AWSを駆使して特許出願に至ったVUIの 「音声レビュー・ログデータ収集・分析システム」の話/Patent application system materials

4216f4ebe69909923f8e36df5d054740?s=47 show
April 06, 2019

AWSを駆使して特許出願に至ったVUIの 「音声レビュー・ログデータ収集・分析システム」の話/Patent application system materials

2019年4月7日 AlexaDay2019にて登壇した資料を編集して公開

https://alexaday2019.aajug.jp/

4216f4ebe69909923f8e36df5d054740?s=128

show

April 06, 2019
Tweet

Transcript

  1. 2019/04/06 Alexa Day 2019 @スペースアルファ三宮 AWSを駆使して特許出願に至ったVUIの 「音声レビュー・ログデータ収集・分析システム」 の話 1

  2. 発表の前に 2 ・この資料は後日公開予定です ・メモるよりは #alexaday2019 でツイート! ・セッション内容のシステムは今後変更される 可能性があります。 むしろリクエスト、ディスカッションください。

  3. 高度に抽象化された図 3

  4. @surumegohan smartmacchiato.life/ surumegohan@gmail.com surumegohan.hatenablog.com/ Twitter Blog Gmail Web 4 フリーランス

    VUIプロデューサー/エンジニア 宮崎 翔平
  5. @surumegohan smartmacchiato.life/ surumegohan@gmail.com surumegohan.hatenablog.com/ Twitter Blog Gmail Web 5 フリーランス

    VUIプロデューサー/エンジニア
  6. 6

  7. 7

  8. AWS 長崎社長から名指しを受けました 8

  9. 先ほど、吉田様からハードルをあげられました 9

  10. 10 本日は技術的な話を中心にします

  11. 11 ・VUIに対する悩み、課題 ・課題へのソリューション ・システム構成 ・Amazon QuickSightの機械学習対応 本日は技術的な話を中心にします

  12. Alexa skill AWS Lambda システムユーザの アレクサのスキル Clova AWS Lambda Amazon

    Kinesis Firehose S3 bucket Amazon DynamoDB Amazon Redshift Webページに音声レビュー結果を表示 Amazon CloudWatch Amazon API Gateway ERRORだけ抜き取る エラー通知が飛ぶ。 AWS Lambda まず認証だけやる AWS cloud 3 4 5 6 9 10 11-2 12 13 14 15 ERRORや障害時のみ 通知するための動作 ・認証情報 Webページから認証情報発行 1 2 7 8 Amazon QuickSight AWS Lambda 10 12 invoke Amazon Kinesis Firehose S3 bucket 11-1 12 データをCSV形式 に変換して流す 想定される格納デー タの生データのまま 生データ保管用 Amazon CloudWatch API Gatewayを突破 したらすべて CloudWatchにログ をためておく システム構成概要 Amazon API Gateway AWS Lambda 12 ※動いた段階の構成。現在は一部異なります。 #alexaday2019
  13. 最近非常によく言われる 13 ・今のところ Amazonの中の人ではないです ・今のところ AWS Loft Tokyoに常駐している AlexaのAsk an

    Expertではないです ・本件の権利類はSmartHacks社から僕のモノ になりました #alexaday2019
  14. 経歴 14 DBA QA・SET DevOps推進 #alexaday2019

  15. そんな時に 15 Google Home と Amazon Echo が日本上陸 #alexaday2019

  16. 16 目覚めた心は走り出した、未来を描くため #alexaday2019

  17. 17 目覚めた心は走り出した、未来を描くため 2018年4月末 VUIやりたくてサクッと無職になる #alexaday2019

  18. 経歴 18 元DBA・QAエンジニア・DevOps推進 → 2018年4月にVUI(スマートスピーカー)に 専念したくサクッと無職 → フリーランス → 某社CTO内定、大人の事情で白紙

    #alexaday2019
  19. 3つのコミュニティを運営中 19 ・Amazon Alexa Japan User Group (AAJUG) 関東支部 ・2019年から関東支部発足・主催

    https://aajug.connpass.com/ ・3か月に1回開催、2019年3月で1周年 ・300人以上が集まる回もある https://kotodama.connpass.com/ ・2019年4月で8回目の開催 ・150人以上が集まる回もある https://iotlt.connpass.com/ #alexaday2019
  20. 今まで作成したAlexaスキルの一部 ※公開済みのみ 20 #alexaday2019

