Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Oracle Exadata Cloud@Customer Exadata Database Service - お客様 VM の OS (Exadata System Software)アップデート手順

Oracle Exadata Cloud@Customer Exadata Database Service - お客様 VM の OS (Exadata System Software)アップデート手順

oracle4engineer

January 08, 2021
Tweet

More Decks by oracle4engineer

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Oracle Exadata Cloud@Customer
    〜 Exadata Database Service
    お客様 VM の OS (Exadata System Software) アップデート⼿順
    ⽇本オラクル株式会社
    2021 年 1 ⽉ 8 ⽇

    View full-size slide

  2. Safe harbor statement
    以下の事項は、弊社の⼀般的な製品の⽅向性に関する概要を説明するものです。また、
    情報提供を唯⼀の⽬的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以
    下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することを確約するものではないため、購買
    決定を⾏う際の判断材料になさらないで下さい。
    オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリース、時期及び価格については、弊
    社の裁量により決定され、変更される可能性があります。
    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    2

    View full-size slide

  3. ⽬次
    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    3
    1. メンテナンス概要
    2. Exadata System Software
    3. お客様 VM の OS (Exadata System Software) アップデート⼿順
    4. 参考情報

    View full-size slide

  4. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    4
    メンテナンス概要

    View full-size slide

  5. ExaC@C: Exadata Database Service 管理範囲イメージ
    メンテナンス概要
    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    5
    対象コンポーネント
    • VM クラスタ、VM 上の OS
    • Database、Grid Infrastructure
    管理作業
    • 対象コンポーネントの監視・管理
    • 対象コンポーネントのパッチ適⽤
    お客様 ︓ Exadata VM クラスタ
    対象コンポーネント
    • ハードウェア
    • Database Server 上の KVM host または dom0、
    Storage Server、ネットワーク、Firmware 等
    • クラウド・サービス機能関連
    管理作業
    • 対象コンポーネントの監視・管理
    • 対象コンポーネントのパッチ適⽤
    • ハードウェア障害対応
    Oracle ︓ Exadata インフラストラクチャ・CPS


    クライアント・ネットワーク※
    バックアップ・ネットワーク※
    DATA
    RECO
    SPARSE
    ASM
    Database Servers
    Storage Servers
    VM VM
    VM
    Clusterware
    KVM host/
    dom0
    CPS
    CPS
    Control Plane Server ネットワーク※
    ExaC@C
    Database Home
    Database
    ※ネットワーク・アクセスの提供はお客様の対応範囲
    KVM host/
    dom0
    KVM host/
    dom0

    View full-size slide

  6. お客様対応範囲:
    • お客様 VM 内
    お客様の任意のタイミングで適⽤ (⾃動適⽤はされない・定期的なパッチ適⽤を推奨)
    • Database/Grid Infrastructure: コンソールや CLI (dbaascli) などクラウドツールで適⽤可能
    • OS (Exadata System Software*1)︓patchmgr (専⽤の CLI ツール) による適⽤
    Oracle 対応範囲:
    • Exadata Infrastructure
    オラクルが四半期ごとに⾃動適⽤ (お客様によるスケジュール設定は可能・ローリング・アップデートによる実施)
    • Database Server (KVM host / dom0 部分) *2
    • Storage Server
    • 内部 Network Switch
    • Control Plane Server (CPS)
    メンテナンス概要
    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    6
    *2: Exadata X8M では仮想化に KVM が利⽤されるため KVM host、 それ以前のモデルは Xen ベースの仮想化が利⽤されるため dom0
    と呼ばれるハイパーバイザーの管理ホスト部のアップデートが⾏われ、ゲスト OS 部分であるお客様が利⽤する VM (KVM の場合は KVM guest、
    Xen の場合は domU) のアップデートはお客様による実施が必要。
    *1: Exadata System Software とは Exadata の各コンポーネントに搭載される、
    OS や Exadata 固有のソフトウェア機能を含むソフトウェア・バンドル。
    本資料で取り扱う内容
    ExaC@C: Exadata Database Service ソフトウェア・メンテナンス(パッチ適⽤)

    View full-size slide

  7. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    7
    Exadata System Software

