能) • OCI Console 画面から直接アクセスできるようになった 2019/11
  60. 60 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates (2019/11) New

    fields with LIST_FILES and LIST_OBJECTS 詳細情報を確認できるようになりました ディレクトリ・オブジェクト内 オブジェクトストレージ上 SELECT * FROM DBMS_CLOUD.LIST_FILES('DATA_PUMP_DIR'); OBJECT_NAME BYTES CHECKSUM CREATED LAST_MODIFIED ------------ ---------- ---------- --------------------- --------------------- cwallet.sso 2965 2018-12-12T18:10:47Z 2019-11-23T06:36:54Z SELECT * FROM DBMS_CLOUD.LIST_OBJECTS('OBJ_STORE_CRED', 'https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/n/adwc/b/adwc_user/o/'); OBJECT_NAME BYTES CHECKSUM CREATED LAST_MODIFIED ------------ ---------- -------------------------------- --------------------- -------------------- cwallet.sso 2965 2339a2731ba24a837b26d344d643dc07 2019-11-23T06:36:54Z
  61. 61 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Enhancement for

    Wallet 柔軟にWalletを扱えるようになりました Walletに記載されるインスタンスの範囲を選択できるように • インスタンス・ウォレット • 今回のアップデートから利用可能になった • 特定のインスタンスの資格証明のみが記載 • アプリケーションからの接続はこちらの利用を推奨 • リージョナル・ウォレット • 選択されているリージョンに存在する 全てのインスタンスの資格証明が記載 • リージョン内のすべてのインスタンス接続時に利用可能なので、 主に管理目的での利用を推奨 2019/10
  62. 62 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Enhancement for

    Wallet 柔軟にWalletを扱えるようになりました Walletのローテーション • ポリシーにより定期的に更新が必要な場合や、Walletファイルの流出が懸念される場合等に利用 • 既存のWalletファイルはローテーションにより無効化される • ローテーションの対象はインスタンス・ウォレットかリージョナル・ウォレットかで選択可能 • ローテーションは数分 • ローテーション中は既存セッションはそのまま有効 • ローテーション中に既存Wallletファイルを利用した新規セッションは接続不可 • ローテーション完了後、既存セッションはそのまま有効、新規セッションはローテーションされた新規Walletファイルを利用して接続 する必要がある • 可能であればインスタンスの再起動を推奨 • ローテーション自体はインスタンスの再起動は不要だが、ローテーション前のWalletファイルを利用したセッションが残り続ける可能 性を排除するため 2019/10
  63. 63 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Create partitioned

    external tables / Hybrid Partitioned Tables with DBMS_CLOUD 振り返り)外部表:オブジェクトストレージ上のデータを直接参照できる Object Store上のデータに対して、外部表アクセスが可能 • ロードせずに、直接データを参照 • Object Store上のデータを変換しながらADBにロード 2019/10 BEGIN DBMS_CLOUD.CREATE_EXTERNAL_TABLE( table_name =>'CHANNELS_EXT', credential_name =>'DEF_CRED_NAME', file_uri_list =>'https://objectstorage. us-phoenix-1.oraclecloud.com/n/atpc/b/atpc_user/o/channels.txt', format => json_object('delimiter' value ','), column_list => 'CHANNEL_ID NUMBER, CHANNEL_DESC VARCHAR2(20), CHANNEL_CLASS VARCHAR2(20), CHANNEL_CLASS_ID NUMBER, CHANNEL_TOTAL VARCHAR2(13), CHANNEL_TOTAL_ID NUMBER' ); END; / select count(*) from channels_ext; Insert /*+ APPEND */ into channels Select * from channels_ext where channel_class like ‘A%’; SQL Autonomous Database オブジェクトストレージ 外部表 実データ
  64. 64 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Create partitioned

    external tables / Hybrid Partitioned Tables with DBMS_CLOUD Object Storage上の複数のファイルを柔軟に扱えるようになりました Object Storageに配置した対象のデータを全て参照するのではなく、個々のパーティション毎にスキャンできるため、性能 向上が図れる 2019/10 SQL Autonomous Database オブジェクトストレージ 実データ (*1) 2019/Q1 2019/Q2 2019/Q3 SQL Autonomous Database オブジェクトストレージ (*1, *2) 2019/Q1 2019/Q3 実データ 2019/Q2 実データ *1 : Parquet、Avroフォーマットは未対応 *2 : 19c以降で利用可能
  65. 65 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Preview Version

