Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

小さなものから大きなものまでー開発あるあるー LT会「新卒ながら巨大すぎる通信システム開発に関わったお話」

小さなものから大きなものまでー開発あるあるー LT会「新卒ながら巨大すぎる通信システム開発に関わったお話」

Bc928457d674697ecf6ae7ff30b2b7e8?s=128

Makoto Awamura

September 21, 2021
Tweet

Transcript

  1. 新卒ながら 巨大すぎる 通信システム開発に かかわったお話

  2. Agenda  登壇者紹介  巨大すぎる通信システム  自分の担当範囲  苦労したこと 

    良かったこと  今だから思うこと
  3. 登壇者紹介  粟村 真(あわむら まこと)  1988年2月29日神奈川県相模原市生まれ  2013年 新卒でとある情報サービス会社に保守エンジニ

    アとして入社  同年 某エヌ社の請負にて今回のシステムに関わる  2019年 SHIFT入社 以降通信、印刷、官公庁などでテ スト業務に従事
  4. 巨大すぎる通信システム  振分け/集約機能を有するパケットベースのクロスコネ クト装置  めちゃくちゃざっくり説明するとインターネットやIP電 話、専用線などの”回線”サービスを一元で管理して束ね たり振り分けたりするシステム  主にISP向けに提供されるサービス、及び装置

  5. 自分の担当範囲  結合テスト ⇒Stabシミュレータを使っての試験  総合テスト ⇒実際の終端装置、振り分け装置を使っての試験  インストール・出荷 ⇒サーバ・クライアントと製品をフルインストール/梱包

  6. 苦労したこと  インストール・出荷 後にも先にも(今のところ)製品の出荷のための構築は この1回キリ  手順は完全にマニュアル化していたが、、? 1台当たりの所要時間は約6時間(サーバ6台、クライアント 20台が1単位) ⇒RHELなどのOSインストールからJavaなどのミドルウェ

    ア、製品ソフトウェアまで全てコマンド・マニュアルイン ストール(オフライン環境のため、データコピーを含む) なお、構内規則でUSBメモリの使用は禁止
  7. 苦労したこと  賽の河原のような作業 テスト工程が遅延していたため、インストール・出荷作 業中もプログラム修正が発生、最新版のインストールのた め、作業がロールバック  ”製品”であるがための完全性 完全マニュアル化の他に膨大な量のチェックリスト 手順や設定に誤りがあればすべての作業がやり直しに

  8. 良かったこと  終端装置のテストの中でルータコマンド(CiscoIOSライ ク)に触れられた  インストール作業でアホ程RHELの構築をやった (完全マニュアル化とはいえ)  業務として構築の経験が言えるというのは強みに(なっ ているかもしれない

  9. 今だから思うこと  ぶっちゃけ製品インストール手前のバックアップ1個 作っておけばめちゃくちゃ楽だったよね、、  インストール・出荷作業は3回程実施したので、上記手 法等で後の2回の工数は本当はもっと圧縮出来たよね、、

  10. ご清聴ありがとうございました  使用したイラスト(敬称略) いらすとや/みふねたかし