Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Oracle Exadata Database Service on Cloud@Customer X9M (ExaDB-C@C) 技術詳細

Oracle Exadata Database Service on Cloud@Customer X9M (ExaDB-C@C) 技術詳細

oracle4engineer

June 07, 2023
Tweet

More Decks by oracle4engineer

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Oracle Exadata Database Service on Cloud@Customer
    X9M (ExaDB-C@C)
    サービス詳細
    ⽇本オラクル株式会社
    2023 年 6 ⽉ 7 ⽇

    View full-size slide

  2. Safe harbor statement
    以下の事項は、弊社の⼀般的な製品の⽅向性に関する概要を説明するものです。また、
    情報提供を唯⼀の⽬的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以
    下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することを確約するものではないため、購買
    決定を⾏う際の判断材料になさらないで下さい。
    オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリース、時期及び価格については、弊
    社の裁量により決定され、変更される可能性があります。
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    2

    View full-size slide

  3. 1. Oracle Exadata Database Service on Cloud@Customer X9M (ExaDB-C@C) 概要
    2. サービス概要
    3. 管理アーキテクチャ概要
    4. サービス構成とリソース
    5. 運⽤管理
    6. メンテナンス/パッチ適⽤
    アジェンダ
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    3

    View full-size slide

  4. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    4
    Oracle Exadata Database Service on Cloud@Customer
    X9M (ExaDB-C@C)
    概要

    View full-size slide

  5. DXを推進するために、変化対応できるシステムが求められている
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    5
    ビジネスの変化に対応できない
    ITの維持・運⽤コスト・⼯数の増加
    リスク(サイバーセキュリティや災害・
    障害)への対応ができない
    変化対応できないシステムの課題
    柔軟なインフラの採⽤
    (動的なリソース変更など)
    短期開発モデルの採⽤
    (アジャイル開発、マイクロサービス、CI/CD)
    ⾃動化による
    維持運⽤コスト・⼯数削減
    ⾼可⽤性への対応
    セキュリティ対策
    変化対応できるシステムへのシフトで
    求められる対応
    クラウドへの
    シフト

    View full-size slide

  6. ウォーターフォール・モデルからの脱却
    変化対応できるシステムにシフトするために、システム開発⼿法も変化する
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    6
    アジャイル開発、マイクロサービス、CI/CD
    設計
    開発・構築
    テスト
    運⽤
    次の設計・
    開発・テスト
    継続的な⾃動テスト
    開発
    テスト
    本番
    インフラ
    リソース増加
    バージョン
    アップ
    移⾏
    アプリもインフラも全体フェーズに合わせてスケジュール。
    運⽤中はバージョン固定で変更せず。
    次の更改は時間をかけて実施。
    • 短いサイクルで設計→開発→テストを繰り返す(アジャイル開発)
    • 細かい粒度の単位で開発から運⽤まで⾏う(マイクロサービス)
    • ビルド・テスト・デプロイを⾃動化して継続的に実⾏(CI/CD)。
    • ⾃動テストを回し、アプリやインフラなど、新機能、新バージョン、パッチ等
    を適宜テストし、テストが通れば本番環境に⾃動デプロイ
    ⻑期化、塩漬け傾向
    ウォーターフォール
    → DXを推進する上で、この⼿法が阻害要因に → テストの継続的実⾏と⾃動化が重要

    View full-size slide

  7. IT部⾨の悩み︓従来クラウド化の対象外だったシステムもクラウド化の対象に
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    7
    システムをクラウド化したい
    しかしパブリック・クラウドに
    ⾏けない
    • 基幹システムをクラウド化することの不安
    • コンプライアンス等で、データを外部に
    持ち出せない…
    • すぐには全⾯的にパブリック・クラウド移⾏
    できない…
    周辺システムを中⼼とした
    クラウド化
    基幹システムのクラウド化
    / 全社的なクラウド化
    今まで
    これから

    View full-size slide

  8. Oracle Exadata Database Machine
    • 理想的なデータベース・ハードウェアとソフトウェア
    • コンピュート、ネットワーク、ストレージがデー
    タベースに最適化
    • OLTP、分析、統合の⼤幅な改善に特化
    したアルゴリズムを実装
    • ⾼い可⽤性と管理性
    • 構成、性能、フォルトトレランス、更新が完
    全に⾃動化と最適化
    圧倒的な性能
    ⾼い可⽤性 FIVE NINES
    5X9
    99.999%
    MAA(*)
    構成は IDC AL4認定
    環境に優しい
    * Maximum Availability Architecture
    Exadata化によるH/W削減の
    電⼒消費/CO2削減効果 51%
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    8

    View full-size slide

  9. Oracle Exadataの3つのデプロイ・モデルと2つのデータベースサービス
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    9
    お客様のデータセンター
    お客様資産
    お客様による管理
    Exadata Database Machine
    お客様のデータセンター
    サブスクリプション
    オラクルによる管理
    Exadata Cloud@Customer
    Oracle Cloud Infrastructure
    サブスクリプション
    オラクルによる管理
    Exadata Cloud Infrastructure
    お客様データセンター
    パブリック・クラウド
    Exadata Database Service
    (ExaDB)
    Autonomous Database
    (ADB)
    Exadata専有インフラ・サービス上で2種類のDBサービスが実⾏可能
    Exadata専有インフラ・クラウド・サービス
    Exadata Cloud@Customer上のサービス
    • Exadata Database Service on Cloud@Customer
    (略称︓ExaDB-C@C)
    • Autonomous Database on Exadata
    Cloud@Customer(略称︓ ADB-C@C)
    Exadata Cloud@Customer上では、マルチVM対応
    しており、VMをわけてExaDBとADB環境が共存可能

    View full-size slide

  10. ⾃動化/コントロールの選択
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    10
    ExaDB-C@C
    Exadata
    (On-Premise)
    ⾃動化、標準化、 TCO
    お客様のコントロール、カスタマイズ
    ⾼ 低
    ORACLE
    AUTONOMOUS
    DATABASE
    Autonomous Database
    on ExaC@C


    DBもインフラも
    お客様が管理・コントロール
    OS,DBはお客様が管理、
    インフラはオラクルが管理
    OS,DB,インフラはオラクルが運⽤/⾃律管理,
    利⽤者はPDBをセルフサービスで使⽤

    View full-size slide

  11. Exadata Cloud@Customerは
    クラウド化したいがすぐにはパブリック・クラウドに⾏けないお客様へのソリューション
    DATA CENTER

    お客様データセンターにDBクラウド
    →データ格納先はお客様データセンター内
    クラウドならではのメリット
    • お客様データセンターにデータを配置したセキュアなハイブリッド&マルチクラウド構成
    • 将来的な全社パブリック・クラウド移⾏に向けての最初のステップ
    Exadata Cloud@Customerでオラクルがご提案できること
    変化に合わせて、
    コストを減らす
    • サブスクリプション+従量課⾦
    • 少ないコア数からスタート
    • 未利⽤時にDB課⾦を⽌められる
    • サブスクリプションにサポートも込み
    • リソース変更可能(オートスケールも)
    • データ移動/移⾏が簡単
    リスクを減らして、
    運⽤も減らす
    • オラクルがインフラを運⽤管理
    • ⾼速で安定したDB性能
    • ⾯倒な可⽤性構成が簡単に
    • ⾯倒なパッチ適⽤が簡単に
    • セキュリティへの配慮
    お客様の悩み
    • 基幹システムを全⾯的にクラウ
    ド化することの不安
    • コンプライアンス等で、データを
    外部に持ち出せない
    • すぐにはクラウドに全⾯移⾏で
    きない
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    11

    View full-size slide

  12. ExaDB-C@Cを利⽤したマルチ・クラウド/ハイブリッド・クラウド構成
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    12
    Public
    Cloud
    AWS,
    Azure,
    GCP等
    アプリ アプリ アプリ
    お客様DC
    ExaDB-C@C
    セキュリティ等の要件により、
    ⾃社DCからデータを持ち出せないお客様
    パブリック・クラウドのDB性能や
    ⾼可⽤性が要件に合わないお客様
    1
    2
    Oracle Cloud
    Infrastructure
    ExaDB-C@C管理で利⽤
    Internet
    ハイブリッド・クラウド構成のExaDB-C@Cの
    お客様ケース
    アプリ
    アプリ

    View full-size slide

  13. パブリック・クラウドへの段階的移⾏パスとしてのExaDB-C@C
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    13
    これから
    移⾏する
    既存DB
    お客様DC
    ExaDB-C@C
    Oracle
    Cloud
    ステップ1
    段階的にOn-Pの
    DBをExaDB-
    C@Cにバージョン
    アップ+移⾏
    ステップ3
    ExaDB-C@C上の
    DBをパブリック・クラ
    ウドに移⾏
    パブリック・クラウドへの移⾏パスとしての
    ExaDB-C@Cのお客様ケース
    クラウド移⾏前にOn-P環境がリース
    切れするなど、移⾏スケジュールが合わ
    ないお客様
    多くのOn-P DBを数年がかりで
    クラウドに段階移⾏するお客様
    1
    2
    ステップ2
    アプリをパブリック・ク
    ラウドに移⾏

    View full-size slide

  14. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    14
    Oracle Exadata Database Service on Cloud@Customer
    X9M (ExaDB-C@C)
    サービス概要

    View full-size slide

  15. 最⾼のデータベース基盤をクラウド・サービスとして利⽤可能
    Exadata Cloud@Customer - Exadata Database Service
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    15
    Exadata
    Database
    Service
    CPU リソースは柔軟に増減可能 (秒単位課⾦)
    HW/SW/サポート全て込み
    全ての Oracle Database EE オプション機能が使い放題
    (BYOL to PaaS も可能)
    柔軟な
    価格体系
    Exadata HW 基盤の管理は全てオラクルにお任せ
    (Base System, Quarter/Half/Full Rack から選択)
    超⾼速な Oracle Database としてシンプルに利⽤可能
    インフラ
    管理不要
    サブスクリプションで利⽤可能 (最低 4 年契約が必要)
    インフラはオンプレミスに配置しオラクルが管理
    データを⾃社内に保持し、DB 層の管理に注⼒可能
    オンプレミス
    に設置

    View full-size slide

  16. Exadata Cloud@Customerの課⾦体系
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    16
    Exadata
    Infrastructure
    OCPU
    4年
    1秒単位
    (最⼩1分)
    ¥1,512,000/⽉
    (Quarter Rackの場合)
    ゼロ CPU
    から可能
    1
    2
    ¥188.174/時/OCPU
    (License Included)
    ¥45.164/時/OCPU
    (BYOL)
    Exadata Database Service
    (ExaDB-C@C)
    • VMクラスタに割り当てるOCPU数で課⾦
    - 利⽤時は1ノードあたり最少 2 OCPUから
    ◦ VMクラスタを構成するノード数分 ✕ ノードあたりOCPU数
    - 未使⽤時は 0 OCPUに設定して課⾦停⽌
    - 2つのライセンス・タイプ︓
    ◦ License Included or BYOL
    ◦ VMクラスタ単位で設定。あとからタイプ変更可能
    Exadata Infrastructure
    シェイプ毎の⽉額費⽤
    契約期間︓最低4年+⾃動更新1年
    料⾦形態︓Non-Metered
    Autonomous Database
    (ADB-C@C)
    • 稼働するADBが消費するOCPU数で課⾦
    - 分析・DWH⽤(Autonomous Data Warehouse︓
    ADWと、トランザクション処理⽤(Autonomous
    Transaction Processing︓ATP)が選択可能
    - ADBを停⽌すると課⾦停⽌
    - オートスケールでは、設定の3倍までスケール可
    - 2つのライセンス・タイプ︓
    ◦ License Included or BYOL
    ◦ VMクラスタ単位で設定。あとからタイプ変更可能
    ◦ BYOLでは DB SE (SE1/SE2)のライセンスで実⾏可能
    料⾦形態︓Annual Flex
    ※Autonomous Databaseは Quarter Rack以上で利⽤可能
    ※価格は 2022年12⽉1⽇時点
    2022/12/02 更新

