【2020年最新版】太陽光・蓄電池・オール電化の経済効果シミュレーション「エネがえる」レポートの操作マニュアル

 【2020年最新版】太陽光・蓄電池・オール電化の経済効果シミュレーション「エネがえる」レポートの操作マニュアル

【2020年最新版】太陽光・蓄電池・オール電化の経済効果シミュレーション「エネがえる」レポートの操作マニュアル

▼15日間無料お試し申込(10秒で登録)
http://bit.ly/2Fx4xUb

▼有料契約申込(10秒で登録)
http://bit.ly/2CLLgPm

109732ee6f79ce8bd76989c7a7a88c45?s=128

エネがえる

March 23, 2020
Tweet

Transcript

  1. エネがえる 操作マニュアル① 2020/3/16 Ver.1 新規診断(一括)

  2. ページ構成 1. ログイン 2. TOP画面 3. 新規診断‐入力項目一覧 4. 新規診断‐世帯名称、現在のお住まい 5.

    新規診断‐現在の電気の契約情報、生活スタイル 6. 新規診断‐太陽光パネル 7. 新規診断‐蓄電池 8. 新規診断‐オール電化① 9. 新規診断‐オール電化② 10. 巻末付録
  3. ログイン パスワードを忘れた場合には、登録のメールアドレス (ユーザー名)にパスワード再設定のメールを送るこ とが可能です。 • ユーザー名 • パスワード を入力してログインをしてください。 ※パスワードは半角英数字大文字小文字全てが必要です。

    【注意】 同一アカウントでの同時ログインはできません。 社内でも他の人とのアカウント共有はせず、 各自のメールアドレスでアカウントを作成・運用してください。
  4. TOP画面 ユーザー名 様(ご契約プラン:ご自身の権限) をヘッダーに表示しています。 かえるちゃん:TOP画面に戻ります。 新規診断:新しく診断を行います。 世帯一覧:過去に診断した結果を確認・編集、 または過去に診断した世帯に新しい診断を行いたい場合に使います。 FAQ:よくある質問と回答を記載しています。 分からないことがある場合にはまずこちらをご確認ください。

    個人設定:自身のアカウント情報を確認できます。 パスワードを変更したい場合にはこちらから行います。 企業設定:企業管理者権限のアカウントでのみ表示されます。 下記の情報を確認、編集することが可能です。 • 企業情報、契約情報、請求先 • グループの管理、作成、診断条件の編集 • 表示する蓄電池 • 表示するエコキュート • 表示する電気事業者 • グループごとのデータ閲覧権限 • 企業内登録ユーザーの管理、作成、削除
  5. 新規診断 診断で必要なもの 太陽光・蓄電池の提案の場合は「電気の検針票」 +エコキュートのご提案の場合は「ガスの検針票」 をご用意してください。 (最低1か月分、12ヵ月分あると尚良し) ※検針票がない場合の運用については巻末を参考 入力項目一覧 • 世帯名称

    • 現在のお住まい • 地域 • 都道府県 • 日射量観測地点 • オール電化機器設置の有無 • 現在の電気の契約情報 • 電力会社 • 電気料金プラン • 電気使用量 • 生活スタイル • 朝方、昼型、夜型、オール電化型、カスタム • 太陽光 • シミュレーション年数 • 買取単価 • 発電量 • 蓄電池 • 蓄電池名称 • オール電化 • ガス機器の選択 • 現在のガスの契約情報
  6. 新規診断 世帯名称、現在のお住まい 世帯名称 お客様のお名前、イニシャル等を入力してください。 世帯一覧の最初に表示されます。 お住まい お客様のお住まいを選択します。 日射量観測地点 お客様のお住まい(都道府県)を選択すると、自動でそ の都道府県の県庁所在地のある地点が表示されます。

    変更したい場合には、▼を押下し最もお住まいに近い地 点を選択しなおしてください。 オール電化のお宅ですか? お客様のお住まいが、現在オール電化の家か否かを選択 してください。 一部ガスを利用している場合、エコキュートが設置され ている家であれば「はい」を選択してください。
  7. 新規診断 現在の電気の契約情報、生活スタイル 現在の電気の契約情報 お客様が現在契約している電力会社、電気料金プランを 選択し、伝票に記載されている電気使用量を入力してく ださい。 お客様の電気の検針票を 見ながら入力しましょう 旧一般電気事業者+新電力事業者約100社を収録しています。 全国契約数カバー率:99.4%

    データ更新頻度:隔月 1月~12月のいずれかの月の電気使用量or月平均の電気使用量を入力してください。 ※太陽光既設のお客様の場合も、電力会社から渡される検針票に記載されている電気使用量(=電力会社か ら買っている電気の量)を記載してください。太陽光のモニタに表示される電気使用量をは異なる可能性が あるのでご注意ください。 ※複数月分の検針票がある場合には、画面最下部【詳細条件を入力する】から入力ください。(巻末参照) ※検針票がなく電気使用量が分からない場合の運用については、巻末を参照してください。 生活スタイル お客様が1日どんな電気の使い方をしているかを選択してください。 ・朝型:専業主婦がいて午前中に家事をする家庭 ・昼型:ご高齢の夫婦等、日中も在宅していることが多い家庭 ・夜型:共働きで日中は家に誰もいないことが多い家庭 ・オール電化型:オール電化機器を使用している家庭 (Step2お住まい でオール電化を選択したと時のみ選択可能) ・カスタム:低圧契約の事業者等、特殊なケースを診断したい場合のみご使用ください。
  8. 新規診断 太陽光パネル 太陽光パネル ・お客様に提案する太陽光パネルの情報 ・お客様が既に太陽光パネルを設置している場合には、その太陽光パネルの情報 と、シミュレーション年数を入力します。 年間発電量が不明の場合には、設置面毎にシステム出力値、 方位角、傾斜角を入力します。 ・FIT期間中 ・FIT終了後

