バス因子が自分で バス因子を脱するための方法

バス因子が自分で バス因子を脱するための方法

Rails Developers Meetup 2018: Day 2

あなたのプロジェクトには、バスに轢かれたらプロジェクトが破綻する人が何人いますか?

自社サービスを運営している組織において、サービスのスケールのためには開発組織のスケールが必要不可欠です。

急成長中である日本初の Ruby on Rails で作られているフリマアプリ フリルを開発するFablicのエンジニア組織において、バス因子である私が、組織のスケールのために脱バス因子するために同僚と行ってきたことを成功失敗両事例お話します。

Fda25022237b4e795fee7a9996ffc4bf?s=128

sinamon129

March 25, 2018
Tweet