    View full-size slide

  17. Exadata Cloud@Customer X9Mのシェイプと⽉額費⽤
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    17
    Quarter Rack
    • Database Server: 2
    • Storage Server: 3
    • 最⼤ユーザーVM数: 8
    • PMEM Read IOPS: 560万
    • Flash帯域: 135 GB/s
    Half Rack
    • Database Server: 4
    • Storage Server: 6
    • 最⼤ユーザーVM数: 8
    • PMEM Read IOPS: 1120万
    • Flash帯域: 270 GB/s
    Full Rack
    • Database Server: 8
    • Storage Server: 12
    • 最⼤ユーザーVM数: 8
    • PMEM Read IOPS: 2240万
    • Flash帯域: 540 GB/s
    ⽉額︓¥1,512,000
    ⽉額︓¥3,024,000
    ⽉額︓¥6,048,000
    Base System
    • Database Server: 2
    • Storage Server: 3
    • 最⼤ユーザーVM数: 4
    • Flash Read IOPS: 562,500
    • Flash帯域: 25 GB/s
    Storage Server
    • I/O処理⽤コア数︓ 48
    • 1.5TB PMEM (Base System: N/A)
    • 25.6TB Flash (Base System: 12.8TB)
    • ~64TB Usable Disk (Base System: ~25TB)
    Database Server
    • 62 OCPU (Base System: 24 OCPUs)
    • 1,390 GB Memory (Base System: 328
    GB)
    ※Base SystemはPMEM無し,
    Autonomous Databaseが利⽤できない
    ※Autonomous Databaseは
    Quarter Rack以上でのみ利⽤可能
    ※価格は 2022年12⽉1⽇時点
    ⽉額︓¥1,120,000
    2022/12/02 更新

    View full-size slide

  18. Exadata Cloud@CustomerへのDB Server / Storage Server追加
    標準構成で開始
    • Base System
    • Quarter Rack
    • Half Rack
    • (Full Rack)
    1
    標準構成
    2
    サーバの増設
    エラスティックにラックを拡張
    • DB Server : 最⼤ 8
    • Storage Server: 最⼤12
    エラスティック構成
    Note:
    1. Base SystemはBase System⽤拡張サーバーのみ可能
    2. 拡張サーバーの下位互換性– X9Mサーバーは X8Mラックに拡張可能
    3. IB or RoCEラック内では互換性の制約がある。X9Mサーバーは X8ラックに追加できない
    Storage Server
    HC
    追加Storage Server
    ¥302,400/⽉
    Base System⽤追加Storage Server
    ¥224,000/⽉
    追加DB Server
    ¥302,400/⽉
    Base System⽤追加DB Server
    ¥224,000/⽉
    DB Server
    ※価格は 2022年12⽉1⽇時点
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    18
    2022/12/02 更新

    View full-size slide

  19. ExaDB-C@C X9M Expansion Rack
    標準構成
    • Base System
    • Quarter Rack
    • Half Rack
    • Full Rack
    標準構成
    サーバーを追加し
    て拡張
    サーバー単位でエラスティック拡張
    • Base, Qtr & Half Rack
    • 最⼤DBサーバー数︓ 8
    • 最⼤ストレージ・サーバー数︓ 12
    Storage Server
    Elastic Configuration
    HC
    Database Server
    ラックを追加して
    拡張
    拡張ラックでサーバーを追加拡張
    • X8M/X9M Quarter Rack以上(Base System対象外)
    • 最⼤総ラック数 (CPSサーバー搭載ラック含む): 5
    • 最⼤DBサーバー数 : 32
    • 最⼤ストレージサーバー数 : 64
    Expansion Configuration
    Primary
    Rack
    Storage Server
    HC
    Database
    Server
    Expansio
    n Rack
    マルチラック化
    NEW
    今まで
    2023/1/23 更新
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    19

    View full-size slide

  20. ExaDB-C@C X9M Expansion Rack
    最⼤構成
    • 最⼤ラック数(プライマリ・ラック含む): 5
    • 最⼤DBサーバー数 : 32
    • 最⼤ストレージサーバー数 : 64
    Expansion Rack(s)
    プライマリ・ラック
    Expansio
    n Rack
    マルチラック化
    プライマリ・ラック︓ コントロールプレーンサーバーが含まれる
    Expansion Rack︓ コントロールプレーンサーバーは含まれない
    2023/1/23 更新
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    20

    View full-size slide

  21. 2種類のライセンス・タイプから利⽤可能。作成後にオンラインのライセンスタイプ変更も可能
    OCPU︓
    Exadata Database Service on Cloud@Customer(ExaDB-C@C)
    21
    License Included: ¥188.174/時
    • 全Databaseオプションが利⽤可能 (Database Enterprise Edition Extreme Performance)
    • RAC, Active Data Guard, Partitioning, In-Memory, Multitenant, Advanced Security, Diag Pack, Tuning Pack,
    Real Application Testing, Advanced Analytics, Advanced Compression, Label Security, Data Masking など
    • 全Exadata System Software 機能が利⽤可能
    • サポート費⽤込み
    BYOL to PaaS: ¥45.164/時
    • 既にお持ちのデータベース・ライセンスやオプションの持ち込み
    • 1 Processor = 2 OCPU
    • 25 NUP = 1 OCPU
    • Database Serviceのクラウド・ツール機能、インフラ監視・管理、Exadata System Softwareは含まれる
    • Database 暗号化、 Diagnostic Pack, Tuning Pack, Real Application Testingは含まれる
    • お客様が持ち込んだデータベースおよびデータベース・オプションのオンプレミス・サポートは引き続きお⽀払いいただく
    • On-Premiseからの移⾏の場合、オンプレミスから環境移⾏する作業期間として、最⻑100⽇間のライセンスの⼀時的な並⾏利⽤が可能(オンプレ
    ミスからの移⾏時における並⾏稼動期間の特例)
    ※価格は 2022年12⽉1⽇時点
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    2022/12/02 更新

    View full-size slide

  22. (1)クラウド・モデル︓変動キャパシティ・モデルによる効率性とコストベースの向上
    ExaC@Cのコストパフォーマンスが⾼い理由
    22
    節約しながら成⻑に対応できる可能性
    追加のシステ
    ムを調達
    何年もかけて、
    未使⽤の容量が
    増加
    ピーク時キャパシティ
    変動
    固定
    On-
    Premise
    平均キャパシティ
    成⻑ / 予期せぬワークロード
    成⻑
    min
    min-max分散が⼤
    きいほど、最適化の機
    会が⼤きくなる
    収益
    2 成⻑ / 予期せぬワークロード
    1
    1⽇、週、年を通してワークロード
    の変動する部分(季節性など)
    平均キャパシティ
    節約
    成⻑
    柔軟
    On-
    Premise
    Cloud
    現在使⽤可能なキャパシティ
    固定キャパシティモデル
    変動キャパシティモデル
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates

    View full-size slide

  23. (⾚字はX8Mからの変更)
    Exadata Database Service on Cloud@Customer X9M Hardware
    High-Capacity (HC) Storage Server
    • スケールアウト型2ソケットDBサーバー
    • コア数23%増加: 32コア Intel CPU(ソケットあたり)
    • 1.5TB メモリ
    • IOPSは 87%向上, スループット80%向上
    • ローカルドライブはすべてフラッシュ 3.84TB
    • RDMA over Converged Ethernet (RoCE)
    内部ファブリック帯域幅 80%
    • PCIe Gen 4 で 100Gb/s アクティブ-アクティブなネットワーク
    • スケールアウト型でインテリジェントな2ソケット・ストレージ・
    サーバー
    • 24コア Intel CPU
    • ストレージサーバーあたり 1.5 TB Persistent Memory, 25.6 TB
    Flash
    • ストレージ容量 28%増加 (12x 18TB HDD)
    • フラッシュ帯域幅 80%向上
    100Gb/s RoCE
    Persistent
    Memory
    23 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    2 Socket Database Server
    X9M版

    View full-size slide

  24. Exadata Database Service on Cloud@Customer X9M: シェイプ
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    24
    ü OCPUは VM 当たり 2 OCPU 以上 1 OCPU単位で拡張。なお、本番環境での推奨は 3 OCPU以上
    ü ストレージは、High Redundancy (三重化) で固定
    ü オンプレミスExadataとの差異︓
    (1)メモリサイズ(1 DBサーバーあたり Base以外はOnP標準の3.6倍, BaseはOn-P標準の0.85倍)
    (2)ストレージ・サーバーコア数(Base: 3倍/他: 1.5倍)
    (3)ストレージ・サーバー数 (Half: -1台/Full Rack: -2台)
    Base System Quarter Rack
    X9M
    Half Rack
    X9M
    Full Rack
    X9M
    データベース・サーバー数 2 2 4 8
    ストレージ・サーバー数 (コア数) 3 (144) 3 (144) 6 (288) 12 (576)
    OCPU数
    Min-Max 拡張単位 Min-Max 拡張単位 Min-Max 拡張単位 Min-Max 拡張単位
    4-48 2単位 4-124 2単位 8-248 4単位 16-496 8単位
    ゲストVMで利⽤可能な最⼤メモリサイズ 656 GB 2,780 GB 5,560 GB 11,120 GB
    VMあたり利⽤可能な最⼤/u02 ストレージサイズ
    (VM毎)
    892 GB 900 GB 900 GB 900 GB
    最⼤VMクラスタ数:
    ⾮VM Subsetting時 / VM Subsetting時
    4 8 8 / 16 8 / 16
    VMクラスタあたり最少OCPU数 4 4 8 16
    VM 毎最⼩メモリ 30 GB 30 GB 30 GB 30 GB
    VM 毎最⼩ファイルシステムサイズ 60 GB 60 GB 60 GB 60 GB
    VM 毎最⼩ Exadata Storage サイズ 2 TB 2 TB 2 TB 2 TB
    パーシステント・メモリ容量(サーバー合計) ⾮搭載 4.5 TB 9.0 TB 18.0 TB
    フラッシュ容量 38.4 TB 76.8 TB 153.6 TB 307.2 TB
    利⽤可能ストレージ容量 (三重化) 73 TB 190 TB 381 TB 763 TB
    最⼤DBサイズ(ローカルバックアップ無し) 58 TB 152 TB 305 TB 610 TB
    最⼤DBサイズ(ローカルバックアップあり) 29 TB 76TB 152 TB 305 TB

    View full-size slide

  25. Exadata X8M 以降 Storage Server に PMEM を搭載
    • インテリジェントな共有ストレージにインメモリのスピードを提供
    • 新しい最先端のネットワーク
    • RDMA over 100Gb/sec Converged Ethernet – RoCE*
    • ストレージに搭載された Persistent Memory へ RDMA を利⽤してアクセス
    • トランザクション処理の レイテンシ 約10倍改善**
    ̶ 8k I/O < 19 μsec
    • トランザクション処理の I/O 約4.7倍向上**
    ̶ 8k I/O OLTP読み取り 2,240万 IOPS
    • ログ書き込み 最⼤8倍⾼速化**
    • PMEM はフラッシュ/ディスクの前に階層化され、ホットなデータのみキャッシュ
    • PMEM Data Accelerator, PMEM Commit Accelerator***
    • PMEM は耐障害性のために Storage Server 間をまたいで⾃動的にミラー
    Exadata Database Service on Cloud@Customer
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    25
    Intel® Optane™ DC
    Persistent Memory
    * RoCE: 「ロッキー(rocky)」 と発⾳( https://www.infinibandta.org/roce-initiative/ )
    ** Exadata X8 との⽐較
    *** Oracle Database 19c が必要
    Database Server
    Storage Server
    Hot
    Warm
    RDMA
    Log Write
    Cold
    RoCE
    FLASH
    RDMA
    Flush Later
    to Flash/Disk
    Persistent
    Memory

    View full-size slide

  26. ExaDB-C@C Infrastructure および OCI Control Plane の可⽤性について
    • Exadata Cloud@Customer の稼働率は Service Level Objective (SLO) として 99.95%
    を⽬標として設定
    • Oracle の責任範囲は Exadata Infrastructure (ハイパーバイザー、Storage Server、や RoCE スイッチ)
    • お客様エラーやお客様データ・センターの障害 (電⼒、ネットワーク、冷却等) に起因する Exadata Infrastructure の
    可⽤性の問題は ExaDB-C@C の SLO には考慮されない
    • お客様エラーやお客様ソフトウェアの問題を原因とする、お客様 VM やデータベース・レイヤーの可⽤性の問題は ExaDB-
    C@C のSLO には考慮されない
    • OCI Control Plane API の可⽤性は Service Level Agreement (SLA) として 99.95%を設定
    • ExaDB-C@C の SLO および Control Plane API の SLA の定義については下記ドキュメントに記載
    Service Level Objectives for Oracle PaaS and IaaS Public Cloud Services
    https://docs.oracle.com/en-us/iaas/Content/General/Reference/servicelevelobjectives.htm
    • Oracle Cloud Infrastructure - Gen 2 Exadata Database Service on Cloud@Customer は Category 6
    • サービス可⽤性、⾮計画停⽌、サポート重⼤度の定義などの詳細は下記ドキュメントに記載
    Oracle Cloud Hosting and Delivery policies (H&D)
    https://www.oracle.com/assets/ocloud-hosting-delivery-policies-3089853.pdf
    Exadata Database Service on Cloud@Customer
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    26

