Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

今 SLI/SLO の監視をするなら Sloth が良さそうという話

Cb17938137021ead2656d0fe58b7c7b1?s=47 kanata
August 04, 2022

今 SLI/SLO の監視をするなら Sloth が良さそうという話

3-shake SRE Tech Talk #4 (https://3-shake.connpass.com/event/253028/) の登壇資料です。LT です。

Cb17938137021ead2656d0fe58b7c7b1?s=128

kanata

August 04, 2022
Tweet

More Decks by kanata

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 今 SLI/SLO の監視をするなら Sloth が良さそうという話 北澤 祥太 / kanata 1

  2. 北澤 祥太 / kanata / かなた
 @kanatakita
 ShotaKitazawa
 趣味: ラーメン、スノボ、自宅鯖構築、イベント裏方


    最近: Kubernetes custom controller の実装など
 
 $ whoami 2 よく使う アイコン
  3. 今日話すこと・話さないこと 話すこと • Sloth というツールで何が出来るのか • Sloth を使うと何が嬉しいのか 話さないこと •

    Sloth を実際のプロダクト開発・運用に利用する話 ◦ SLO Review 等のプロセスについて ◦ 特定のプロダクトの特性起因の苦労話について ◦ etc. • 自作の自動化ツールについてのあれこれ 3
  4. 今日話すこと・話さないこと 話すこと • sloth というツールで何が出来るのか • sloth を使うと何が嬉しいのか 話さないこと •

    sloth を実際のプロダクト開発・運用に利用する話 ◦ SLO Review 等のプロセスについて ◦ 特定のプロダクトの特性起因の苦労話について ◦ etc. • 自作の自動化ツールについてのあれこれ 4 🙇 🙇 🙇
  5. Sloth - Easy and simple Prometheus SLO generator 一言で表すと •

    yaml を書くだけで、いい感じの Alerting Rules を出力してくれたり Grafana Dashboard で SLI/SLO をモニタリングできるようになるツール 前提 • Prometheus / Grafana を利用していること • SLI の元となるメトリクスが取得できていること https://github.com/slok/sloth 5
  6. Sloth の設定例 (1/2) 6 https://github.com/slok/sloth/blob/v0.10.0/examples/getting-started.yml version: "prometheus/v1" service: "myservice" labels:

    owner: "myteam" repo: "myorg/myservice" tier: "2" slos: - name: "requests-availability" objective: 99.9 description: "Common SLO based on availability for HTTP request responses." sli: events: error_query: sum(rate(http_request_duration_seconds_count{job="myservice",code=~"(5..|429)"}[{{.window}}])) total_query: sum(rate(http_request_duration_seconds_count{job="myservice"}[{{.window}}])) (snip…) {{.window}} にはデフォルトで 5m, 30m, 1h, 2h, 6h, 1d, 3d, 30d が入る 生成される Rules に付与するラベルを指定 目標値を指定 total, error 条件となるクエリを定義
  7. Sloth の設定例 (2/2) 7 https://github.com/slok/sloth/blob/v0.10.0/examples/getting-started.yml slos: - (snip…) alerting: name:

    MyServiceHighErrorRate labels: category: "availability" annotations: summary: "High error rate on 'myservice' requests responses" page_alert: labels: severity: pageteam routing_key: myteam ticket_alert: labels: severity: "slack" slack_channel: "#alerts-myteam" 生成される Alerting Rules に付与するラベルを指定 Page レベルの Alerting Rules に付与するラベルを指定 Ticket レベルの Alerting Rules に付与するラベルを指定
  8. Recording Rules の生成 8 sloth.yml rules.yml $ sloth generate -i

    sloth.yml --- # Code generated by Sloth (v0.10.0): https://github.com/slok/sloth. # DO NOT EDIT. groups: - name: sloth-slo-sli-recordings-myservice-requests-availability rules: - record: slo:sli_error:ratio_rate5m expr: | (sum(rate(http_request_duration_seconds_count{ job="myservice",code=~"(5..|429)"}[5m]))) / (sum(rate(http_request_duration_seconds_count{ job="myservice"}[5m]))) labels: owner: myteam repo: myorg/myservice sloth_id: myservice-requests-availability sloth_service: myservice sloth_slo: requests-availability sloth_window: 5m tier: "2" - record: slo:sli_error:ratio_rate30m (snip…)
  9. SLO のアラーティング • 以下の閾値の Multiwindow, Multi-Burn-Rate のアラートルールを自動生成 • What advantage

    of Multiwindow, Multi-Burn-Rate Alerts? ◦ エラーバジェットの消費速度の傾き (Burn Rate) を用いるため精度が高い ◦ システムを復旧させたのにアラートが止まない問題 (Burn Rate ベースのアラートの特徴) を軽減 詳しくは https://sre.google/workbook/alerting-on-slos/ 9 Severity Long window Short window Burn rate Page 1 day 2 hours 1 3 days 6 hours 1 Ticket 1 hour 5 minutes 14.4 6 hours 30 minutes 6 time window が 1 日, 2 時間のどちらに おいても burn rate が 1 を超える場合に発火
  10. Grafana Dashboard • Sloth が出力する Recording Rules のみを参照する Grafana Dashboard

    が提供されている 10 https://sloth.dev/introduction/dashboards/ 現在の Burn rate 残りの Error Budget SLI の推移 Burn Rate の推移 Error Budget の burn down chat
  11. Sloth による一元管理 before after 11 dashboard.json rules.yaml sloth.yml dashboard.json rules.yaml

    👍 シングルバイナリで可搬性が高い 👍 validate サブコマンドがあるので   CI に組み込みやすい
  12. 痒いところに手が届く機能 Recording Rules 用クエリの最適化 • time window の大きい Recording Rule

    は、元となるメトリクスの rate 30d を取らず time window の小さい Recording Rule の rate 30d を取る ▪ 多量のデータポイントの読み込まずに算出可能 様々な入力/出力フォーマットに対応 • v0.10.0 現在、以下に対応 ◦ 入力: default, K8s CustomResource, OpenSLO ◦ 出力: Prometheus Recording Rules, K8s CustomResource (for Prometheus Operator) SLI 算出のためのプラグイン機構 • https://github.com/slok/sloth-common-sli-plugins 12
  13. Have a good SRE-Life with Sloth! 13