【サービス品質向上しナイト】ウエディングメディアを支えるQAチームの取り組み

7c592a120f8628ed0977f6dbebeec54d?s=47 saik1010
February 14, 2019

 【サービス品質向上しナイト】ウエディングメディアを支えるQAチームの取り組み

7c592a120f8628ed0977f6dbebeec54d?s=128

saik1010

February 14, 2019
Tweet

Transcript

  1. 2.

    斉藤 健太 システムエンジニア マネージャー QAチーム マネージャー 自己紹介 2017年中途入社。29歳で3児の父。 前職(SIer受託)で行なっていた品質要求の高い開発 経験が転職してから自身の強みであることを認識。入

    社4ヶ月でQAチームを立ち上げ、成長するサービスを 支えるために日々奮闘中! キャリア SIer(受託)/BtoB/Web/Java/Oracle/マネジメン ト/PHP/MySQL/QA 株式会社ウエディングパーク
  2. 4.
  3. 5.
  4. 15.

    品質を上げるためなら何でもやる! 品質の埋め込みプロセス 品質の確認・検証プロセス 要 件 機 能 設 計 技

    術 設 計 実 装 開 発 テ ス ト シ ス テ ム テ ス ト 受 け 入 れ テ ス ト リ リ 丨 ス 期待 規制 方針 機会 問題 QAチームの業務範囲 SECTION 01 QAチーム誕生の経緯
  5. 16.

    障害件数 (本番) リリース数 ÷ 障害発生率 = 10% 10件 100件 ※数値はサンプルです

    QAチームのミッション 障害件数だけで追ってしまうと、 リリース数が増えた時に正確に計測ができない SECTION 01 QAチーム誕生の経緯
  6. 21.

    ナレッジMTG 自動テスト KGI/KPI テストフローの 見直し サービス 仕様理解 他社交流 障害分析 TPI-NEXT

    品質・テスト 勉強会 マスタテスト ケース作成 テスト管理 ツール検証 チーム活性化 回帰テスト運用 SECTION 02 サービス拡大による不具合の増加 この1年でQAチームが取り組んだこと
  7. 22.

    ナレッジMTG 自動テスト KGI/KPI テストフローの 見直し サービス 仕様理解 他社交流 障害分析 TPI-NEXT

    品質・テスト 勉強会 マスタテスト ケース作成 テスト管理 ツール検証 チーム活性化 回帰テスト運用 SECTION 02 サービス拡大による不具合の増加 この1年でQAチームが取り組んだこと
  8. 35.

    ナレッジMTG 自動テスト KGI/KPI テストフローの 見直し サービス 仕様理解 他社交流 障害分析 TPI-NEXT

    品質・テスト 勉強会 マスタテスト ケース作成 テスト管理 ツール検証 チーム活性化 回帰テスト運用 SECTION 03 まとめ この1年でQAチームが取り組んだこと
  9. 36.

    障害件数 (本番) リリース数 ÷ 障害発生率 = 10→5% 10→5件 100件 ※数値はサンプルです

    前年度比で半減ペース! SECTION 03 まとめ この1年間での成果(QAチーム)