    for Autonomous Database 次期リリースへのアップグレード前に、アプリケーションの動作確認が可能に 概要 • 現在のプレビュー版はOracle Database 19c • プレビューインスタンスの作成は新規作成か、既存インスタンスからのクローン作成かを選択 • プレビュー版の利用は期間限定 • 本番DBや将来的に継続利用予定のDBには使用しないことを推奨 • Always Freeでは利用不可 19cの主要機能に関するADB上の設定 • デフォルト有効: • リアルタイム統計収集、高頻度統計収集、自動SPM • デフォルト無効: • 自動索引(有効化可能)、SQL検疫(サポート対象外) 2019/10
  66. 66 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates アップグレード 19c

    Preview:事前のテスト環境を簡単に構築可能 ADW/ATP に、19c Preview版が登場! アップグレードに関わる工数を大幅に削減できます • 既存DBから簡単に19c環境を複製できます • 既存アプリケーションの動作確認や、 最新Database 19cの新機能評価にご利用ください ご提供期間 • 2019/10から開始 • 2019/11まで各種確認作業が可能 • 2019/12以降、Preview環境はサービスを停止し、 その後まもなく本番環境が18cから19cに自動的にアップグレードされます(*) 課金 • 通常版(18c環境)と同じ課金体系 * ORACLE AUTONOMOUS DATABASE ORACLE AUTONOMOUS DATABASE Clone 19c Preview ADW or ATP (18c)
  67. アップグレード 19c Preview:事前のテスト環境を簡単に構築可能 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates

    67 既存インスタンスからクローン作成 新規にインスタンスを作成 チェックを入れるだけ (注: ご利用期間限定となります) もしくは 作成した19c環境には、データベース名に識別子 “プレビュー版” が付きます。
  68. 68 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Always Free

    Autonomous Database 無料、期限なしでAutonomous Databaseが利用可能に(一部、制限事項あり) ご自身のテナント内のホームリージョンにADBインスタンスを2つまで作成可能 • 各データベースは、1OCPU、20GBストレージが上限 • ADBの各種機能を試用可能。 • APEX、SQL Developer Web、Notebook等が同梱 • 作成したインスタンスはいつでも有償環境にアップグレード可能 特記事項 • Scale Up/Down、Auto Scaling、Update License Type、Manual backups、Restoreは不可 • 7日間接続がないと自動停止(データは保持される) • 90日間接続がない(停止状態含)とデータを含めて完全削除 • 1OCPUに制限されるため性能試験には不向き(パラレルクエリが動かないため) その他、Compute インスタンス、ブロックストレージ、オブジェクトストレージ、ロードバランサを利用可能 2019/9
  69. 69 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Data Safe

    Service より高いデータセキュリティをData Safeとの連携で実現 統合されたデータベースセキュリティ管理サービス • Sensitive Data Discovery (機密データの発見) • Data Masking (データ・マスキング) • Activity Auditing (アクティビティの監査) • Security Assessment (セキュリティ構成の評価) • User Assessment (ユーザーのリスク評価) 多層防御の最も重要なデータ・セキュリティ対策に 短時間でセキュリティ・リスクを軽減、専門知識は不要 追加費用なしで、Oracle Cloud のDatabase で利用可能(*) 2019/9 *: 監査機能は100万レコード/月まで無償、その他の機能は無償
  70. 70 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates OCI Monitoring

    for Autonomous Database Serverless OCI Compute インスタンス等と同様にADBを監視可能に OCI Compute インスタンス等と 同様に監視可能 (OCI Monitoring/Notification) 利用例 • CPU使用率が70%を超えるとメール通知 • ストレージ使用率が90%を超えるとSlackに通知 監視項目(一部抜粋) • CPU Utilization / Storage Utilization / Sessions / Failed Connections / Transaction Count … 2019/9
  71. 71 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Object Store