    View full-size slide

  27. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    27
    Oracle Exadata Database Service on Cloud@Customer
    X9M (ExaDB-C@C)
    管理アーキテクチャ概要

    View full-size slide

  28. Exadata Cloud@Customerの運⽤管理のアーキテクチャ
    モニタリングとサポートをオラクルが提供、お客様の運⽤範囲はパブリックと同様
    Exadata Database Service on Cloud@Customer 管理アーキテクチャ概要
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    28
    Oracle Cloud Infrastructure リージョン
    お客様データ・センター
    Oracle
    Cloud Ops
    Exadata
    Cloud@Customer
    アプリケーション・
    サーバーによる
    データベース・
    アクセス
    Intranet
    お客様テナンシー
    お客様管理者
    Local Control
    Plane Servers
    (CPS)
    多要素認証
    https を通じた Cloud UI
    または REST API による操作
    Oracle 管理 VCN
    お客様による
    監査とアクセス制御
    オラクルによる
    監査とアクセス制御
    ⾃動デリバリー⽤の
    永続的な TLS 1.2 https
    セキュア・トンネル
    オラクル・スタッフ⽤の
    ⼀時的な TLS 1.2
    https セキュア・トンネル

    View full-size slide

  29. パブリック Control Plane
    Exadata Database Service on Cloud@Customer 管理アーキテクチャ概要
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    29
    クラウド環境を管理/運⽤するための管理コンポーネント
    Oracle のパブリック・クラウドにある Control Plane を利⽤
    • お客様側で Control Plane ⽤の費⽤や専⽤ラックは不要
    • ExaDB-C@C を管理する Oracle Cloud Infrastructure リージョンを指定
    • ⽇本国内では、東京または⼤阪リージョンから選択
    お客様はパブリック・クラウドの UI/API で ExaDB-C@C 上の データベース・
    ライフサイクルを管理・操作可能
    • セキュア・トンネルを介して ExaDB-C@C 環境内のエージェントが管理操作を実⾏
    • VM クラスタの作成/管理、スケーリング、データベース・ホームおよびデータベースの作成/
    管理、DB/GI へのパッチ適⽤、⾃動 Data Guard 構成、⾃動バックアップ構成など
    Public
    Cloud UI and
    Management
    お客様管理者
    https
    アクセス

    View full-size slide

  30. ローカル Control Plane Server (CPS)
    ExaDB-C@C にローカル Control Plane Server (CPS) を搭載
    • CPS は 1U サーバー冗⻑構成(2台)で ExaDB-C@C ラック内に搭載
    パブリック・クラウドとローカル CPS はセキュアに接続
    • お客様管理者によるパブリック・クラウド上の Control Plane からの管理操作
    • Oracle オペレーターによるインフラの管理
    • その他、ソフトウェア・アップデートの取得のための Object Storage サービスとの接続、モニタリング・
    サービスとの接続、および Oracle オペレーター認証⽤の Identity サービスとの接続
    CPS との接続断が⽣じても重要なオペレーションは動作
    • データベースへのアクセス⾃体は可能
    • OCPU スケーリング、バックアップ、リストアなどの実施も可能
    CPS のネットワーク要件
    • CPS において TCP 443 番ポートによるアウトバウンド接続 (インバウンドの TCP 接続は不要)
    • CPS からパブリック・クラウドへの接続に対して http プロキシ・サーバーを介した接続が可能
    • CPS には 50 Mbps/10 Mbps のダウンロード/アップロードのネットワーク帯域が必要
    • CPS のネットワーク・インタフェースとして 10 GbE 銅線または 10/25 GbE 光ポートが選択可能
    • CPS からの接続ポート数は 4 (CPS あたり 2)
    Exadata Database Service on Cloud@Customer 管理アーキテクチャ概要
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    30
    Public
    Cloud UI and
    Management
    お客様のデータセンター
    Secure
    Tunnel
    ローカル
    Control Plane Server

    View full-size slide

  31. Database Server からのネットワーク接続 〜 クライアントおよびバックアップネットワーク
    Exadata Database Service on Cloud@Customer 管理アーキテクチャ概要
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    31
    クライアントおよびバックアップ・ネットワークの 2 つを構成
    • クライアント・ネットワーク: データベースへのアクセス⽤ネットワーク
    • バックアップ・ネットワーク: データベースのバックアップ⽤ネットワーク
    お客様 L2 スイッチへ接続
    • Database Server のネットワーク・インタフェースとしてクライアント・ネットワークおよびバックアップ・
    ネットワークに対して 10 GbE 銅線または 10/25 GbE 光ポートを選択
    • Database Server の 2 つのクライアント・ネットワーク・ポートと 2 つのバックアップ・ネットワーク・
    ポートに対して active-backup ボンディングで構成
    タグ VLAN 構成
    • 接続先お客様 L2 スイッチはトランク・ポートとして構成
    • VM クラスタ間のネットワークを VLAN で分離
    • VM クラスタにおいてクライアント・ネットワークとバックアップ・ネットワークを VLAN で分離
    ExaDB-C@C
    VLAN
    Internal Fabric
    Storage
    Storage
    Storage
    Application
    Servers
    Customer
    Switches
    Client
    Network
    Backup
    Network

    View full-size slide

  32. Database Server からのネットワーク接続 〜 物理接続ポート数
    Database Server: お客様スイッチへの接続に対してサーバーあたり 4 ポートが必要
    • クライアント・ネットワークに 2 ポート、バックアップ・ネットワークに 2 ポート
    Exadata Database Service on Cloud@Customer 管理アーキテクチャ概要
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    32
    Rack サイズ クライアント・ネットワーク・
    ポート数
    バックアップ・ネットワーク
    ポート数
    総ポート数
    Base 4 4 8
    Quarter 4 4 8
    Half 8 8 16
    Full 16 16 32
    クライアント・ネットワーク
    バックアップ・ネットワーク
    Base System/Quarter Rack の場合

    View full-size slide

  33. Database Server からのネットワーク接続 〜 ネットワーク・インタフェースの選択
    Exadata Database Service on Cloud@Customer アーキテクチャ概要
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    33
    • Quarter Rack 以上の ExaDB-C@C の場合 (下記、A-1 または A-2 の構成から選択)
    • Base System の場合 (下記、B-1 〜 B-4 の構成から選択)
    ネットワーク・インタフェース構成の選択肢 クライアント・ネットワーク バックアップ・ネットワーク
    (B-1) 10GbE 銅線共有接続構成 RJ45 ポート x2 RJ45 ポート x2 の共有
    (B-2) 銅線/銅線 構成 RJ45 ポート x2 RJ45 ポート x2
    (B-3) 銅線/光接続構成 RJ45 ポート x2 SFP+ または SFP28 ポート x2
    (B-4) 10 または 25 GbE 光共有接続構成 SFP+ または SFP28 ポート x2 SFP+ または SFP28 ポート x2 の共有
    (B-5) 10 または 25 GbE 光接続構成 SFP+ または SFP28 ポート x2 SFP+ または SFP28 ポート x2
    (B-6) 光/銅線 接続構成 SFP+ または SFP28 ポート x2 RJ45 ポート x2
    ネットワーク・インタフェース構成の選択肢 クライアント・ネットワーク バックアップ・ネットワーク
    (A-1) 10GbE 銅線接続構成 RJ45 ポート x2
    Oracle Quad Port 10GBase-T Adapter:
    RJ45 ポート x2
    (A-2) 10 または 25 GbE 光接続構成 SFP+ または SFP28 ポート x2
    Oracle Dual Port 25GbE Adapter:
    SFP+ または SFP28 ポート x2
    利⽤するポートの詳細はデプロイメント詳細資料を参照

    View full-size slide

  34. デプロイメント概要
    Exadata Database Service on Cloud@Customer 管理アーキテクチャ概要
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    34
    お客様側で⽤意が必要なもの
    • ExaDB-C@C を配置するデータ・センター・ファシリティ (スペース、電源、空調など)
    • ネットワーク・スイッチ (L2)、ネットワーク・ケーブル、CPS からインターネット接続準備 (Proxy Server)
    • DNS および NTP サーバー
    • IP アドレス/CIDR ブロック
    • Oracle Cloud Infrastructure テナンシー/クラウド・アカウント など
    Oracle によるオンサイト作業
    • ハードウェアおよびソフトウェアのデプロイ
    • ネットワーク接続確認作業
    • お客様による CPS からパブリック・クラウドの Control Plane への接続確認の⽀援
    • お客様によるクラウド・アカウントや OCI テナントへの ExaDB-C@C システム追加の⽀援
    ローカル Control Plane Server からパブリック・クラウドへの接続が可能な状況にしておく必要があります
    オラクルは設置した環境の引き渡し前に、システムの end-to-end の検証を実施します(アクティベーション)

    View full-size slide

  35. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    35
    Oracle Exadata Database Service on Cloud@Customer
    X9M (ExaDB-C@C)
    サービス構成とリソース

    View full-size slide

  36. Exadata Database Service 概要
    サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    36


    クライアント・ネットワーク
    バックアップ・ネットワーク
    DATA
    RECO
    SPARSE
    ASM
    ZDLRA
    NFS ストレージ
    Object Storage
    Exadata
    ストレージ内部
    バックアップ
    Database Servers
    Storage Servers
    VM VM
    VM
    Clusterware
    KVM Host KVM Host KVM Host
    CPS
    CPS
    Control Plane Server ネットワーク
    ExaDB-C@C
    ①Exadata Infrastructure
    Exadata ラック環境全体
    ③VM クラスタ
    Oracle Clusterware による、各 DB
    Server 上の VM (仮想マシン) から
    構成されるクラスタと、それに紐づく ASM
    (Automatic Storage Management)
    によるディスク・グループ構成
    ②VM クラスタ・ネットワーク
    VM クラスタが利⽤するクライアン
    トおよびバックアップ・ネットワークの
    構成
    ④データベース・ホーム
    VM クラスタにおいて利⽤する、
    各種バージョンの Oracle
    Database ソフトウェア・バイ
    ナリーの構成
    ⑤データベース
    VM クラスタのすべてのノードで各
    データベース・ホームのバイナリーを
    ⽤いて動作する RAC (Real
    Application Clusters) データ
    ベース
    • デフォルト CDB (コンテナ・データ
    ベース)(DB 12cR1 以降)
    ➆バックアップの保存先
    ExaDB-C@C で利⽤可能
    な⾃動バックアップの保存先の
    中でZDLRA または NFS ス
    トレージを使⽤する場合にその
    保存先の構成
    Database Home
    Database
    ⑥Data Guard
    アソシエーション
    同⼀または他の ExaDB-C@C
    ラックにある VM クラスタ上のデー
    タベースとの Data Guard ⾃動
    構成

    View full-size slide

  37. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    37
    Oracle Exadata Database Service on Cloud@Customer
    X9M (ExaDB-C@C)
    サービス構成とリソース: ①Exadata Infrastructure

    View full-size slide

  38. Exadata Infrastructure 〜 構成
    Exadata システム・モデル
    • ExaDB-C@C として X7/X8/X8M/X9M から選択
    • X8: 提供終了済み
    • X7: Gen 1 から Gen 2 へアップグレードするお客様向け
    Exadata システム・シェイプ
    • Elastic 構成になり、シェイプの選択は無くなった
    • Base System
    サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    38
    Control Plane Server ネットワークの構成
    • CPS と OCI リージョンを接続するためのネットワーク
    • 2 台の CPS にそれぞれ 1 つの IP アドレス、ネットマスク、ゲートウェイ
    • HTTP プロキシ: インターネット接続にプロキシ・サーバーを利⽤する場合
    Exadata システム・ネットワークの構成
    • Exadata ラック内部のネットワークを構成(次ページ)
    • 管理ネットワークおよび RoCE ネットワークの CIDR ブロックを指定
    DNS および NTP サービスの構成
    • CPS のパブリック・ドメインの名前解決、および時刻同期に利⽤
    • DNS サーバーおよび NTP サーバーを指定
    その他、タイムゾーン設定、メンテナンスの詳細の指定※ にて構成
    ※本資料の「メンテナンス/パッチ適⽤」セクションをご参照ください。
    ExaDB-C@C X9M Base Quarter Half Full
    DB Server 数 2 2 4 8
    OCPU数 48 124 248 496
    メモリ容量 (GB) 656 2,780 5,560 11,120
    Storage Server 数 3 3 6 12
    PMEM 容量 (TB) 無し 4.5 9.0 18.0
    Flash 容量 (TB) 38.4 76.8 153.6 307.2
    利⽤可能ストレージ容量 (TB) 74 192 384 768
    2023/1/23 更新