  21. 時には でduelした 21 https://www.youtube.com/watch?v=BYkLmGYGCdk #alexaday2019

  22. 22

  23. VUIに関してこんなお悩みありませんか? 23

  24. こんな悩みありませんか? 24 ・VUIやスマートスピーカーに興味あるんだけど、 どういう音声サービスを見習って作ればいいのかわからない ・音声サービス(スキル)作成を誰かに依頼したいけど、 人気サービスをリリースしている人・企業がわからない ・既に音声サービスを公開したけど、ユーザーの満足度が わからない ・自分の音声サービスが、他者のサービスと比較できなくて 改善できない

    #alexaday2019
  25. そのような方々への セッションです! 25

  26. 2018年11月7日にリリース 26 #alexaday2019

  27. Alexaスキル「VUIあるある」 ・VUI業界でアクティブな方々に VUIに関する「あるある話」をヒアリング ・開発目線、ユーザ目線、子育て目線、プラットフォーム縛りも なく募集した結果 約40件のVUIのあるある話を収録 あるある話を提供してくれた方々 本当にありがとうございます! 27 #alexaday2019

  28. 28 #alexaday2019 動画中はツイートチャンス! https://www.youtube.com/watch?v=8I4eQMEBeaA

  29. VUIの 悲しい現実を ご紹介 29 #alexaday2019

  30. 本気で個人で作成したスキル:「ヒロインの告白」 リリース後約2週間のUU数: 226 参考: Echo Dotがもらえる条件が1か月で100UU 30 ※2018年8月リリース #alexaday2019

  31. ところが 31

  32. Amazonのスキルストア レビュー数 ? 32 #alexaday2019

  33. Amazonのスキルストア レビュー数 2 33 #alexaday2019

  34. 2 件 っ て な ん だ よ ! ©

    タイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰 34
  35. ユーザーからのフィードバックが欲しい! それは、たとえネガティブでも良い 35 何かのサービス、アプリを公開したら #alexaday2019

  36. ユーザーからのフィードバックが欲しい! それは、たとえネガティブでも良い 36 何かのサービス、アプリを公開したら 無反応が一番 嫌だ・困る・怖い #alexaday2019

  37. このスキルでは 結城琴葉ちゃんから美少女ボイスで 音声でのレビューとコメントを求められる 37 だが策はある

  38. 38 #alexaday2019 動画中はツイートチャンス! https://www.youtube.com/watch?v=AcWaEMqAyZ4

  39. 39 APLで学校を背景に告白されてみた ※未公開

  40. 音声によるレビューの結果 118件 ※重複ユーザーも存在 ※公開約2週間後 ※βテストやAmazon社の審査時の数字も含まれる 40 #alexaday2019

  41. 2 件 っ て な ん だ っ た ん

    だ よ ! © タイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰 41 #alexaday2019
  42. 音声によるフリーコメントの一部 ・とってもいいスキルでした ・星7つ ・魂スキルでしたとっても良かったです ※楽しい? ・大好きです ・かわいらしいキャラクターで素晴らしいと思います ・天海丸matlock 欲しい ※展開がまどろっこしい?

    42 まさにお客様の「声」 #alexaday2019
  43. もちろん美少女でなくともフィードバックはもらえる 43 「ストップ」と話しかけると 「いいね」 「いまいち」 「ストップ」 を求められる仕組み ※2018年6月リリース #alexaday2019

  44. 44 公開から約2か月後の集計結果 合計186件 リリース後しばらくは「いいね」が多かったがいつのまにか「いまいち」に逆転 #alexaday2019

  45. つまり・・ スキル(音声サービス)に対する レビューとコメントを、そのまま声でやれば まさしく 「お客様の声」 が個人情報なしで拾える可能性が高まる 45 #alexaday2019

  46. つまり・・ いちいち スマホ・PC を開かない 46 #alexaday2019

  47. なのに・・ Google社、Amazon社、LINE社 どこも日本で やってないな? 47 #alexaday2019

  48. 僕のモットー ないなら創ればいい 48 #alexaday2019

  49. 49

  50. コンセプト 50 ・API化 ・インテントの使用状況 ・★いくつ ・フリーコメント ・時間 ・カテゴリ ・作成ツール データ収集

    ・SQLで検索 ・BIツールでグラフ化 ・Webページに反映 分析・可視化 ・VUIでユーザが違和感 を持たない応答速度 ・プラットフォームに 依存しない設計 こだわり部分 #alexaday2019
  51. 調査&Try-Errorを繰り返す 51 ・データレイク ・データウェアハウス #alexaday2019

