CloudNative Buildpacksで創る、CloudNativeな開発体験

CloudNative Buildpacksで創る、CloudNativeな開発体験

CloudNative Buildpacks(CNB)はCNCF Sandboxとして開発が行われているプロジェクトです。 CNBを利用するとアプリケーションのコードを元に意思決定を行い、OCI Image Format specに準拠したイメージを作成することができます。

話し手の所属する企業は複数のプログラミング言語やバージョンが散在するサービスを開発、運用しており、複雑化する開発環境構築、デプロイ手順の煩雑化が課題としてありました。話し手はそういった課題をCNBとKubernetesを利用したパイプラインによって、なめらかに開発環境をコンテナ化し、Telepresenseを用いて共有、専有を組み合わせた開発環境を実現しました。

本セッションでは多くの開発環境を抱える企業においてCNBとKubernatesを組み合わせ、CloudNativeな開発環境構築、デプロイフローを構築したノウハウ、実例をご紹介します

1b838da2065660793d5b26f2cdc32de7?s=128

Kazuhiko Yamashita

November 28, 2019
Tweet