    View full-size slide

  39. Exadata Infrastructure 〜 Exadata システム・ネットワーク (ExaDB-C@C 内部のネットワーク)
    管理ネットワーク
    • ExaDB-C@C 内の各サーバー、スイッチと Control Plane Server (CPS)を接続
    • オラクルによる管理のために使⽤
    RoCE ネットワーク
    • ExaDB-C@C 内 の DB Server、Storage Server、CPS を接続
    • DB Server と Storage Server 間の DB Server ⽤途での通信、
    CPS からのクラウド・コマンドを実⾏するために使⽤
    ExaDB-C@C 内の管理ネットワーク、RoCE ネットワークは、お客様ネットワークとは接続する
    ことはないが、CPS がお客様ネットワークに接続されているため、お客様ネットワーク内の IP ア
    ドレスと重複しないように設定
    サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    39
    Control Plane
    Server
    Storage Server
    DB Server
    Storage
    Network Switch
    Management
    Network Switch
    お客様スイッチ
    Internet アクセス
    ExaDB-C@C
    OCI
    SR-IOV
    vNIC
    NAT
    お客様 VM


    #
    $
    %
    &
    '
    (
    RoCE
    #
    $
    %
    &
    '
    (
    Control Plane ネットワーク
    ネットワーク IP数 CIDR サイズ デフォルト
    管理ネットワーク
    最⼤ /23
    100.104.0.0/23
    最⼩ /16
    RoCE ネットワーク
    最⼤ /22
    100.107.0.0/22
    最⼩ /19

    View full-size slide

  40. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    40
    Oracle Exadata Database Service on Cloud@Customer
    X9M (ExaDB-C@C)
    サービス構成とリソース: ②VM クラスタ・ネットワーク

    View full-size slide

  41. VM クラスタ・ネットワーク 〜 構成
    クライアント・ネットワークの指定
    • データベース・クライアントやアプリケーション・サーバーから VM クラスタ
    上に構成される Oracle Database へアクセスするためのネットワーク
    • VLAN ID、 CIDR ブロック、 ネットマスク、ゲートウェイ 、ホスト名接頭辞、
    ドメイン名を指定して設定
    • ホスト⽤ (VMあたり 1)、VIP ⽤ (VM あたり 1)、SCAN VIP ⽤ (VM
    クラスタあたり 3) の IP アドレスが構成
    バックアップ・ネットワークの指定
    • VM クラスタ上に構成される Oracle Database のバックアップに使わ
    れるネットワーク
    • VLAN ID、 CIDR ブロック、 ネットマスク、ゲートウェイ 、ホスト名接頭辞、
    ドメイン名を指定して設定
    • ホスト⽤ (VMあたり 1) の IP アドレスを構成
    DNS および NTP サービス
    • VM クラスタに構成されるホスト、VIP、SCAN の名前解決が正引き・逆引き
    で可能であり、 SCAN はラウンドロビンで名前解決ができる DNS サーバー、
    および 各 VM の時刻同期ができる NTP サーバーを設定
    サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    41
    1 2
    NET
    P0 P1
    PCIe
    bondeth0 bondeth1
    VM
    1 2
    NET
    P0 P1
    PCIe
    bondeth0 bondeth1
    VM
    クライアント・ネットワーク
    バックアップ・ネットワーク
    Database Server#1
    KVM Host KVM Host
    Database Server#2
    お客様 L2 スイッチ
    Active-Backup の
    bonding 構成
    vNIC vNIC vNIC
    vNIC
    お客様 DNS/
    NTP サーバー

    View full-size slide

  42. VM クラスタ・ネットワーク 〜 IP アドレス数とサブネットサイズ
    サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    42
    シェイプ クライアント・ネット
    ワークの必要合計IP
    数(1VMクラスタ)
    CIDR Size For Client NW バックアップ・ネットワーク
    の必要合計IP数(1VM
    クラスタ)
    CIDR Size for Backup NW
    最⼩ 推奨 最⼩ 推奨
    Base/Qtr 7 /28 /27 2 /29 /28
    Half 11 /28 /27 4 /29 /28
    Full 19 /27 /26 8 /28 /27
    Network Mask Slash Equivalent (CIDR Notation) Total # Of IPs Usable IPs
    255.255.255.0 /24 256 254
    255.255.255.128 /25 128 126
    255.255.255.192 /26 64 62
    255.255.255.224 /27 32 30
    255.255.255.240 /28 16 14
    255.255.255.248 /29 8 6
    参考 CIDRブロックと取り得るIPアドレス数

    View full-size slide

  43. VM クラスタ・ネットワーク 〜 IP アドレス数とサブネットサイズ Multi-rackサポート後
    Max # Database Servers Client Subnet Size Backup Subnet Size
    5 /28 (16 IPs) /29 (8 IPs)
    13 /27 (32 IPs) /28 (16 IPs)
    29 /26 (64 IPs) /27 (32 IPs)
    32 /25 (128 IPs) /26 (64 IPs)
    サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    43
    2023/1/23 更新

    View full-size slide

  44. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    44
    Oracle Exadata Database Service on Cloud@Customer
    X9M (ExaDB-C@C)
    サービス構成とリソース: ③VM クラスタ

    View full-size slide

  45. VM クラスタ
    各 DB Server 上の VM の Oracle Clusterware によるクラスタ構成と
    それに紐づく Storage Server に構成されるディスク・グループ構成
    • VM クラスタは複数構成可能
    • ExaDB-C@C XM (Base System): 最⼤ 4 個
    • ExaDB-C@C X9M (Quarter Rack 以上): 最⼤ 8 個
    • ExaDB-C@C のコンピュートおよびストレージ・リソースを分割して有効に利⽤可能
    • OS 分離:1物理データベース・サーバー上で複数 VM
    • クラスタウェア分割 : VM クラスタ毎にクラスタウェアがインストール
    • ネットワーク分離 : VM クラスタ毎に仮想ネットワークを利⽤
    • ストレージ分離 : VM クラスタ毎に ASM Disk Group を利⽤
    • VM クラスタの作成、削除、リソース変更がコンソールから可能
    サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    45
    VM Host
    VM
    Host
    VM VM
    Oracle Clusterware
    VM VM
    Oracle Clusterware
    DB Server#1 DB Server#2
    Storage #1 Storage #2 Storage #3
    DATA(High)
    RECO(High)
    DATA(High)
    RECO(High)
    SPARSE (High)
    Prod
    Test
    Database
    Database
    Database
    Database
    Test
    Prod

    View full-size slide

  46. VM クラスタ 〜 構成(1/3)
    VM クラスタ・ネットワークの選択
    • VM クラスタで利⽤するクライアントおよびバックアップ・ネットワークを事前に定義した VM クラスタ・ネットワークとひも付け
    Oracle Grid Infrastructure バージョンの選択
    • 通常は現時点で最上位のバージョン19c (19.0.0.0) を選択
    • これにより Oracle Database 11g R2 から 19c までのデータベースを動作させることが可能
    VM クラスタの構成
    VM クラスタの VM はすべて同じサイズのリソースが割り当てられる
    VM あたりの OCPU 数を指定
    • Base System: 2 〜 24 OCPU、Quarter Rack 以上: 2 〜 62 OCPU
    VM あたりのメモリー(GB)を指定
    • Base System: 30 〜 328 GB、Quarter Rack 以上: 30 〜 1,390 GB
    VM あたりのローカル・ファイル・システム・サイズ (GB) を指定 (/u02 の容量を指定)
    • 60 〜 900 GB (VM 数とローカル・ファイル・システムに割り当てられるサイズの関係については次⾴に記載)
    サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    46

    View full-size slide

  47. VM クラスタ 〜 構成(2/3)
    VM 数とローカル・ファイル・システムに割り当てられるサイズの関係(X9M-2の場合)
    • DB Server あたり利⽤できる合計ローカル・ファイル・システム容量
    • 最⼤ 1,077 GB (Base System)
    • 最⼤ 2,243 GB (Quarter Rack 以上)
    • VMあたりの固定消費量 184 GB
    • 単⼀VMで最⼤ 900 GB
    サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    47
    X9M-2 の場合
    VM 数
    DB Server あたり、すべての VM の
    OS、GI によって利⽤される合計容量 (GB)
    DB Server あたり、すべての VM の
    /u02 に利⽤できる合計容量 (GB)
    Base System Quarter Rack 以上 Base System Quarter Rack 以上
    1 184 892 900
    2 368 708 1,800
    3 552 524 1,691
    4 736 340 1,507
    5 920 1,323
    6 1,104 1,139
    7 1,288 955
    8 1,472 771

    View full-size slide

  48. VM クラスタ 〜 構成(3/3)
    Exadata ストレージの構成
    使⽤可能な Exadata ストレージ (TB) の指定
    (2 TB 以上)
    • Base System : 2~74 TB
    • Quarter Rack : 2~192 TB
    • Half Rack : 2~384 TB
    • Full Rack : 2~769 TB
    ストレージ割当て率 (右表から選択)
    • 指定した Exadata ストレージ容量に対して
    各種ディスク・グループへの割当て率を指定
    • Exadata スパース・スナップショットのストレージ
    の割当て:
    • これを有効にすると DATA と RECO に加えて、
    SPARSE ディスク・グループを構成
    • ローカル・バックアップ⽤にストレージを割当て:
    • これを有効にすると DATA と⽐較して
    RECO の容量を⼤きくとる
    サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    48
    構成 DATA
    Disk
    Group
    RECO
    Disk
    Group
    SPARSE
    Disk
    Group
    Exadata ストレージ上のDBバックアップ :なし
    SPARSE ディスク・グループ : なし
    80% 20% -
    Exadata ストレージ上のDBバックアップ :あり
    SPARSE ディスク・グループ : なし
    40% 60% -
    Exadata ストレージ上のDBバックアップ :なし
    SPARSE ディスク・グループ : あり
    60% 20% 20%
    Exadata ストレージ上のDBバックアップ :あり
    SPARSE ディスク・グループ : あり
    35% 50% 15%
    SSH キーの追加
    • VM へアクセスするための SSH キー(公開鍵)を登録
    ライセンス・タイプの選択
    • この VM クラスタに対して使⽤するライセンスとして、
    BYOL か License included を選択する
    • VM クラスタ作成後も随時変更可能

    View full-size slide

  49. サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    49
    + Buffer
    Peak
    ExaDB-C@C では VM クラスタの CPU リソース割り当てを、
    必要な時に必要な分だけ柔軟に増減させることが可能*
    • オンプレミスの場合、ピーク時+α に合わせた
    リソースとライセンスが必要
    動的に変更
    • 割り当てられた CPU を動的にデータベースで利⽤可能
    • 注意点: インスタンス・ケージング (CPU_COUNT) 設定を
    している場合
    • 明⽰的な設定値に基づくため、割り当てられた変更後のリソース
    状態に合わせた⾃動変更はされないので、リソース追加後に設
    定が必要
    Normal
    + Scaling
    オンプレミスの場合
    ExaDB-C@C の場合
    60
    30
    60
    * ⼿動による変更となります。 オート・スケーリング機能ではありません。
    オート・スケーリング機能を必要とする場合には別途下記 MOS ドキュメントにて
    ツールが提供されています。
    (ODyS) Oracle Dynamic Scaling engine - Scale-up and Scale-down
    automation utility for OCI DB System (ExaDB-D/ExaDB-C@C) (Doc
    ID 2719916.1)(旧Autoscalingから名称変更)
    VM クラスタ 〜 OCPU 数の変更

    View full-size slide

  50. サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    50
    ExaDB-C@C Database OCPU
    • OCPU スケール・アップ/ダウンが可能
    • OCPU 数を 0 にすると VM クラスタ停⽌となり OCPU の課⾦は停⽌する
    • 『ノード停⽌』では課⾦停⽌にはならないので注意
    ExaDB-C@C Infrastructure
    • 利⽤期間中は課⾦対象で、最低4年の契約期間中は固定
    Exadata Infrastructure
    Additional OCPUs
    作成 契約終了
    OCPU
    Scale up
    OCPU
    down to 0 停⽌ 起動
    OCPU
    Scale up
    VM クラスタ 〜 課⾦対象期間について

    View full-size slide

  51. サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    51
    • 利⽤可能な H/W リソースの中から、VM クラスタ毎にリソースを割り当て可能 (オーバーサブスクリプション不可)
    • 後から変更不可のリソースは、 VM クラスタ作成前に⼗分な検討が必要
    最⼩値 リソース変更可否 リソース変更動作
    OCPU 2 /VM 可 オンライン
    メモリ 30 GB/VM 可* VM 再起動(ローリング)
    ローカル・ファイルシステム (/u02) 領域 60 GB/VM (最⼤ 900 GB/VM) 可** VM 再起動(ローリング)
    Exadata ストレージ 2 TB 可*** オンライン
    Disk Group の⽐率 - 不可 -
    VM クラスタ・ネットワーク 2つのみ(クライアント、バックアップ) 不可 -
    * スケールダウン時は dbaasapi による precheck_memory_resize オペレーションにてスケールダウン可能なメモリサイズを⾒積もる
    ** Oracle Home が配置されるファイルシステム。スケール・ダウン時は、全 VM の中で最も⼤きいローカル・ストレージ領域使⽤量の 1.15 倍が最⼩値。
    *** スケールダウン時は現在利⽤しているディスク・グループ容量の 1.15 倍が最⼩値。
    VM クラスタ 〜 リソースの VM あたりの最⼩値と変更 (スケーリング) について

