TUT Python 初心者入門

581c7d11fa197676302429b31eeed6b2?s=47 panakuma
February 03, 2018

TUT Python 初心者入門

581c7d11fa197676302429b31eeed6b2?s=128

panakuma

February 03, 2018
Tweet

Transcript

  1. Python Boot Camp in TUT Python 初心者入門 第1回 基本構文

  2. Pythonを始める前に •Python3を実行できる環境 UbuntuまたはmacOSを起動して `python3`とコマンドを叩いてください。

  3. Pythonに触れてみる •Pythonは対話型で使うことができます。 少しこのモードで使ってみましょう。

  4. 四則演算 •電卓のように簡単な四則演算が実行できます。 •また変数を宣言すれば変数同士でも演算できます。

  5. 文字列 •今度は文字列を扱ってみましょう •文字列は’シングルクォート’及び”ダブルクォート”で括ることで定義し ます。

  6. リスト •リストは複数のデータの型を入れることができる入れ物です。 •配列のようですが、型に縛られずにデータを入れることができます。

  7. コメント •Pythonでのコメントアウトは # です。

  8. 関数 •Pythonの関数定義は def で行います。 Pythonではブロック構造をインデント(スペース4つ分)で書きます。 Javaのように{}で囲む必要が無く、インデントがコードの構造になり ます。

  9. 練習 •ここでFizzBuzzと呼ばれるプログラムを作っていきたいと思います。

  10. Pythonファイル •今までは対話モードで命令を直接実行していましたが、長いコードを 実行するには不向きです。 なので、ファイルに書いてそれを実行したいと思います。 Vim, gedit, Sublime text, Atom, VScode

    など お好きなエディタで`fizzbuzz.py`というファイルを作って下さい。 Pythonのシンタックスに対応のエディタが望ましいです。
  11. Fizzbuzz •ここではPythonの基本的な書き方を習得していただくために `FizzBuzz`とよばれるプログラムを作っていただきます。 •FizzBuzzとは 3の倍数 -> fizz 5の倍数 -> buzz

    3と5の倍数 -> fizzbuzz と出力するプログラムです。
  12. 制御文 •FizzBuzzを書くためには for文 や if文 を使えるようになる必要があ ります。

  13. for文 1 •fizzbuzzを行うにあたり、まずfor文の使い方を覚えていただきます。 •fizzbuzz.pyにこのように入力して保存して下さい。 for num in range(1, 101): print(num)

  14. range() range(int max) range(5) >0 1 2 3 4 range(int

    min, int max) range(3, 9) >3 4 5 6 7 8 range(int min, int max, int step) range(2, 9, 2) >2 4 6 8
  15. for文 2 •実行します $ python3 fizzbuzz.py •1から100まで表示されると思います。

  16. for文 3 •Pythonのfor文は for 変数 in シーケンス : (最後のコロン忘れずに) という形になっています。

    •シーケンスの部分には変数に代入するものを指定します。 range()関数で得られた値のほか配列を指定することで配列の中身 を順番に入れることもできます。
  17. if文 1 •FizzBuzzの処理を作るためにはif文も必要になります。 •fizzuzz.pyに次のページのように追記して保存してください。

  18. if文 2

  19. if文 3 •先ほどのコードでまだ紹介していないものがいくつか登場しました。 •まずは and です。 Javaでいう && です。|| と同じ意味の

    or もあります。 •str()関数 引数に指定したものをstring型(文字列)として返します。
  20. fizzbuzzの実装完了 •以上でfizzbuzzの実装が完了しました。 •python3 fizzbuzz.py とコマンドを叩き、実行してみてください。

  21. Javaと比較 •Javaで同じような実装をしたものと比較してみます。

  22. None