    View full-size slide

  8. ExaC@C 初期導⼊時
    • ExaC@C 初期導⼊時には、その時点で ExaC@C にて利⽤可
    能な最新かつ同⼀バージョンの Exadata System Software が、
    お客様 VM、Database Server (KVM host または dom0)、
    Storage Server へインストールされる。
    • Exadata System Software
    • Exadata の各コンポーネントに搭載される、 OS や Exadata
    固有のソフトウェア機能等を含むソフトウェア・バンドル。
    • Exadata System Software バージョン・フォーマット例
    • 20 . 1 . 5
    • 年: ソフトウェアの年次リリース表⽰
    • アップデート: 新機能を含むソフトウェア・アップデート
    • リビジョン: セキュリティおよびソフトウェア修正を含むアップデート
    • ExaC@C で利⽤される最新の Exadata System Software
    バージョンについては下記 MOS ノートで参照可能
    Doc ID 2333222.1: Exadata Cloud Service Software Versions
    Exadata System Software
    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    8
    Storage Server 向け
    Exadata System Software
    年 アップデート リビジョン
    お客様 VM 向け
    Exadata System Software
    Database Server 向け
    Exadata System Software
    VM
    VM

    View full-size slide

  9. Exadata System Software の アップデート
    • Exadata インフラストラクチャ
    • 四半期ごとのオラクルによる⾃動メンテナンス実施時に
    Database および Storage Server の Exadata System
    Software のアップデートが⾏われる。
    • お客様 VM
    • お客様の判断の下、Exadata System Software のアップ
    デートを⾏う。
    • オラクルが VM の OS (Exadata System Software) をアップ
    デートすることはない。
    • Exadata インフラストラクチャの Exadata System Software が
    新しいバージョンへアップデートされた場合においても、基本的に既存
    バージョンのお客様 VM (KVM guest または domU) は動作する。
    • ただし、Exadata System Software バージョンに依存する新しい
    機能や新しいデータベース・バージョンの利⽤要件としてや、セキュリ
    ティ脆弱性等、オラクルからアップデートの適⽤をお客様に依頼する場
    合等において、お客様 VM の OS (Exadata System
    Software) をアップデートする。
    Exadata System Software
    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    9
    Storage Server 向け
    Exadata System Software
    お客様 VM 向け
    Exadata System Software
    Database Server 向け
    Exadata System Software
    VM
    VM
    オラクルにより四半期
    ごとにアップデート
    オラクルにより四半期
    ごとにアップデート
    お客様によるアップデート

    View full-size slide

  10. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    10
    お客様 VM の OS (Exadata System
    Software) のアップデート

    View full-size slide

  11. お客様によるアップデートの実施概要
    • オラクルによる四半期ごとのインフラストラクチャ・メンテナンスにおいて、DB Server の KVM Host または dom0 の
    Exadata System Software がアップデートされた後のバージョンを確認いただき、必要に応じてお客様 VM の
    Exadata System Software を同⼀バージョンへアップデートする。
    OS (Exadata System Software) のアップデート
    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    11
    Exadata インフラストラク
    チャ (KVM host または
    dom0) のアップデート
    お客様 VM の
    アップデート
    オラクル作業
    (四半期)
    お客様作業
    (半期に 1 度、もしくは 年に⼀度を推奨)
    KVM host または dom0
    のアップデート内容を確認
    Exadata インフラストラクチャ に適⽤された Exadata System Software バージョンは SR にて確認。Exadata
    System Software の詳細は、Exadata Database Machine and Exadata Storage Server Supported
    Versions (Doc ID 888828.1) から確認可能

