Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ISUCON で使えるツールを作った

ISUCON で使えるツールを作った

社内 LT で話した資料です。

紹介するツールは公開しておりますが、動作の保証はいたしかねます。

* isucontinuous
* デモ動画
* デモで利用したリポジトリ

Cb17938137021ead2656d0fe58b7c7b1?s=128

kanata

May 10, 2022
Tweet

More Decks by kanata

Other Decks in Technology

Transcript

  1. ISUCON で使えるツールを 作った 北澤 祥太 / kanata 1

  2. $ whoami 北澤 祥太 / kanata / かなた
 @kanatakita
 ShotaKitazawa


    所属: LINE 株式会社 Verda 室ネットワーク開発チーム (2022/04〜)
 趣味: ラーメン、スノボ、自宅鯖構築、イベント裏方
 ISUCON歴: ISUCON6〜
 • ISUCON11 予選作問担当, ISUCON9・7 本戦出場 (7は学生枠)
 2 よく使う アイコン
  3. 突然ですが ISUCON 知ってますか? 3

  4. 「ISUCON」は、LINE株式会社の商標または登録商標です。(https://isucon.net)  ISUCON とは、LINE株式会社が運営窓口となって開催している
  「お題となる Web サービスを決められたレギュレーションの中で
  限界まで高速化を図るチューニングバトル」です。 (Twitter より) 4

  5. 5 web サービスが動いているサーバの ssh アクセス情報が競技者に渡される 競技者がベンチマークを実行するとベンチ用マシン から競技者用マシンへ沢山のリクエストが飛ぶ リクエストが捌けた数等で算出される点数を競う 様々なミドルウェアや特定の言語 (Go,

    Python, Ruby, ...) で書かれた Web アプリケーションが配置されている 雑な紹介
  6. ツールの誕生背景 • ISUCON で勝つためには「実装→ベンチマーク→プロファイリング」の フィードバックループを限りなく高速に回すことが必要 • もともと弊チームでは以下のデプロイスクリプトを実装し利用していた ◦ 開発用ソフトウェアのインストール ◦

    git リポジトリ上のソースコードをデプロイ ◦ プロファイルデータを Slack に POST (プロファイリングは手動) • 競技中、上記スクリプトに困らせられることが多々... ◦ スクリプト内に環境依存な処理がある (eg. web サーバは nginx 前提) ▪ ISUCON10f は Envoy ◦ プロファイルデータ収集スクリプトが複数台構成に対応していない ◦ 複数人でのデプロイが考慮されていない ▪ 「デプロイしまーす」「いいよー」 6
  7. isucontinuous https://github.com/ShotaKitazawa/isucontinuous • 「開発→デプロイ→ベンチマーク→プロファイリング」の一連の流れを 複数人で行いやすくするためのツール • 8 種のサブコマンドを提供 ◦ init,

    setup, import, push, sync, deploy, profiling, afterbench • 各種コマンドは設定ファイル (isucontinuous.yaml) を元に動作 7
  8. init 8 isucontinuous local-repo └─── isucontinuous.yaml setup Git local repository

    host01 host02 host03
  9. setup 9 isucontinuous host01 host02 host03 install some software (eg.

    Docker) based on isucontinuous.yaml local-repo └─── isucontinuous.yaml
  10. import 10 host01 host02 host03 /etc/nginx /etc/mysql ... /etc/nginx /etc/mysql

    ... /etc/nginx /etc/mysql ... isucontinuous local-repo ├──── isucontinuous.yaml ├──── host01/… ├──── host02/… └──── host03/… download some files from servers based on isucontinuous.yaml
  11. push 11 isucontinuous host01 host02 host03 local-repo ├──── isucontinuous.yaml ├────

    host01/… ├──── host02/… └──── host03/… push to remote repository
  12. sync 12 isucontinuous host01 host02 host03 local-repo ├──── isucontinuous.yaml ├────

    host01/… ├──── host02/… └──── host03/… fetch & merge from remote repository
  13. deploy 13 isucontinuous host01 host02 host03 local-repo ├──── isucontinuous.yaml ├────