  52. 52 https://aws.amazon.com/jp/start-ups/loft/tokyo/ スタートアップとデベロッパーのための場 AWS Loft Tokyoにてエキスパートの方々に相談しながら・・・ Twitterハッシュタグ #AWSLoft #alexaday2019

  53. 53 https://aws.amazon.com/jp/start-ups/loft/tokyo/events/ スタートアップとデベロッパーのための場 様々なイベントも実施されております。 Twitterハッシュタグ #AWSLoft #alexaday2019

  54. 54 データ処理等のイベントは重宝 #alexaday2019

  55. Alexa skill AWS Lambda システムユーザの アレクサのスキル Clova AWS Lambda Amazon

    Kinesis Firehose S3 bucket Amazon DynamoDB Amazon Redshift Webページに音声レビュー結果を表示 Amazon CloudWatch Amazon API Gateway ERRORだけ抜き取る エラー通知が飛ぶ。 AWS Lambda まず認証だけやる AWS cloud 3 4 5 6 9 10 11-2 12 13 14 15 ERRORや障害時のみ 通知するための動作 ・認証情報 Webページから認証情報発行 1 2 7 8 Amazon QuickSight AWS Lambda 10 12 invoke Amazon Kinesis Firehose S3 bucket 11-1 12 データをCSV形式 に変換して流す 想定される格納デー タの生データのまま 生データ保管用 Amazon CloudWatch API Gatewayを突破 したらすべて CloudWatchにログ をためておく システム構成概要 Amazon API Gateway AWS Lambda 55 ※動いた段階の構成。現在は一部異なります。 #alexaday2019
  56. 特許出願できた 56 弁理士さんとのやりとりとか、書類とか大変でした ないモノを比較・可視化まで創ってしまったので ※ 1つのスキル(音声サービス)単体で音声のレビュー&コメントを実装するのはご自由に。 ただ、このシステムを利用すると可視化まで既に仕組みができているので便利です。 #alexaday2019

  57. 57 ここから、技術的な話をします

  58. Alexa skill AWS Lambda システムユーザの アレクサのスキル Clova AWS Lambda Amazon

    Kinesis Firehose S3 bucket Amazon DynamoDB Amazon Redshift Webページに音声レビュー結果を表示 Amazon CloudWatch Amazon API Gateway ERRORだけ抜き取る エラー通知が飛ぶ。 AWS Lambda まず認証だけやる AWS cloud 3 4 5 6 9 10 11-2 12 13 14 15 ERRORや障害時のみ 通知するための動作 ・認証情報 Webページから認証情報発行 1 2 7 8 Amazon QuickSight AWS Lambda 10 12 invoke Amazon Kinesis Firehose S3 bucket 11-1 12 データをCSV形式 に変換して流す 想定される格納デー タの生データのまま 生データ保管用 Amazon CloudWatch API Gatewayを突破 したらすべて CloudWatchにログ をためておく システム構成概要 Amazon API Gateway AWS Lambda 58 ※動いた段階の構成。現在は一部異なります。 #alexaday2019
  59. Alexa skill AWS Lambda システムユーザの アレクサのスキル Clova Amazon Kinesis Firehose

    S3 bucket Amazon DynamoDB Amazon Redshift Webページに音声レビュー結果を表示 Amazon API Gateway AWS Lambda まず認証だけやる AWS cloud 3 4 5 6 9 10 11-2 12 13 14 15 ・認証情報 Webページから 認証情報発行 1 2 7 8 Amazon QuickSight AWS Lambda 10 12 invoke Amazon Kinesis Firehose S3 bucket 11-1 12 データをCSV形式 に変換して流す 想定される格納デー タの生データのまま 生データ保管用 アラート系は本質ではないので別として Amazon API Gateway AWS Lambda 59 アラート系 #alexaday2019
  60. Alexa skill AWS Lambda システムユーザの アレクサのスキル Clova Amazon Kinesis Firehose