    View full-size slide

  12. Exadata System Software アップデート・イメージの⼊⼿
    • ①MOS からイメージをダウンロード
    • Doc ID 888828.1 Exadata Database Machine and Exadata Storage Server Supported
    Versions に掲載されている適⽤したいバージョンのリンクを通じてダウンロードする。
    • 20.1.5 をダウンロードする場合の例
    • アップデートを適⽤するためのツール (patchmgr) の最新バージョンをダウンロードする。
    • Patch 21634633: DBSERVER.PATCH.ZIP ORCHESTRATOR PLUS DBNU - ARU PLACEHOLDER
    • ②ツール (exadata_update.sh) の利⽤
    • Doc ID 2730739.1 How to Obtain the Compute Node Exadata System Software Update for
    Exadata Cloud@Customer から ExaCC_exadata_updates.zip を ExaC@C のお客様 VM へダウンロード。
    • ダウンロードした zip ファイルから解凍された exadata_update.sh を⽤いてイメージをダウンロード
    OS (Exadata System Software) のアップデート
    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    12
    お客様 VM 向けのイメージ
    を選択してダウンロード
    サポートされる DB/GI の
    バージョン等を確認

    View full-size slide

  13. Exadata System Software アップデート・イメージの⼊⼿ 〜 exadata_update.sh の利⽤例
    • 利⽤できる Exadata System Software の確認例 (/u02/exadata_update にスクリプトを配置した場合)
    OS (Exadata System Software) のアップデート
    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    13
    # ./exadata_update.sh -list
    2021-01-06 07:46:41 +0000 :INFO : Available Exadata Compute update(s):
    20.1.5.0.0.201209
    19.2.17.0.0.200807
    19.2.16.0.0.200713.1
    20.1.3.0.0.201023
    • Exadata System Software アップデート・イメージのダウンロード例 (20.1.5 をダウンロードする場合)
    #./exadata_updates.sh -get 20.1.5.0.0.201209
    2021-01-06 07:54:47 +0000 :INFO : Downloading Exadata Compute update: 20.1.5.0.0.201209
    % Total % Received % Xferd Average Speed Time Time Time Current
    Dload Upload Total Spent Left Speed
    100 1636M 100 1636M 0 0 111M 0 0:00:14 0:00:14 --:--:-- 111M
    2021-01-06 07:55:02 +0000 :SUCCESS: Download complete:
    /u02/exadata_update/exadata_compute_20.1.5.0.0.201209.zip
    • patchmgr のダウンロード例 (上記 exadata_compute_xxx.zip にも patchmgr が含まれるがそちらは使わず、こちらの最新を利⽤することが推奨)
    #./exadata_updates.sh -get patchmgr
    2021-01-06 07:49:37 +0000 :INFO : Downloading patchmgr
    % Total % Received % Xferd Average Speed Time Time Time Current
    Dload Upload Total Spent Left Speed
    100 420M 100 420M 0 0 110M 0 0:00:03 0:00:03 --:--:-- 110M
    2021-01-06 07:49:41 +0000 :SUCCESS: Download complete: /u02/exadata_update/exadata_patchmgr.zip

    View full-size slide

  14. Exadata System Software アップデートの適⽤⽅法
    • Driving System (patchmgr を実⾏するサーバー) として
    下記 2 通りの⽅法からどちらかを選択して準備する
    • ① Driving System として別途 Linux サーバーを⽤いる場合
    • Driving System からすべての VM を⼀括でアップデートすることが可能。
    • ② Driving System としてお客様 VM を⽤いる場合
    • Driving System として利⽤する VM 以外の VM をアップデートした後、
    ⾃⾝のアップデートはできないため、別の VM を Driving System として
    最初の Driving System の VM をアップデートする。
    OS (Exadata System Software) のアップデート
    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    14
    Driving System
    patchmgr
    VM
    VM
    VM
    VM
    Driving System
    patchmgr
    Driving System patchmgr
    ① Driving System からすべての VM をアップデート
    2 ノード構成の場合の概念図
    ② Driving System として VM を利⽤する場合は、
    それぞれの VM を Driving System として、順次
    相⼿ノードをアップデート
    Update
    Update
    Update
    Update
    本資料では以降、VM クラスタは 2 ノード構成 (node1 と node2) を
    前提として 「② Driving System としてお客様 VM を⽤いる場合」の
    ⼿順例をご紹介します。