    Using Public URL データロード時に、資格証明の登録を簡略化可能に Object StorageのPublic URLの機能に対応し、ADBインスタンスに対してPublic URLでロードできるようになりました • DBMS_CLOUDによるデータロード時の認証設定パターン • オブジェクトストレージにアクセスするためのCredential情報を事前にADBに登録してロード • Oracle Object Storageにて、Pre-Authenticated Request URLを作成し、そのURLを指定してロード • Oracle Object Storageにて、Public URLを作成し、そのURLを指定してロード(今回のアップデートはこちら) 2019/9
  72. 72 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Work Requests

    (Serverless のみ) OCI の Work Request 機能に Autonomous Database も対応しました サービスに対する作業リクエストの進捗等を随時確認できるように • サービスの作成、削除 • サービスの起動、停止 • リストア、クローニング • 手動バックアップの作成、削除 • リソース(ストレージ/CPU)の増減 • AutoScale の有無も含む • ライセンスタイプの変更 • ネットワークACLの更新 2019/9
  73. 73 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Autonomous Data

    Warehouse - Dedicated Deployment ADWもDedicatedで利用可能に Dedicated環境はATPが先行していたが、ADWも選択可能になりました ATP-DとADW-Dを同一のExadata Infrastructure rackにデプロイ可能 2019/9
  74. 74 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates サービスアップデート(FY20Q1) 2019/8

    • Integration with OCI Events Service • Create Directory and Drop Directory commands 2019/7 • Performance Hub • Oracle Cloud Infrastructure Native Object Store Authentication • Move to a different Compartment • ISO-27001, 27017 and 27018 certifications • OCI VCN Transit Routing to Oracle Cloud Services • Resetting Resource Management Rules to the defaults • Simplified Service Console UI 2019/6 • Application Express (APEX) • SQL Developer Web • Oracle REST Data Services (ORDS) • Auto Scaling • Azure object store with Data Pump • ATP Dedicated • Email Announcement for Database 19c Preview
  75. 75 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Integration with

    OCI Events Services Events Service がAutonomous Databaseに対応しました Events Service を利用することで、 Autonomous Database (Serverless/ Dedicate)に関する各種イベントをメール 通知できるようになりました。 2019/8 ADB Container Exadata Infrastructure Create Instance Begin-End Begin-End Begin-End Create Backup Begin-End Begin-End Restore Begin-End Begin-End Maintenance Begin-End Begin-End Maintenance Reminder ✔️ ✔️ Maintenance Scheduled ✔️ ✔️ Update Instance Begin-End https://docs.cloud.oracle.com/iaas/Content/Events/Reference/eventsproducers.htm#DbaaS サポートされるイベント・タイプ (2019/8現在)
  76. 76 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Create Directory

    and Drop Directory commands ディレクトリ・オブジェクトを追加作成できるようになりました 従来はデフォルトで作成済みのDATA_PUMP_DIRのみでしたが、今回のアップデートにより、追加作成できるようになり、 既存アプリケーションの移行が簡単になりました ディレクトリ・オブジェクトの作成には” CREATE ANY DIRECTORY ”権限が必要です。ADMINスキーマから付与してくだ さい。 ディレクトリ・オブジェクトに保管されたデータサイズに応じて、 割り当てられているインスタンスのストレージ(最小1TB)を消費します 2019/8 SQL> CREATE DIRECTORY sales_staging AS 'stage/sales';
  77. 77 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates ADB Gains

    ISO-27001, 27017 and 27018 certifications Oracle Cloud の他サービスに追随し、Autonomousも対応しました ISO / IEC 27001 • 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格 • 情報の機密性・完全性・可用性を管理し、有効活用するための組織の枠組みを規定 ISO / IEC 27017 • クラウドサービスに関する情報セキュリティ管理策のガイドライン規格 • ISO/IEC 27001の取り組みをISO/IEC 27017で強化し、クラウドサービスにも対応した情報セキュリティ管理体制を構 築するための規定 ISO / IEC 27018 • クラウドサービスプロバイダが適切な情報セキュリティ管理を提供することを確実にすることを目的とした規定 2019/7
  78. 78 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Monitor ADB

    with Performance Hub インスタンスの稼働状況を、より詳細に確認できるようになりました。 Performance Hubを利用した監視 • Active Session History (ASH) • SQL Monitor 2019/7
  79. 79 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Three Developer