    S3 bucket Amazon DynamoDB Amazon Redshift Webページに音声レビュー結果を表示 Amazon API Gateway AWS Lambda まず認証だけやる AWS cloud 3 4 5 6 9 10 11-2 12 13 14 15 ・認証情報 Webページから 認証情報発行 1 2 7 8 Amazon QuickSight AWS Lambda 10 12 invoke Amazon Kinesis Firehose S3 bucket 11-1 12 データをCSV形式 に変換して流す 想定される格納デー タの生データのまま 生データ保管用 まずは登録部分 Amazon API Gateway AWS Lambda 60 アラート系 #alexaday2019
  61. 必要情報をいれるとSHAのIDを付与 61 Alexaスキル申請の情報入力を強く推奨 ・音声サービス名称(スキル名、アプリ名) 例:VUIあるある ・開発者名 例:surumegohan ・SHAユーザのメールアドレス1アカウント 例:test@hoge.jp ・スキル開発に使用しているツール

    例:Alexa Console+Lambda、ASK CLI .. #alexaday2019
  62. Alexa skill AWS Lambda システムユーザの アレクサのスキル Clova Amazon Kinesis Firehose

    S3 bucket Amazon DynamoDB Amazon Redshift Webページに音声レビュー結果を表示 Amazon API Gateway AWS Lambda まず認証だけやる AWS cloud 3 4 5 6 9 10 11-2 12 13 14 15 ・認証情報 Webページから 認証情報発行 1 2 7 8 Amazon QuickSight AWS Lambda 10 12 invoke Amazon Kinesis Firehose S3 bucket 11-1 12 データをCSV形式 に変換して流す 想定される格納デー タの生データのまま 生データ保管用 スキル作成時 Amazon API Gateway AWS Lambda 62 アラート系 #alexaday2019
  63. スキルに組み込むやり方 63 今から話す箇所は導入ガイドに 「VUIあるある」のソースコードと共に書い てあります ※VUIのあるある話も併せて確認できてお得 #alexaday2019

  64. 音声のレビューを使うなら 64 1から5の整数値の範囲のみ受け付けるように実装を実施してください ・インテント名 SHAVoiceReviewIntent ・インテントスロット 名前:SHAVoiceReviewNumber スロットタイプ:AMAZON.NUMBER #alexaday2019

  65. 音声のフリーコメントを使うなら 65 音声によるフリーコメント機能を導入する場合、以下の条件で実装を実施してください ・インテント名 SHAVoiceFreeCommentIntent ・インテントスロット 名前:SHAVoiceFreeComment スロットタイプ:AMAZON.SearchQuery #alexaday2019

  66. Alexa skill AWS Lambda システムユーザの アレクサのスキル Clova Amazon Kinesis Firehose

    S3 bucket Amazon DynamoDB Amazon Redshift Webページに音声レビュー結果を表示 Amazon API Gateway AWS Lambda まず認証だけやる AWS cloud 3 4 5 6 9 10 11-2 12 13 14 15 ・認証情報 Webページから 認証情報発行 1 2 7 8 Amazon QuickSight AWS Lambda 10 12 invoke Amazon Kinesis Firehose S3 bucket 11-1 12 データをCSV形式 に変換して流す 想定される格納デー タの生データのまま 生データ保管用 API Gatewayの呼び出し Amazon API Gateway AWS Lambda 66 アラート系 #alexaday2019
  67. 67 API GatewayにhandlerInputをPOST SHAIDとメールアドレス を含める 問題なければ 200が返ってくる それ以外はそれなりの エラーが返ってくる #alexaday2019

  68. 68 各インテントの発話タイミング前等に含める スキルの特性により レビューやコメントの 実装は義務ではないですが ・LaunchRequest ・各種Intent ・STOP、CANCEL、HELP に入れてもらうと、呼び出された時間 や利用状況のログを公平に比較できる

    逆にインチキしてそうなスキルは報告 してくれればSHAから外すなどの対 応をする予定 #alexaday2019
  69. なんでそんな認証方式? 69

  70. Alexa skill AWS Lambda システムユーザの アレクサのスキル Amazon Kinesis Firehose S3

    bucket Amazon DynamoDB Amazon Redshift Webページに音声レビュー結果を表示 Amazon API Gateway AWS Lambda まず認証だけやる AWS cloud 3 4 6 9 10 11-2 12 13 14 15 ・認証情報 Webページから 認証情報発行 1 2 7 8 Amazon QuickSight AWS Lambda 10 12 invoke Amazon Kinesis Firehose S3 bucket 11-1 12 データをCSV形式 に変換して流す 想定される格納デー タの生データのまま 生データ保管用 Cognitoなりアカウントリンクなりも検討した Amazon API Gateway AWS Lambda 70 Amazon Cognito #alexaday2019
  71. 以下の理由でやめた 71 ・SHA利用の全音声サービスが、 認証方式に対応するのは非現実的 ・個人情報等はとりたくない ・何よりVUIとして、各種ログ取得のために スキルのユーザーへの遅延は論外 #alexaday2019

