Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

非開発者のためのプロンプトエンジニアリング入門

瀬尾佳隆
November 18, 2023

 非開発者のためのプロンプトエンジニアリング入門

AI勉強会 @ コワーキングCoCoプレイス
(2023/11/25 開催、https://www.facebook.com/events/1499660754188553)

開発者ではない方を対象に、生成AIのプロンプトエンジニアリングのポイントを共有しました。

瀬尾佳隆

November 18, 2023
Tweet

More Decks by 瀬尾佳隆

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 瀬尾ソフト 瀬尾佳隆 (@seosoft)
    Microsoft MVP for AI
    プロンプト
    エンジニアリング
    入門
    2023/11/25
    非開発者のための
    コワーキングCoCoプレイス
    AI 勉強会

    View full-size slide

  2. 自己紹介
    瀬尾 佳隆 (せお よしたか)
    • フリーランスのソフトウェアエンジニア
    • MVP for AI (Jul 2018 – Jun 2024) /
    MVP (Jan 2009 – Jun 2018)
    • Microsoft Certified Trainer Alumni (2021 - 2024)
    • Microsoft Ignite 2022 / Recap 大阪 登壇
    • 専門学校 ディープラーニング講師 (2022年度)
    • 学生向け・企業向け AI / IT トレーニング (2020 - 2021)
    • マイクロソフトパートナープログラム 業種別トレーニング(2019 - 2020)
    • 乃木坂、櫻坂、日向坂が好きです
    • 京都、お寺、仏像が好きです

    View full-size slide

  3. はじめに
    ◼私は AI の分野で仕事をしていますが
    プロンプトの “プロ” ではありません
    • 自動車のエンジンの設計者 ≠ F1 ドライバー
    • 和牛の畜産家 ≠ 三ツ星レストランのシェフ
    ◼“いいマネージャー” や “いいリーダー” が
    プロンプトエンジニアリングの素養を持っているはず

    View full-size slide

  4. 今日のテーマ
    ◼自分ならどう答えるか?
    ◼欲しい答えを引き出すポイント
    ◼プロンプトエンジニアリング
    ◼プロンプトのテクニック
    AI や IT を専門としない方を対象とします。
    簡単のために抽象度の高い表現をしている箇所があります。
    また個人的な見解を含みます。

    View full-size slide

  5. 念のため) Copilot / ChatGPT
    ◼Copilot
    • https://copilot.microsoft.com/
    • Bing Chat を11月にリブランディング
    • https://www.bing.com/chat でも利用可能
    • 現在の情報まで対象にできる
    ◼ChatGPT
    • https://chat.openai.com/
    • 無償のアカウント作成が必要
    • 有償版だと応答の速度が上がり機能が増える
    • 標準の場合は最近の話題を知らない

    View full-size slide

  6. 質問) 続けてください (1/3)
    「むかし
    ???
    (何を続ければいいのか・・・)
    「むかしむかし
    あるところに
    (これを言う人が出てきそう)

    View full-size slide

  7. 質問) 続けてください (2/3)
    「むかしむかし、あるところに
    おじいさんと
    (さらに多くの人が答えそう)
    「むかしむかし、あるところに、おじいさんと
    おばあさんが
    (日本人ならばかなりの確率で言いそう)

    View full-size slide

  8. 質問) 続けてください (3/3)
    「以前
    ???
    (多分、おじいさんとおばあさんの話は出さない)
    「以前、ある地域に
    ???
    (まず間違いなく、おじいさんとおばあさんの話は出さない)

    View full-size slide

  9. つまり欲しい答えを引き出すためには
    ◼うまく誘導することが大事
    ◼聞き方の工夫が必要
    ◼欲しい答えを引き出すためのテクニックが
    “プロンプトエンジニアリング”

    View full-size slide

  10. プロンプトエンジニアリング
    ◼効率よくプロンプトを作るテクニック
    • プロンプト = 対話(人間とコンピューターとのやり取り)のための
    指示や入力など
    ◼人に相談、お願い、指示をする時に、
    期待に沿った行動をしてもらうテクニックと似ています
    • ビジネス書や自己啓発本に書いてある内容に近いかも

    View full-size slide

  11. Prompt Engineering Guide
    ◼https://www.promptingguide.ai/jp
    ◼プロンプトエンジニアリングのテクニックが
    実例と一緒に紹介されています
    • ひとまずこれを読めばOK
    (この後の話はやめてもいいくらい)
    • “Tree of Thought” までが一般にも役に立ちます
    “RAG” 以降は専門的です

    View full-size slide

  12. まずやること
    ◼明確に
    ◼具体的に
    ◼項目立てる
    ◼答え方を指定する
    必要に応じてやること
    ◼いくつか例を挙げる
    ◼段階を踏む
    ◼言い換える
    答えを引き出すテクニック

    View full-size slide

  13. 聞きたいことがあいまい 聞きたい範囲を絞る
    明確に指示する
    AIについて教えて AIを利用するメリットを教えてください

    View full-size slide

  14. 一般的な答え 使う言葉の難しさをコントロール
    具体的に指示する (1/2)
    AIを利用するメリットを教えてください AIを利用するメリットを箇条書きで3つ
    教えてください。教える対象は中学生で
    す。