    Capabilities for Autonomous Database 待望のAPEX / ORDS / SQL Developer Webをサポート Application Express(APEX)が同梱 • ADBだけでアプリ開発から提供までを完結できるように • ADBインスタンス毎にワークスペースが作成される Oracle REST Data Services(ORDS)が同梱 • REST APIを利用してデータを挿入、参照、削除したいといった際に、それらを実行するためのREST API開発からデプ ロイまでをADBだけで完結できるように SQL Developer Webが同梱 • 従来はとりあえずデータを操作したいという場合であっても、ADBに同梱されるNotebookを利用するか、他のクライア ントツールを用意しなければなりませんでしたが、SQL Developer Webを利用することでより簡単にお試し操作が出 来るように 2019/7
  80. 80 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates OCI VCN

    Transit Routing to Oracle Cloud Services IPSec VPNやFastConnect接続の場合も直接アクセス可能に トランジット・ルーティングの拡張により、オンプレミスのネットワークからOracle Service Networkのサービスにアクセス可能 • Object StorageやAutonomous DatabaseやそのほかPaaS、API などはPublic IPを使用するサービス • 従来はオンプレミスのネットワークから接続する場合にはインターネットを経由するか、 途中にプロキシサーバーなどを用意する必要があった。 (もしくは、FastConnect Public Peering) • IPSec VPNやFastConnect接続の場合に、 動的ルーティング・ゲートウェイ(DRG)から サービス・ゲートウェイを経由して、 各サービスへアクセス可能に。 2019/7 OCI Tokyo Region VCN 10.0.0.0 On-Premises CPE/Rout er DRG Service Gateway Autonomous DB adb.ap-tokyo-1.oraclecloud.com IPsec VPN onp-inst01 192.168.0.2 ① ② Object Storage objectstorage.ap-tokyo- 1.oraclecloud.com Oracle Services Network FastConnect ②Route Table : RT-SG Destination CIDER Route Target 192.168.0.0/16 DRG ①Route Table : RT-DRG Destination CIDER Route Target All NRT Services In Oracle Services Network Service Gateway OCI サービスアップデート資料より抜粋
  81. 81 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Autonomous Transaction

    Processing – Dedicated (ATP-D) よりミッションクリティカルなシステム運用に対応 Public Cloud 上に、PrivateなAutonomous Databaseを構成可能に 特徴 • Exadataを専有環境として利用 • HWレベルから完全な分離: DB, Container DB, Cluster of VM, Hardware - Exadata , Network – VCN with Private IP • パッチ適用やアップグレード、バックアップのタイミング等のスケジュールをカスタマイズが可能 • 19c Databaseが利用可能 • Performance Hub, Database Vault, SQL Developer Web/ORDS, APEX, Enterprise Managerが利用可能 に 課金体系 • 利用するOCPU単位で課金(1時間単位) • Exadata Cloud Infrastructureをサブスクライブ(最低利用期間は1カ月48時間) 2019/6 2020/02更新
  82. 82 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Auto Scaling

    システムの負荷状況に応じて、CPUリソースの自動調整を設定できるように システムの負荷状況に応じて、CPU/IOリソースを拡張、または縮小が可能 • 上限は128コア(ベースOCPUが64の場合も上限はOCPU=128) 設定方法 • 新規インスタンス作成時、自動拡張の有効/無効を選択 • 既存インスタンスに対してもオンラインで有効化、無効化が可能 2019/6
  83. 83 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Auto Scaling

    システムの負荷状況に応じて、CPUリソースの自動調整を設定できるように 1時間辺りのCPU平均使用率に基づき課金される • ベースのOCPU数、もしくは最大OCPU数 x 平均CPU使用率の、どちらか大きい方 サービスコンソールから、実際のCPU使用量を確認可能(過去8日間) 2019/6
  84. 84 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates サービスアップデート(FY19Q4) 2019/5

    • Support for creating database links • Oracle Spatial and Graph with limitations • Oracle Text with limitations • Oracle XML DB with limitations • Oracle Cloud Infrastructure Native URI Format Supported with Oracle Data Pump • Oracle Cloud Infrastructure Pre-Authenticated URI Format Supported with DBMS_CLOUD • Oracle Management Cloud support • Modify CPU/IO Shares from Service Console 2019/4 • Support for Network Access Control Lists • Support for Updating License Type • Access Avro files in Object Stores • Enhanced newline handling for file record delimiter with DBMS_CLOUD • Modify CPU/IO Shares
  85. 85 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Support For