  72. 情熱、思想、理念、頭脳、気品、優雅さ、勤勉さ 72 速さが足りない!! そして何よりも ---- #alexaday2019

  73. Alexa skill AWS Lambda システムユーザの アレクサのスキル Clova Amazon Kinesis Firehose

    S3 bucket Amazon DynamoDB Amazon Redshift Webページに音声レビュー結果を表示 Amazon API Gateway AWS Lambda まず認証だけやる AWS cloud 3 4 5 6 9 10 11-2 12 13 14 15 ・認証情報 Webページから 認証情報発行 1 2 7 8 Amazon QuickSight AWS Lambda 10 12 invoke Amazon Kinesis Firehose S3 bucket 11-1 12 データをCSV形式 に変換して流す 想定される格納デー タの生データのまま 生データ保管用 なのでレスポンスとデータ格納を分割する Amazon API Gateway AWS Lambda 73 アラート系 #alexaday2019
  74. Alexa skill AWS Lambda システムユーザの アレクサのスキル Clova Amazon Kinesis Firehose

    S3 bucket Amazon DynamoDB Amazon Redshift Webページに音声レビュー結果を表示 Amazon API Gateway AWS Lambda まず認証だけやる AWS cloud 3 4 5 6 9 10 11-2 12 13 14 15 ・認証情報 Webページから 認証情報発行 1 2 7 8 Amazon QuickSight AWS Lambda 10 12 invoke Amazon Kinesis Firehose S3 bucket 11-1 12 データをCSV形式 に変換して流す 想定される格納デー タの生データのまま 生データ保管用 データ格納箇所 Amazon API Gateway AWS Lambda 74 アラート系 #alexaday2019
  75. データ格納は・・・ 75 検討・苦労した箇所 #alexaday2019

  76. 1データごとに格納していられないので 76 Kinesisシリーズで一旦溜めて、まとめてS3へ Amazon Kinesis Firehose S3 bucket AWS Lambda

    #alexaday2019
  77. 一番はじめ 77 RDS(PostgreSQL) に入れたい ※オンプレ脳 #alexaday2019

  78. なぜPostgreSQLか 78 ・今までOracleと同等以上に扱って使ってきた #alexaday2019

  79. なぜPostgreSQLか 79 ・今までOracleと同等以上に扱って使ってきた ・将来的にビッグデータとしてRedShiftを考慮 するとPostgreSQLの方が相性がいい #alexaday2019

  80. しかし 80 Lambdaで直接RDSに格納する のは相性悪すぎる #alexaday2019

  81. 案1 オンプレDBA経験 81 PostgreSQLならpgpool-IIで コネクションプールを使えば いけるか!? #alexaday2019

  82. 案1 やめた 82 ・事例がなさすぎる ・下手したらEC2 on PostgreSQLになる ・サチる ※飽和状態になる #alexaday2019

  83. 案2 83 ※公式ページの説明文 AWS Glue は抽出、変換、ロード (ETL) を行う完全マネージド型のサービスで、 お客様の分析用データの準備とロードを簡単にします。 AWS

    Glue Glueをかませればいけるか!? #alexaday2019
  84. 案2 84 罠を踏んだ ・対象データが1件(CSV1行)のみの場合に動かない → 1件は極めて稀だが運用中の可能性がゼロではない ・PySparkの生成がエラーになることがある ※PySpark:要するに大量データの高速処理するやつ 今日は深くは語らないです Python+Apache

    Spark #alexaday2019
  85. 案2 85 SHAでデータ格納のためにGlueを用いるには ・運用が高額すぎる ・使いこなせる人が身近にあんまりいない #alexaday2019

  86. 案3 86 DBを持たないで素直にAthenaでSQL検索すればいいじゃない サーバレス万歳 S3 bucket Amazon Athena #alexaday2019

  87. 案3 87 ・読み取るファイル数が増えれば増えるほど遅くなる → 新しい分析用データが来たら1ファイルに追記していく? → そのタイミングで運悪くデータ読み取りとファイル編集が 重なったら悲惨な予感がする ・たしかにデータストアそのものが不要 →