    View full-size slide

  15. 中学生向けにすると 社会人向けにすると
    具体的に指示する (2/2)
    AIを利用するメリットを箇条書きで3つ
    教えてください。教える対象は中学生で
    す。
    AIを利用するメリットを箇条書きで3つ
    教えてください。教える対象はAI技術者
    ではない一般の社会人です。

    View full-size slide

  16. 項目立てる (構造化する)
    ### 質問 ###
    AIを利用するメリットを教えてください
    ### 回答の対象者 ###
    - 一般の社会人
    - AI技術者は対象外
    ### 回答の長さ ###
    - メリットを3つ
    - メリットごとに、簡単なタイトルと2~
    3文を目安とした内容
    - タイトルの後で改行
    - メリットの内容のあとに空行

    View full-size slide

  17. 構造化のひな形 (1/2)
    ◼末尾の工夫
    • “?” で終わる、「~について教えて(ください)」で終わる
    ◼“Q:” で質問であることを分かりやすくする
    “A:” でその後に回答を期待していることを明確にする
    • 日本語ならば “質問:” と “回答:” などでもOK
    質問:
    質問文?
    回答:

    View full-size slide

  18. 構造化のひな形 (2/2)
    ◼見出しを付ける
    • #
    ###
    ### 見出し ###
    • #がよさそう
    ◼項目を箇条書きであげる
    • - 項目
    • ハイフンで始めると箇条書きで
    あることが伝わりやすい
    ### 見出し ###
    - 箇条書きの項目1
    - 箇条書きの項目2
    ### 課題 ###
    AI活用メリットの営業トーク
    ### 条件 ###
    - 初めてのお客様に相手先のオフィスで
    伝える内容
    - スライド1枚程度の簡潔な分量
    - 自社の優位性をさりげなくアピール
    - AI以外を否定的に言わないように

    View full-size slide

  19. 答え方を指定する
    ### 出力の形式 ###
    - マークダウンで出力して、後で加工し
    やすいように
    - テキストだけで伝えきる
    - 5項目あげる
    - 各項目はタイトル行と2~3文程度の
    説明文で構成する
    ### 出力の形式 ###
    - 5項目あげる
    - タイトルの列と本文の列で構成される
    CSV形式
    - ただし区切り文字はタブ文字

    View full-size slide

  20. いくつか例を挙げる (Few-shot) (1/2)
    猫 /// 動物
    犬 /// 動物
    カレーライス /// 食べ物
    ラーメン /// 食べ物
    うさぎ ///
    コンピューター ///

    View full-size slide

  21. いくつか例を挙げる (Few-shot) (2/2)
    ### 回答の制約 ###
    動物か食べ物以外に分類されるものに
    対しては「その他」と答えること
    ### 出力の書式の例 ###
    猫: 動物
    カレーライス: 食べ物
    テレビ: その他
    ### 質問 ###
    うさぎ
    コンピューター

    View full-size slide

  22. 活用例) Copilot for Edge
    ◼Edge のサイドバーでも
    Copilot が使えます
    • Word や パワポの
    素案を作る程度なら
    ブラウザーから離れずに
    • 仕上げは人間が
    きっちり作りこむ

    View full-size slide

  23. デモ) なにか実際にやってみます
    ◼リクエストがあればどうぞ
    ◼アドリブです
    その時の状況でどう進むかは分かりません(ドキドキ)

    View full-size slide

  24. その他の参考文献 (1/2)
    ◼GPT best practices
    • https://platform.openai.com/docs/guides/gpt-best-
    practices
    ◼プロンプト エンジニアリングの概要
    ◼プロンプトエンジニアリングの手法
    ◼システムメッセージテンプレート
    • https://learn.microsoft.com/ja-jp/azure/ai-
    services/openai/concepts/prompt-engineering

    View full-size slide

  25. その他の参考文献 (2/2)
    ◼Twenty-five tips to help you unlock the
    potential of generative AI
    • https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/prompts-are-
    key-in-2023-twenty-five-tips-to-help-you-unlock-
    the-potential-of-generative-ai/
    • https://atmarkit.itmedia.co.jp/ait/articles/2310/27/
    news053.html
    ◼AIに「それがファイナルアンサーなの?」「全力を尽くして」と
    いった感情的な命令文を伝えるとパフォーマンスが向上する
    • https://gigazine.net/news/20231106-llm-emotional-
    stimuli/

    View full-size slide

  26. 参考) AI 利用に関するガイドライン
    ◼AI原則実践のためのガバナンス・ガイドライン
    • https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/
    ai_shakai_jisso/pdf/20220128_1.pdf
    ◼AI 利活用ガイドライン
    • https://www.soumu.go.jp/main_content/000809595.
    pdf
    ◼人間中心の AI 社会原則
    • https://www8.cao.go.jp/cstp/aigensoku.pdf

    View full-size slide

  27. この資料をもう一度見たい場合
    https://bit.ly/pebasic-20231125

    View full-size slide