    Creating Database Link ADB上で他のDB(ADB含む)をターゲットとしたDatabase Linkを作成可能に DBMS_CLOUD_ADMIN パッケージ • 他のDB(Autonomous Database を含む)を参照先とするDB LinkをADB上に作成可能 注意事項 • サポートされるターゲットデータベースのバージョンは、19c、18c、12.2.0、12.1.0、および11.2.0 • ADB同士で連携する場合は1:1に制限される • 1:N構成を採用したい場合は、他のDB上でAutonomous DatabaseへのDB Linkを作成する 2019/5 BEGIN DBMS_CLOUD_ADMIN.CREATE_DATABASE_LINK( db_link_name => 'SALESLINK', hostname => 'adb.eu-frankfurt-1.oraclecloud.com', port => '1522', service_name => 'example_medium.adwc.example.oraclecloud.com', ssl_server_cert_dn => 'CN=adwc.example.oraclecloud.com,OU=Oracle BMCS FRANKFURT,O=Oracle … ', credential_name => 'DB_LINK_CRED'); END; / 2019/8)複数ディレクトリオブジェクトの複数作成が可能になったため
  86. 86 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Support For

    Oracle Text Oracle Text をADB上で利用できるように Oracle Text 機能がAutonomous Databaseでサポート • ただし、セキュリティ、性能の観点から一部機能に制限あり(201905時点) • All logging, and APIs which perform logging such as ctx_report.query_log_summary • File and URL datastore 2019/5
  87. 87 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Support For

    Oracle Spatial and Graph Oracle Spatial and GraphをADB上で利用できるように Oracle Spatial and Graph機能がAutonomous Databaseでサポート • ただし、セキュリティ、性能の観点から一部機能に制限あり(右表) • 最新情報はマニュアルを参照ください 2019/5 2019/5時点
  88. 88 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates OCI Native

    URI Format Supported with Oracle Data Pump Data Pumpによるロード実行がより簡単に OCIのnative URIを利用し、オブジェクトストレージから呼び出せるようになった • 従来はSwift 形式のURLに読み替える必要があった • Native Format • オブジェクトストレージのGUIから確認可能 • Swift Format • 今後もサポート予定 2019/5 https://objectstorage.region.oraclecloud.com/n/object_storage_namespace/b/bucket/o/filename https://swiftobjectstorage.region.oraclecloud.com/v1/object_storage_namespace/bucket/filename
  89. 89 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Pre-Authenticated URI

    Format Supported with DBMS_CLOUD データロード時に、認証なしでロードできるURLを作成可能に 従来は事前に認証情報(Credential)をADBインスタンスに登録する必要があった 事前認証されたURIを生成できるようになり、認証なしでアクセスできるようになった • OCI オブジェクトストレージのコンソールにおいて事前認証済みリクエストを発行し、固有のURLを生成 • 固有URLを利用して、OCIオブジェクトストレージ上のソースファイルにアクセス 2019/5
  90. 90 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Pre-Authenticated URI

    Format Supported with DBMS_CLOUD データロード時に、認証なしでロードできるURLを作成可能に 注意事項 • セキュリティを考慮し、アクセスタイプ、有効期限を検討ください • DBMS_CLOUDプロシージャでロードする際は、 credential_nameパラメータをNULLまたは明示的に指定ください (以下の例では ‘NAME’と指定しています) 2019/5 CREDENTIAL句の指定は不要に (2019/9時点)
  91. 91 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Support For