    とはいえ検索すればするほどコストが不安定にかかる ファイルのフォーマット(Parquet形式)や圧縮形式を ちゃんとすれば、維持費は最安値になる可能性がある #alexaday2019
  88. 案3 88 Amazon Kinesis Firehose S3 bucket AWS Lambda Parquet形式変換

    Amazon Athena ここに お金がかかる 検索 #alexaday2019
  89. 89 Athenaは構わないが、どのような角度で データ分析が必要になるのか想像がつかない パーティション化の基準が不透明 #alexaday2019 案3

  90. 案3 ここで長期的に考える 90 長期的に見て、後からRedShiftを使用することになると VUIのデータが流れてる状態でマイグレーションする可能性がある フリーランスの僕が抜けた後に苦労しそう #alexaday2019

  91. 案4 はじめからRedShift 91 ・ Amazon Redshift ・データ分析をBIツールでやるなら、やはりRedShift ・列指向 → レビュー、フィードバックコメント、

    人気度(AlexaのsessionId)を それぞれ独立列で管理できる ・きちんと設計すれば速い → ショートクエリ判断、リザルトキャッシュ etc #alexaday2019
  92. AWSの中の人でも意見がわかれる 92 スタートアップの新システムでいきなり RedShiftの必要性は薄いだろう 分析するという用途がはじめからきまっている のだからRedShiftを使ってもよいだろう #alexaday2019

  93. RedShiftは本当にお高いのか 93 ・新規2か月無料 ・小さく始めて、SHAがバズったら リザーブドインスタンスに切り替える #alexaday2019

  94. 結果、素直にFirehoseからRedShift 94 Alexa skill AWS Lambda システムユーザの アレクサのスキル Clova Amazon

    Kinesis Firehose S3 bucket Amazon DynamoDB Amazon Redshift Webページに音声レビュー結果を表示 Amazon API Gateway AWS Lambda まず認証だけやる AWS cloud 3 4 5 6 9 10 11-2 12 13 14 15 ・認証情報 Webページから 認証情報発行 1 2 7 8 Amazon QuickSight AWS Lambda 10 12 invoke Amazon Kinesis Firehose S3 bucket 11-1 12 データをCSV形式 に変換して流す 想定される格納デー タの生データのまま 生データ保管用 Amazon API Gateway AWS Lambda 94 アラート系 #alexaday2019
  95. Alexa skill AWS Lambda システムユーザの アレクサのスキル Clova Amazon Kinesis Firehose

    S3 bucket Amazon DynamoDB Amazon Redshift Webページに音声レビュー結果を表示 Amazon API Gateway AWS Lambda まず認証だけやる AWS cloud 3 4 5 6 9 10 11-2 12 13 14 15 ・認証情報 Webページから 認証情報発行 1 2 7 8 Amazon QuickSight AWS Lambda 10 12 invoke Amazon Kinesis Firehose S3 bucket 11-1 12 データをCSV形式 に変換して流す 想定される格納デー タの生データのまま 生データ保管用 分析画面箇所 Amazon API Gateway AWS Lambda 95 アラート系 #alexaday2019
  96. ダッシュボードのツールといえば 96 ・Re:dash ・Metabase ・Kibana ・Pentaho #alexaday2019

  97. が、それぞれ使いたくない 97 Amazon EC2 AWS Elastic Beanstalk Metabase Re:dash ダッシュボードのためにEC2が必要

    Kibana Elasticsearch Logstash 基本的にこの3点セットになる Pentaho 過去にトラウマ #alexaday2019
  98. 救世主を見つけた 98 Amazon QuickSight #alexaday2019

  99. ダッシュボード 99 #alexaday2019

  100. ダッシュボード 100 #alexaday2019

  101. 101 Amazon QuickSightの機械学習

  102. 例1:人気が高すぎる場合の異常値検知 102 #alexaday2019

  103. 103 #alexaday2019

  104. 104 異常(異常値)が発見されると タイムリーにEメールでアラートを 送信 #alexaday2019

  105. 105 誤った情報だった by Amazon サポート #alexaday2019

  106. やるとしたら・・ 106 Amazon Redshift Amazon CloudWatch event (time-based) AWS Lambda

    email notification Amazon SNS #alexaday2019
  107. 例2:スキルの伸びしろ予測 107 #alexaday2019

  108. 欠点 108 ・QuickSightの仕様上、 1グラフごとにしか機械学習の予測ができない 現状だとスキル毎にRedShiftのViewと QuickSightのダッシュボードを作る・・? #alexaday2019