    View full-size slide

  15. 1. 環境情報の確認例
    • node1 へアクセスし root ユーザで現在の Exadata System Software バージョンを確認
    OS (Exadata System Software) のアップデート
    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    15
    (⼿元の端末から)% ssh –i opc@node1
    [opc@node1 ~]$ sudo su –
    [root@node1 ~]$ imageinfo –ver
    20.1.2.0.0.200930
    • grid ユーザでクラスタ・ノードを確認
    [root@node1 ~]$ su - grid
    [grid@node1 ~]$ olsnodes
    node1
    node2

    View full-size slide

  16. 2. Driving System の 準備例 〜 SSH キーペアの作成
    • node1 を Driving System として、node2 へパスワード⼊⼒を必要としないでアクセスできるように SSH 等価設定を⾏う。
    OS (Exadata System Software) のアップデート
    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    16
    [root@node1 ~]# ls –l ~/.ssh/id_rsa*
    ls: cannot access /root/.ssh/id_rsa*: No such file or directory
    [root@node1 ~]# ssh-keygen -t rsa
    Generating public/private rsa key pair.
    Enter file in which to save the key (/root/.ssh/id_rsa):
    Enter passphrase (empty for no passphrase): (何も⼊⼒せずに Enter)
    Enter same passphrase again: (何も⼊⼒せずに Enter)
    Your identification has been saved in /root/.ssh/id_rsa.
    Your public key has been saved in /root/.ssh/id_rsa.pub.
    The key fingerprint is:
    SHA256:Z8vRaxmpaDJCtYTmrBUqyAfPdOa4+GVz8QGb0cHAzpY root@ecc5c7n1
    The key's randomart image is:
    +---[RSA 2048]----+
    | ..o. |
    | . .... |
    | . .+o=o.. |
    |o ===+ E= . . |
    |o..==.o+S.+ + |
    | .o+. o=.+ + |
    | ....+o.o.+ + |
    | . o.o+ . |
    | . |
    +----[SHA256]-----+

    View full-size slide

  17. 2. Driving System の 準備例 〜 SSH 等価設定
    • node1 にて作成された root ユーザの公開鍵を、SSH 等価設定構成済みの oracle ユーザを利⽤して、node2 の root ユー
    ザの authorized_keys へ登録する。
    • node1 での作業
    OS (Exadata System Software) のアップデート
    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    17
    [root@node1 ~]# cp –p .ssh/id_rsa.pub /tmp/id_rsa.node1.pub
    [root@node1 ~]# chown oracle:oinstall /tmp/id_rsa.node1.pub
    [root@node1 ~]# su - oracle
    Last login: Thu Jan 7 04:53:13 UTC 2021 on pts/1
    [oracle@node1 ~]$ scp /tmp/id_rsa.node1.pub oracle@ecc5c7n2:/tmp/
    id_rsa.node1.pub 100% 395
    349.1KB/s 00:00
    [opc@node2 ~]$ sudo su -
    Last login: Thu Jan 7 04:48:55 UTC 2021
    [root@node2 ~]# ls -l /tmp/id_rsa.node1.pub
    -rw-r--r-- 1 oracle oinstall 395 Jan 7 04:56 /tmp/id_rsa.node1.pub
    [root@node2 ~]# ls -l .ssh/
    total 8
    -rw------- 1 root root 789 Dec 16 12:00 authorized_keys
    -rw------- 1 root root 1784 Dec 16 12:55 known_hosts
    [root@node2 ~]# cat /tmp/id_rsa.node1.pub >> ~/.ssh/authorized_keys
    • node2 での作業

    View full-size slide

  18. 2. Driving System の 準備例 〜 patchmgr およびイメージの配置
    • node1 にアップデートするターゲット・ノード (ここでは node2 のみ) をリストしたファイルを /root/dbs_group として作成。
    • node1 に patchmgr と Exadata System Software アップデート・イメージを配置。
    • ここでは exadata_update.sh を⽤いて、node1 の /u02/exadata_update 下にこれらの zip ファイルがダウンロード済
    みであるとする。
    OS (Exadata System Software) のアップデート
    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    18
    [root@node1 exadata_update]# unzip exadata_compute_20.1.5.0.0.201209.zip
    Archive: exadata_compute_20.1.5.0.0.201209.zip
    creating: 20.1.5.0.0.201209/
    extracting: 20.1.5.0.0.201209/exadata_ol7_20.1.5.0.0.201209_Linux-x86-64.zip
    extracting: 20.1.5.0.0.201209/dbserver.patch.zip
    [root@node1 exadata_update]# unzip exadata_patchmgr.zip
    Archive: exadata_patchmgr.zip
    extracting: dbserver.patch.zip
    inflating: README_20.201211.txt
    [root@node1 exadata_update]# unzip dbserver.patch.zip
    … 略 …
    [root@node1 exadata_update]# cd dbserver_patch_20.201211/
    [root@node1 ~]# echo node2 > dbs_group