    View full-size slide

  52. サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    52
    1. 『VMクラスタの詳細』ページで『スケール・
    アップ/ダウン』をクリック
    2.利⽤中のVMクラスタの各種リソースに対して
    適切な値を⼊⼒して『変更の保存』をクリック
    VM クラスタ 〜 スケール・アップ/ダウン: コンソールでの実⾏画⾯

    View full-size slide

  53. サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    53
    通常時: クラウド環境を管理/運⽤するために パブリック・クラウド上の
    Control Plane を利⽤
    • パブリック・クラウドのクラウド UI/API で管理・操作可能
    • セキュア・トンネルを介して ExaDB-C@C 環境内の Agent が管
    理操作を実⾏
    パブリック・クラウド上の Control Plane との接続がない状態でも
    CPU スケーリング操作は可能
    • ExaDB-C@C の VM 上の dbaascli コマンドで実⾏
    - コントロール・プレーンとの接続がある、通常時には動作しない
    • 接続再確⽴後、この時点での OCPU の値が請求内容に
    反映される
    $ dbaascli cpuScale update --coreCount
    Oracle
    Public Cloud
    Control Plane
    お客様のデータセンター
    CPUスケーリング
    VM クラスタ 〜 クラウドとの接続がない状態の間の CPU スケーリング

    View full-size slide

  54. 【参考】ソフトウェア・バージョン
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    54
    OS (Exadata System Software)
    • 初期構築時に ExaDB-C@C で使⽤可能な最新バージョンで提供
    • X9M の場合、現時点では Exadata System Software 21.2.x ないしは 22.1.x
    (Oracle Linux 7 + UEK5 カーネル)
    • お客様によるバージョン指定はできない
    • VM 内の OS (Exadata System Software) は必要に応じてアップデートする※
    Grid Infrastructure (GI)
    • VM クラスタ作成時にバージョンを指定
    • GI の RU は最新を含めて直近 2 四半期分が選択でき、必要に応じてアップデートする※
    • Oracle Database の利⽤可能なバージョンは、GI と同じか下位のバージョンとなるため、通常は最新の GI バージョンを選択する
    Database (DB)
    • RU は ExaDB-C@C 作成時において最新から 4 四半期前(N through N-3)までの RU がデプロイ可能
    最新の利⽤可能バージョンについては下記をご参照ください。
    Doc ID 2333222.1: Exadata Cloud Service Software Versions
    ※詳細は本資料の「メンテナンス」セクションに記載

    View full-size slide

  55. Exadata Cloud Service Software Versions (Doc ID 2333222.1)
    【参考】各種ソフトウエア・バージョン確認⽅法
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    55

    View full-size slide

  56. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    56
    Oracle Exadata Database Service on Cloud@Customer
    X9M (ExaDB-C@C)
    サービス構成とリソース: ④データベース・ホーム/⑤データベース

    View full-size slide

  57. データベース・ホーム
    • VM クラスタにおいて利⽤する Oracle Database
    の各種バージョンのソフトウェア・バイナリの構成
    • データベース・ホームは複数作成可能
    • 構成
    データベース・バージョン:
    • 19c, 18c, 12c R2, 12c R1, 11gR2*
    から選択
    • RU は、利⽤可能な最新から 4 四半期前の
    RU が選択可能
    • CLI ツールを⽤いて、最新を含めて過去 4 つの
    RU から選択してデフォルトの変更が可能
    サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    57
    Database
    19c : /u02/app/oracle/product/19.0.0.0/dbhome_
    18c : /u02/app/oracle/product/18.0.0.0/dbhome_
    12.2: /u02/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_
    12.1: /u02/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_
    11.2: /u02/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_
    19c の DB(ORACLE_HOME)を3つ作った場合
    #1つ⽬
    /u02/app/oracle/product/19.0.0.0/dbhome_2
    #2つ⽬
    /u02/app/oracle/product/19.0.0.0/dbhome_3
    #3つ⽬
    /u02/app/oracle/product/19.0.0.0/dbhome_4
    • 11g R2 は 2021 年 3 ⽉ 31 ⽇でサポートを終了しています。
    • 2021 年 4 ⽉ 1 ⽇以降、Market Driven Support (MDS) を契約されている場合は 2022 年 12 ⽉ 31 ⽇までサポート期間が延⻑されます
    • 11.2.0.4を使⽤して作成されたデータベースソフトウェアイメージは、2022年12⽉31⽇以降はデータベースホームプロビジョニングに使⽤できなくなります。

    View full-size slide

  58. • /u01 : Grid Infrastructure⽤
    • GRID_HOME パス :/u01/app//grid
    • /u02 : Oracle Database ⽤
    • ORACLE_HOME パス:/u02/app/oracle/product//dbhome_
    • /acfs :⼀時ファイル置き場
    • マウント済 ACFS。イメージやパッチなど、 Cloud Tool の⼀時ファイル置き場として利⽤
    • DATA ディスクグループの⼀部の領域が使われる
    • この領域に、お客様のデータ (Oracle Database のデータファイル、バックアップ、トレースファイルなど)
    を配置するのは不可
    • ただし、必要に応じて、これとは別にお客様が新規 ACFS を作成することは可能
    • /var/opt/oracle : クラウド・ツール⽤
    【参考】 ファイル・システムのディレクトリについて
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    58

    View full-size slide

  59. CY2022/Q2 CY2022/Q3 CY2022/Q4 CY2023/Q1 CY2023/Q2 CY2023/Q3 CY2023/Q4
    -APR2022
    -JAN2022
    -OCT2021
    -JULY2021
    -JUL2022
    -APR2022
    -JAN2022
    -OCT2021
    -OCT2022
    -JUL2022
    -APR2022
    -JAN2022
    -JAN2023
    -OCT2022
    -JUL2022
    -APR2022
    -APR2023
    -JAN2023
    -OCT2022
    -JUL2022
    -JUL2023
    -APR2023
    -JAN2023
    -OCT2022
    -OCT2023
    -JUL2023
    -APR2023
    -JAN2023
    2022 年 4 ⽉版 RU はCSW(Cloud Software Library)から
    削除されるため利⽤できなくなる
    最新︓
    1四半期前のRU︓
    2四半期前のRU︓
    3四半期前のRU︓
    データベース・ホーム 〜 Oracle Database の RU/BP
    • ツールから提供される 19c、 18c、 12.2.0.1、 12.1.0.2、 11.2.0.4 の RU(Release Update)/BP(Bundle
    Patch) のみ利⽤可能。
    • 過去の RU/BP は、最新を含めて 4 四半期分を ExaDB-C@C にダウンロードすることができ利⽤可能。
    • 例えば、2022 年 4 ⽉版 RU/BP は、2023 年 4 ⽉版 RU/BP が提供開始になると、それ以降は ExaDB-
    C@C にダウンロードできなくなる。
    サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    59
    2023/02/28更新

    View full-size slide

  60. データベース・ホーム 〜 ダウンロード可能な RU/BP の確認例
    [root@ecc2c5n1 ~]# dbaascli cswLib showImages
    DBAAS CLI version 22.4.1.0.1
    Executing command cswLib showImages
    Job id: f067f6d1-fc43-4f29-a45e-73787ef1c07d
    Log file location: /var/opt/oracle/log/cswLib/showImages/dbaastools_2023-02-
    27_03-06-07-PM_129901.log
    ############ List of Available database Artifacts #############
    1.IMAGE_TAG=11.2.0.4.220419
    VERSION=11.2.0.4.220419
    DESCRIPTION=11.2 APR 2022 DB Image
    2.IMAGE_TAG=11.2.0.4.220719
    VERSION=11.2.0.4.220719
    DESCRIPTION=11.2 JUL 2022 DB Image
    3.IMAGE_TAG=11.2.0.4.221018
    VERSION=11.2.0.4.221018
    DESCRIPTION=11.2 OCT 2022 DB Image
    4.IMAGE_TAG=11.2.0.4.230117
    VERSION=11.2.0.4.230117
    DESCRIPTION=11.2 JAN 2023 DB Image
    5.IMAGE_TAG=12.1.0.2.220419
    VERSION=12.1.0.2.220419
    DESCRIPTION=12.1 APR 2022 DB Image
    6.IMAGE_TAG=12.1.0.2.220719
    VERSION=12.1.0.2.220719
    DESCRIPTION=12.1 JUL 2022 DB Image
    7.IMAGE_TAG=12.1.0.2.221018
    VERSION=12.1.0.2.221018
    DESCRIPTION=12.1 OCT 2022 DB Image
    8.IMAGE_TAG=12.1.0.2.230117
    VERSION=12.1.0.2.230117
    DESCRIPTION=12.1 JAN 2023 DB Image
    9.IMAGE_TAG=12.2.0.1.220419
    VERSION=12.2.0.1.220419
    DESCRIPTION=12.2 APR 2022 DB Image
    10.IMAGE_TAG=12.2.0.1.220719
    VERSION=12.2.0.1.220719
    DESCRIPTION=12.2 JUL 2022 DB Image
    11.IMAGE_TAG=12.2.0.1.221018
    VERSION=12.2.0.1.221018
    DESCRIPTION=12.2 OCT 2022 DB Image
    12.IMAGE_TAG=12.2.0.1.230117
    VERSION=12.2.0.1.230117
    DESCRIPTION=12.2 JAN 2023 DB Image
    13.IMAGE_TAG=18.18.0.0.0
    VERSION=18.18.0.0.0
    DESCRIPTION=18c APR 2022 DB Image
    14.IMAGE_TAG=18.19.0.0.0
    VERSION=18.19.0.0.0
    DESCRIPTION=18c JUL 2022 DB Image
    15.IMAGE_TAG=18.20.0.0.0
    VERSION=18.20.0.0.0
    DESCRIPTION=18c OCT 2022 DB Image
    16.IMAGE_TAG=18.21.0.0.0
    VERSION=18.21.0.0.0
    DESCRIPTION=18c JAN 2023 DB Image
    サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    60
    2023/02/28更新

    View full-size slide

  61. データベース・ホーム 〜 ダウンロード可能な RU/BP の確認例
    17.IMAGE_TAG=19.15.0.0.0
    VERSION=19.15.0.0.0
    DESCRIPTION=19c APR 2022 DB Image
    18.IMAGE_TAG=19.16.0.0.0
    VERSION=19.16.0.0.0
    DESCRIPTION=19c JUL 2022 DB Image
    19.IMAGE_TAG=19.17.0.0.0
    VERSION=19.17.0.0.0
    DESCRIPTION=19c OCT 2022 DB Image
    20.IMAGE_TAG=19.18.0.0.0
    VERSION=19.18.0.0.0
    DESCRIPTION=19c JAN 2023 DB Image
    Images can be downloaded using their image tags. For details, see help using
    'dbaascli cswlib download --help'.
    dbaascli execution completed
    [root@ecc2c5n1 ~]#
    サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    61
    2023/02/28更新

    View full-size slide

  62. データベース・ホーム 〜 利⽤したい RU/BP のダウンロード
    • 19.14 のダウンロード例
    サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    62
    [root@ecc2c1n1 ~]# dbaascli cswlib download --version 19.14.0.0.0
    DBAAS CLI version 21.4.1.1.0
    Executing command cswlib download --version 19.14.0.0.0
    INFO: CSWLIB update latest db image bits
    INFO: Log file is: /var/opt/oracle/log/misc/cswlib/cswlib_2022-03-16_12:20:15.602501149716.log
    INFO : dbimage fixup executed.
    INFO :: Successfully downloaded cswlib image image_location=/var/opt/oracle/dbaas_acfs/dbnid/19.14.0.0.0
    INFO: CSWLIB update_bits of latest 19.14.0.0.0 succeded !
    INFO: dbaascli dbimage activateBP needs to be run to make the downloaded BP the “default” !
    [root@ecc2c1n1 ~]#