    のそれぞれの買取単価とシミュレーションしたい年数を入力してください。 10kW未満の太陽光を新たに設置する場合には、FIT買取期間は10年です。 ※FIT終了後の買取単価は、お客様がお住まいの地域の旧一般電気事業者での、一般 的な買取プランの価格をデフォルト表示させています。 卒FITを含む太陽光既設の世帯については 必ず【設置済み】を選択の上、買取単価やシミュレーション年数を入力してください。 ※FITが既に終了している場合にはFIT期間中のシミュレーション年数を0にしてください。
  9. 新規診断 蓄電池 蓄電池 お客様に提案する蓄電池の名称を選択します。 蓄電池のデフォルト設定について 皆さまの操作性を上げるため、蓄電池のモードについては下記の通りデフォルトで設定してあります。 なお、FIT期間中、FIT終了後問わず最も効果額の高いモードに自動選択されます。 【売電優先モード】深夜に系統から充電し、昼間~夜に放電するモード ・系統からの充電時間:1時~8時 ・放電時間:9時~21時

    【自家消費優先モード】太陽光の余剰電力で充電し、昼間~夜に放電するモード ・太陽光からの充電時間:余剰電力が発生する時間帯から満充電になるまで ・放電時間:9時~21時(充電中は放電されません) ・2サイクル:2サイクルが可能な蓄電池のみ2サイクルモードをONにしております。 ※電気料金プランによっては、上記設定が必ずしも最適な設定になるとは限りません。もし余裕があれば診断 完了後に【詳細条件の設定】から充放電の時間を調整してみてください。 ※実効容量は各メーカーから提供された数値を入力してあります。 エネがえるに登録されている蓄電池メーカー一覧(2020年3月時点) エネがえるに未登録の蓄電池を診断したい場合には、エネがえる運営窓口(画面右下のチャット、もしくはinfo@enegaeru.com)までお問合せください。 弊社からメーカーへ直接依頼の上、登録可否を判断いたします。 オール電化のご提案をしない場合は、 そのまま画面最下部の【この条件で診断する】を押下します。
  10. 新規診断 オール電化① オール電化機器の提案 お客様が現在使用している給湯・コンロ・暖房機器の種類と、提案するオール電化 機器(給湯・コンロ)を選択します。 ガスの使用状況も入力し、ガス利用→オール電化の光熱費の削減額を診断します。 現在お客様が使用している給湯・コンロ・暖房機器の種類を選択してください。 お客様へご提案するエコキュートのメーカー・機種・タンク容量を選択してください。 エネがえるに登録されているエコキュートメーカー一覧(2020年3月時点) エコキュートのシミュレーションについて

    • エコキュートの湯沸しは、FIT期間中は深夜の電力を使用、FIT終了後は太陽光の余剰電力を使用 (余剰電力で足りない分は系統の電力を使用)して沸き上げする設定となっています。 • エコキュートの買い換え、電気温水器→エコキュートの買い換えのシミュレーションは現在対応 しておりません。多くのご希望があった場合には開発に着手いたしますので、下記までご要望を お寄せください。 ▼エネがえる ご意見・ご要望窓口 https://form.run/@enegaeru-feedback
  11. 新規診断 オール電化② ガス事業者・プラン情報の取得及びガスの使用割合を推計するため、 お客様のお住まいの郵便番号と世帯人数を選択・入力します。 都市ガスをご契約の場合には、現在契約しているガス会社と料金プランを選択し、 1ヵ月あたりのガス使用量を入力します。 (ガス使用量はデフォルトで50㎥と表示しています。編集可。) LPガスをご契約の場合には、基本料金と従量料金を入力し ます。それらが不明の場合には任意の2か月分のガス使用量 と料金を入力して基本料金と従量料金を算出します。

    【注意】 LPガスの場合、基本料金と従量料金が不明の 場合には2か月分の検針票が必要になります。
  12. 巻末付録 新規診断画面の最下部、もしくは結果画面のヘッ ダー左上部から、詳細条件入力画面に行きます。 複数月分の伝票がある場合 検針票がなく電気使用量が分からない場合 電気使用量のページを選択してください。 「月平均」の使用量入力欄に仮置きの数字を入れて推計処理を実 行すると、平均の電気料金が出てきます。 その電気料金を見ながら何度か推計処理を繰り返し、使用量を微 調整していってください。

    「1月~12月」の各月の使用量入力欄に、検針票に記載してある 電気使用量の数字を入力してください。 月平均の使用量は空欄にしてください。 ※連続していない月の使用量が分かる場合には、分かる月の部分 だけ入力していただいても推計処理が可能です。その際の推計処 理は、入力された最も後ろの月を基準として、空欄の月の電気使 用量を推計します。 ※時間別の電気使用量の入力には現在対応しておりません。