Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Webを支える技術

Rakus_Dev
August 24, 2021

 Webを支える技術

Rakus_Dev

August 24, 2021
Tweet

More Decks by Rakus_Dev

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Webを支える技術
 おすすめの技術書LT会 vol.2
 
 株式会社ラクス 小栗


  2. 自己紹介
 メーカー系のソフトウェア会社で約13年、Winアプリ、Web、スマホアプリ開発を 経験。社歴の半分ほどはプロジェクトリーダーに従事。
 
 Web開発をメインとした会社で働きたく、
 2021年5月にラクスに転職!


  3. 私の技術書の選び方
 普段は目的思考で、仕事に直結する本を選んで読んでいます。
 ※スキルアップが目的で黙々と読めないタイプ
 


  4. 私の技術書の選び方
 例:業務で初めてフロントエンド(React)の開発を行う
 1. フロントエンドのFW(React)、JSのWebサイトを読む
 2. 実際に設計、コーディングなど実務を行う
 3. 開発すると詰まり出すのでレビューなどからオススメの本を探して、体系的 な知識を得る


  5. 今回紹介する本
 特に目的なく、購入した数少ない技術本。
 
 タイトルだけだと何に役立つがピンと来ないため
 本書の役立つポイントを2点、紹介します。
 ※普段なら読んでなかった……
 


  6. 本書の役立つポイント1
 普遍的なWebの構造、設計思想(HTTP、URI、HTML、Rest...etc)が
 分かりやすい言葉で説明されている
 • 普段、なんとなく使っているWebの言葉や知識の基礎を学べる
 • 技術者は日々新しいことを学ぶ必要があり、知識のアップデートも非常に多い が、本書の知識は長持ちする
 
 例:URIって?(URLでは?) HTTPって? キャッシュって? 


      RESTful なWebAPIっていうけどRESTって?

  7. 本書の役立つイント2
 Webサービス開発の設計に役立つ。
 
 
 
 
 
 例:URI名どうしよう? WebAPIの良い(Webらしい)設計って?
 本書は、WebサービスをいかにWebらしく設計するかをテーマとしています。
 クライアントとサーバはどのような役割分担にするのか、望ましいURIはどのようなもの

    か、HTTPメソッドはどのように使い分けるのか。
 Webサービスにおけるこれらの設計課題について、現時点でベストのプラクティスを紹介 します。

  8. 本書がオススメの方
 • SaaSなどのWebサービスの開発に関わる方で、実業務に取り組んで数ヶ 月〜1年など比較的経験の浅い方にオススメ
 
 • 新規WEBサービスの開発に携われる(またはWebAPI新規に作成など)方 にオススメ
 
 


  9. 
 
 ご清聴ありがとうございます