    View full-size slide

  63. データベース
    データベースの構成
    • 指定するデータベース・ホームに RAC データベースが構成
    • 1 つのデータベース・ホームに複数のデータベースを作成することも可能
    データベース・インスタンスはクラウド・ツールから作成する
    • 12c 以降、デフォルトは CDB 構成
    • dbaascli を⽤いて non-CDB も必要に応じて作成可能
    • ⼿動で作成した場合にはクラウドツールの監視・管理対象から外れる
    新規作成される表領域はデフォルト暗号化
    • 詳細は下記
    Oracle Database Tablespace Encryption Behavior in Oracle Cloud (Doc ID 2359020.1)
    サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    63

    View full-size slide

  64. データベース 〜 構成
    データベースの⼀意の名前の指定 (オプション)※1
    • DB_UNIQUE_NAME の設定
    データベース・バージョンの選択
    • 19c, 18c, 12c R2, 12c R1, 11gR2 から選択
    最初の PDB の名前の指定 (オプション)※1
    • VM クラスタにおいて重複しないように PDB の名前を設定
    データベース・ホームの指定
    • 既存のデータベース・ホームから選択するか、 新規データ
    ベース・ホームの作成をするか選択
    管理者パスワードの指定
    • SYS および SYSTEM、TDEキーストアのパスワードを設定
    データベース・ワークロード・タイプの選択
    • トランザクション処理 または データ・ウェアハウス のどちらかを
    選択
    サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    64
    バックアップ保存先のタイプを指定※2
    • None/Local/Object Storage/NFS/Recovery
    Appliance から選択
    ⾃動バックアップの有効化※2
    • ⾃動バックアップを構成する場合は有効化する
    • バックアップ保持期間を設定
    Oracle SID プリフィクス設定(オプション))
    • 12.1以降で設定、デフォルトはdb_name
    ⽂字セット/各国語⽂字セット設定
    • ⽂字セット(標準⽂字列型で使⽤される⽂字コード) およ
    び各国語⽂字セット (各国語⽂字列型で使⽤される⽂
    字コード) を選択
    • デフォルトの⽂字セットおよび各国語⽂字セットは、 それ
    ぞれ、AL32UTF8 および AL16UTF16
    ※1: 指定が無ければシステム側で⾃動設定
    ※2: バックアップについては次々節をご参照ください。

    View full-size slide

  65. 対象サービス
    • Database Cloud, Exadata Cloud (Public & Cloud@Customer)
    サポート終了
    • 基本的にオンプレミスのライフタイム・サポートに準拠して設定 (オンプレミスにおけるエラー修正終了時に、クラウドでは
    サポート終了となり、Sustaining Support は提供されない)
    • セキュリティ・パッチを含むパッチ提供を終了、新規プロビジョニングを終了
    • 当該バージョンのインスタンス稼働は保証されない (速やかなアップグレードもしくはインスタンス停⽌を推奨)
    【参考】 各データベース・バージョンのサポート期間
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    65 Release Schedule of Current Database Releases (Doc ID 742060.1)
    クラウドでの提供開始 サポート終了 (Sustaining Support の提供なし)
    11g R2 (11.2.0.4) 2014年9⽉ 2021年3⽉31⽇ (詳細は次ページ)
    12c R1 (12.1.0.2) 2014年9⽉ 2022年7⽉31⽇
    12c R2 (12.2.0.1) 2017年3⽉ 2022年3⽉31⽇
    18c (12.2.0.2相当) 2018年3⽉ 2021年6⽉30⽇
    19c (12.2.0.3相当) 2019年1⽉ 2027年4⽉30⽇

    View full-size slide

  66. • OCI DBCS, OCI ExaDB-D, ExaDB-C@C(Gen 1/Gen 2), OCC DBCS
    ü 2021年3⽉31⽇︓⼀般サポート終了
    ü 2021年4⽉1⽇-2022年12⽉31⽇︓Market Driven Support (Advanced Customer Services 契
    約が必要)
    ü 2022年12⽉31⽇︓全てのケースでサポート終了(ExaDB-C@Cでは Database Home として利⽤できな
    くなる)
    最新情報は MOS Note をご覧ください
    Release Schedule of Current Database Releases (Doc ID 742060.1)
    【参考】 Oracle Database 11g R2 (11.2.0.4) のサポート期間
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    66

    View full-size slide

  67. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    67
    Oracle Exadata Database Service on Cloud@Customer
    X9M (ExaDB-C@C)
    サービス構成とリソース: ⑥Data Guard アソシエーション

    View full-size slide

  68. ⾃動 Data Guard 構成・管理
    サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    68
    ExaDB-C@C 同⼠の Active Data Guard 構成および操作がコンソール/APIから実施可能
    • フィジカル・スタンバイのスタンバイ・データベースを 1 つ構築可能
    • コンソールおよび REST API から操作可能
    • スイッチオーバー
    • フェイルオーバー
    • 回復 (reinstate)
    • 現時点の制限
    • フィジカルスタンバイのみ
    • 最⼤パフォーマンスモード(⾮同期転送)および
    最⼤可⽤性モード(同期転送) を選択可能
    • (従来のコントロールプレーンが同⼀リージョンの制限は解除
    お客様のデータセンター お客様のデータセンター
    Oracle
    Public Cloud
    Control Plane
    Tokyo
    Oracle
    Public Cloud
    Control Plane
    Osaka

    View full-size slide

  69. • ⾃動 Data Guard 構成とは別に⼿動での Data Guard 構成も可能
    • オンプレミス Exadata との Data Guard の組み合わせでは⼿動での Data Guard 構築が必要
    • Data Guard の場合、プライマリとスタンバイでデータベースのパッチレベルを合わせる必要があるため
    クラウド上で提供可能な Database バージョンの RU と⼀致させる
    • 表領域暗号化について下記 MOS Note の Hybrid DR 構成時の注意点を確認
    Doc ID 2359020.1: Oracle Database Tablespace Encryption Behavior in Oracle Cloud
    • CDB と Non-CDB での Data Guard の組み合わせができない点に注意
    • 構築⼿順等については下記ホワイト・ペーパーに詳細
    • Disaster Recovery using Exadata Cloud
    https://www.oracle.com/a/tech/docs/hybrid-data-guard-to-exaoci-update-gen2-exacc-exacs.pdf
    【参考】 ⼿動 Data Guard 構築について
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    69

    View full-size slide

  70. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    70
    Oracle Exadata Database Service on Cloud@Customer
    X9M (ExaDB-C@C)
    サービス構成とリソース: ➆バックアップの保存先/バックアップ・リカバリ

    View full-size slide

  71. ⾃動データベース・バックアップとリカバリ
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    71
    ローカル
    Exadata
    Storage
    (FRA)*
    への
    バックアップ
    Exadata Cloud@Customer
    オンプレミス
    Zero Data Loss Recovery Appliance (ZDLRA)*
    へのバックアップ
    Oracle Public Cloud
    Object Storage*
    へのバックアップ
    (DB Server から Public Cloud へ
    のネットワーク接続が必要)
    暗号化された
    データベース
    ローカル
    NFS ストレージ*
    へのバックアップ
    * Cloud Automation (⾃動バックアップ構成) が
    サポートするバックアップ先

    View full-size slide

  72. バックアップの保存先
    ExaDB-C@C で利⽤可能な⾃動バックアップの保存先の中でZDLRA または NFS ストレージを使⽤する場合に
    その保存先を事前に構成する
    サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    72
    バックアップの保存先タイプの選択
    リカバリ・アプライアンスを選択した場合
    リカバリ・アプライアンス接続⽂字列の指定
    • データベース接続⽂字列を指定する
    仮想プライベート・カタログ (VPC) ユーザの指定
    • リカバリ・アプライアンスへ接続する VPC ユーザ名を設定
    バックアップの保存先タイプの選択
    ネットワーク・ストレージ (NFS) を選択した場合
    ローカル NFS マウント・ポイント・パスの指定
    • すべての VM クラスタ・ノード上に同じマウント・ポイントを
    ⽤意する

    View full-size slide

  73. ⾃動データベース・バックアップとリストア
    データベース・バックアップの⾃動取得やリストアをコンソール/API から設定および実施可能
    • ⾃動バックアップは毎⽇実⾏され、そのスケジュールは⾃動設定※
    • フルバックアップ (RMAN level 0) および増分バックアップ (RMAN level 1) を実施
    • ZDLRA が保存先の場合には、最初にフルバックアップ後、⽇次の増分バックアップからフルバックアップを構成
    • NFS, OSS への取得の場合、⽇曜⽇にlevel0、その間は増分level1
    • データベースはデフォルトにてアーカイブログ・モードで動作し、アーカイブ REDO ログは30分ごとにバックアップ※
    • データ・ファイル、ログ・ファイル、制御ファイル、およびサーバー・パラメータ (SP) ファイルが対象
    • 最新のリストア・ポイント、指定したタイムスタンプ、 または 指定した SCN からリストア可能
    • バックアップはデフォルトで暗号化
    サービス構成とリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    73
    タイプ 保存先 保持期間
    None なし (⼿動設定する場合等で選択)
    Local 内部 Storage Server (RECO ディスク・グループ) 7 または 14 ⽇間 (デフォルト は 7 ⽇間)
    Object Storage OCI Object Storage* 7, 14, 30, 45, 60 ⽇間 (デフォルトは 30 ⽇間)
    NFS NFS Storage 7, 14, 30, 45, 60 ⽇間 (デフォルトは 30 ⽇間)
    Recovery Appliance ZDLRA ZDLRA 側で設定
    * お客様にて Object Storage のバケットを準備する必要はありません。
    ※ bkup_api ツールを利⽤することで、⼿
    動で設定変更可能

    View full-size slide

  74. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    74
    Oracle Exadata Database Service on Cloud@Customer
    X9M (ExaDB-C@C)
    運⽤管理

    View full-size slide

  75. Oracle Cloud Infrastructure IAM (Identity and Access Management)
    • お客様が利⽤する ExaDB-C@C は他のOracle Cloud
    Infrastructure のサービスと同様に、お客様テナンシーの中で
    利⽤
    • コンパートメントとして OCI リソースの論理的な区分けを⾏
    うことで、認可の対象リソースを限定して指定することが可能
    • ユーザーはグループに配属し、グループに対して、コンパートメ
    ントとともに許可する各種の操作権限をポリシーとして定義
    • ユーザーが許可された権限の中でコンソールや API 等を利
    ⽤して、ExaDB-C@C の管理操作を実施
    Cloud UI (コンソール) や API に対する権限
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    75
    OCI リージョン
    お客様テナンシー
    Compartment Fin
    Compartment HR
    FinGroup
    HRGroup
    FinUser
    HRUser
    Fin Policy
    HR Policy
    テナンシー管理者
    ExaDB-C@C
    Rack
    お客様
    FIN
    HR
    Allow group FinGroup to manage database-family in compartment Fin
    Allow group HRGroup to manage database-family in compartment HR
    Verb(動詞) リソース・タイプ
    ポリシーの記述例
    • FinGroup グループに Fin コンパートメントにおいて ExaDB-C@C のすべての管理権限
    • HRGroup グループに HR コンパートメントにおいて ExaDB-C@C のすべての管理権限
    を付与

    View full-size slide

  76. ポリシー 〜 Verb(動詞) と ExaDB-C@C 向けリソース・タイプ
    個別リソース・タイプ
    exadata-infrastructure
    vmcluster-networks
    vmclusters
    backup-destinations
    db-nodes
    db-homes
    databases
    backups
    database-software-images
    key-stores
    pluggable-databases
    dbServers
    Cloud UI (コンソール) や API による管理権限
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    76
    集合リソース・タイプ
    database-family
    • ExaDB-C@C で利⽤できるリソース・タイプは
    右表のとおりで、集合リソース・タイプは個別リ
    ソース・タイプすべてを含む
    • Verb(動詞)は INSPECT < READ < USE
    < MANAGE とアクセスレベルが上がるにつれて
    パーミッションを累積して、MANAGE において、
    すべての権限が付与される
    • Verb とリソース・タイプの組み合わせによるポリ
    シー設定により、利⽤可能なコンソールでの操作
    や API が決定される
    • ExaDB-C@C で利⽤可能なリソース・タイプと
    Verb によって利⽤可能な API の⼀覧について
    は下記マニュアルに詳細
    Verb (動詞)
    INSPECT (検査)
    READ (参照)
    USE (利⽤)
    MANAGE (管理)
    Policy Details for Exadata Cloud@Customer
    2022/04/06更新

