CentOS 8 での Ruby 環境

CentOS 8 での Ruby 環境

2918edfd0fbcbb87e21a5cf87071374e?s=128

Koichi Shimozono

October 30, 2019
Tweet

Transcript

  1. CentOS 8 での Ruby 環境 鹿児島大学 学術情報基盤センター 下園幸一 simozono@cc.kagoshima-u.ac.jp 1

    2019/10/30 K-Ruby 24 Lightning Talk
  2. 結論  CentOS 8 標準では、現在のところ Ruby 2.5.3p105 です。 ◦ CentOS

    8.x では 2.6 とかが提供される(だろ う)  rbenv 等自分でインストールする場合は CentOS 7 とほぼ同じ ◦ PowerTools リポジトリを有効にすること 2019/10/30 K-Ruby 24 Lightning Talk 2
  3. CentOS 8  言わずと知れた RHEL 8 クローン ◦ RHEL 8

    リリース 2019/05/07 ◦ CentOS 8 リリース 2019/09/24  今回は時間がかかった ◦ kernel version 4.18  サポート期間 ◦ 2029年9月 2019/10/30 K-Ruby 24 Lightning Talk 3
  4. CentOS 8 と CentOS Stream  2019/09 に CentOS Stream

    もリリース  私の解釈(誤解があるかもしれません) 2019/10/30 K-Ruby 24 Lightning Talk 4 CentOS Stream RHEL x.x と同じものを Fork ?
  5. CentOS 8 の AppStream  Fedora 28で導入されたModularity  OSからアプリケーションのライフサイクルを独立させる仕組み 

    それぞれのアプリケーションはOSと独立し 2~5年のサポート 2019/10/30 K-Ruby 24 Lightning Talk 5
  6. AppStream 対応パッケージ  コマンドで確認 2019/10/30 K-Ruby 24 Lightning Talk 6

    # dnf module list CentOS-8 – AppStream Name Stream Profiles httpd 2.4 [d] common [d], devel, minimal perl 5.24 common [d], minimal perl 5.26 [d] common [d], minimal postgresql 10 [d] client, server [d] postgresql 9.6 client, server [d] ruby 2.5 [d] common [d] Hint: [d]efault, [e]nabled, [x]disabled, [i]nstalled # 参考: https://www.server-world.info/query?os=CentOS_8&p=initial_conf&f=6
  7. CentOS での Ruby(標準パッケージ)  CentOS 8 で配布される Ruby は AppStream

    対応パッケージ ◦ ruby 2.5.3p105 (2018-10-18 revision 65156)  RHEL 8 での Ruby 2.5 のサポートは 2021/02 まで ◦ https://access.redhat.com/node/4079021 ◦ CentOS 8 でも同じと思われる。 ◦ つまり RHEL 8.1 (CentOS 8.1)とかで Ruby 2.6 の AppStream 対応パッケージが配布されると思う。 2019/10/30 K-Ruby 24 Lightning Talk 7
  8. CentOS での Ruby (rbenv 自力コンパイル)  私の環境では基本的に system wide に

    rbenv を利用できるようにしている。  https://qiita.com/chezou/items/86ee6ded253c0 94a23b6  Ruby コンパイルに必要なパッケージ ◦ CentOS 8 が minimal install の場合 ◦ Ruby 2.6.x  autoconf, automake, bison, bzip2, curl, gcc  gcc-c++, gdbm-devel, libffi-devel  libtool, libyaml-devel, make, ncurses-devel  openssl-devel, patch, readline-devel, sqlite-devel  zlib-devel 2019/10/30 K-Ruby 24 Lightning Talk 8
  9. libyaml-devel への対応  PowerTools リポジトリに移動したようだ ◦ https://bugs.centos.org/view.php?id=16450  対処法 dnf

    config-manager --enable PowerTools または /etc/yum.repos.d/CentOS-PowerTools.repo の中 で enabled=1 とする 2019/10/30 K-Ruby 24 Lightning Talk 9
  10. 結論  CentOS 8 標準では、現在のところ Ruby 2.5.3p105 です。 ◦ CentOS

    8.x では 2.6 とかが提供される(だろ う)  rbenv 等自分でインストールする場合は CentOS 7 とほぼ同じ ◦ PowerTools リポジトリを有効にすること 2019/10/30 K-Ruby 24 Lightning Talk 10