  109. 欠点 109 ・QuickSightの仕様上、 1グラフごとにしか機械学習の予測ができない 現状だとスキル毎にRedShiftのViewと QuickSightのダッシュボードを作る・・? 4月10日までに回答します by Amazon サポート

    #alexaday2019
  110. 2018年11月7日リリース もちろん情報収集する旨をAmazonに伝えた上での審査一発通過 110 そんなシステムを使ったサンプル #alexaday2019

  111. 111 Webページで音声によるレビュー&コメント結果を表示 #alexaday2019

  112. 112 #alexaday2019

  113. このシステムのメリット 1.スキルの利用頻度や、音声でのレビューやコメントが公平に可視化される 仕組みが用意してあるのでスクラッチしなくていい 2.自分の音声サービスが、ユーザがどのように対話をしているか(インテン トを呼び出しているか)認識できる ※グラフの作り方次第 3.自分以外の音声サービスの利用状況と比較できる → 自分・自社のKPIの指標にするもよし 人気サービスのリリース者を探して開発依頼をするもよし

    ※既に様々な企業・団体・個人がβ版利用宣言済 4.同じロジックのスキルを作成し、GoogleでもAmazonでもLINEでも プラットフォームをまたがった比較ができる ※作成中 113 #alexaday2019
  114. このシステムのメリット 1.スキルの利用頻度や、音声でのレビューやコメントが公平に可視化される 仕組みが用意してあるのでスクラッチしなくていい 2.自分の音声サービスが、ユーザがどのように対話をしているか(インテン トを呼び出しているか)認識できる ※グラフの作り方次第 3.自分以外の音声サービスの利用状況と比較できる → 自分・自社のKPIの指標にするもよし 人気サービスのリリース者を探して開発依頼をするもよし

    ※既に様々な企業・団体・個人がβ版利用宣言済 4.同じロジックのスキルを作成し、GoogleでもAmazonでもLINEでも プラットフォームをまたがった比較ができる ※作成中 114 #alexaday2019
  115. このシステムのメリット 1.スキルの利用頻度や、音声でのレビューやコメントが公平に可視化される 仕組みが用意してあるのでスクラッチしなくていい 2.自分の音声サービスが、ユーザがどのように対話をしているか(インテン トを呼び出しているか)認識できる ※グラフの作り方次第 3.自分以外の音声サービスの利用状況と比較できる → 自分・自社のKPIの指標にするもよし 人気サービスのリリース者を探して開発依頼をするもよし

    ※既に様々な企業・団体・個人がβ版利用中 4.同じロジックのスキルを作成し、GoogleでもAmazonでもLINEでも プラットフォームをまたがった比較ができる ※作成中 115 #alexaday2019
  116. このシステムのメリット 1.スキルの利用頻度や、音声でのレビューやコメントが公平に可視化される 仕組みが用意してあるのでスクラッチしなくていい 2.自分の音声サービスが、ユーザがどのように対話をしているか(インテン トを呼び出しているか)認識できる ※グラフの作り方次第 3.自分以外の音声サービスの利用状況と比較できる → 自分・自社のKPIの指標にするもよし 人気サービスのリリース者を探して開発依頼をするもよし

    ※既に様々な企業・団体・個人がβ版利用中 4.同じロジックのスキルを作成し、GoogleでもAmazonでもLINEでも プラットフォームをまたがった比較ができる ※作成中 116 #alexaday2019
  117. 今後の展望 1.LINE Clova対応 2.Actions on Google対応 3.先週と今週の利用頻度を比較して通知 117 #alexaday2019

  118. そして何より みんなで切磋琢磨するようになるので、 VUI業界のスキル(音声サービス)の 品質が向上される未来が描ける!! by VUIプロデューサー 118 #alexaday2019

  119. 直近のVUIイベント情報 119 #alexaday2019

  120. 技術書典6で本を頒布 120 ・2019年4月14日@池袋サンシャイン ・通販、電子版検討中 #alexaday2019

  121. まとめ 121 【可視化】 ・スキル(音声サービス)のログ ・音声でのレビュー&感想 ご関心ある方はお声がけを #alexaday2019

  122. 「VUIあるある」の ソースコードと利用ドキュメント 公開予定 ご関心がある方は懇親会で! ※もちろんメールやTwitter等で連絡をいただいても構わないです 122 #alexaday2019