    View full-size slide

  77. 提供される OS ユーザー
    お客様 VM (OS) へのアクセス
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    77
    ユーザー・アカウント 説明
    opc
    システム管理者アカウント
    sudo コマンドで root ユーザーのアクセス権を得られる
    oracle
    Oracle Database 管理者アカウント
    opc ユーザーからは “sudo -s” で root にアクセスした後、oracle にスイッチ
    grid
    Grid Infrastructure (ASM/Clusterware) 管理者アカウント
    opc ユーザーから “sudo -s” で root にアクセスした後 grid にスイッチ
    root
    システムの root 管理者
    直接アクセスすることは不可。opc ユーザーで "sudo -s“ を実⾏
    opc oracle
    grid
    root
    sudo –s
    • SSH により、登録した公開鍵に対応する秘密鍵を指定して、 opc ユーザーで
    ExaDB-C@C の VM (OS) にアクセス
    su - grid
    su - oracle
    ssh –i 秘密鍵 opc@VMホスト名 または IP アドレス

    View full-size slide

  78. • お客様 VM の OS から利⽤できる主にデータベース管理に利⽤できる CLI ツール
    • oracle ユーザーまたは⼀部権限が必要なものは root ユーザーにて実⾏ (プロンプトから dbaascli と⼊⼒)
    • データベース・ユーザーのパスワード変更、データベースの起動、PDB の管理、OCI と CPS 間のネットワーク切断時
    (disconnected モード時) における OCPU 数の変更などに利⽤可能

    dbaascli 詳細 : Using the dbaascli Utility on Exadata Cloud@Customer
    https://docs.oracle.com/en/engineered-systems/exadata-cloud-at-customer/ecccm/ecc-using-dbaascli.html
    主なコマンド サブコマンド ⽬的とする操作
    admin updateStack dbaastools RPM の更新
    cpuscale get_status, update
    disconnected モード時における
    OCPU スケーリング操作
    cswlib deleteLocal, download, listLocal, showImages
    database
    addInstance, backup, bounce, changepassword, convertToPDB, create, createTemplate, delete, deleteInstance, duplicate,
    getPDBs, modifyParameters, move, recover, runDatapatch, start, stop, upgrade
    データベース管理操作
    dataguard prepareStandbyBlob, updateDGConfigAttributes
    dbHome create, delete, getDatabases, getDetails, patch データベース・ホーム管理操作
    diag collect, healthCheck
    grid congfigureTCPS, patch, rotateTCPSCert, upgrade
    job getStatus
    patch db apply, prereq, データベースへのパッチ適⽤操作
    pdb backup, bounce, close, connectString, create, delete, getDetails, list, localClone, open, recover, relocate, remoteClone PDB 管理操作
    system getDBHomes
    tde
    addSecondaryHsmKey, enableWalletRoot, encryptTablespaceInPDB, fileToHsm, getHsmKeys, getMkidForKeyVersionOCID,
    getPrimaryHsmKey, hsmToFile, listKeys, removeSecondaryHsmKey, setKeyVersion, setPrimaryHsmKey, status
    TDE 管理操作
    dbaascli
    お客様 VM からの ExaDB-C@C 管理
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    78
    2023/01/23更新

    View full-size slide

  79. Exadata Storage Server の管理 〜 ExaCLI
    • お客様 VM の OS から利⽤できる Exadata Storage Server 監視/管理に利⽤できる CLI ツール
    • ExaDB-C@C では、オンプレミス Exadata で利⽤できる CellCLI 相当の操作の⼀部が利⽤可能
    (ExaDB-C@C としての基本的な Storage Server の構成をお客様が変更するような操作はできない)
    • Storage Server の状態や統計情報の確認、IORM の設定が可能
    • Storage Server へのアクセス例
    • パスワードの確認⽅法 (opc ユーザで、VM クラスタのどれか 1 ノードから実⾏)
    お客様 VM からの ExaDB-C@C 管理
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    79
    $ exacli –c -l cloud_user_<クラスタ名> --cookie-jar –e コマンド
    Storage Server の IP アドレスは以下のファイルで確認可能
    /etc/oracle/cell/network-config/cellip.ora
    クラスタ名は grid ユーザ等から以下のコマンドから確認可能
    crsctl get cluster name
    cookie-jar オプションを加えると 2 回⽬のアクセスから
    パスワードの⼊⼒を省略可能 (24 時間まで)
    $ /opt/exacloud/get_cs_data.py
    2022/04/06更新

    View full-size slide

  80. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    80
    Oracle Exadata Database Service on Cloud@Customer
    X9M (ExaDB-C@C)
    メンテナンス/パッチ適⽤

    View full-size slide

  81. ExaDB-C@C: Exadata Database Service 管理範囲イメージ
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    81
    対象コンポーネント
    • VM クラスタ、VM 上の OS
    • Database、Grid Infrastructure
    管理作業
    • 対象コンポーネントの監視・管理
    • 対象コンポーネントのパッチ適⽤
    お客様 ︓ Exadata VM クラスタ
    対象コンポーネント
    • ハードウェア
    • Database Server 上の KVM Host (Hypervisor)、
    Storage Server、ネットワーク、Firmware 等
    • クラウド・サービス機能関連
    管理作業
    • 対象コンポーネントの監視・管理
    • 対象コンポーネントのパッチ適⽤
    • ハードウェア障害対応
    Oracle ︓ Exadata インフラストラクチャ・CPS


    クライアント・ネットワーク※
    バックアップ・ネットワーク※
    DATA
    RECO
    SPARSE
    ASM
    Database Servers
    Storage Servers
    VM VM
    VM
    Clusterware
    KVM Host KVM Host KVM Host
    CPS
    CPS
    Control Plane Server ネットワーク※
    ExaDB-C@C
    Database Home
    Database
    ※ネットワーク・アクセスの提供はお客様の対応範囲

    View full-size slide

  82. お客様対応範囲:
    • お客様 VM 内
    お客様の任意のタイミングで適⽤可能 (⾃動適⽤はされません。定期的なパッチ適⽤を推奨)
    • Database/Grid Infrastructure: コンソールや CLI (dbaascli) などクラウドツールで適⽤可能
    • OS (Exadata System Software*)︓コンソール(Exadata System Software 20.x以降、
    20.x→20.x, 21.2.x→21.2.x,で対応)やpatchmgr (専⽤ CLI ツール) による適⽤
    • クラウド・ツール : コンピュート内のCLIで適⽤可能(dbaascli)
    • 定期的に最新版にアップデートすることを推奨(デフォルト︓新バージョンリリース時に⾃動適⽤)
    Oracle 対応範囲:
    • Exadata Infrastructure
    四半期ごとにアップデートを実施 (基本的にローリング・アップデートによる実施)
    • Database Server (KVM Host 部分)
    • Storage Server
    • 内部 Network Switch
    • Control Plane Server (CPS)
    ExaDB-C@C: Exadata Database Service ソフトウェア・メンテナンス(パッチ
    適⽤)
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    82
    * Exadata System Software とは Exadata の各コンポーネントに搭載される、
    OS や Exadata 固有のソフトウェア機能を含むソフトウェア・バンドル。

    View full-size slide

  83. お客様によるアップデートの実施
    Database/Grid Infrastructure のアップデート
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    83
    コンソール、CLI からパッチ適⽤が可能
    • RU/BP レベルのパッチをコンソールから適⽤可能
    • 対象のパッチ
    - GI︓直近2四半期分
    - データベース・ホーム︓直近4四半期分
    • パッチ関連操作
    • 事前チェック、適⽤(ローリングで実施)が可能
    • 操作結果をパッチ履歴から確認可能
    • パッチレベルの異なるデータベース・ホームを⽤意して
    データベースを移動することでアップグレードやダウングレード
    を⾏うことも可能
    アップデート⼿順詳細:
    Using the Console for Patching and Updating VM Cluster's GI and Database Homes

    View full-size slide

  84. • GI 19c RU N ないしは N-1 へのアップグレー
    ドをサポート(最新RUと最新⼀つ前のRU)
    • アップグレードはクラスター全体でローリング⽅式
    で実⾏され、アップグレード前にデータベース接
    続がドレインされます。
    • アップグレードの事前チェックは、アップグレードプ
    ロセスの前に実⾏できます
    • ロールバックは利⽤できません
    • アップグレードプロセス中は管理アクティビティを利
    ⽤できません
    Grid Infrastructure (GI) Upgrade to 19c Automation
    (GI 19c へのアップグレードの⾃動化)
    • Demo: https://www.youtube.com/watch?v=-mEhhRiywwQ
    • https://www.youtube.com/watch?v=NeWMqC1kDDA&list=PLdtXkK5KBY56Grlr6Cr0FiSxBesR2c12C&index=11
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    84

    View full-size slide

  85. Select Target Database Home to Upgrade the Database to 19c
    (Database 19c アップグレード時にデータベースホームを選択可能)
    • [データベースの詳細]メニューで、[その他のアクション]の下の[デー
    タベースのアップグレード]を選択します
    • ターゲットデータベースホームを選択します
    • プリチェックを実⾏し、問題のトラブルシューティングを⾏います
    • [データベースのアップグレード]をクリックします
    • Demo: https://www.youtube.com/watch?v=aLdZ0I4j45g
    • https://www.youtube.com/watch?v=O4srKPL8i1A&list=PLdtXkK5KBY56Grlr6Cr0FiSxBesR2c12C&index=14
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    85

    View full-size slide

  86. お客様によるアップデートの実施
    • Oracle のメンテナンスにより、DB Server 上の KVM Host の Exadata System Software が四半期ごとに
    アップデートされる
    • アップデート後のバージョンを確認いただき、必要に応じてお客様 VM にも同⼀のアップデートを実施
    アップデート⼿順詳細 : Updating Guest VM Operating System
    OS (Exadata System Software) のアップデート
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    86
    Oracle 作業
    (基本的に四半期)
    お客様作業
    (最新のアップデートを12か⽉以上遅延しないことを推奨)
    KVM Host アップデート
    お客様 VM の
    アップデート
    KVM Host アップデート
    内容の確認
    • KVM Host に適⽤された Exadata System Software のバージョンを SR にて確認
    • お客様 VM に適⽤する Exadata System Software の詳細は Exadata Database Machine and
    Exadata Storage Server Supported Versions (Doc ID 888828.1) にて確認

    View full-size slide

  87. • Exadata Imageには、仮想マシン OS(Oracle Linux)のアップデートが含まれる
    • 仮想マシンの更新の準備ができていることを確認するための事前チェックを提供
    • 更新プロセス中に問題が発⽣した場合にロールバックするオプションが提供
    • Exadata Imageバージョン 19.2 以降が対応、21.2.x, 22.1.x へのアップグレードが可能
    • 最新のアップデートからN-3のバージョンを適⽤可能
    • 仮想マシンExadata OSイメージの更新は、クラスター全体でローリング⽅式で実⾏
    • データベース接続は、仮想マシンの更新前にドレインされる
    • アップデートの⼀環として仮想マシンが再起動する
    Virtual Machine Exadata OS イメージアップデート
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    87

    View full-size slide

  88. Virtual Machine Exadata OS Image Update Automation
    Run Precheck or Apply Update(プリチェックの実⾏とアップデートの適⽤)
    https://www.youtube.com/watch?v=Ps7dQMT_6Bg&list=PLdtXkK5KBY56Grlr6Cr0FiSxBesR2c12C&index=13
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    88

    View full-size slide

  89. Oracle によるアップデートの実施
    • Oracle により、基本的に四半期ごとに主として DB Server の KVM Host および Storage Server に対して Exadata System Software のアップデートを実施
    • ローリング・アップデートのためシステム全体のサービス停⽌は発⽣しない (縮退運転となる)(ノンローリングも選択可能)
    • メンテナンス実施中のサーバー単位では再起動が発⽣ (その上で動作するお客様 VM も再起動が発⽣)
    • メンテナンス実施中もデータベース環境を利⽤する場合には、VM 再起動に備えて、アプリケーションへのエラーを防ぐために、
    ユーザー側での対応が必要 (エラーハンドリングや再接続、Application Continuity や Data Guard の利⽤など)
    • プリチェック 2週間前と24時間前
    • メンテナンスのスケジュールをお客様が UI から設定可能
    • ExaDB-C@C のコンポーネント単位での計画メンテナンスの実施タイミングの調整は不可
    • 事前の通知先として、プライマリ・コンタクトに加えて最⼤ 9 つのセカンダリ・コンタクトを設定可能
    • メンテナンス時間の⽬安
    • ローリング Base System/Quarter Rack: 713 時間, Half Rack: 1319 時間, Full Rack: 2631 時間
    内訳として
    • プリチェック実施時間: 120 分
    • DB Server: 1 台あたり 90 分
    • Storage Server: 1 台あたり 60 分
    • 内部 Network Switch: 各3060 分
    • CPS: 240 分
    • ノンローリング
    • シェイプにかかわらず全体 5時間
    • 全DB Server: 180 分
    • 全Storage Server: 60 分
    • 内部 Network Switch: 各30分
    インフラストラクチャ・メンテナンス
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    89
    2022/03/07 更新