    View full-size slide

  19. 3. プリチェック、バックアップ、アップデート実⾏例
    • プリチェックを実⾏ (ここで問題があれば、適宜解決するようにする)
    OS (Exadata System Software) のアップデート
    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    19
    [root@node1 dbserver_patch_20.201211]# ./patchmgr -dbnodes /root/dbs_group -precheck -iso_repo
    /u02/exadata_update/20.1.5.0.0.201209/exadata_ol7_20.1.5.0.0.201209_Linux-x86-64.zip -target_version
    20.1.5.0.0.201209 -nomodify_at_prereq
    • バックアップを実⾏ (/ および /boot のバックアップが⾏われ、必要に応じてアップデート後にロールバックできるようにする)
    [root@node1 dbserver_patch_20.201211]# ./patchmgr -dbnodes /root/dbs_group -backup -iso_repo
    /u02/exadata_update/20.1.5.0.0.201209/exadata_ol7_20.1.5.0.0.201209_Linux-x86-64.zip -target_version
    20.1.5.0.0.201209 -allow_active_network_mounts
    • アップデートを実⾏ (nohup コマンドでアップデート・プロセスが中断されないようにする)
    [root@node1 dbserver_patch_20.201211]# nohup ./patchmgr -dbnodes /root/dbs_group -upgrade –nobackup -iso_repo
    /u02/exadata_update/20.1.5.0.0.201209/exadata_ol7_20.1.5.0.0.201209_Linux-x86-64.zip -target_version
    20.1.5.0.0.201209 -allow_active_network_mounts &
    • アップデート完了後の確認 (node2 での作業)
    [root@node2 ~]# imageinfo –ver
    20.1.5.0.0.201209
    複数ノードをアップデートする場合、ローリン
    グ形式で実⾏する場合には、-rolling オ
    プションをつけて実⾏する。

    View full-size slide

  20. 4. node1 (最初の Driving System) のアップデートおよび ksplice のアップデート
    • 最初の Driving System (node1) ⾃⾝のアップデートはできないため、node2 を Driving System として、node1 の アップ
    デートを実施する。
    • 本資料の 「2. Driving System の準備例」「3.プリチェック、バックアップ、アップデート実⾏例」の⼿順を node2 を Driving
    System として実⾏する。
    • 最後にそれぞれのノードで利⽤可能な ksplice のアップデートを実⾏
    • これでアップデートは完了。
    OS (Exadata System Software) のアップデート
    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    20
    [root@node1 ~]# uptrack-install –all -y
    [root@node2 ~]# uptrack-install –all -y

    View full-size slide

  21. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    21
    参考情報

    View full-size slide

  22. OS (Exadata System Software) アップデート時の OpenJDK および ExaWatcher.conf について
    • Bug 16291888 : PLEASE REMOVE JAVA JDK FROM COMPUTE NODES
    • お客様 VM の OS に OpenJDK をインストールしている場合、アップデート時に OpenJDK パッケージは削除さ
    れる。
    • 削除されたくない場合には、/etc/exadata/yum/exclusion.lst ファイルを作成し、「java-*-openjdk」 の
    エントリを含める。
    • Bug 20828555 : AFTER UPGRADE TO 121211 EXAWATCHER CONFIGURATION
    CUSTOMIZATIONS ARE REVERTED
    • /opt/oracle.ExaWatcher/ExaWatcher.conf ファイルはアップグレード時に新規ファイルに置き換えられる。
    • 既存の ExaWatcher.conf は ExaWatcher.conf.reserved に保存される。
    • SpaceLimit パラメータをデフォルトより⼤きく設定していた場合、アップグレード後に⼩さくなってしまうため、
    ExaWatcher の履歴が⼀部削除されることがあることから、必要であれば事前に ExaWatcher archive を
    アップグレード前にバックアップしておく。
    参考情報
    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    22