    XML 既存XML DBの移行が容易に Oracle XML DBの機能がAutonomous Databaseでサポートされた • ただし、セキュリティ、性能の観点から一部のOracle XML DB機能に 制限あり(右表) • 最新情報はマニュアルを参照ください • Oracle Data Pumpを使用してXMLType列を含む表を Autonomous Databaseに移行する場合は、expdpを使用する前 にNon-Schema Binary XMLへの変換が必要 2019/5 XML DB Feature Supported in Autonomous Database XML DB XDB Protocol No XDB Repository No XDB ACLs No XML Schema Registration No XML Storage - CLOB No XML Storage - Object Relational No XML Storage - Binary XML Yes (Non schema-based only) SQL/XML Expression based Functional Index Yes Structured XML Index Yes XQuery Full Text Index Yes Unstructured XMLIndex No XML DOM package Yes XML Parser Package Yes XSL Processor (DBMS_XSLPROCESSOR) Yes DBMS_JSON Yes JSON SODA Document API Yes Schema based Binary XML No XML Schema registration or validation No ※2019/5時点
  92. 92 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Oracle Management

    Cloud support OMCを利用した監視・通知設定が可能に OMCがADBをサポートしたことにより、 複数のインスタンスを単一のコンソールから一元的に監視することが可能に 2019/5
  93. 93 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Support for

    Network Access Control Lists (Network ACLs) 特定のIPからのアクセスのみを許可することが可能に 指定されたアドレスからの接続のみを許可 • IPアドレス、およびCIDRによる接続ソースの指定 • リストにないIPからのアクセスは拒否 • ORA-12506: TNS:listener rejected connection based on service ACL filtering • オンラインで変更可能 • IPアドレスの追加、削除時に既存許可されているIPからの接続セッションは影響を受けない。 • 定義情報は直接インスタンス内に格納されるため、 セキュアかつ、自動でバックアップ • サービスコンソールはACLの制御対象外 • 顧客データを一切公開しないため必ずしも不要 2019/4
  94. 94 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Support for

    Updating License Type インスタンス作成後に、ライセンスタイプの変更が可能に オンラインで変更可能 2019/4
  95. 95 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Access Avro

    files in Object Stores 他のフォーマットに変換することなく、直接参照できるようになった Avro フォーマット対応 • Hadoop上で一般的によく利用されるフォーマット。 • ADW/ATPでは、オブジェクトストアに格納されたAvro フォーマットのデータを直接参照、もしくはロードすることが可能。 CSV等の他フォーマットに変換する手間を削減できる 2019/4 begin dbms_cloud.create_external_table ( table_name =>'movies_ext', credential_name =>'OBJ_STORE_CRED', file_uri_list =>'https://objectstorage.ca-toronto-1.oraclecloud.com/n/<tenancy>/b/<bucket>/o/*', format => '{"type":"avro", "schema": "first"}' ); end; / 例)外部表として参照する場合)
  96. 96 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Modify CPU/IO

    Shares 接続サービス間のリソースの優先度付けを変更できるように 接続サービス毎に、従来はリソースの割り当てが固定されていた(右表) 手動で設定変更が出来るようになり、柔軟性が増した 2019/4 BEGIN cs_resource_manager.update_plan_directive(consumer_group => 'TPURGENT', shares => 12); cs_resource_manager.update_plan_directive(consumer_group => 'TP', shares => 8); cs_resource_manager.update_plan_directive(consumer_group => 'HIGH', shares => 30); cs_resource_manager.update_plan_directive(consumer_group => 'MEDIUM', shares => 2); cs_resource_manager.update_plan_directive(consumer_group => 'LOW', shares => 1); END; / SERVICES NAME リソース割り当て (SHARES) TPURGENT 12 TP 8 HIGH 4 MEDIUM 2 LOW 1 デフォルト設定 HIGHを利用している処理に対して、 より多くのリソースを割り当てて、 最優先で処理させよう。
  97. 97 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Enhanced newline

    handling for file record delimiter with DBMS_CLOUD DBMS_CLOUDを利用したデータ・ロードが、より簡単に ロード対象のファイルを参照する際に、改行コードを自動判別 • 従来は改行コードがCR+LFの場合、recorddelimiterを明示的に指定する必要があったが、不要に。 • デフォルトの動作を上書きしたい場合は、 recorddelimiterを明示的に指定可能 2019/4
  98. 98 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Cloning for

    ADB Cloneによる既存ADBインスタンスの複製が可能に データベース全体を複製するか、データベースのメタデータのみの複製かを選択 Rest APIでも作成可能 複製元のインスタンスは無停止 2019/3
  99. 99 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates OCI Native

