$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

神戸のイベントをシリーズ化したワケ

 神戸のイベントをシリーズ化したワケ

Alexa Day 2019 KoBuilder Challenge
#AlexaSkills #AlexaDev #kobe

yuka matsuba

April 06, 2019
Tweet

More Decks by yuka matsuba

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Alexa KoBuilder Challenge in Alexa Day 神戸のイベントをシリーズ化したワケ 松葉 有香

  2. 松葉 有香 まつ ゆか 兵庫県神戸市生まれ (灘区生まれ・東灘区育ち) #スキル開発100チャレンジ 3月末で100個達成! SEだけどサービスデザイン担当 2

    神戸のスキルは 全部で 10個 https://a093.jp/
  3. 神戸の〇〇イベント シリーズ 3

  4. 神戸の学びイベント 4 神戸で開催される「学び」に関する イベントを場所、日付とともに 教えてくれるスキル アレクサ、神戸の学びイベントをスタート 週末のイベント 明日中央区で開催されるイベント 週末、神戸市では学びのイベントが 5個開催されます。

    1つ目は、 神戸青少年科学館で開催される、 神戸わくわくスライムワールドです。
  5. 5 https://data.city.kobe.lg.jp/eventdata/

  6. 6 https://data.city.kobe.lg.jp/data/dataset/kobe-today

  7. 7 SPARQL でイベント情報を取ってきた PREFIX ic: <http://imi.go.jp/ns/core/rdf#> PREFIX dsv: <http://datashelf.jp/ns/dsv#> select

    distinct ?category ?area ?name ?place ?datef ?datet where { ?s a ic:イベント型. ?s ic:種別 ?category . ?s dsv:対象地域 ?area . ?s ic:名称/ic:表記 ?name . ?s ic:開催場所/ic:名称/ic:表記 ?place . ?s ic:期間 [ ic:開始日 ?datef; ic:終了日 ?datet ] . FILTER ((xsd:dateTime(“2019-01-12T00:00:00") <= xsd:dateTime(?datet) && xsd:dateTime(?datef) <= xsd:dateTime(“2019-01-12T00:00:00") || xsd:dateTime(“2019-01-13T00:00:00”) <= xsd:dateTime(?datet) && xsd:dateTime(?datef) <= xsd:dateTime(“2019-01-13T00:00:00")) && regex(?category,“学び") && regex(?area,“中央") ) } LIMIT 10
  8. では、どんな会話で検索しようか? 8

  9. 9

  10. 10 日付 カテゴリ 対象 エリア キーワード 学びに関する 学生向けの 中央区で 今日

    やってる イベントを教えて
  11. 11 日付 カテゴリ 対象 エリア キーワード 学びに関する 学生向けの 中央区で 今日

    やってる イベントを教えて 言いにくい! 覚えられない! 認識しづらい!
  12. 12 日付 カテゴリ 対象 エリア キーワード 今日の イベントを教えて どこのイベントが知りたいですか? 灘区がいい

    どんなイベントが知りたいですか? スポーツのイベントがいい
  13. 13 日付 カテゴリ 対象 エリア キーワード 今日の イベントを教えて どこのイベントが知りたいですか? 灘区がいい

    どんなイベントが知りたいですか? スポーツのイベントがいい 長い!
  14. 条件を決め打ちしてシンプルにしよう! 14

  15. じゃぁ、どの条件を決め打ちするか? 15

  16. ユーザの気持ち になって考えてみよう! 16

  17. キーワード 今回は対象外 日付 そんな先のことは検索しないよね もっと先ならネットで調べそう 今日、明日、週末 エリア 隣の区もすぐ行けちゃう ただ、限定したい場合もあるよね デフォルト全体

    区での絞込も可 対象 シニア、学生の割り当てが そもそも少ない(検索結果0) 子育てはカテゴリと被る 今回は対象外 カテゴリ 行きたいイベントの種類って 偏っているよね(興味・関心) 17 スキルを分けちゃえ!
  18. 18 スポーツ 芸術・文化 体験 学び 食 自然・景観 動物 子育て

  19. ユーザの思考/行動を考えてみたら カテゴリで分けた方が良かったから 19 なぜシリーズ化したのか?

  20. 20

  21. 21 課題 三宮が「さんぐう」になった

  22. 22 まとめ GUIでの検索≠VUIでの検索 オープンデータはそのまま使わず 利用シーンを検討して最適化する

  23. #スキル開発100チャレンジ Thank you! https://a093.jp/

  24. 補足資料

  25. 25 クエリ データ例 PREFIX ic: <http://imi.go.jp/ns/core/rdf#> PREFIX dsv: <http://datashelf.jp/ns/dsv#> select

    distinct ?category ?area ?name ?place ?datef ?datet where { ?s a ic:イベント型. ?s ic:種別 ?category . ?s dsv:対象地域 ?area . ?s ic:名称/ic:表記 ?name . ?s ic:開催場所/ic:名称/ic:表記 ?place . ?s ic:期間 [ ic:開始日 ?datef; ic:終了日 ?datet ] . FILTER ((xsd:dateTime(“2019-01-12T00:00:00") <= xsd:dateTime(?datet) && xsd:dateTime(?datef) <= xsd:dateTime(“2019-01-12T00:00:00") || xsd:dateTime(“2019-01-13T00:00:00”) <= xsd:dateTime(?datet) && xsd:dateTime(?datef) <= xsd:dateTime(“2019-01-13T00:00:00")) && regex(?category,“学び") && regex(?area,“中央") ) } LIMIT 10 "head": {・・・}, “results”: {・・・ "bindings": [ { "category": { "type": "literal", "value": "芸術・文化|全般" }, "area": { "type": "literal", "value": "中央" }, "name": { "type": "literal", "value": "兵庫県立美術館 特別展「Oh!マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー&ピーポー」" }, "place": { "type": "literal", "value": "兵庫県立美術館" }, "datef": { "type": "literal", "value": "2019-01-12" }, "datet": { "type": "literal", "value": "2019-03-17" } },・・・ 詳細は、以下に掲載しています https://a093.jp/sparql-kobuilder/