Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

大声で伝えたい!定時に帰る方法

 大声で伝えたい!定時に帰る方法

みなさん「DevOps」について、どのような感想をお持ちでしょうか?日本ではまだまだ普及率の低い「DevOps」ですが、実はアプリケーションに関わる全ての人がそのメリットを受けることができるのです。本セッションでは、何かと誤解の多い「DevOps」についてSB C&Sのエンジニアがお話します。

発表者
佐藤 梨花 (SB C&S株式会社)

初出イベント:
SB Tech Night #8 SoftBank World Special
2022/07/28(木)18:30 〜 20:30
https://sbtechnight.connpass.com/event/249395/

61c616e83bef28a1cd2666439ebf334b?s=128

SB Tech Night

August 01, 2022
Tweet

More Decks by SB Tech Night

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 大声で伝えたい! 定時に帰る方法 SB C&S株式会社 ICT事業戦略・技術本部 技術統括部 テクニカルマーケティングセンタ ビジネス開発課 佐藤梨花

  2. 本日のゴール 2 「DevOpsって誰のため?」

  3. アジェンダ 3 1.そもそもDevOpsって? 2.エンジニア視点でのDevOps 3.本当の姿 4.まとめ

  4. プロフィール 4 佐藤 梨花 2013.4 IT企業入社 以降、主に勤怠管理システム(Java)の開発に従事 要件定義からコーディング、保守まで経験 2021.11 SB

    C&S入社 前職での経験を活かし、エンジニア兼プリセールス 経験値 (言語系) ・Java ・JavaScript ・jQuery ・C# 経験値 (その他) ・postgreSQL ・oracleDatabase ・JBOSS ・weblogic
  5. そもそもDevOpsって? CI 継 続 的 イ ン テ グ レ

    ー シ ョ ン CD 継 続 的 デ リ バ リ ー 開発 運用 目的 継続的な企業価値創造 手段 開発と運用のコラボレーション
  6. エンジニア(以前の私)の現状 引継ぎ資料? 何それ? 定時からが本番 え?仕様変更? 今から??? やるしかない… それは運用で対処するって 言ったじゃん… なるはやで

    連休=リリース
  7. エンジニア(以前の私)の現状 引継ぎ資料? 何それ? 定時からが本番 え?仕様変更? 今から??? やるしかない… それは運用で対処するって 言ったじゃん… なるはやで

    連休=リリース 手の中も頭の中もいっぱいいっぱい!
  8. エンジニア(以前の私)視点でのDevOps 8 良く分らない 大変そう 面倒そう 何から始めてゴールをどうすれば良いのか、 なんだか壮大であやふやなので手を付けづらい… 誰も経験ないのに誰がどうやって始めるの…? 対応工数はどこから持ってくるの…? 他のチームのこと良く知らない…

    この状況で誰が音頭取るの…?? 取り合えず、可能ならばやりたくないかも… というかやる時間が無い…
  9. エンジニア(以前の私)視点でのDevOps 9 良く分らない 大変そう 面倒そう 何から始めてゴールをどうすれば良いのか、 なんだか壮大であやふやなので手を付けづらい… 誰も経験ないのに誰がどうやって始めるの…? 対応工数はどこから持ってくるの…? 他のチームのこと良く知らない…

    この状況で誰が音頭取るの…?? 取り合えず、可能ならばやりたくないかも… というかやる時間が無い… ちょっと待って!!
  10. DevOpsの本当の姿 ① 10 シフトレフト CI/CD パイプライン クラウド ネイティブ IaC •

    手戻りの減少 • 品質の向上 • 信頼性の向上 • 開発サイクル全体での セキュリティ意識向上 • 開発スピード向上 • 手作業による人為 バグ撲滅 • 引継ぎ作業の容易化 • 作業場所の自由化 • 初期コスト減少 • オートスケール • 環境起因バグの減少 • 再現性の向上 • 手作業による人為 バグ撲滅 • 引継ぎ作業の容易化 開発効率化 バグの減少 作業の容易化 作業時間短縮 = 定時で帰れる!
  11. どのくらい変わる? BEFORE AFTER 例)テスト環境へのwarファイル反映 • 手順書作成:30分 • 作業準備:3分 • 実作業:5分

    合計:30分+8分 • パイプライン作成:3時間 • 作業準備:なし • 実作業:1~2秒 合計:3時間+数秒 手作業でのwarファイルデプロイ Jenkins+Gitでのパイプライン実行 実作業時間 1/30 パイプライン 準備時間の回収 手作業23回 その他メリット • 他プロジェクトでテンプレート利用可 • ヒューマンエラー撲滅 • メンバへの申し訳なさ激減 実工数減少だけでなく、精神的負担も減少
  12. すると…? 空いた時間で なにをしよう…? 家族サービス 趣味の時間 新技術の勉強 健康促進 更なるDevOps 業務意欲向上 プライベートの充実

  13. DevOpsの本当の姿 ② 13 品質向上 価値提供速度向上 安定運用 アプリケーション価値最大化 営業利益の向上 顧客満足度向上

  14. DevOpsの本当の姿 メリットは分かったけれど、 どっちみち対応する時間が… 一度に全て対応する必要はなし! 簡単な部分や、無駄に時間が掛かっている部分 を洗い出し、ロードマップ的に対応していく! 空いた時間で次のステップへ! ビルド自動化 テスト自動化 (共通処理)

    デプロイ 自動化 テスト環境 コンテナ化 テスト自動化 (全体) IaC対応 シフトレフト の実現 And more
  15. まとめ 15 「DevOpsって誰のため?」 DevOpsでアプリケーション開発に を! 開発に関わる全ての人 アプリケーション エンドユーザ 企業 社会

  16. ご清聴 ありがとうございました 16