    View full-size slide

  90. インフラストラクチャメンテナンスのエンハンス ローリング・ノンローリング
    Enhanced Infrastructure Maintenance
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    90
    2022/03/25追加
    Maintenance Method:
    Rollingがデフォルト
    変更時は
    Edit Maintenance
    Preferences

    View full-size slide

  91. インフラストラクチャメンテナンスのエンハンス ローリング・ノンローリング
    Enhanced Infrastructure Maintenance
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    91
    2022/03/25追加
    Configure Maintenance
    Method
    Rolling
    Non-rolling
    選択可能に

    View full-size slide

  92. インフラストラクチャメンテナンスのエンハンス カスタムアクションの実施
    Enhanced Infrastructure Maintenance
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    92
    2022/03/25追加
    Enable custom action
    before performing
    maintenance on DB
    servers
    チェックボックス選択時に
    Custom action timeout (in
    minutes):
    デフォルト30分、最⼤120分

    View full-size slide

  93. ⾃動メンテナンスのスケジュール設定
    インフラストラクチャ・メンテナンス
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    93
    • 四半期に⼀度の定期インフラストラクチャ・メンテ
    ナンスの、お客様によるスケジュール設定が可能
    • 四半期(2-4⽉/5-7⽉/8-10⽉/11-1⽉)中の
    ⽉の指定
    • 週の指定(第 1 - 4 週)
    • 曜⽇の指定
    • 開始時間の指定(メンテナンスを開始できる 1 時
    間のウィンドウ)
    • リードタイムの指定(メンテナンス通知時期を 2 -
    4 週前から選択)
    • 「次回のメンテナンス」表⽰後は、スケジュール変更機
    能により、メンテナンス開始⽇時を 30 分単位であら
    ためて指定可能に。
    スケジュールを設定する場合はインフラストラクチャ構成時に、
    「メンテナンスの変更」をクリック、
    もしくは、Exadata インフラストラクチャ詳細の画⾯で
    「メンテナンスの詳細」の「編集」をクリック
    スケジュール変更は、「次回のメンテナンス」に⽇付が設定された後、
    「表⽰」をクリックして、変更作業を実施

    View full-size slide

  94. 【参考】⾃動メンテナンスの編集
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    94
    スケジュールの指定: お客様によりスケジュール設定する場合
    メンテナンス⽉: 四半期ごとにメンテナンス可能な⽉を選択。
    (複数選択可能。⽉のチェックマークを 2 つはずすと、残りの⽉
    のチェックマークはグレーアウトされる)
    該当⽉の週: 任意の週または 1 〜 4 週⽬を選択 (複数週
    選択可能)
    該当週の⽇: すべての曜⽇または ⽇ 〜 ⼟曜⽇を選択 (複
    数曜⽇選択可能)
    開始時間(UTC): 任意の時間またはメンテナンスを開始でき
    る 1 時間単位のウィンドウを選択 (複数選択可能)
    リードタイム: オラクル社が通知メッセージをメンテナンスの何週
    間前に送信するかを 2 〜 4 週間前から⼀つ選択
    プリファレンスなし: オラクル社により任意の⽇時で良い場合

    View full-size slide

  95. • 次回のメンテナンスが設定後、メンテナンス⽇時の変更が
    「メンテナンス」ページ - 「スケジュール開始時間」の「編
    集」から可能
    • 再スケジュールは⽇時を指定
    • 時間は 30 分単位で設定可能
    • 変更は、変更時点の時刻より 2 時間後から
    当初設定されたスケジュール開始⽇時から
    最⼤ 180⽇以内の同⽇時刻まで変更可能
    • オラクルが内部保守作業のために四半期ごとに予約
    している特定の⽇付にスケジュールすることは不可
    【参考】⾃動メンテナンスの再スケジュール
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    95

    View full-size slide

  96. 四半期毎のメンテナンスと別にCVSSスコアが7以上の脆弱性の修正を⽉次適⽤
    セキュリティ脆弱性にタイムリーに対応するために⽉次のセキュリティ・メンテナンスを提供
    スケジュール︓適⽤が必要な場合、毎⽉21⽇前後から21⽇間の⽇程で実施
    メンテナンス開始の7⽇前までに事前通知、期間内でスケジュール変更は可能だが、スキップは不可
    含まれる修正︓前⽉までに確認されたセキュリティ脆弱性
    適⽤⽅法︓データベース・サーバーは、Kspliceによるオンライン適⽤(全ノード並⾏で30分程度)
    ストレージ・サーバーは、四半期メンテナンス同様にローリングで適⽤(1ノードあたり60分程度)
    ※ Guest VMは更新されません
    影響のある操作︓CPUやメモリのスケーリング、Guest OSやGIのパッチ適⽤ (事前チェック含)、サーバーの拡張など、
    ⼀部の影響を受ける操作を試みると、セキュリティ アップデート中の旨をコンソールに通知
    影響のない操作︓ CPUやメモリのスケーリング、VM起動・停⽌
    四半期メンテナンスと⽉次メンテナンスを同時にスケジュールすることを推奨
    Monthly ExaDB-C@C Infrastructure Security Maintenance
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    96
    2022/07/27追加

    View full-size slide

  97. メンテナンス連絡先の指定
    • ハードウェアの交換や四半期に⼀度の定期メン
    テナンス等の連絡先として設定
    • プライマリ・コンタクトに加えて、最⼤ 9 つのセカン
    ダリ・コンタクトを設定可能
    • プライマリ・コンタクトは CSI (Customer
    Support Identifier) と関連付けされている
    必要がある
    • プライマリおよびセカンダリ・コンタクト先にハードウェ
    ア交換、ネットワーク障害、ソフトウェア・メンテナン
    ス等の通知が⾏われる
    • セカンダリ・コンタクトから新プライマリ・コンタクトへ
    の変更が可能 (旧プライマリ・コンタクトはセカンダ
    リ・コンタクトとなる)
    インフラストラクチャ・メンテナンス
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    97

    View full-size slide

  98. オプトインによる監視とサポート
    Diagnostic Events (2022/04〜)
    • Oracle Databaseのリソースのステータスの更新を通知
    • クリティカルなエラー
    • ディスクリソース利⽤率
    • メモリ利⽤率
    • クラスターステータス 等
    • Oracle社に上記の収集を許可
    Health Monitoring(2022/10〜)
    • Oracle Databaseのヘルス・メトリックやイベントの情報収集
    (Eventsで通知設定することも可能)
    • 起動/停⽌
    • ディスクの使⽤量
    • CPU使⽤率 等
    • Oracle社がゲストVMの健全性(上記情報)の収集を許可
    Incident Logs and Trace Collections(2022/10〜)
    • Oracle社にインシデントログとトレースファイルを収集する権限を付与、
    SRを起票する際のお客様の負担を軽減
    Automatic Diagnostic Collection
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    98
    Base
    Database
    Service
    Exadata
    Database
    Service on
    Dedicated
    Infrastructur
    e
    Exadata
    Database
    Service on
    Cloud@
    Customer
    Diagnostic
    Events
    利⽤可 利⽤可 利⽤可
    Health
    Monitoring
    - 利⽤可 利⽤可
    Incident Logs
    and Trace
    Collection
    利⽤可 利⽤可 利⽤可

    View full-size slide

  99. 現在のデフォルト
    新規 Create VM Cluster 時
    Diagnostics Collection はデフォルト“Enabled“
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    99

    View full-size slide

  100. Appendix
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    100

    View full-size slide

  101. トラブルシューティング
    • データベースサーバーVMの問題
    • Database Server VM Connectivity Problems
    • 接続に失敗する場合。ping, DNS, を確認
    • Cloud Tooling ログを確認
    • Oracle Grid Infrastructureの問題
    • GIが停⽌している
    • パッチ適⽤時は起動していることが必要
    • Oracle Grid Infrastructureの再起動をしてみる
    • Oracleデータベースの問題
    • DBが停⽌している
    • パッチ適⽤時は起動していることが必要
    Exadata Cloud@Customerでのパッチ適⽤の失敗
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    101
    2022/04/06更新

    View full-size slide

  102. 収集するログ
    • Cloud Tooling Logs
    • DBAASCLI Logs
    • /var/opt/oracle/log/dbaascli/dbaascli.log
    • Collecting Oracle Diagnostics
    • dbaascli diag collect
    さらなる調査のために
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    102
    2022/04/06更新

    View full-size slide

  103. トラブル例
    • データベースを削除しても、関連付けられているOracleホームが削除されない場合
    • dbaascli で dbhome を削除
    • データベース接続のドレイン中にVMオペレーティングシステムの更新がハングする場合
    • RHPhelpler のハング
    • GI19.11 以降にアップグレード
    • VMクラスターへのVMの追加が失敗する場合
    • AHFのtrcファイルのパーミッション確認
    • CPUオフラインスケーリングが失敗する場合
    ExaDB-C@C トラブルシューティング
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    103
    2022/04/06更新

    View full-size slide

  104. 概要
    Elastic Storage Expansion の機能により、お客様はStorage Server をオンデマンドで追加することでお客様のビ
    ジネス要件を動的に満たすことのできるインフラのための共有の Exadata Storage の容量を拡張することができるように
    なります。
    主な利点
    1. サポートされている標準のシェイプに制約されることなく、ビジネスニーズに最適なカスタムストレージ容量を備えた新し
    いExadataインフラストラクチャをプロビジョニングします
    2. インストール時のExadataインフラストラクチャのストレージフットプリントを⼩さくすることから始めることが可能です。これ
    により、コストを節約し、将来の最⼤使⽤に対応するためのオーバーヘッドを計画します。
    3. 現在実⾏中のワークロードを中断することなく、⾃動化されたエラスティック構成で、既存のデプロイ済みExadataイン
    フラストラクチャのストレージ容量をオンデマンドで拡張します
    4. 新しく追加されたストレージサーバーから利⽤可能な追加のストレージ容量を、すでにデプロイされているVMクラスター
    に割り当てたり、インフラストラクチャで新しいVMクラスターをプロビジョニングするために使⽤したりします
    Elastic Storage Expansion
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    104

    View full-size slide

  105. DBサーバーのエラスティック拡張
    • ExaDB-C@C でのDBサーバーのエラスティックな拡張が可能に
    • 最⼤8台まで
    Elastic Compute Expansion
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    105
    2022/10/12 追加

    View full-size slide

  106. Support to Monitor Oracle Database Exadata Cloud Service and Oracle Database Exadata Cloud at Customer Using Oracle Enterprise Manager
    Cloud Control
    Exadata CloudのEnterprise Managerターゲット:
    • 関連するターゲットを⾃動的に識別して編成します
    • Exadata Cloud固有の機能の統合ポイントを提供します
    パフォーマンス監視の向上:
    • Exadata Storage ServerおよびExadata Storage Gridターゲットを追加します
    • Oracle Exadata Cloudのストレージおよびコンピュート・パフォーマンスの視覚化を提供します
    • Oracle Exadata Database Machine⽤に開発された同じ最⼤可⽤性アーキテクチャ(MAA)キー・パフォーマンス・インジケータ(KPI)を使⽤できる
    ようにします
    スクリプト化されたクライアント・ベースの検出: emcliを使⽤して、既存のホスト、クラスタ、ASM、データベースおよび関連するメンバー・ターゲットを含むク
    ラウド・ターゲットを検出します。
    すべてのExadataターゲットの⼀元的インタフェースを提供します。
    • 共通のExadataターゲット・メニューからOracle Exadata Database MachineおよびOracle Exadata Cloudシステムを監視および管理します
    • Oracle Database Exadata Cloud ServiceとOracle Database Exadata Cloud at Customerで⼀貫した操作性を提供します
    可視化: 各Oracle Database Exadata Cloud ServiceおよびOracle Database Exadata Cloud at Customerに関連付けられたデータベース
    および関連ターゲットを可視化します
    EM13.4 〜
    Oracle Enterprise Manager Cloud Control を使⽤した Oracle Database Exadata
    Cloud Service および Oracle Database Exadata Cloud at Customer の監視のサポート
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    106

    View full-size slide

  107. 107 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    参考情報
    • O.com – Exadata Cloud@Customer
    https://www.oracle.com/engineered-systems/exadata/cloud-at-customer/
    https://www.oracle.com/jp/engineered-systems/exadata/cloud-at-customer/ (⽇本語サイト)
    • Oracle Exadata Database Service on Cloud@Customer マニュアル
    https://docs.oracle.com/en-us/iaas/exadata/index.html
    https://docs.oracle.com/en/engineered-systems/exadata-cloud-at-customer/books.html
    • https://docs.oracle.com/cd/F46547_01/books.html(⽇本語サイト)

    View full-size slide

  108. Thank you
    ⽇本オラクル株式会社
    108 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates

    View full-size slide