    URI Format Supported with DBMS_CLOUD DBMS_CLOUDパッケージによるロードが簡単に OCIのnative URIを利用し、オブジェクトストレージから呼び出せるようになった • 従来はSwift 形式のURLに読み替える必要があった • Native Format • オブジェクトストレージのGUIから確認可能 • Swift Format • 今後もサポート予定 2019/3 https://objectstorage.region.oraclecloud.com/n/object_storage_namespace/b/bucket/o/filename https://swiftobjectstorage.region.oraclecloud.com/v1/object_storage_namespace/bucket/filename
  100. 100 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates OCI Native

    URI Format Supported with DBMS_CLOUD DBMS_CLOUDパッケージによるロードが簡単に Native URI はOCIのObject Storage コンソールから確認可能 2019/3
  101. 101 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates UI/API Unification

    and Workload Type field ADW/ATPを一元管理できるように OCIコンソールおよびAPIにおけるATPとADWの統一 2019/1
  102. 102 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Application Continuity

    サーバエラーやタイムアウト、およびメンテナンスを隠蔽 Application Continuityの有効化が可能 • セッション切断の影響を受ける進行中の処理を自動回復 • アプリからは処理がわずかに遅れたようにみえる • 接続サービス毎に有効化するだけで、アプリからは透過的に利用できる 要件 • Oracle Client software version 18.3 (or higher). 2019/2 Request Errors/Timeouts hidden TA C BEGIN DBMS_CLOUD_ADMIN.ENABLE_APP_CONT( service_name => ‘adb1_high.adwc.oraclecloud.com‘ ); END; /
  103. 103 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Service Gateway

    プライベート・サブネット内から、より安全にアクセスできるように Service Gatewayを経由した Autonomous Databaseへの接続をサポート • Internet Gateway/NAT Gatewayを利用せずに、プライベート・サブネット内からAutonomous Database(ATP/ADW)に限定したアクセスが可能になった 2019/3 VCN OCI REGION Private Subnet Private Instance Service Gateway ADW /ATP
  104. 104 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Access Parquet

    files in Object Stores CSVフォーマットに変換することなく、直接利用できるようになった Parquet フォーマット対応 • Hadoop上で一般的によく利用されるフォーマット。 カラム型で保持し、かつ圧縮し保持するために、 CSVと比べて効 率的に処理可能 • ADW/ATPでは、オブジェクトストアに格納されたParquet フォーマットのデータを直接参照、もしくはロードすることが可 能。CSVに変換する手間を削減できる 2019/1 begin dbms_cloud.create_external_table ( table_name =>'sales_extended_ext', credential_name =>'OBJ_STORE_CRED', file_uri_list =>'https://swiftobjectstorage.<datacenter>.oraclecloud.com/v1/<obj-store-namespace>/<bucket>/sales_extended.parquet', format => '{"type":"parquet", "schema": "first"}' ); end; / 例)外部表として参照する場合)
  105. 105 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Unset max

    idle time 接続リソースの無駄を最小限に抑制 アイドルセッションに対する制御変更 • アイドルセッションによるシステムリソースの長時間保持を防ぐための閾値設定 • 閾値を超えると、セッション数に応じて自動的にアイドルセッションが切断される • 従来の60分から5分以上アイドル状態が続く場合に変更 • サービスによって接続できるセッション数が限られるための対応 2018/9
  106. 106 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Table compression

    methods 非圧縮も選択可能に(ADWのみ) ADWでは、Exadata HCC圧縮が表領域のデフォルト設定 • 以前はHCC圧縮以外での作成、HCC圧縮以外への定義変更は不可だった • 表の作成時に非圧縮の指定が可能に。またオンラインで非圧縮に変更可能になった 注意事項 • 頻繁に更新がかかるような表の場合に非圧縮を検討しますが、基本的に圧縮率、処理性能の観点で、DWH系の ワークロードであれば、デフォルトのままでご利用ください。 2018/9
  107. 107 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Partitioned tables,

    indexes, and materialized views 設計時の選択肢が増えた (ADW) パーティション、索引、マテリアライズド・ビューが利用可能に 注意事項 • 索引については、性能面、管理性の観点から、DWH系のワークロードでは基本的に利用しないことを推奨します 2018/9
  108. None