    host01/… ├──── host02/… └──── host03/… fetch & switch to detached branch deploy some files to servers based on isucontinuous.yaml /etc/nginx /etc/mysql ... /etc/nginx /etc/mysql ... /etc/nginx /etc/mysql ...
  14. profiling 14 isucontinuous host01 host02 host03 execute profiling command via

    ssh based on isucontinuous.yaml
  15. afterbench 15 isucontinuous host01 host02 host03 execute analyze command via

    ssh based on isucontinuous.yaml post profile data
  16. isucontinuous.yaml (1/3) setup: docker: netdata: version: latest public_port: 19999 alp:

    version: v1.0.8 slack: default_channel_id: "C012BGJSJMC" hosts: - host: localhost user: &user root key: &key /root/.ssh/id_rsa 16
  17. isucontinuous.yaml (2/3) hosts: - … (省略) deploy: &deploy slack_channel_id: ""

    pre_command: >- rm -f "{{.Env.ACCESSLOG_PATH}}"; rm -f "{{.Env.SLOWLOG_PATH}}"; post_command: >- sudo systemctl restart mysql nginx && sudo systemctl restart isucondition.go.service targets: - src: nginx target: /etc/nginx - src: mysql target: /etc/mysql - src: go target: /home/isucon/webapp/go compile: make 17
  18. isucontinuous.yaml (3/3) hosts: - … (省略) profiling: &profiling command: >-

    PPROF_TMPDIR=/pprof/{{.Git.Revision}} /home/isucon/local/go/bin/go tool pprof /home/isucon/webapp/go/isucondition http://localhost:6060/debug/fgprof?seconds=90 after_bench: &after_bench slack_channel_id: "" target: /profile/{{.Git.Revision}}/ command: >- mkdir -p /profile/{{.Git.Revision}}; PPROF_FILENAME=$(ls /root/pprof/tmp/ -tr | tail -n1); if [ -f "/root/pprof/tmp/$PPROF_FILENAME" ]; then /home/isucon/local/go/bin/go tool pprof -top -cum /root/pprof/tmp/$PPROF_FILENAME > /profile/{{.Git.Revision}}/pprof_top_cum; fi; cat "{{.Env.ACCESSLOG_PATH}}" | alp ltsv -r --sort sum > /profile/{{.Git.Revision}}/accesslog; cat "{{.Env.SLOWLOG_PATH}}" | docker run -i --rm matsuu/pt-query-digest > /profile/{{.Git.Revision}}/slowlog; 18
  19. ユースケース1: 初期セットアップ 1. init : ローカルリポジトリの新規作成 2. isucontinuous.yaml の編集 3.

    setup : 各種開発用ソフトウェアのインストール 4. import : 各種設定ファイルやソースコードを Git で管理 5. push : GitHub に push 19
  20. ユースケース2: 開発・デプロイ 1. GitHub に push したリポジトリを元に各メンバーが各ブランチで作業 ※ 開発用ローカルリポジトリは isucontinuous

    により作成されたものとは別に用意 2. deploy : 特定リビジョンの各ファイルを各サーバにデプロイ 3. profiling : 各サーバにてプロファイリング用コマンドを実行 4. afterbench : プロファイルデータを収集し Slack に送信 20
  21. ユースケース3: 開発中サーバ上の新たなファイルを Git 管理 1. redis 等、サーバーに新たなミドルウェアがインストールされる 2. sync :

    ローカルリポジトリを remotes/origin/master と同期 3. isucontinuous.yaml に新たな import/deploy 対象を追記 4. import : 各種設定ファイルやソースコードを Git で管理 5. push : GitHub に push 21
  22. デモ (ユースケース2) https://drive.google.com/file/d/1exHR5T5_WDEHCfncA7RWrQoejPxHIRl0/view?usp=sharing 22

  23. 最後に ISUCON12, 勝ちたい!!! まずは参加枠争奪戦と0次予選 (当日時間通りに起きる) をがんばります。 予選参加確定プランは間に合わなかった... 23

  24. 参考 • isucontinuous ◦ https://github.com/ShotaKitazawa/isucontinuous • デモで利用したリポジトリ ◦ https://github.com/ShotaKitazawa/isucon11q-20220505 24