    View full-size slide

  23. OS (Exadata System Software) のロールバック
    • patchmgr により、Exadata System Software のアップデート前のバージョンにロールバックすることが可能。
    • ロールバックのコマンド例 (Driving System から実⾏)
    • ロールバック完了後の確認 (ターゲット・システムにて)
    参考情報
    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    23
    [root@node1 dbserver_patch_20.201211]# ./patchmgr -dbnodes /root/dbs_group -rollback -target_version
    20.1.2.0.0.200930
    [root@node2 ~]# imageinfo –ver
    20.1.2.0.0.200930

    View full-size slide

  24. プリチェック時のエラー対応例 (1/2)
    • プリチェック時のエラー出⼒例(抜粋): Exadata としてデフォルト以外の rpm が存在する場合
    • メッセージに従って、/var/log/cellos/unknown_packages-rpt.191018203954.txt を確認
    参考情報
    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    24

    SUMMARY OF WARNINGS AND ERRORS FOR node2:

    node2: ERROR: Custom packages found that require removal before updating to another major Oracle Linux release, see
    node2:/var/log/cellos/unkown_packages-rpt.191018203954.txt for more details.

    [root@node2 ~]# cat /var/log/cellos/unkown_packages-rpt.191018203954.txt
    #################################################################################
    # File initialized at 191018_204832 (runid :191018203954) by dbnodeupdate.sh 19.181018
    # NOTE: This list contains rpms which are seen as custom rpms
    #################################################################################
    mesa-dri-drivers.x86_64
    xorg-x11-drv-void.x86_64
    … (次項に続く)

    View full-size slide

  25. プリチェック時のエラー対応例 (2/2)
    • メッセージに従い、patchmgr によるバックアップ完了後に、 /var/log/cellos/remove_unkown_
    packages.191018203954.sh を実⾏してパッケージを削除。
    • 再度、プリチェックを実⾏して、エラーが報告されないか確認する。
    参考情報
    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    25
    (前項からの続き) …
    eggdbus.x86_64
    hal-info.noarch
    #################################################################################
    # ALERT : Custom packages found (see above)
    # These custom packages MUST be removed before proceeding a major Oracle Linux upgrade.
    # Run dbnodeupdate.sh with additional -R flag at update time to have these packages
    # automatically removed - OR - Run /var/log/cellos/remove_unkown_packages.191018203954.sh
    # manually as root before re-running prereq check.
    # RECOMMENDED : Let dbnodeupdate.sh remove the packages right after the mandatory backup by
    # using the -R flag
    # WARNING : Removing custom packages may impact functionality
    # NOTE : When removed functionality is still required after the update, reinstall the rpm
    # after the update
    #################################################################################

    View full-size slide

  26. 参考ドキュメント
    • ExaC@C マニュアル - Updating the Compute Node Operating System
    https://docs.oracle.com/en-us/iaas/exadata/doc/eccpatching.html#GUID-A06935C3-846A-4A00-9631-E52D7BE7125E
    • Exadata Cloud Service Software Versions (Doc ID 2333222.1)
    https://support.oracle.com/rs?type=doc&id=2333222.1
    • Exadata Database Machine and Exadata Storage Server Supported Versions (Doc ID 888828.1)
    https://support.oracle.com/rs?type=doc&id=888828.1
    • How to Obtain the Compute Node Exadata System Software Update for Exadata Cloud@Customer
    (Doc ID 2730739.1)
    https://support.oracle.com/rs?type=doc&id=2730739.1
    • dbnodeupdate.sh and dbserver.patch.zip: Updating Exadata Database Server Software using the
    DBNodeUpdate Utility and patchmgr (Doc ID 1553103.1)
    https://support.oracle.com/rs?type=doc&id=1553103.1
    参考情報
    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    26

    View full-size slide

  27. Thank you
    ⽇本オラクル株式会社
    27 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates

    View full-size slide